仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)特徴一覧まとめ

ここではビットコイン以外の仮想通貨アルトコインについてまとめています。アルトコインの特徴や概要を一覧にしています。コインチェックで取り扱っているアルトコインを中心にそれ以外の海外でしか取り扱っていない仮想通貨も紹介していきます。

ビットコインとアルトコイン

アルトコイン一覧表
仮想通貨の種類はビットコインをはじめとして現在では、1000種類を超えているといわれています。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨全ての総称で、alternative coin(オルタナティブコイン)の略称でaltcoinと記載します。日本ではアルトコインもしくはオルトコインとも呼ばれています。

アルトコインとは

アルトコインは直訳すると「ビットコインの代わりのコイン」という意味を持っているので、ビットコインを基にしてビットコインを補う形で様々な用途で作られています。ビットコイン、ライトコインのように通貨として作られた仮想通貨もあれば、契約を目的としたイーサリアムや国際送金を目的としたリップルなど、お金としての価値の交換以外にも目的を持たせたビットコイン2.0やブロックチェーン2.0と呼ばれる通貨もあります。

全ての仮想通貨の大本になっている基軸通貨であるビットコインについては下記の記事でまとめています。

仮想通貨の基軸通貨と呼ばれているビットコイン(Bitcoin)の詳細について記載しています。ビットコインとはなにかというテーマで仮想通貨やビットコインの初心者でも分かるように解説しています。そもそもビットコインは投資なのか?儲かるのか?ビットコインの仕組みと共に一つずつ説明しています。

アルトコインの種類

アルトコインの種類は前述でも述べているように、毎日のように増えており現在は1000種類を優に超えているとされています。その中でも実際に価値をもっている仮想通貨はごく一握りで、中には何の価値や時価総額がほとんどない通貨も存在します。

ここでは実際に日本でも取り扱われている仮想通貨や時価総額が高かったり海外でも話題になったアルトコインを紹介していきます。

イーサリアム(ETH)

ETHEREUM

名称Ethereum(イーサリアム)
通貨単位Ether(ETH)
リリース日2015年7月
発行上限なし
取引承認システムPoW(PoSに移行予定)
開発Ethereum Foundation
詳細解説ETHの詳細はコチラ

イーサリアム(ETH)の概要

イーサリアムは発表当時は19歳だったヴィタリック・ブテリンによって提唱されたイーサリアムプロジェクトというブロックチェーンを使ったプロジェクトです。イーサリアムの通貨単位はイーサ(ETH)が使われています。仮想通貨の時価総額ではビットコインに次いで2位の暗号通貨です。

イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれる取引に契約内容をブロックチェーンに取り込む技術を採用しています。このイーサリアムで使われているスマートコントラクトが数多くのICOでも使われています。

またイーサリアムのアルゴリズムは現在はビットコインと同じプルーフオブワーク(PoW)が採用されていますが、将来的にはプルーフオブステーク(PoS)に移行が決まっています。

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアム(Ethereum)ETHについて記載しています。イーサリアムのチャートをもとにETHの今後や将来性(メトロポリス)についても分析しています。イーサリアムの相場や価格推移について、その他イーサリアムが購入できる取引所についても記載していますので是非参考にしてください。

イーサリアムクラシック(ETC)

Ethereum Classic

名称Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)
通貨単位ETC
リリース日2016年7月
発行上限なし
取引承認システムPoW(PoSに移行予定)
開発Ethereum Foundation
詳細解説ETCの詳細は現在作成中

イーサリアムクラシック(ETC)の概要

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂した仮想通貨です。イーサリアムクラシックは、イーサリアムが2016年6月にTHE DAO事件でハッキングを受けた際にハードフォークして「イーサリアムクラシック」と「イーサリアム」に分裂しました。前のブロックチェーンの流れを受け継いだものが「イーサリアムクラシック」で、まったく新しいものとして作られたのが、現状の「イーサリアム」になります。

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した暗号通貨なので、特徴はイーサリアムとほぼ同じになりますが、開発のコアメンバーはヴィタリックをはじめほとんどがイーサリアムに従事しています。

イーサリアムクラシックの詳細記事は現在作成中

リスク(LISK)

LISK

名称Lisk(リスク)
通貨単位LSK(LISK)
リリース日2016年5月
発行上限なし
取引承認システムDPoS
開発Lisk Foundation
詳細解説LISKの詳細はコチラ

リスク(LISK)の概要

Liskはビットコインやライトコインようなデジタル通貨そのものではなくイーサリアムのような「スマートコントラクト」を使ったプラットフォームの名称です。

LISKの通貨単位はLSKまたはそのままLISKと記載します。発行上限はなし。2016年5月24日にリリースされ、開発はマックスコーディック氏とオリバーベドウズ氏が「Lisk Foundation」(リスク財団)という会社を共同設立して研究・開発を行っています。LISKの大きな特徴として、ブロックチェーンのメインチェーンとは別にサイドチェーンを使用していること、プログラミング言語にJavascriptを使用していることが挙げられます。

仮想通貨Lisk(リスク)について記載しています。LISKの最新ニュースやリアルタイムチャートに今後のアップデート情報や将来性まで、リスクを完全に網羅した情報を掲載しているのでぜひ参考にしてください。

ファクトム(FCT)

名称Factom(ファクトム)
通貨単位FCT(ファクトイド)
リリース日2015年9月
発行上限なし
取引承認システムPoS
開発Koinify(クラウドセール実施、閉鎖)
詳細解説FCTの詳細はコチラ

ファクトム(FCT)の概要

ファクトムは、登記簿や貸付記録や証券に保険などありとあらゆる書類や記録をビットコインで使われてるブロックチェーン上に管理する目的で作られた分散型のデータ管理プラットフォームです。基本的にはビットコインのブロックチェーンに依存しています。

ファクトムのリリース日は2015年9月で、通貨コードはFCT。通貨自体はFactoid(ファクトイド)と呼ばれるものを取引しています。ファクトムハーモニーと呼ばれる米国の住宅ローンをターゲットにしたプロジェクトや、ディーロックバイスマートロックと呼ばれる医療履歴などをファクトムのブロックチェーンに記載するプロジェクトが注目を集めています。

仮想通貨のファクトム(FCT)についての詳細を記載しています。Factomは今後どうなるかといった将来性や、気になるFCTの発行上限やファクトムの最新ニュースさらにファクトムの価格も過去のチャートを見ながら分析しています。

モネロ(XMR)

モネロ

名称Monero(モネロ)
通貨単位XMR
リリース日2014年4月18日
発行上限18,400,000XMR
取引承認システムPoW/Crypto Night
開発Monero Project
詳細解説XMRの詳細は現在作成中

モネロ(XMR)の概要

モネロの詳細記事は現在作成中

オーガー(REP)

オーガ

名称Augur(オーガー)
通貨単位REP
リリース日2016年10月
発行上限11,000,000REP
取引承認システム
開発Jack Peterson
詳細解説REPの詳細は現在作成中

オーガー(REP)の概要

オーガーの詳細記事は現在作成中

リップル(XRP)

名称Ripple(リップル)
通貨単位XRP
リリース日2012年
発行上限1,000億XRP
取引承認システムPoW
開発Ripple Labs.,Inc
詳細解説XRPの詳細はコチラ

リップル(XRP)の概要

リップルは国際送金を主な目的とし、取引処理が最も超高速という特徴を持った仮想通貨です。国際送金では、ビットコインが約1時間、イーサリアムが2分以上かかるとされていますが、リップルでは約4秒で送金できる圧倒的な取引スピードを誇っています。また中央に管理者がいない他の仮想通貨とは違い、リップル社が中央集権となり、リップルを主権的に稼働させているのも大きな特徴です。

内外の為替を一元化しようと、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行その他にも61行の銀行賛同している「内外為替一元化コンソーシアム」が国内でも注目を集めています。

金融機関や銀行などが取引相手なので大企業からの支援と支持さらに高い時価総額も特徴です。暗号通貨時価総額ランキングでもビットコイン、イーサリアムに続く第3位に位置付けしています。※2017年10月現在

仮想通貨Rippleリップル(XRP)について記載しています。リップルの特徴やリップルの将来性について、さらにXRPの価格が分かるリアルタイムチャートやリップルが買える取引所の紹介、リップルに関する最新情報も記載しています。

ジーキャッシュ(ZEC)

Zcash

名称Zcash(ジーキャッシュ)
通貨単位ZEC
リリース日2016年10月28日
発行上限21,000,000ZEC
取引承認システムPow
開発Zcash Foundation/Zooko Wilcox
詳細解説ZECの詳細はコチラ

ジーキャッシュ(ZEC)の概要

Zcash(ジーキャッシュ)とは匿名性に非常に優れた仮想通貨で、「送金元」「送金先」「送金量」「送金履歴」を全て匿名にするゼロ知識証明とう特殊な技術を採用しています。ジーキャッシュの通貨単位はZECで総発行量は2,100万ZEC、認証時間は2.5分、アルゴリズムはEquihashと呼ばれるメモリ量対策が取られたPowになります。

ジーキャッシュの基本となる性質はビットコインと似ていますが、ビットコインと違う点は、Zcash最大の特徴である「ゼロ知識証明」と呼ばれる匿名性です。匿名性の仮想通貨は他にも、モネロやダッシュがありますが、匿名性という点では最も優れた通貨になります。ジーキャッシュの匿名性の技術は世界最大手銀行のJPモルガンや暴露サイトのウィキリークスなどが採用したことでも注目を集めました。

仮想通貨Zcash(ZEC)のチャートや最新ニュースをまとめています。ジーキャッシュはJPモルガンとの提携が大きな話題となった匿名性の高い仮想通貨です。Zcashの価格からみる今後の将来性やマイニング半減期、ZECが暴落した原因や理由についても記載しています。

ネム(XEM)

nemネム

名称NEM(ネム)
通貨単位XEM(ゼム)
リリース日2015年3月
発行上限8,999,999,999XEM
取引承認システムPoI
開発Utopianfuture
詳細解説XEMの詳細はコチラ

ネム(XEM)の概要

ネムはNEW ECONOMY MOVEMENTの頭文字を取ってNEM(ネム)と呼びます。通貨単位はXEM(ゼム)と記載します。総発行量は8,999,999,999XEMでロックされており、マイニングではなくハーベスティングという特殊な新規発行形態をとっています。

ネムはビットコインで採用されているマイニングのように一部のマイナーが富を独占できないようにPoI「Proof-of-importance」というシステムが採用されており「富の再分配」とも呼ばれて注目を集めています。

仮想通貨の一つでもあるネム(NEM/NEM)の将来性や最新のニュースを記載しています。ゼム(XEM)を購入できる取引所やネムのチャート、ネムとCOMSA(コムサ)の関係にカタパルトの詳細まで分かりやすく記載しています。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

名称Litecoin(ライトコイン)
通貨単位LTC
リリース日2011年10月
発行上限84,000,000LTC
取引承認システムPoW
開発Charlie Lee(チャーリー・リー)
詳細解説LTCの詳細はコチラ

ライトコイン(LTC)の概要

ライトコインは「ビットコインを金で例えるならライトコインは銀」というコンセプトの中、より実生活に使えるようにと開発された仮想通貨です。
ライトコインの大きな特徴は認証時間の速さで、ビットコインが10分かかる中、ライトコインはビットコインの1/4の2.5分で認証できるように作られています。またsegwitが実装済みでマイニングにかかるコストもビットコインと比べて大幅に少ないのでマイナーからも人気の暗号通貨です。

ライトコインは、ビットコインの弱点を補う形で作られた仮想通貨なので、より実用性に優れた通貨として世界中のデジタル決済方法の一つとして取り入れられています。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)について記載しています。ライトコインの最新ニュースから今後や将来性も考察しています。ライトコインのsegwitやマイニング、半減期などについても詳しく記載していますので参考にしてください。

ダッシュ(DASH)

ダッシュ-仮想通貨

名称Dash(ダッシュ)
通貨単位DASH
リリース日2011年10月
発行上限18,900,000DASH
取引承認システムPoW(PoSe)
開発Evan Duffield
詳細解説DASHの詳細はコチラ

ダッシュ(DASH)の概要

DASHは匿名性の高さと取引スピードの速さを特徴としたアルトコインです。通貨単位はそのままDASHと記載し、総発行枚数は1,890万DASHと決められいます。
認証にかかる時間は約1.4秒と非常に早く、マスターノードによる認証方式はProof of Service(PoSe)と呼ばれているものを採用しています。

匿名性を維持するためにプライベートセンドとコインミキシングを使って誰が誰に送ったかを分からなくする仕組みを取り入れています。

仮想通貨のDASH(ダッシュ)の特徴やリアルタイムチャート、今後の将来性、購入できる取引所など魅力満載DASHについて記載しています。ダッシュの最新ニュースからDASHのマイニングにあたるマスターノードと半減期についても詳しくまとめていますのでぜひ参考にしてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

名称Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
通貨単位BCH/BCC
リリース日2017年8月1日
発行上限21,000,000BCH
取引承認システムPoW
開発
詳細解説Bitcoin Cashの詳細はコチラ

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークで2017年8月1日に誕生した新しい通貨です。通貨単位はBCH/BCCで総発行枚数はビットコインと同じ2100万BCHです。ビットコインから派生した暗号通貨なので、基本的な作りはビットコインを同じになります。

ビットコインと大きく異なるところは、ブロックサイズが最大で8MBというところと、Segwitが未実装、セキュリティの向上が挙げられます。ビットコインキャッシュは中国マイニングプールが作ったビットコインのコピーコインともいわれていますが、性能はビットコインよりもはるかに上だという専門家もいます。

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)の詳細を記載しています。ビットコインキャッシュと中国の関係やBCHの特徴とチャート・相場・レートから見る今後の将来性についても詳しくまとめています。ビットコインキャッシュを購入できる取引所も紹介しているのでBCHに興味を持った方はぜひ参考にしてください。

モナコイン(MONA)

モナーコイン

名称monacoin(モナコイン/モナーコイン)
通貨単位MONA
リリース日2014年1月1日
発行上限105,120,000 MONA
取引承認システムPoW
開発
詳細解説モナコインの詳細はコチラ

モナコイン(MONA)の概要

モナコインは掲示板サイトの「2ちゃんねる」から生まれた日本発で日本初の仮想通貨です。モナコインのアイコンにもなっている猫のイラストは2ちゃんねるのAA(アスキーアート)のモチーフにもなっている「モナー」からきています。モナコインのブロック生成時間の間隔は約90秒と早く、SegWitが既にアクティベート済みなのも特徴的です。

モナコインは、2ちゃんねるという独自の文化から生まれた仮想通貨なだけに、特有のユーザーコミュニティーが既に形成されています。Twitter上では登録必要なしの「tipmona」を利用して、ツイートするだけで残高の確認やモナコインの送金なども無料で行うことができます。日本ではモナコインを実際に使用できるリアル店舗やネットショップも存在し、Monappyというモナーコインのポータルサイトではモナコインによる様々なサービスを受けることができます。

国産仮想通貨で高騰した話題のモナコイン(monacoin)の詳細を記載しています。モナコインの高騰チャート・レート・相場やモナコインのマイニング(採掘)さらにモナコインの半減期についても詳しくまとめています。モナコインの買い方やMonacoinを取り扱っている取引所についても掲載しています。

エイダ(ADA)

ADAエイダコイン

名称ADA(エイダコイン)
通貨単位ADA
リリース日2017年10月
発行上限320億ADA
取引承認システムPoS「ウロボロス」
開発 Cardano Fundation(カルダノ財団)
詳細解説ADAの詳細はコチラ

エイダコイン(ADA)の概要

ADA(エイダコイン)はオンラインカジノのプラットフォームのCARDANO(カルダノ)で使われる暗号通貨です。リリースは2017年10月にビットレックスに上場しました。ADAはカルダノというオンラインカジノで不正が行われないフェアで健全なゲームを提供するために誕生しました。カルダノはオンラインカジノ以外にも金融や様々な用途にも使われるように開発が進められています。

カルダノの開発はイーサリアムの元CEOでもあるチャールズホスキンソン氏が行っていることで注目を集めています。ADAが日本で行ったプレセールではMLMという手法が使われており、公開が遅れに遅れたことからADAは99.9%詐欺ICOだと言われていましたが、突如ビットレックスに上場し価格を40倍以上も上げて話題を呼びました。

仮想通貨ADA(エイダコイン)のチャートや現在のカルダノ最新ニュース、ADAの購入できる取引所も紹介しています。またエイダコインが高騰した理由やADAは詐欺ではないのかという所にも多角的に徹底分析しています。ADA(エイダコイン)やカルダノについて詳しく解説しているので参考にしてください。

アリス(ALIS)

ALIS-アリス

名称ALIS(アリス)
通貨単位ALIS
リリース日2017年9月29日
発行上限75,209,200 ALIS
取引承認システム
開発(公式)alismedia
プロダクトソーシャルメディアプラットフォーム
詳細解説ALISの詳細はコチラ

アリス(ALIS)の概要

ALIS(アリス)は日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームを作るプロジェクトです。ソーシャルメディアプラットフォームとは平たく言うとTwitterやFacebookやInstagramみたいなSNSベースのメディアです。

ALISは記事を書いたり情報を発信する側と、その記事や情報をキャッチするユーザーをダイレクトに繋ぐ架け橋のような存在です。既存の検索エンジンや広告に頼らないメディアなので、無限の可能性を秘めているプロジェクトです。

運営スタッフが日本人が中心なので、プロジェクトの活動実績を日々報告しているのでとても好感がもてます。

仮想通貨ALIS(アリス)の詳細を記載しています。ALISトークンの買い方や、ICOから上場後のチャートで見る価格の推移、ALISが購入でき...

デジバイト(DGB)

DigiByte

名称Digibyte(デジバイト)
通貨単位DGB
リリース日2014年1月
発行上限21,000,000,000DGB
取引承認システムPoW
開発
詳細解説DGBの詳細はコチラ

デジバイト(DGB)の概要

デジバイトは高速な取引スピードと安全なコミュニケーションに重点を置いて作成された分散型の国際ブロック チェーンである「DigiByte​ ​Blockchain」上で動作するオープンソースの暗号通貨ソフトウェアです。通貨単位はDGBで総発行量は、210億DGBと多いのが特徴です。segwitが初めて実装された暗号通貨としても注目を集めました。取引スピードは約15秒でビットコインの40倍の速さを誇っています。

またデジバイトの大きな特徴として5つのアルゴリズム「SHA-256」「scrypt」「groestl」「skein」「qubit」にそれぞれ20%ずつ分散させることにより、セキュリティが強化され安全性が高いことも好材料となっています。

仮想通貨のデジバイト(DGB)とはどんなアルトコインなのか?デジバイトの取引所は?またデジバイトは今後価値が上がるのか。DGBのチャートと情報をみて考察したいと思います。デジバイトでマイクラをマイニングできる!?ということにも触れています。
スポンサーリンク
トップへ戻る