ネム(NEM/XEM)の今後や将来性について!カタパルトで起こる革命とは

仮想通貨の一つでもあるネム(NEM/NEM)の将来性や最新のニュースを記載しています。ゼム(XEM)を購入できる取引所やネムのチャート、ネムとCOMSA(コムサ)の関係、カタパルトの詳細まで分かりやすく記載しています。

仮想通貨NEM(ネム)とは


ネム(NEM)はビットコインなどの仮想通貨の一つで、時価総額ランキングトップ10の常連にいる人気のアルトコインです。

ネムはNEW ECONOMY MOVEMENTの頭文字を取ってNEM(ネム)と呼んでいましたが、現在はネムが固有名詞となっています。

発行されている仮想通貨の単位は「XEM」(ゼム)と記載します。『ネム=NEM=XEM=ゼム』は全て同じと思って頂いて問題ないです。

ネムは2015年3月31日に公開され総発行量は8,999,999,999XEMでロックされており、始めは1,600人の投資家に均等にネムが分けられたのが始まりとされています。

ネムの特徴として、新しく新規発行がないということと、ビットコインのようなマイニングがありません。マイニングの代わりにハーベスティング(収穫)というものを採用しています。※ハーべスティングは後述説明

NEM/XEMの概要

名称NEM(ネム)
通貨単位XEM(ゼム)
リリース日2015年3月
発行上限8,999,999,999XEM
取引承認システムPoI
取引承認スピード約1分
特徴新規発行なし
開発Utopianfuture

NEMの取引認証は約1分と爆速!

NEMは取引スピード(ブロック生成間隔)が約1分と早いのも特徴です。

ビットコインが約10分、さらにビットコインよりも早いとされているライトコインでさえ約2.5分とされているので、取引スピードをみるとNEMはビットコインやライトコインよりも実用性にも優れているといえます。

ネム(NEM/XEM)の優れている点「POI」

nem-poiとは
ネムはビットコインで採用されているマイニングのように一部のマイナーが富を独占できないようにPoI「Proof-of-importance」というシステムが採用されています。

このPOIは何かというと、ネムを実際に使用した量や、取引をした人も考慮に入れて報酬が与えられるという考え方です。

ネムを持っている量や取引した回数などからランクが決まり、そのランクに応じてネムの報酬が発生します。この報酬をハーベスティング(収穫)と呼びます。

少し難しくなってきたので平たく簡単に言ってしまうと、

ネムの取引をたくさんした人は、誰でも平等に報酬が与えられるということです。

POIの主な目的は、「世間一般の人」に力を与えることとされています。これはお金持ちから貧しい貧困層にお金が回ってくるシステムがネムには組み込まれているとも言えます。そのことから「富の再分配」とも呼ばれています。

マイニングとは
マイニングとはビットコインを採掘する作業で、ビットコイン上の取引を記録する行為をマイニング、そのマイニングを行う仲介役をマイナーと呼びます。

ネムの考える「富の再分配」

現在は、世界中で携帯電話やスマートフォンが普及しています。発展途上国のアフリカ諸国等でも銀行口座は持っていないが、携帯電話は持っているという人々がたくさんいます。

そういった、一般の人々でもネムをたくさん使用することで富の再配分の効果を得ることが出来ます。

世界中の人口の比率から考えるとお金を持っている富裕層より、お金があまりない貧困層の方が圧倒的に多いのが現状です。そんな「貧困層や一般層」にもネムは平等に使えると分かれば、必然的にネムは爆発的に使われると考えられます。

ネム(NEM/XEM)の優れている点「アポスティーユ」

nem-アポスティーユ
NEMにはアポスティーユ(Apostille)と呼ばれる証明書発行ツールも用意されています。

アポスティーユでは、改ざんできないブロックチェーン上に以下のような契約書・証明書を発行することができます。

  1. 土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記
  2. 議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録
  3. 売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録

こういった重要な契約書や証明書をネムのアポスティーユ(Apostille)機能を使うことによって、発行することが可能になります。

ネム(XEM)とmijin

NEM-mijin
mijin(ミジン)とは、テックビューロ社が運営する日本の仮想通貨取引所Zaifが開発するプライベートブロックチェーンです。

mijinはZaifとネムの開発者が共同で開発を行なっています。mijinはネムのシステムを利用していることもあり、ネムのシステムはmijinで使うことができ、mijinのシステムもネムで使うことができるとても繋がりのある連携型のプロジェクトといった形です。

ちょっと上記の説明では分かりずらいと思いますが、下記がmijin紹介の公式動画です。分かりやすくてカッコいい!

この声優さんすごく有名な方ですよね。サザエさんの穴子さん。。

とにかくmijinはブロックチェーン技術を誰もが簡単に使えるように構築しているものです。

プライベートP2Pネットワーク、Permissioned Blockchain、ゼロダウンタイム…またまたいろいろと新しい言葉が出てきましたが、とにかくmijinは、
「速い、安全、安い」という三拍子が揃った画期的なプラットフォームということです。難しい話なので恐ろしいほど割愛させて頂きましたw

mijinの公式HPは↓こちらです。

- the Power of the Blockchain - ブロックチェーン構築プラットフォーム

mijinに関しては、様々な企業も注目しており、現在は金融機関のインフラコストを1/10まで削減することを目標として動いています。またmijinは中部電力で実証実験が行われるとも発表がされています。

NEMとmijinとCOMSA

また日本のICOを取扱うCOMSA(コムサ)にもmijinが使用されています。

ICOを行おうと考えている企業は独自の新しい仮想通貨を発行しなくてはいけません。ただ、一般の企業がその新しい仮想通貨を作るとなると大変な作業です。それを代わりに代行してくれるのがmijinが使用されているCOMSAになります。

COMSA(コムサ)やICOについては下記記事でまとめています。

ここでは日本のICO案件であるCOMSA(コムサ)トークンについて記載しています。COMSAの登録方法やコムサトークンの買い方、将来性も分析し、COMSAトークンを発行するテックビューロとザイフトークンについても説明してます。

ネムNEMのカタパルトとは


カタパルトはNEM(ネム)の中に実装されるアップデートもしくはプロジェクトのことを指します。カタパルトは、まずはmijinに実装され、次いでネムに実装予定となっています。

カタパルトの何がすごいかというと、カタパルト実装によりネムの処理スピードを格段にアップすることができます。

カタパルトによって処理速度の向上

カタパルト実装によってネムは1秒に4000件の処理が可能になるとされています。
これがどれぐらいすごいかと言うと、処理速度が非常に速いとされているリップルが1秒に1000件なので、その約4倍もの速さを手に入れることができます。

ちなみにですが、ビットコインは1秒に3件から5件、イーサリアムは1秒に15件とされているので、ビットコインやイーサリアムとでは比べものにならないほどの処理スピードになります。

そもそも処理スピードと言われても仮想通貨を使ったこともないので、リップルと比べられても分からない…と思われる方が多いと思いますのでクレジットカードと比べてみましょう。

世界最速といわれているVISAカードの処理スピードが1秒で4000から6000件といわれています。カタパルトが実装されれば、そのクレジットカードと並ぶことになります。

クレジットカードの処理が遅くてストレスを感じた人はなかなかいないと思いますので、世の中にカタパルトを実装したネムが浸透しても何のストレスも感じることなく使えるということです。

  • ビットコイン:3件から5件/秒
  • イーサリアム:15件/秒
  • リップル:1000件/秒
  • VISAカード:4000から6000件/秒
  • ネム:4000件/秒

ネム(XEM)のチャートと時価総額

下記がビットコイン建てのネムの現在のチャート(POLONIEX)です。相場が常に動くのでなんとも言えませんが、やっぱり2017年の特に5月ぐらいに入ってからの上がりようが半端ではありません。

現在(17年9月上旬)では、ネムの価格は落ち着いてレンジ相場になっているようにも見えます。しかし、COMSAとカタパルトのニュースで一気に上がるような…上がらないような…



ネム(NEM/XEM)の時価総額ランキング

下記はNEMのリアルタイムの時価総額ランキングです。

ネム(NEM/XEM)の最新ニュース

ここではNEM/XEMの最新ニュースを更新していきます。ネムの新しいニュースや価格の大きな動きがあれば、随時更新していきます。

2017年12月9日のNEMが高騰

ネムチャート

ネムが中国のLINEとも言われている「wechat」と提携したという情報が12/9に流れました。

ネムの価格はこの情報を受けて一時80円台まで上昇しました。『上昇率166%アップ/約2.6倍』しかし、数時間後、wechatとNEMの提携の情報がデマであったということが発覚しました。wachatはNEMとは一切関係がないと提携を否定したようです。

実際は、Wechatのサードパーティープログラム(アプリ)をNEMが独自に作っているということでした。

その後はNEMの価格は40円台に戻っていますが、底値を確実に上げています。

⇒ 2017年12月9日のNEMニュースを確認する

ネム(NEM/XEM)の将来性について

nem-将来性

私が思うにネムの一番の魅力は上記で挙げているPoI「Proof of Importance」プルーフ・オブ・インポータンスにあると考えています。

もう一度PoIについて、おさらいしておくとネムにはマイニングがなく、PoIという「ユーザーの重要度」を重視して報酬が支払われる仕組みを取っています。

ある一定量のネムの保有は必要にはなりますが、ネムを使えば使うほど報酬が貰えるハーベスティングを採用することによって「富の再分配」を可能にしています。

ビットコインのマイニングにはスーパーミラクル凄いコンピューターが必要になりますが、ネムにはそんなもの必要ではありません。

誰もがネムを使うことによって平等に報酬が分け与えられるということは非常に魅力的な仮想通貨だと感じました。

またmijinやCOMSAとの連携に加え、カタパルトの実装によって、処理速度が大きく向上することで様々な可能性が秘めていることも分かりました。

このままネムのバットニュースがなく、mijinにCOMSAの連携そして、カタパルトを実装するとネムの価値は上がることはほぼ間違いないと思っていいでしょう。(※あくまでも私個人の感想です。)

ネム(XEM)を取り扱っている取引所/NEMの購入

現在ネムを取り扱っている日本の取引所は、Zaif(ザイフ)coincheck(コインチェック)です。NEMオンリーで取引をするなら、取引手数料が安く指値ができるZaifがおすすめです。またその他の仮想通貨も取引したい方はコインチェックでもいいと思います。

ちなみに両取引所を比較すると…
取引所で最も重要なセキュリティはどちらも2段階認証を設定できるので、問題ありません。

手数料は、ネムだけを見るとZaifが指値0%で成行0.1%となります。コインチェックは、その時の相場で手数料が変わりますが、2%から5%ほど取られますので、ネムだけを購入するならやっぱり、Zaifですね。

指値成行
Zaif(ザイフ)0%0.1%
coincheck
コインチェック
なしなし
2%~5%

※コインチェックはネムの板はありませんので、指値と成行がありません。(販売所形式になります。)コインチェックが保有しているネムを買い取る形になります。

指値注文でさらに手数料を安くさせたいのであれば断然Zaif(ザイフ)がおすすめです。決まった金額で、大口の購入をしたい方などはcoincheck(コインチェック)のほうがいいかもしれません。

それでは、またネムの新しい情報が入り次第更新したいと思います。

NEM公式ページ

NEMホワイトペーパー

スポンサーリンク
トップへ戻る