【Q&A】10万円給付金の受け取り方法|いつもらえる?子供など対象者の疑問を解決!

10万円のもらいかた仮想通貨ニュース

新型コロナウイルスの経済対策として、政府から国民に一律10万円の現金が給付されることが決定しました。この記事では給付金10万円はいつもらえるのか、受け取り方法の疑問をQ&A方式でまとめいるので参考にしてください。

10万円給付金のQ&A

10万円の対象・いつ頃

10万円給付対象者だれ?
4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となる。
子供でももらえる?
住民基本台帳に記載があれば子供でも対象になる。
時期はいつ?
給付申請の受け付け開始は市区町村によって異なる。早ければ5月中にも始まる見通し。3ヵ月という期間制限付きなので注意。
どうしたらもらえるの?
申請書が郵送で届くので、世帯主が給付対象者と振込先の銀行口座情報を記載して、運転免許証や保険証などの身分証明書のコピーを添付して返送する。
※また、やむを得ない場合は窓口での申請や給付も受け付ける。
ネットでのオンライン申請はできるの?
マイナンバーカードがあればオンライン申請も可能。マイナンバーで電子申請を行える「マイナポータル」から振込先口座を指定し、確認書類をアップロードして申請する。
※PC用ICカードリーダーか近距離無線通信「NFC」に対応するスマホが必要
外国人でも給付対象?
外国人でも住民基本台帳に記載されていれば対象となる。
受け取りを希望しない場合は?
10万円給付の申請書には「希望しない」というチェック項目がある。もしくは申請書を提出しなければ受け取らないという選択肢になる。
世帯主にまとめて振込されると不都合な場合はどうしたらいい?
DVや家庭の事情で住民票を残して別居している場合は、今後対応を検討するとしている。

参考 産経新聞

給付金を装った詐欺発生

速攻で、10万円給付金を装った詐欺のメールや電話があるようです。

総務省のHPでは、「市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にない」としているので注意しましょう。

疑わしい電話、メール、郵便が届いたらすぐい警察署に連絡してくださいとあります。

現金10万円は投資にまわしてもよし

余裕がある人は、現金10万円給付金をもらうな・・・とまでは言わないので投資にまわして少しでも経済を回していきましょう。

アメリカでも新型コロナウイルスの経済対策として支給された1200ドルがビットコイン投資に流れているというニュースが話題になりました。

麻生さんは10万円を自己申告制にすれば「自分はもらう必要のないと思う富裕層からの申請はない」と考えたようですが、、それは甘すぎる。。

そんなの世間体があって10万円をもらうのがバレたら不都合の人や、ジェフベゾスやビルゲイツクラスだけでしょ。。

どんな金持ちでも税金は払っているので、貰うはず…ただその10万円は貯め込むのではなく、それこそ経済対策として投資にまわしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、家賃や生活費を切り詰めてまで投資にまわす必要性はありません。あくまでも余裕がある分で投資をしてみましょう。

仮想通貨ブログをやっているミーからすればもちろんビットコイン投資をおすすめしたいのが本音!でも株式投資も経済の勉強になるからいいと思うよ!

おすすめ取引所

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました