仮想通貨「Jコイン」がメガバンクから発行!?

みずほフィナンシャルグループが地方銀行などを集めて日本独自の仮想通貨「Jコイン」を2020年までに発行すると発表しました。Jコインはビットコインとは違って円とリンクしたコインだそうです。ここではJコインの詳細を考察を入れながら解説しています。

スポンサーリンク

国内メガバンクから仮想通貨「Jコイン」を発行

9月17日の日経新聞によると、みずほフィナンシャルグループが、地方銀行やゆうちょ銀行を集めて、ブロックチェーン技術を使った日本独自の仮想通貨「Jコイン」の発行を検討してることを発表しました。

Jコインの名称について

ちなみに「Jコイン」は仮称です。まだ名前が「Jコイン」と決まったわけではありません。ネット上では「Jコインって名称がナシだよな…」という声が溢れています。確かに、私も安易すぎる名称だと思います。ただ、Jコインは仮称なので、このままJコインという名称で押し切ることはさすがにないと思います!

私なら、、、、、思いつきませんw

こういう名前を何にするかをネット投票などにすれば、ビットコイン等の仮想通貨(暗号通貨)が世に知れ渡る良いチャンスなんですけどね。

見事その名前が選ばれれば1BTCプレゼント!!とかまぁ…ないか(笑)

Jコインの相場は変動しない

Jコインはビットコインとは違い相場が変更せずに円と連動させるとのことです。円に固定されるということは、ビットコインのように投資の対象にはなりません。
仮想通貨におけるペッグ通貨といえば、Tether(テザー)USDTなどが既に上場しているので、その日本版の暗号通貨みたいな位置付けになるのでしょうか。

ペッグ通貨とは
ペッグ通貨とは通貨を固定し安定化させる目的に作られた通貨です。Tether/USDTは米ドルとのペッグ通貨になります。例:1USDT=1ドルに固定

Jコインは2020年の東京オリンピックまでに発行予定

Jコインは2020年に開催される東京オリンピックまでに発行予定とのこと。3年後と考えるとどうなるかまったく想像も予想できませんね。仮想通貨業界は流れが速すぎる業界なので。最近それを身に染みて感じています。

ただ私個人は、3年後には仮想通貨(暗号通貨)がもっと身近なものになっていると思います。またブロックチェーンの技術は通貨から完全に離れて様々な用途に使用されていると思います。

ブロックチェーンについては超分かりやすく、下記で説明しているのでぜひ参考にしてください。

ビットコインの一番の特徴でもあるブロックチェーンについて記載しています。ブロックチェーンとはどんなシステムなのかを図解入りでわかりやすく解説しています。ブロックチェーンの仕組みを知るとビットコインのことがより深く理解できます。

Jコインにつてい

Jコインに限らず、ビットコイン等の仮想通貨を使用すると個人間の価値のやり取りや、各種支払いなどをスマートホン一つで簡単に行うことができます。

もちろんメガバンクなどの銀行や中央銀行などからすれば、自身の脅威ですらしかないので、消し去りたいのが本音だと思います。

しかし、ビットコインに使用されているブロックチェーンの技術は認めざるを得ないと認識し始めてきているのかなぁと思います。放っておけば、仮想通貨が独り歩きして、「銀行や法定通貨なんて不便だからいらないや」っていう時代が来るかもしれません。そうなる前に、独自に取り込みビジネスチャンスと捉えるしかない状況まで来ているのだと思います。現に、三菱東京UFJ銀行なんかは独自の仮想通貨である「MUFGコイン」の発行を2018年に予定しています。ちなみにこのJコインの発端になってる、みずほフィナンシャルグループも「みずほマネー」の開発を発表しています。銀行も生き残りに必死な時代なのだなぁと感じさせられます。

Jコインについては続報が入り次第随時更新してきます!

いつも応援クリックありがとう♪
仮想通貨ブログランキングバナー

おすすめの国内取引所

1位:コインチェック2位:ビットフライヤー3位:ザイフ4位:ビットバンクcc
coincheck(コインチェック)
ビットコインの取引所は取引高日本一で出川のTVCMでお馴染み「コインチェック」が断然おすすめです。スマホアプリも使いやすく取引できる仮想通貨の種類も最も多い取引所です。ビットコインは0.001BTCから購入可能です!初心者も上級者も全員使っています!

⇒ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
⇒ コインチェックのアカウント作成方法

bitFlyer(ビットフライヤー)
テレビCMでもお馴染みの「ビットフライヤー」は大手企業が賛同しているので安心してビットコインの取引ができます。bitFlyerは取引量、ユーザー数、資本金が国内第一位です。セキュリティ対策もばっちりでスマホアプリも連動しています!FXにも強いので玄人にもおすすめです。

⇒ bitFlyer(ビットフライヤー)公式ページへ
⇒ ビットフライヤーのアカウント作成方法

Zaif(ザイフ)
Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトでも世界中から注目を集めています。また取引手数料もビットコインは-0.01%となっているので、ビットコインを売買すると逆に手数料が貰えるというお得な仕組みが特徴。少額の仮想通貨積立てが出きるのも嬉しいポイントです。

⇒ Zaif(ザイフ)公式ページへ
⇒ ザイフのアカウント作成方法

ビットバンクcc
bitbank.cc(ビットバンクcc)は売買手数料が安く、リップル(XRP)の指値注文ができる唯一の国内取引所です。コンプライアンスやセキュリティもしっかりとしていて、初心者からプロのトレーダー、さらに暗号通貨を愛する玄人からも好評な取引所です。

⇒ bitbank.cc(ビットバンクcc)公式ページへ
⇒ ビットバンクccのアカウント作成方法

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る