SBIVCトレード口座開設でもれなく50XRPプレゼント

コロナ対策の給付金はビットコイン投資に使う?仮想通貨最新ニュース【4月18日】

4月18日仮想通貨・暗号資産ニュース仮想通貨ニュース

4/18の仮想通貨ニュースはアメリカの給付金はビットコイン投資に流れている?バイナンスがスマコン搭載の新ブロックチェーンを発表!BNBのバーン過去最高額!等々をピックアップしています。

4月18日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

ビットコインの半減期まで、あと0日

4月18日仮想通貨価格の前日比

昨日と今日であまり動きがないね!

どっちに行くか迷ってる感じ!目先目標は7200ドルでその次は7日高値の74500ドルを目標にしたいね!

アメリカの給付金はビットコイン投資に

◆ このニュースのPOINT ◆

  • アメリカで支給された1200ドルが投資に流れている
  • 日本での10万円支給は5月頃の予定

米仮想通貨取引所コインベースのアームストロングCEOは1200ドルの入金や購入が増加したことを明らかにしました。

これは何を意味しているのか…

そうです、、アメリカでは新型コロナウイルスの経済対策で国民に1200ドル(129,090円)の支給が始まっているのです。

数字がピタッと同じことから、この支給された1200ドルがコインベースへの入金やビットコインの購入に充てているのは明白ですね。

日本でも10万円の支給が決定したようですが、余裕が少しでもある人は「投資にまわそう」と考える人も少なくないはず!

麻生さんは申告制にすれば富裕層は申告しないだろうし支給しなくて済むと思っているようだよ

クソ甘い!お金持ちは最速で申請して投資にまわすと思うよ

バイナンスがスマコン搭載のブロックチェーンを発表

◆ このニュースのPOINT ◆

  • スマコン搭載でBNBのステーキングが可能に
  • 独自チェーンはバイナンスDEXで使用されている
  • 今後はBNB価格にも影響あり

バイナンスが独自で開発しているブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンス・スマートチェーン)」を新たに発表しました。

バイナンスでは「Binance Chain(バイナンスチェーン)」という独自のブロックチェーンがありますが、新たな「バイナンススマートチェーン」と既存の「バイナンスチェーン」は統合されるとのこと。

バイナンススマートチェーンの特徴は、スマートコントラクトの搭載とBNBのステーキングです。

スマートコントラクトとはイーサリアムの基盤となっている技術で、ブロックチェーンの中に契約内容を書き込める便利なもの。

ステーキングとはその通貨を所有するだけで、管理費のような報酬が貰える仕組みです。

ステーキングはPoSとも呼ばれていますが、新チェーンのコンセンサスアルゴリズムは「Proof of Staked Authority」と呼ばれる特殊なもののようですよ。

なんだかよく分らないけどBNBの価格が上がりそう…

具体的な発表があればBNB価格にも影響がありそうだね

BNBのバーン過去最高額

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 今回のBNBバーンは11回目で過去最高額を記録
  • 前期比で約35%増
  • 3月の暴落時も取引が活発だった

バイナンスの独自通貨BNBのバーンが行われ過去最高額の3,373,988 BNB(約57億円相当)がバーンされました。

Burn(バーン)とは通貨の焼却を意味し、二度と使えなくする仕組みです。

バイナンスでは収益の20%を使って四半期(3カ月)おきにBNBを買い戻し、バーンを行っています。

BNBの総発行量は2億枚ですが、この半数にあたる1億枚をバーンして減らしていくとしています。

バイナンスのバーンする金額(数量)は収益に比例しているので、今回過去最高額だったことは、それだけバイナンスの収益性が良かったことを意味していますね。

どうしてバーンするの?

半減期と同じ考えで、インフレ防止のデフレ効果を得るために1枚当たりの価値を高めているんだよ

ネムのSymbolのロードマップが公開

◆ このニュースのPOINT ◆

  • リリースは2020年11月中旬~下旬
  • 移行によりセキュリティ向上や処理速度アップが期待されている
  • ネム(XEM)からはXYMという通貨が派生する

ネムのSymbol(シンボル)のリリース計画が発表されました。

Symbolはネム(XEM)の大型アップデート「カタパルト」によって誕生する新しいブロックチェーンのこと

ロードマップによると、Symbolのリリース予定時期は2020年11月中旬から下旬とのこと。

立ち上げまでにテストネット、スナップショットなどが順次行われる予定で、スケジュール次第では早まるまたは遅れる可能性もあるようです。

またSymbolができることでネムから派生する「XYM」という新しい通貨も生まれます。

ネムを取り扱っている国内取引所ではXYMの対応を検討すると発表もしていましたね!

ところでネムがSymbolへの移行したらどうなるの?

セキュリティが強化されたり処理速度が格段にアップするとされているよ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました