【海外銘柄】アルトコイン一覧まとめ!購入できる取引所はココ!

海外銘柄の仮想通貨アルトコイン一覧海外銘柄

日本では取り扱いがない人気のある海外銘柄の仮想通貨「アルトコイン」を紹介しています。アルトコインにもたくさんの種類が存在し、買い方や購入できる仮想通貨取引所は異なります。

海外銘柄アルトコイン(種類)一覧表

海外銘柄アルトコイン一覧-取引所

国内の取引所や販売所では取り扱いがない海外銘柄の仮想通貨アルトコインを一覧表にしています。それぞれのアルトコインの特徴や購入できる取引所も一緒に紹介しているので参考にしてくださいね。

現在では約2,000種類ものアルトコインが存在するといわれています。ここではその数あるアルトコインの中でも人気の通貨や時価総額が高い通貨をピックアップしています。
※随時更新して増やしていきます。

国内で取扱いのあるアルトコイン一覧まとめは下記から確認できます。

Binance Coin(バイナンスコイン)BNB

BNB バイナンスコイン

名称Binance Coin(バイナンスコイン)
通貨単位BNB
リリース日2017年7月
発行上限2億BNB
規格BEP2(Binance Chain)
開発Binance(バイナンス)
詳細解説BNBの詳細はコチラ

Binance Coin(バイナンスコイン)BNBが購入できる取引所

BNBを購入できる取引所

バイナンスコイン(BNB)の概要

バイナンスコイン(BNB)は世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の取引所トークンとして誕生しました。

BNBはバイナンスで手数料の割引に利用出来たり、バイナンスローンチパッド(IEO/ICO)に参加できる特別な通貨です。

バイナンスのBNBを使った巧みな取り組みで、時価総額や価格を着実に上げており、短期間で300倍以上も価格を伸ばしています。

CARDANO(カルダノ)ADA

カルダノ-ADA
 

名称CARDANO(カルダノ)
通貨単位ADA(エイダコイン)
リリース日2017年10月
発行上限320億ADA
取引承認システムPoS(ウロボロス)
開発Cardano Fundation(カルダノ財団)
詳細解説ADAの詳細はコチラ

CARDANO(カルダノ)ADAが購入できる取引所

エイダコイン(ADA)の概要

カルダノ(ADA)はオンラインカジノのプラットフォームのCARDANO(カルダノ)で使われる仮想通貨として誕生しました。

リリースは2017年10月にビットレックスに上場しました。

元々ADAはカルダノというオンラインカジノで不正が行われないフェアで健全なゲームを提供するために開発されましたが、現在ではオンラインカジノ以外にも金融や様々な用途にも使われるように開発が進められています。

カルダノの開発は、イーサリアムの元CEOでもあるチャールズホスキンソン氏が行っていることで注目を集めています。

Dogecoin(ドージコイン)DOGE


名称Dogecoin(ドージコイン)
通貨単位DOGE
リリース日2013年12月
発行上限上限なし
規格PoW
開発
詳細解説DOGEの詳細はコチラ

Dogecoin(ドージコイン)DOGEが買える取引所

ドージコイン(DOGE)の概要

ドージコイン(DOGE)は2013年にネットミームであるDOGEの柴犬をモチーフにして作られた仮想通貨です。

ブロック生成が1分と速いことから決済に向いているとされていますが、もともとジョークで作られた通貨の為、多くの取引所で取扱いのある通貨ではありません。

しかしコミュニティの力が強く、世界一の富豪としても知られるテスラCEOのイーロン・マスク氏の支持もあり1年で200倍以上も価格を伸ばしています。

ChiliZ(チリーズ)CHZ

チリーズ(ChiliZ/CHZ)
 

名称ChiliZ(チリーズ)
通貨単位CHZ
リリース日
発行上限8,888,888,888 CHZ
取引承認システム
開発
詳細解説CHZの詳細はコチラ

ChiliZ(チリーズ)CHZが購入できる取引所

チリーズ(CHZ)の概要

チリーズ(ChiliZ)は、スポーツやe-Sports(eスポーツ)に特化したプロジェクトです。

チリーズを利用すると、自分がオーナーや株主になったイメージで、ファンがチームの運営に参加できるのが最大の特徴です。

プロサッカーチームのパリ・サンジェルマン(ネイマール選手が在籍)とユヴェントス(C.ロナウド選手が在籍)とすでに提携をしていおり、今後もサッカー以外にも様々なプロチームとの提携を控えています。

チリーズは、大きな材料が豊富で、世界一の取引所バイナンスとの密接な関係にも注目が集まっています。

Monero(モネロ)XMR

モネロ-XMR
 

名称Monero(モネロ)
通貨単位XMR
リリース日2014年4月18日
発行上限なし
取引承認システムPoW/Crypto Night
開発Monero Project
詳細解説XMRの詳細はコチラ

Monero(モネロ)XMRが購入できる取引所

モネロ(XMR)の概要

Monero(モネロ)はエスペラント語で「コイン」という意味を持つ匿名性に優れた仮想通貨です。

モネロはビットコインのソースコードを基にせず、Bytecoinという仮想通貨のCryptoNoteと呼ばれる匿名性特化のプロトコルを利用しています。

またMoneroはCryptoNightというアルゴリズムを採用し、ワンタイムリング署名という独自の技術により匿名性に長けたアルトコインとなっています。

XMRの発行上限はなし、ブロック生成間隔は2分でブロックの容量を大きく上げることができるので、スケーラビリティ問題に直面しにくい優秀な通貨です。

Dash(ダッシュ)DASH

ダッシュ-DASH
 

名称Dash(ダッシュ)
通貨単位DASH
リリース日2011年10月
発行上限18,900,000DASH
取引承認システムPoW(PoSe)
開発Evan Duffield
詳細解説DASHの詳細はコチラ

Dash(ダッシュ)DASHが購入できる取引所

ダッシュ(DASH)の概要

DASHは匿名性の高さと取引スピードの速さを特徴とした仮想通貨です。

通貨単位はそのままDASHと記載し、総発行枚数は1,890万DASHと決められいます。

認証にかかる時間は約1.4秒と非常に早く、マスターノードによる認証方式はProof of Service(PoSe)と呼ばれているものを採用しています。

匿名性を維持するためにプライベートセンドコインミキシングを使って、誰が誰に送ったかを分からなくする仕組みを取り入れています。

Zcash(ジーキャッシュ)ZEC

ジーキャッシュ-ZEC
 

名称Zcash(ジーキャッシュ)
通貨単位ZEC
リリース日2016年10月28日
発行上限21,000,000ZEC
取引承認システムPow
開発Zcash Foundation/Zooko Wilcox
詳細解説ZECの詳細はコチラ

Zcash(ジーキャッシュ)ZECが購入できる取引所

ジーキャッシュ(ZEC)の概要

Zcash(ジーキャッシュ)は匿名性に非常に優れた仮想通貨で「送金元」「送金先」「送金量」「送金履歴」を全て匿名にするゼロ知識証明とう特殊な技術を採用しています。

ジーキャッシュの通貨単位はZECで総発行量は2,100万ZEC、認証時間は2.5分、アルゴリズムはEquihashと呼ばれるメモリ量対策が取られたPowになります。

匿名性の仮想通貨は他にも、モネロやダッシュがありますが、匿名性という点では最も優れた通貨になります。

ジーキャッシュの匿名性の技術は世界最大手銀行のJPモルガンや暴露サイトのウィキリークスなどが採用したことでも注目を集めました。

ALIS(アリス)

アリス-ALIS
名称ALIS(アリス)
通貨単位ALIS
リリース日2017年9月29日
発行上限75,209,200 ALIS
取引承認システム
開発(公式)alismedia
プロダクトソーシャルメディアプラットフォーム
詳細解説ALISの詳細はコチラ

ALIS(アリス)が購入できる取引所

ALISを購入できる取引所

アリス(ALIS)の概要

ALIS(アリス)はブロックチェーン技術を用いた日本初のソーシャルメディアプラットフォームを作るプロジェクトです。ソーシャルメディアプラットフォームとは平たく言うとTwitterやFacebookやInstagramみたいなSNSベースのメディアです。

ALISは記事を書いたり情報を発信する側と、その記事や情報をキャッチするユーザーをダイレクトに繋ぐ架け橋のような存在です。既存の検索エンジンや広告に頼らないメディアなので、無限の可能性を秘めているプロジェクトです。

運営スタッフが日本人が中心なので、プロジェクトの活動実績を日々報告しているのでとても好感がもてます。

Verge(バージ/ヴァージ)XVG

バージ-XVG
 

名称Verge (バージ/ヴァージ)
通貨単位XVG
リリース日2016年2月
発行上限16,555,000,000 XVG
取引承認システムPoW
開発(公式)Verge公式サイト
詳細解説Vergeの詳細はコチラ

Verge(バージ/ヴァージ)XVGが購入できる取引所

バージ(XVG)の概要

Verge(バージ)はZcash、Dash、Moneroと同じ属性の匿名性の仮想通貨です。送金スピードも速く数秒~数分で送金できるのも特徴です。

Vergeが優れているのは、「レイス・プロトコル」で情報の公開と非公開を切り替えられるのが最大のポイントです。またコミュニティが活発で日本では「Verge Japan」が発足し独自のマスコットでもあるバージリスクくんが人気を博しています。

NEO(ネオ/ニオ)

ネオ-NEO
 

名称NEO(ネオ/ニオ)
通貨単位NEO
リリース日2016年10月
発行上限1億NEO
取引承認システムDBFT
公式サイトhttps://neo.org/
詳細NEOの詳細はコチラ

NEO(ネオ/ニオ)が購入できる取引所

ネオ(NEO)の概要

NEO(ネオ)は2016年10月にAntshares(アントシェアーズ)「ANS」という通貨でしたが、2017年6月にNEOという現在の名前にリブランディングされました。

NEOはイーサリアムのスマートコントラクト機能を実装しています。

NEOのプラットフォームをベースにした多くのICOが予定されていることから価格が上昇しています。NEOは中国版のイーサリアムと呼ばれていますが、高性能なNEOの機能から世界中から注目を集めている通貨の一つです。

EOS(イオス)

イオス-EOS
 

名称EOS(イオス)
通貨単位EOS
リリース日2017年6月26日
発行上限10億EOS
取引承認システムDPoS
公式サイトeos.io
詳細解説

EOS(イオス)が購入できる取引所

イオス(EOS)の概要

EOSはビットコインのような取引や決済を目的とした通貨ではなく、イーサリアムのような分散型アプリケーションのプラットフォームです。

企業などにEOSプロジェクトと呼ばれる高性能なプラットフォームを提供し、トークンの発行やブロックチェーンを使ったDApps等の様々なサービスを生み出すことができるとされています。

EOSのICOでは史上最高額の4300億円もの資金調達を達成したことでも企業や投資家たちの期待が高いことが分かります。

EOSは時価総額の上位にランクインしていますが、プラットフォームのプロジェクトなのでEOSトークン自体には使い道や価値がないとされています。

Digibyte(デジバイト)DGB

デジバイト-DGB
 

名称Digibyte(デジバイト)
通貨単位DGB
リリース日2014年1月
発行上限21,000,000,000DGB
取引承認システムPoW
開発
詳細解説DGBの詳細はコチラ

Digibyte(デジバイト)DGBが購入できる取引所

デジバイト(DGB)の概要

デジバイトは高速な取引スピードと安全なコミュニケーションに重点を置いて作成された分散型の国際ブロック チェーンである「DigiByte​ ​Blockchain」上で動作するオープンソースの暗号通貨ソフトウェアです。

通貨単位はDGBで総発行量は、210億DGBと多いのが特徴です。segwitが初めて実装された暗号通貨としても注目を集めました。取引スピードは約15秒でビットコインの40倍の速さを誇っています。

またデジバイトの大きな特徴として5つのマイニングアルゴリズムを持つことでセキュリティが強化され安全性が高いことも好材料となっています。

国内銘柄のアルトコイン

国内で取扱いのあるメジャーなアルトコイン一覧は下記の記事でまとめています。

ビットコインの他、イーサリアムやリップル、ネムといった人気の通貨は国内取引所で購入することができます。

まずはコインチェック

coincheckは分かりやすく使いやすさを追求した取引所。

スマホで簡単に仮想通貨を売買することも可能なので初めて投資をする方にもおすすめ!

すぐに取引が出来る取引所

東証一部上場企業グループの運営で安心できるGMOコイン。

GMOコインなら現物取引・レバレッジ取引・積立投資などなど目的にあった取引がきっと見つかる!

海外銘柄通貨
ミーをフォローする
主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました