SBIVCトレード口座開設でもれなく50XRPプレゼント

【最新】ビットフライヤー口座開設の流れ|登録方法を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)国内取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設登録方法を手数料や取扱い通貨と共に解説しています。アカウント作成から本人確認書類の提出まで初心者の方にも画像付きで分かりやすく解説しているので参考にしてください。

ビットフライヤー公式サイトへ

bitFlyer(ビットフライヤー)とは

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引が国内で最も多い仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引量だけでなくサービス利用率や使いやすいアプリの利用率も国内一になっています。

セキュリティに関しても世界一とも言われているので、安心してビットコインの売買ができる取引所になっています。

bitFlyer公式サイトへ

ビットフライヤー会社概要

会社名株式会社 bitFlyer
登録番号関東財務局長 第 00003 号
設立2014 年 1 月 9 日
資本金41 億 238 万円(資本準備金含)
本社所在地東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
HP公式ページ

ビットフライヤーの特徴

bitFlyer(ビットフライヤー)の大きな特徴は以下。

ビットフライヤーの特徴
  • ビットコインの取引所が国内一
  • セキュリティの高さが世界最高クラス
  • 大手企業からの出資で資本金が豊富
  • ビットコインが無料で貰える
  • 初心者もプロも使用している

ビットフライヤーはセキュリティが高いことから、ビットコイン入門者から1日に何千万円も扱うプロのトレーダーまで利用しているのが特徴です。

ビットコインの取引量は国内で最も多いと言っても仮想通貨は約100円から購入できるので気軽に投資を始めることができますよ。

またアカウントと作成して、ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」経由で楽天などの各種サービスを利用すれば、購入分の数%をビットコインで還元してもらえる嬉しいサービスも提供しています。

無料でアカウントを作成する

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設登録方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

ここではビットフライヤーのパソコン(ブラウザ版)での口座開設方法を説明していますが、スマートフォンからの口座開設登録の手順も同じです。

ビットフライヤーの登録手順は基本的には以下の4ステップで完了。

ビットフライヤー口座開設の手順
  1. アカウント登録
  2. 本人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 銀行口座の登録

とくに仮想通貨取引所の登録でわずらわしい本人確認書類の提出は「クイック本人確認」を利用すればその場ですぐに完了しますよ。

公式サイトへ

bitFlyer公式サイトへ

①アカウント登録

  • STEP1
    アドレス登録
    まずは公式サイトからメールアドレスを登録します。

    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録方法

    すぐにビットフライヤーから以下のメールが到着するので、記載されているリンクをクリックするとビットフライヤーの画面に戻ります。

    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録方法

    ここでメールに記載されていた「キーワード」を打ち込むことでパスワード設定に進むことができます。

  • STEP2
    パスワード設定
    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録方法

    パスワードは9文字以上100文字以内でアルファベット小文字、大文字、数字、記号のうち2種類を組み合わせる必要があります。

    確認用のパスワードを入力して「設定する」をクリックします。

  • STEP3
    同意事項確認
    同意事項の確認では同事項を読み、全てのチェックボックスにチェックを入れて「同意する」をクリックします。

    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録方法

  • STEP4
    二段階認証設定
    最後に二段階認証を設定します。

    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設登録方法

    二段階認証は以下の3つから選択できます。

    • 認証アプリで受取る ※推奨
    • 携帯電話のSMSで受取る
    • メールで受け取る ※非推奨

    「認証アプリで受取る」が推奨されているので、できる限り2段階認証アプリの「Google Authenticator(Google 認証システム)」を利用するようにしましょう。

②本人情報の入力

  • STEP1
    本人情報の入力
    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・本人確認

    本人確認では下記の情報を正しく入力します。

    • 名前
    • 性別
    • 生年月日
    • 住所(居住地)
    • 電話番号
    後ほど本人確認書類を提出するので、本人確認書類と相違がないようにしましょう。
  • STEP2
    取引目的等の確認
    続いて取引目的等の確認を行います。

    bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・取引目的等の確認

    質問では職業や財務情報・登録の経緯などの質問がありますが、答えをチェックしたりプルダウンメニューから答えを選択するだけでOKです。

    これで本人確認情報の入力は完了です。続いて本人確認書類を提出しましょう。

③本人確認書類の提出

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・本人確認書類の提出

最後に本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類には運転免許証以外にも以下の書類を使うことができます。

本人確認書類に使える書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳(平成8年以前)
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国公的書類(外国人用)

本人確認資料の提出では「クイック本人確認」と「はがき受取で本人確認」を選択できます。

はがきで受取る場合はハガキの到着まで4日~5日ほどかかりますが、「クイック本人確認」の場合は運転免許証とスマホが必要ですが、すぐに本人確認が完了するのでクイック本人確認が断然おすすめです。

クイック本人確認

bitflyer(ビットフライヤー)クイック本人確認

クイック本人確認とは
クイック本人確認はスマホのカメラ機能を利用して運転免許証と顔の写真と動画を撮影してオンラインで本人確認を完結する本人確認方法。

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・本人確認書類の提出

スマートフォンからだと「メニュー」→「設定」→「ご本人情報を入力する」画面下部にある「ご本人確認資料のご提出」→「未提出」をタップすることでクイック本人確認に進むことができます。

クイック本人確認に必要な写真
  • 表面の免許証
  • 斜め上からの免許証
  • 裏側の免許証
  • 正面からの顔写真
  • 首振り顔動画

クイック本人確認では以下の写真と動画を撮る必要がありますが、どれもスマホの画面にて的確な指示があるのでそれに従って撮影すれば問題ありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・クイック本人確認

④口座情報の登録

最後に日本円の入金や出金の際に使う銀行口座情報の登録が必要になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・口座情報の登録

登録する内容は、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義です。

ここでも登録者情報と同じ銀行名義人から振込が必要になります。

住信SBIネット銀行からだと日本円入金手数料も無料になるので、ビットフライヤーでの登録銀行は住信SBIネット銀行がおすすめです。

本人確認書類の提出で「クイック本人確認」を選択していた場合は、これで仮想通貨取引や日本円の入出金などビットフライヤーの全機能が利用可能になります。

はがきを受け取る

本人確認書類の提出で「はがき受取で本人確認」を選択していた場合は、審査完了後にビットフライヤーから転送不要の書留郵便(ハガキ)がご自宅に送られてきます。※クイック本人確認を選択していた場合はその場で審査が完了します。

ハガキを受け取ると全ての登録が完了し「トレードクラス」に昇格してビットフライヤーの全機能を使うことができます。

bitFlyer公式サイトへ

ビットフライヤーの取扱通貨

bitflyer(ビットフライヤー)取扱通貨一覧

ビットフライヤーでは大きく分けて「ビットコイン取引所」と「アルトコイン販売所」の2つのサービスを展開しています。

ビットコインは取引所でも販売所でも取引が可能、アルトコインは販売所での取引になります。

プロ向けのbitFlyer Lightning内でBTC建ての場合は「ETH」と「BCH」の取引可能

取引所と販売所の違い

「取引所」と「販売所」の違いは、板上で売り買いが行われるか、販売所が所有している通貨を売買するかの違いです。

-取引所とは-
ユーザー同士で通貨の買い手と売り手に分かれて、板と呼ばれるところで通貨を売買する方が「取引所」です。

仮想通貨の取引所と販売所の違い

取引所では売買手数料が抑えられるのが最大の特徴でメリットです。

-販売所とは-
一方で販売所は、運営会社が所有している通貨をユーザーと売買する方が「販売所」となります。

仮想通貨の取引所と販売所の違い

販売所のメリットとしては、シンプルで分かりやすい取引画面に加え、売買したい数量に関わらず、提示された価格ですぐに約定できることにあります。

  • 取引所のメリット:手数料が安い
  • 販売所のメリット:操作が簡単
  • 取引所のデメリット:操作が難しい
  • 販売所のデメリット:手数料(スプレッド)が高い
 メリットデメリット
取引所手数料が安い操作が難しい
販売所操作が簡単手数料が高い

また販売所は簡単に通貨の売買取引が可能ですが、スプレッドと呼ばれる売買差額(隠れた手数料)があるので注意してくださいね。

スプレッドとは

販売所で仮想通貨の売買をする上で確認しておかなければいけないのがスプレッドです。

スプレッドとは売り買いした時の売買価格の幅(差額)のことです。

下記はビットフライヤー販売所での実際のBTCのスプレッドです。購入価格が764796円で、売却価格が705738円なので差額の59058円のスプレッドとなります。

ビットフライヤー販売所のスプレッド

ビットコイン取引所の場合はこのスプレッドがほとんどないので、スプレッドを気にすることなく取引をすることが可能ですよ。

bitFlyer公式サイトへ

ビットフライヤーの手数料一覧

ビットコイン売買手数料

ビットコイン簡単取引所0.01% ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所無料
Lightning FX/Futures

アルトコイン売買手数料

Lightning 現物(ETH/BTC)0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサリアム販売所無料
イーサリアムクラシック販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所
リップル販売所

その他入出金手数料など一覧

ビットコイン送付手数料0.0004 BTC
クイック入金手数料
※住信SBIネット銀行
無料
クイック入金手数料
※住信SBIネット銀行以外
330 円(税込)

日本円の出金手数料

 出金額が3万円未満出金額が3万円以上
三井住友銀行の場合220 円(税込)440 円(税込)
三井住友銀行以外の場合550 円(税込)770 円(税込)

※手数料は変更される場合がございますので、正確には公式サイトへをご確認ください。

bitFlyer公式サイトへ

bitFlyer(ビットフライヤー)まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本最大手の仮想通貨取引所でしたね。

特にセキュリティへの信頼が高く、ビットコインの取引量も多いことから初心者からプロのトレーダーまで利用しているのが特徴です。

さらにビットフライヤーには、リクルート・SMBCベンチャーキャピタル・みずほキャピタル・三菱UFJキャピタル等といった業界でも名だたる企業が出資している優良企業です。

またビットコインが貰えるサービスなどビットフライヤー独自の取り組みにも好評な取引所です。

まだアカウント作成が済んでない方は是非この機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました