仮想通貨デジバイト(DGB)の価格は上がる!?DGBのチャートやマイクラとの関係

仮想通貨のデジバイト(DGB)とはどんなアルトコインなのか?デジバイトの取引所は?またデジバイトは今後価値が上がるのか。DGBのチャートと情報をみて考察したいと思います。デジバイトでマイクラをマイニングできる!?ということにも触れています。

仮想通貨デジバイト(DGB)とは


どうも主婦のミーです。今回はデジバイトというアルトコインを注目して本日無事に購入することができましたので、デジバイト(DGB)についての記事を書きたいと思います。

デジバイト(Digibyte)は暗号通貨のアルトコインのひとつで、2014年に作られた仮想通貨界ではどちらかというと古巣のアルトコインです。通貨単位はDGBです。

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)の通称をアルトコインと呼びます。

今回このデジバイト(DGB)に注目したのは、韓国の仮想通貨取引所に上場が決定したのと、イギリスの仮想通貨取引所HitBTCにて、現在上場したいアルトコインの投票を取っており1位と2位を争っているからです。

HitBTCで投票を制して1位を獲得すると、めでたくイギリスの取引所でも上場が決定し、デジバイトの価格が上がるものと考えられます。

ちなみに私もすでにデジバイトを購入済みなので、もちろんデジバイトに1票を投じました。
HitBTCの投票はTwitter上で行われており、誰でも参加できるので、デジバイトに注目している方はぜひ一票を投じてみてはいかがでしょうか。

といっても投票締め切りは9月3日?ですので9/3以降にこの記事を見ている方は既に1位が決定しているかもしれませんが。。
1位になりますよ~に!!過去の投票では2位通過でも人気があれば上場したアルトコインもあるので、たとえ2位でも接戦ならデジバイトが上場する可能性はかなりあると思います。

※追記情報※
HitBTCの投票では惜しくも2位になってしまいましたが、HitBTCでの上場は決定されたようです。また2017年10月には韓国の取引所「UPbit」に上場して大幅に値を上げました。

デジバイトの特徴はトランザクション速度の拡大

デジバイトの一番の特徴はトランザクション(取引)(価値の移動を表すデータ構造)が2年ごとに拡大していくことにあります。
ビットコインやどのアルトコインにも当てはまることですが、取引量が多くなると取引するスピードが遅くなってしまいます。全ての暗号通貨で共通していえることですが、トランザクションの問題はいつかはぶち当たる大きな壁とされています。しかし、デジバイトではこのトランザクションを2年ごとに2倍に拡大する特別なコードを導入しています。そのため、年々増えていく取引量にも十分に対応できるという特徴を持っています。

デジバイトの上場が韓国で決定!?

韓国は日本に次ぐ仮想通貨大国になっています。その韓国では「CoinRoom」という取引所が新たに設立されることが決まりました。「CoinRoom」は2018年3月に開始予定。
またCoinRoomではオープンと同時期の3月頃からデジバイトの上場を予定しています。

この韓国の取引所がオープンしてデジバイトが上場したらデジバイトの価格が上がる大きな要因となるのではないでしょうか。

デジバイトの取引所

現在、デジバイトを取引できる取引所は残念ながら日本にはありません。
海外のポロニエックスやビットレックスなどで、取引ができますが、わたしはビットレックスで購入しました。ポロニエックスは「チャート画面が見れない」や「サポートが安定していない」という情報をよく耳にするのでビットレックスがおすすめです!

ポロニエックスやビットレックスのアカウント開設方法は下記記事を参考にしてください。

仮想通貨(暗号通貨)の海外取引所で最大手のポロニエックス(poloniex)のアカウント開設方法を解説しています。ポロニエックスは海外の取引所でサイト内も全て英語表記ですが、英語力がゼロでもアカウントを開設できるように説明しています。ぜひ参考にしてください!
仮想通貨の海外取引所Bittrex(ビットレックス)のアカウント登録方法を英語力ゼロでも分かるように丁寧に説明しています。Bittrex(ビットレックス)にアカウントを登録しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

ちなみにデジバイトはいきなり法定通貨の日本円では買うことができません。ビットコインを日本の取引所で買って、ビットコインをポロニエックスやビットレックスに送金してビットコインでデジバイトを購入するという形になります。

ビットコインを購入する日本の取引所は取引高が現在日本一の「コインチェック」がおすすめです。

デジバイトのチャート

私が、デジバイトを購入したのは9月2日です。ほんとは9月1日に購入を考えていたのですが、初めて海外の取引所のビットレックスで取引をしたのでかなり戸惑ってしまって私が見ていたところより40%も上がってしまいました。なんで…

おそらくSNSなどで、デジバイトがやばいという情報が拡散されたのがちょうど9/1の20時ぐらいだったのでその辺りから日本の仮想通貨投資家がこぞってデジバイトを購入していたことが要因だと考えられます。

かなりの高値掴みのように見えますが、イギリスの取引所の上場と韓国の取引所の上場が決定的になればさらに大きな波がくると思います。

下記のようにチャートを広げてみたらデジバイトの史上最高値に比べるとまだまだ下の方です。現在はまだほんの小さな山ができているだけで、正確な情報が揃えばまだまだ伸びしろはあると思います。

現在のビットレックでのデジバイトのチャートは下記から確認できます。DGB/BTC

⇒ ビットレック DGB/BTCチャート

相場にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析という大きく分けて二つの分析方法があります。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とはチャートと呼ばれる上記のようなグラフを使い、取引実績の時系列パターンから相場の動きを予想・分析しようとする手法です。
その手法方法には何十通りのもの分析方法があるので、一朝一夕では覚えられません。日々の積み重ねや経験が活かさせる相場の分析方法です。
短期のトレードを行う投資家にしては必須の分析方法です。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析もしくはファンダメンタルとは実際のその銘柄の経済状況や経済成長率、株価などではその会社の雇用系指標などの事実上の数字を照らし合わせてこの銘柄は上昇するのか下落するのかを合理的に分析する手法です。中長期の投資はテクニカル分析よりファンダメンタルを重視する傾向があります。

仮想通貨ではファンダメンタル(情報)が大事

現在、仮想通貨の世界ではファンダメンタルが大きく相場を変える要因になっています。仮想通貨市場がもっと大きくなれば、テクニカル分析ももっと効きやすくなるとは思いますが、現状は新しい情報などで相場が大きく動きます。なのでこの新鮮な情報をいかにつかむかによって、仮想通貨投資が成功するかどうかが決まると思います。

テクニカル分析は現在猛勉強中なのでまたこのブログでも少しずつ解説できたらと思います。もちろん投資玄人の方はわたくしの戯言など一切無視してください。

デジバイトとマイクラとの関係


デジバイトが一時爆上げしているのは2017年の6月初頭ですが、この時には人気ゲームのマイクラ(マインクラフト)でデジバイトがもらえる(採掘できる)という情報が流れたためです。2017年当初、マイクラとの連携が発表される前まではデジバイトの価格は日本円で約0.03円だったのに対して、急騰した時の6月頭の価格は約6円台と200倍もの価格上昇が起こりました。

マイクラでマイニングできるの!?

実際にはマインクラフトのゲーム内でデジバイトが採掘できるわけではなく、マイクラ内の鉱石をDGBに交換できるというものでした。
一時は仮想通貨取引所最大手のポロニエックスでも一位の取引高に躍り出たデジバイトでしたが、価格は下落を続けて今の基準になっています。

しかし、デジバイトでは様々な好材料の情報が揃っているので投資家の中で現在も再注目を浴びています。9月2日現在では日本円にして約3円と、2017年当初から考えると約100倍と恐ろしいスピードで上がっています。

デジバイト(DGB)まとめ

私は今回デジバイトを9月2日現在で132528DGBを購入しました。

私の場合はビットコインを保有していなかったのでイーサリアムでデジバイトを購入しました。かなり戸惑いましたが、次からはスムーズに取引ができると思います。
始めて海外の取引所を使う場合はやっぱり基準コインでもあるビットコインを使う方が賢明かも…です。

ビットコインをビットレックスに送る送金方法や入札方法は色々な所でご紹介されていますので…
イーサでの送金方法や入札方法も基本は同じですが参考になる資料がなかったので1日ロスしてしまいました。反省です。。

ビットレックスへの送金方法や入札方法なども追々記事にしたいと思います。

デジバイト(Digibyte)の公式サイトは下記から確認できます。

スポンサーリンク

コメント

  1. isamist isamist より:

    コメントありがとうございます。ミーです。
    イギリスの取引所でもあるHitBTCの投票では途中までは接戦でしたが、結果は2位になってしまいました。韓国の上場は来年の3月予定ですが、あくまで予定です。私も今から思うと凄まじい高値掴みをしてしまいました。。今はジッと我慢して近い将来に値上がりすることを願うのみですね!

  2. 丸山和範 より:

    Digibyte の高値把みの保有者ですが、イギリスと韓国の取引所に上場する、タイミングはいつかな?

トップへ戻る