2段階認証とは!?Google Authenticatorの設定方法とセキュリティの重要性について

仮想通貨の取引所が導入している2段階認証について掲載しています。2段階認証で使用されている「Google Authenticator」の設定方法も解説しています。そもそも2段階認証は必要なのかという疑問やセキュリティの重要性についても記載しています。

スポンサーリンク

2段階認証とは


2段階認証とは簡単に説明すると、ロック(セキュリティ)を2段階に分けてかけるということです。家の玄関のドアの鍵を二つかけるイメージです。

もし一段階目のパスワードを盗まれたりハッキングされても二段階認証のパスワードまで突破するのは至難の業なので悪意のある第三者から大切な資産を守ることができます。

2段階認証で特に推奨されているアプリがGoogleが提供している「Google Authenticator」です。設定も非常に簡単なので、資産を守るためにも必ず設定するようにしましょう。

取引所の2段階認証は必ず設定しましょう!

2段階認証Google Authenticator

仮想通貨の取引所はほとんどのところが二段階認証を推奨しています。また大抵の取引所では二段階認証が使えます。

二段階認証に使うパスワードは使い捨てで数十秒ごとにパスワードが変わるので、二段階認証を管理しているアプリのスマホが盗まれない限り強固なセキュリティになります。

仮想通貨の取引所には直接資産となっている円やビットコインやアルトコインが入っています。取引所のログインパスワードが盗まれたりハッキングされたりしたら資産が一瞬でなくなる可能性があります。取引所は銀行と同じです。自身の大切な資産が入っているので強く二段階認証をかけることをおすすめします。

注意
スマホが壊れたり紛失したりすると2段階認証を設定している取引所にアクセスできなくなる恐れがあります。QRコードや設定キーなどはバックアップを取るなどの対策を予めしておきましょう。

二段階認証の設定方法「Google Authenticator」

二段階認証は様々なものがありますが、仮想通貨取引所の多くは「Google Authenticator」というアプリを使用しています。
Googleが提供している二段階認証のアプリなのでかなり信頼できるものになります。

■ios端末の方は↓からダウンロード可能です。

「Google Authenticator」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Google Authenticatorをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

■Android端末の方は↓からダウンロード可能です。

2 段階認証を有効にしてアカウントを不正使用から保護できます。

私も国内取引所のコインチェックやザイフ、ビットフライヤーさらに海外の取引所のポロニエックスやビットレックスでは上記のアプリで二段階認証を設定します。

設定方法はとても簡単です。アプリをダウンロードして、QRコードを読み込むだけです。後は、パスワードが表示されるので、そのパスワードを実際にログイン画面に入力するだけです。アプリの画面もシンプルで誰でも分かるように作られています。

ポロニエックスでの二段階認証

当然ですが海外の取引所のポロニエックスでも二段階認証を推奨しています。
またポロニエックスは、海外サイトなので、分かりにくいところもあるとは思いますので下記の画像で二段階認証の方法を説明していきます。

ポロニエックス管理画面の右上のスパナーのアイコンをクリックして、翻訳している場合は「二要素認証」と記載されているところをクリックします。
次にQRコードが出てくるので、この画面をスマホアプリの「Google Authenticator」で読み込みます。

ここで表示されるQRコードと16桁のキーは必ずスクショか印刷をしてバックアップをとっておきましょう。

Google Authenticatorの画面では、右上の+ボタンを押して「バーコードをスキャン」ボタンをタップします。
バーコードをスキャンをタップするとカメラが起動するので、カメラをQRコードにかざします。

以上でポロニエックスの二段階認証設定方法は完了です。

コインチェック、ザイフ、ビットフライヤーなどの国内取引所でも二段階認証の設定方法はほぼ同じです。

ポロニエックスのアカウント作成は下記ページから確認できます。

仮想通貨(暗号通貨)の海外取引所で最大手のポロニエックス(poloniex)のアカウント開設方法を解説しています。ポロニエックスは海外の取引所でサイト内も全て英語表記ですが、英語力がゼロでもアカウントを開設できるように説明しています。ぜひ参考にしてください!

セキュリティ2段階認証まとめ

取引所は銀行と同じです。現行の法律には取引所に預けいている実際の資産が盗まれても何の保証もありません。

国内取引所のコインチェックでは2段階認証を設定している場合は条件付き盗難補償が付いています。

ご自身の大切な資産が投入されているところなので、二段階認証などのセキュリティは万全を期しておくことを強くおすすめします。

また二段階認証のセキュリティをしても取引所が破綻したりハッキングにあってしまっても資産を失ってしまいます。

取引所で仮想通貨を購入した後はご自身のウォレットなどに移すなどして、資産となる仮想通貨を自分自身でしっかりと守りましょう!

ウォレットなどの情報は追々記載していきます。

2段階認証のセキュリティにつてい思うこと

2段階認証は上記で、家の2重ロックのようなものと記載しました。私の家の玄関のドアにも二重ロックがありますが、家を出る時は一つしか鍵をかけていません。。ホントは防犯的には二つとも鍵をかけないといけません。。。

銀行のインタネットバンキングなどでも送金の際などに二段階認証はほとんどのところが必要になっています。

ネット上ではスマホのパスワードから、PCのパスワードに、楽天やAmazonで買い物をする際のパスワード、さらに上記で挙げた資産が入っている銀行のパスワードなど様々なところでパスワードを入力する場面が出てくると思います。私も数えるだけで両手両足では数えきれないほどのIDとパスワードを管理しています。

そんなパスワードを全て覚えるはほぼ皆無です。

しかしながら、パスワードを全て同じにして、同じところに管理しているのは非常に危険です。

一度、悪意のある第三者にパスワードが渡ってしまうと、個人情報だけではなく、資産が入っている銀行やクレジット情報などにも安易にログインされて資産を盗まれる恐れがあります。

そんな重要な資産が入っているログイン用パスにもう一段階セキュリティをかけてくれるのが2段階認証です。しつこいようですが2段階認証は自分の資産を守るための最低必須項目です。取引所によっては任意になっていますが、2段階認証を設定できるとろこであれば、必ず2段階認証を設定しておきましょう。

いつも応援クリックありがとう♪
仮想通貨ブログランキングバナー

おすすめの国内取引所

1位:コインチェック2位:ビットフライヤー3位:ザイフ4位:ビットバンクcc
coincheck(コインチェック)
ビットコインの取引所は取引高日本一で出川のTVCMでお馴染み「コインチェック」が断然おすすめです。スマホアプリも使いやすく取引できる仮想通貨の種類も最も多い取引所です。ビットコインは0.001BTCから購入可能です!初心者も上級者も全員使っています!

⇒ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
⇒ コインチェックのアカウント作成方法

bitFlyer(ビットフライヤー)
テレビCMでもお馴染みの「ビットフライヤー」は大手企業が賛同しているので安心してビットコインの取引ができます。bitFlyerは取引量、ユーザー数、資本金が国内第一位です。セキュリティ対策もばっちりでスマホアプリも連動しています!FXにも強いので玄人にもおすすめです。

⇒ bitFlyer(ビットフライヤー)公式ページへ
⇒ ビットフライヤーのアカウント作成方法

Zaif(ザイフ)
Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトでも世界中から注目を集めています。また取引手数料もビットコインは-0.01%となっているので、ビットコインを売買すると逆に手数料が貰えるというお得な仕組みが特徴。少額の仮想通貨積立てが出きるのも嬉しいポイントです。

⇒ Zaif(ザイフ)公式ページへ
⇒ ザイフのアカウント作成方法

ビットバンクcc
bitbank.cc(ビットバンクcc)は売買手数料が安く、リップル(XRP)の指値注文ができる唯一の国内取引所です。コンプライアンスやセキュリティもしっかりとしていて、初心者からプロのトレーダー、さらに暗号通貨を愛する玄人からも好評な取引所です。

⇒ bitbank.cc(ビットバンクcc)公式ページへ
⇒ ビットバンクccのアカウント作成方法

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る