SBIVCトレード口座開設でもれなく50XRPプレゼント

仮想通貨取引所の二段階認証設定方法|Google Authenticatorの注意点

二段階認証のGoogle Authenticator設定方法初心者

仮想通貨の取引所の2段階認証の詳細や「Google Authenticator」の設定方法を画像付きで分かりやすく解説しています。バックアップ方法や注意点なども記載しているので参考にしてください。

2段階認証とは

二段階認証とは、仮想通貨取引所のログインパスワードに加えて、スマホアプリや携帯のSMS通知などで確認コードによる認証を行うことで、セキュリティを強化する仕組みです。

簡単に説明すると、ロック(セキュリティ)を2段階に分けてかけるということですね。

もし、取引所のIDやパスワードを盗まれたり流出してしまっても、二段階認証のパスワードまで取ることはできないので、悪意のある第三者から大切な資産を守ることができます。

自宅玄関のドアの鍵に加えて別の鍵で施錠するイメージだね

二段階認証のパスワードは取引所とは全く関係ないからセキュリティが大幅にアップするよ

Google Authenticatorとは

仮想通貨のGoogle Authenticatorとは

仮想通貨取引所の二段階認証ではGoogleが提供しているスマートフォンアプリの「Google Authenticator」を推奨しています。

「Google Authenticator」ではワンタイムパスワードと呼ばれる一定時間ごとに生成される使い捨てのパスワードが発行されます。

この使い捨てのパスワードを取引所のログイン時や送金時に使用することで、不正被害等を防止することができます。

仮想通貨取引所はどこでも二段階認証「Google Authenticator」が設定可能です。

また設定も非常に簡単なので、資産を守るためにも必ず設定するようにしましょう。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

二段階認証の設定方法

ここでは二段階認証「Google Authenticator」の設定方法をコインチェックを例に出して解説しています。

国内や海外どこの取引所でも基本的な二段階認証設定方法は同じですよ。

  • STEP1
    設定画面へ
    まずは「設定」その中にある「セキュリティ」もしくは「二段階認証」をクリックします。

    コインチェック二段階認証設定方法

  • STEP2
    QRコードの表示
    続いて画面に表示されているQRコードをアプリの「Google Authenticator」で読み込みます。※スマホのカメラ機能を使用します

    二段階認証設定方法

  • STEP3
    QRコードのスキャン
    「Google Authenticator」側からは画面右上の「+」ボタン→「バーコードをスキャン」をタップでカメラが起動します。

  • STEP4
    数字の入力
    QRコードを読み取ると6桁の数字が表示されるので、その数字を二段階認証設定画面に入力すれば設定完了です。

    二段階認証設定方法

やってみると意外と簡単だね

どこの国内外取引所でも基本的な操作方法は同じだよ

補足
二段階認証設定方法

赤枠で囲んでいる32桁の「シークレットキー」はメモなど他の場所へ保存しておいてください。

設定した認証アプリが万が一使えなくなった場合にこのキーがあれば復元可能になります。

バックアップと注意点

二段階認証アプリ「Google Authenticator」は不正防止のため、シークレットキー以外からは復元ができないようになっています。

携帯電話を機種変更した場合などのアプリデータの引継ぎなどもできないので注意が必要です。

うっかりアプリを消してしまった、携帯電話をなくしてしまったといった場合は、取引所にログインができなくなります。

国内取引所ではサポートに連絡すれば、対応してくれるところがほとんどですが、海外取引所だと英語でのやり取りになるので非常に時間と労力がかかってしまいます。

じゃぁ二段階認証をしないほうが良いんじゃない?

バックアップをしっかりと取っておくことでこの問題も解決するよ

対策①:複数の端末でバックアップを取る

予備のスマホやタブレットがある場合は、そちらでも同じQRコードをスキャンしておきましょう。

複数の端末で認証していても同じコードが発行されるので、1台のコードが消えてしまっても問題ありません。

対策②:QRコードを保存しておく

発行されたQRコード自体をスクリーンショットで撮って保管しておく、QRコードを画像として残しておくのも有効的です。

万が一、認証コードが消えてしまってもQRコードさえ残っていれば、再度認証してコードの発行が可能です。

またコインチェックのように一部の取引所ではバックアップキーを発行してます。

二段階認証のキーを発行している場合はキーをUSBや紙媒体などで安全に保管しておきましょう。

ただしQRコードやバックアップキーはパスワードそのものなので、保管方法には気を付けてくださいね。

二段階認証まとめ

仮想通貨取引所は銀行と同じように感じてしまいますが、現行の法律では取引所に預けいている仮想通貨が盗まれても何の保証もありません。

ご自身の大切な資産が投入されているところなので、二段階認証などのセキュリティは万全を期しておくことを強くおすすめします。

また二段階認証のセキュリティをしても取引所が破綻したりハッキングにあってしまっても資産を失ってしまいます。

取引所で仮想通貨を購入した後はご自身のウォレットなどに移すなどして、資産となる仮想通貨を自分自身でしっかりと守りましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました