Cryptofolio(クリプトフォリオ)でウィジェット機能追加!使い方表示方法を徹底解説!

仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)でウィジェット機能が追加されました。ここではウィジェット機能の設定方法や使い方などを徹底解説しています。ウィジェットを設定しておけばロック画面からスワイプ一つで管理している仮想通貨の価格を一目で確認できます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)でウィジェット設定方法と使い方

Cryptofolio-クリプトフォリオ-ウィジェット

Android版もリリースした仮想通貨管理アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」でウィジェット機能がアップデートで追加されました。

ウィジェットとはスマホのホーム画面上で、ひと目で情報を得られるようになっているアプリ(画面)です。iPhoneなどのios端末でもAndroid端末でもウィジェットは存在しますが、ここではiPhoneやiPadなどのウィジェット設定方法をご紹介していきます。

コインチェックのスマホアプリをインストールしている方なら、仮想通貨の価格や価格変動はコインチェックアプリのウィジェットで確認している方が多いと思います。しかしコインチェックアプリではコインチェックで取扱っている銘柄しか表示されません。

⇒ コインチェックスマホアプリの設定方法はコチラ

クリプトフォリオなら自分の好きな銘柄だけを表示したり、通貨の並びを自分好みに並べ替えたりすることが可能です。

Cryptofolio-クリプトフォリオ-ウィジェット

Cryptofolioのウィジェットのメリット

  • 好きな銘柄を追加可能
  • 複数の通貨を追加可能(16銘柄まで!?)
  • 通貨の並び替えが可能
  • 表示/非常時の選択が可能
  • BTC建て/JPY建ての選択が可能
  • Zaifトークン・CMSトークンも表示可
ケンケン
クリプトフォリオのウィジェット機能便利だね~
ミー
うん!好きな銘柄を好きな順番に並び替えられるのは便利だね

クリプトフォリオをまだダウンロードしていない方は下記のAPPやGooglePlayから無料でダウンロードできます。

⇒ ios端末のダウンロード

⇒ Android端末のダウンロード

Cryptofolio使い方や詳細は下記の記事で詳しく記載しています。

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

Cryptofolio(クリプトフォリオ)でウィジェット設定方法

スマホ側のウィジェット設定方法手順

  1. ロック画面またはホーム画面を右にスワイプ
  2. ウィジェット画面の一番下の「編集」をタップ
  3. ウィジェット追加画面でCryptofolioを選択して完了をタップ
クリプトフォリオ側のウィジェット設定方法手順

  1. クリプトフォリオで下部メニューから「設定」をタップ
  2. 「ウィジェット設定」をタップ
  3. ウィジェットの詳細設定を行う

スマホ側のウィジェット設定方法手順

①ロック画面またはホーム画面を右にスワイプ
ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
iPhoneのロック画面またはホーム画面から右にスワイプします。
②ウィジェット画面の一番下の「編集」をタップ
ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
ウィジェット画面で一番下までスクロールして「編集」ボタンをタップします。
③ウィジェット追加画面でCryptofolioを選択して完了をタップ
ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
ウィジェット追加画面になるので、下部からCryptofolioを選択して「+」ボタンをタップします。次に右上の「完了」ボタンをタップしてスマホ側のウィジェット設定は完了です。

クリプトフォリオ側のウィジェット設定方法手順

①②クリプトフォリオで下部メニューから「設定」→「ウィジェット設定」をタップ
ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
クリプトフォリオの下部のメニュにある「設定」をタップします。次に設定画面に出てくる「ウィジェット設定」をタップします。
③ウィジェットの詳細設定を行う
ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
この画面で実際にウィジェットに表示させる銘柄や並び替えが可能です。※詳細設定は下記参照

Cryptofolio(クリプトフォリオ)でウィジェットの使い方

上記のウィジェット設定が完了すると、後はクリプトフォリオで実際に表示したい銘柄や、通貨の並び替え、BTC建てor円建てを選択するだけです。

仮想通貨の表示/非表示の切り替え方法

ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
実際のウィジェットで非表示にしたい通貨がある場合は、左側のレ点チェックを外すとウィジェットでは非表示になります。

BTC建て/JPY建ての切り替え方法

ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
BTC建てで見ている方、円建てで見ている方は、「BTC/JPY」のバナーを切り替えるだけで、BTC建てとJPY建てを切り替えることが可能です。

通貨の並び替え方法

ウィジェット設定-Cryptofolio-クリプトフォリオ
通貨の並び替えは、右側の「≡」のアイコンを長押しすると移動させることが可能です。よくチェックする銘柄を上の方に持ってくるなど好みの通貨の並び替えが可能です。
クリプトフォリオのウィジェットで表示される銘柄数はおそらく最大で16銘柄だと思われます。17通貨以上を選択することは可能ですが、17銘柄以降は見切れてしまうようです。

今後のアップデートで詳細部分は変わるかもしれませんが、変更があれば更新をしていこうと思います。

Cryptofolioウィジェット機能まとめ

Cryptofolioのウィジェット機能は非常に便利です。スマホのロック画面からスワイプ一つで自分が選んでいる通貨の現在の価格や前日比を確認できるので、コインチェックアプリに頼る必要がなくなりました。

またコインチェックアプリも十分に便利ですが、ウィジェットに関しては、好きな銘柄を16通貨まで表示でき、通貨の並び替えが可能なクリプトフォリオの圧勝かと思います。

円建てで見た時に、小数点以下の数が多く一部見にくいものもありますが、クリプトフォリオは開発が活発的に行われているので、今後のアップデートで改善されるものと思われます。

まだCryptofolioを使っていない方は、ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか!

Cryptofolio使い方や詳細は下記の記事で詳しく記載しています。

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始
トップへ戻る