【海外銘柄】アルトコイン一覧まとめ!購入できる取引所はココ!

日本では取り扱いがない人気のある海外銘柄の仮想通貨「アルトコイン」を紹介しています。アルトコインにもたくさんの種類が存在し、買い方や購入できる取引所/販売所は異なります。

海外銘柄アルトコイン(種類)一覧表

海外銘柄アルトコイン一覧-取引所

国内の取引所や販売所では取り扱いがない海外銘柄の仮想通貨アルトコインを一覧表にしています。それぞれのアルトコインの特徴や購入できる取引所も一緒に紹介しているので参考にしてください。

現在では約1,500種類ものアルトコインが存在するといわれています。ここではその数あるアルトコインの中でも人気の通貨や時価総額が高い通貨をピックアップしています。※随時更新して増やしていきます。

国内で取扱いのあるアルトコイン一覧まとめは下記から確認できます。

⇒ 【国内銘柄】アルトコイン一覧まとめ!

CARDANO(カルダノ)ADA

ADAエイダコイン

名称CARDANO(カルダノ)
通貨単位ADA(エイダコイン)
リリース日2017年10月
発行上限320億ADA
取引承認システムPoS(ウロボロス)
開発Cardano Fundation(カルダノ財団)
詳細解説ADAの詳細はコチラ

CARDANO(カルダノ)ADAが購入できる取引所

ADAを購入できる取引所

エイダコイン(ADA)の概要

カルダノ(ADA)はオンラインカジノのプラットフォームのCARDANO(カルダノ)で使われる仮想通貨です。リリースは2017年10月にビットレックスに上場しました。ADAはカルダノというオンラインカジノで不正が行われないフェアで健全なゲームを提供するために誕生しました。

現在、カルダノはオンラインカジノ以外にも金融や様々な用途にも使われるように開発が進められています。

カルダノの開発は、イーサリアムの元CEOでもあるチャールズホスキンソン氏が行っていることで注目を集めています。

仮想通貨カルダノ(ADA/エイダ)のチャートや現在のCARDANO(カルダノ)最新ニュース、ADAの購入できる取引所も紹介しています。またエイダコインが高騰した理由。ADA(エイダコイン)やカルダノについて詳しく解説しているので参考にしてください。

ALIS(アリス)

ALIS-アリス

名称ALIS(アリス)
通貨単位ALIS
リリース日2017年9月29日
発行上限75,209,200 ALIS
取引承認システム
開発(公式)alismedia
プロダクトソーシャルメディアプラットフォーム
詳細解説ALISの詳細はコチラ

ALIS(アリス)が購入できる取引所

アリス(ALIS)の概要

ALIS(アリス)はブロックチェーン技術を用いた日本初のソーシャルメディアプラットフォームを作るプロジェクトです。ソーシャルメディアプラットフォームとは平たく言うとTwitterやFacebookやInstagramみたいなSNSベースのメディアです。

ALISは記事を書いたり情報を発信する側と、その記事や情報をキャッチするユーザーをダイレクトに繋ぐ架け橋のような存在です。既存の検索エンジンや広告に頼らないメディアなので、無限の可能性を秘めているプロジェクトです。

運営スタッフが日本人が中心なので、プロジェクトの活動実績を日々報告しているのでとても好感がもてます。

仮想通貨ALIS(アリス)の詳細を記載しています。ALISトークンの買い方や、ICOから上場後のチャートで見る価格の推移、ALISが購入でき...

Verge(バージ/ヴァージ)XVG

Verge(XVG)とは

名称Verge (バージ/ヴァージ)
通貨単位XVG
リリース日2016年2月
発行上限16,555,000,000 XVG
取引承認システムPoW
開発(公式)Verge公式サイト
詳細解説Vergeの詳細はコチラ

Verge(バージ/ヴァージ)XVGが購入できる取引所

バージ(XVG)の概要

Verge(バージ)は、Zcash、Dash、Moneroと同じ属性の匿名性の仮想通貨です。送金スピードも速く数秒~数分で送金できるのも特徴です。

Vergeが優れているのは、「レイス・プロトコル」で情報の公開と非公開を切り替えられるのが最大のポイントです。またコミュニティが活発で日本では「Verge Japan」が発足し独自のマスコットでもあるバージリスクくんが人気を博しています。

仮想通貨Verge(バージ)の特徴やチャートなどを記載しています。XVG(ヴァージ)は匿名性の暗号通貨で海外取引所で購入できます。XVGの今後や将来性、vergeのウォレットなども紹介しているので参考にしてください。

TRON(トロン)TRX

TRON-トロン-TRX

名称TRON(トロン)
通貨単位TRX
リリース日2017年8月28日
発行上限1,000億TRX
取引承認システム
創業者Justin Sun
詳細解説TRONの詳細はコチラ

TRON(トロン)TRXが購入できる取引所

トロン(TRX)の概要

TRON(トロン)は、2017年8月に中国で誕生した新しい通貨です。採掘王のジハンウー氏も投資していることからICOはバイナンスで行われて開始30秒で完売する人気をみせました。

トロンはTRXを使って、誰でも簡単に動画やゲームなどのエンターテインメントをアップできるプラットフォームを目指しています。

一時は時価総額ランキング上位に昇りましたが、ホワイトペーパーのコピー疑惑や通貨のコードがまだあまり書かれていないことから評価を下げる一面もありました。

金融庁にTRX上場に申請届が出されているので、国内取引所に上場されるのはないかと注目されてる通貨です。

仮想通貨TRON(トロン)について詳しく記載しています。TRXが購入できる取引所やトロンのリアルタイムチャート、最新ニュースも掲載しています。TRXは日本の取引所でも上場が噂されている注目の通貨なのでぜひ参考にしてください。

ネオ/ニオ(NEO)

仮想通貨NEOネオ

名称NEO(ネオ/ニオ)
通貨単位NEO
リリース日2016年10月
発行上限1億NEO
取引承認システムDBFT
公式サイトhttps://neo.org/
詳細NEOの詳細はコチラ

NEO(ネオ/ニオ)が購入できる取引所

ネオ(NEO)の概要

NEO(ネオ)は2016年10月にAntshares(アントシェアーズ)「ANS」という通貨でしたが、2017年6月にNEOという現在の名前にリブランディングされました。

NEOはイーサリアムのスマートコントラクト機能を実装しています。

NEOのプラットフォームをベースにした多くのICOが予定されていることから価格が上昇しています。NEOは中国版のイーサリアムと呼ばれていますが、高性能なNEOの機能から世界中から注目を集めている通貨の一つです。

仮想通貨NEO(ネオ)が購入できる取引所やリアルタイムチャート、中国産の仮想通貨NEOの価格が上昇している理由についてもまとめています。またNEOの懸念点にリスクについてやネオの今後や将来性についても記載しています。

Digibyte(デジバイト)DGB

DigiByte

名称Digibyte(デジバイト)
通貨単位DGB
リリース日2014年1月
発行上限21,000,000,000DGB
取引承認システムPoW
開発
詳細解説DGBの詳細はコチラ

Digibyte(デジバイト)DGBが購入できる取引所

デジバイト(DGB)の概要

デジバイトは高速な取引スピードと安全なコミュニケーションに重点を置いて作成された分散型の国際ブロック チェーンである「DigiByte​ ​Blockchain」上で動作するオープンソースの暗号通貨ソフトウェアです。

通貨単位はDGBで総発行量は、210億DGBと多いのが特徴です。segwitが初めて実装された暗号通貨としても注目を集めました。取引スピードは約15秒でビットコインの40倍の速さを誇っています。

またデジバイトの大きな特徴として5つのマイニングアルゴリズムを持つことでセキュリティが強化され安全性が高いことも好材料となっています。

仮想通貨デジバイト(DGB)について記載しています。デジバイトのチャート価格からDGBが購入できる取引所やデジバイトの今後や将来性についても考察しています。マイクラでDGBをマイニングできる?ということにも触れています。

国内銘柄のアルトコイン

国内で取扱いのあるメジャーなアルトコイン一覧は下記の記事でまとめています。

ビットコインの他、イーサリアムやリップル、ネムといった人気の通貨は国内取引所で購入することができます。

国内アルトコイン一覧!

通貨別でみる取引所選びのポイントは!?上手に使い分けてみよう!

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。
トップへ戻る