仮想通貨トロン(TRX)とは?特徴や今後の将来性について解説

トロン(TRON)TRX海外銘柄

仮想通貨TRON(トロン)について詳しく記載しています。TRXが購入できる取引所やトロンのチャート、最新ニュースも掲載しています。TRXは日本の取引所BITPointでも上場している注目の通貨なのでぜひ参考にしてください。

TRON(トロン)とは

TRON-トロン-TRX

仮想通貨TRON(トロン)とは、ビットコインやライトコインのような通貨としての支払い手段(決済)を目的とした通貨ではなく、TRON(トロン)を使って誰でも簡単に動画やゲームなどのエンターテインメントをアップできるプラットフォームです。

ざっくりいってしまうとYouTubeみたいなイメージです。YouTubeでは誰でも簡単に動画をアップすることができます。TRONでも最終的には動画・音楽、ゲームまたは著作物までもを誰でも簡単にアップできる分散型のエンターテインメントプラットフォームを目指しています。

そのプラットフォームの中で使われる通貨がTRON(トロン)で通貨単位がTRXとなります。

TRONは支払い手段の通貨じゃないんだね!

そうなんだよ。TRONはプラットフォームだよ

TRX(トロン)を購入できる取引所

トロン(TRON/TRX)は国内取引所で唯一、BITPoint(ビットポイント)で購入することができますよ。

国内での取扱いも増加すると考えられるので、今のうちから投資するならBITPoint(ビットポイント)で口座開設しておきましょう。

TRON(トロン)の概要

名称TRON(トロン)
通貨単位TRX
リリース日2017年8月28日
発行上限1000億TRX
取引承認システムDelegated Proof-of-Stake Consensus
開発・管理TRON Foundation Limited
創業者Justin Sunジャスティン・サン
公式TRON(トロン)公式サイト

トロンはプラットフォーム内で多くの方がTRXを使うことを想定して、発行上限は1000億TRXとかなり多く設定されています。

開発側で保有するTRXについては、定期的にBURN(バーン/焼却)して市場供給量を減少させています。

BURNすると既存の通貨の価値があがるので、価格が上昇する傾向があります。トークンバーンのタイミングは価格上昇のチャンスにもなるので要チェックです。

Justin Sun(ジャスティン・サン)

ジャスティン・サン-TRON-トロン-TRX

トロンは中国でJustin Sun(ジャスティン・サン)という人物が創業・開発を行っています。

1990年生まれでアリババ創業者のジャック・マーが創設したビジネススクール1期生の卒業生でもあり期待の青年実業家。

投資の神様とも呼ばれるウォーレンバフェットとの会食を456万7888ドル(約5億円)で落札したことでも業界内外でも有名になりました。

トロンがローンチ(公開)されたのが、2017年8月なのでまだ新しい仮想通貨になりますが、ICOはわずか30秒で完売したころから注目を集めて、バイナンスに上場後は一時急激に価格を上げていました。

TRON(トロン)の特徴

トロンの特徴は上記でも記述しましたが、YouTubeのような分散型のエンターテインメントデジタルコンテンツの配信をサポートするプロジェクトです。

ただし中央集権型のYouTubeではメディア運営(Google)が中間に入り、広告を挟むことによって配信者の利益となっています。

トロンでは、そういったデジタルコンテンツをブロックチェーンによって分散型(非中央集権化)にして配信し、最終的にはスマートコントラクトでTRXを使って配信者やコンテンツを取得する側にも公平に届けられるような仕組みを目指しています。

ケンケン
ケンケン

最近だとフォートナイトが「App Store」での30%の販売手数料をめぐってアップルを提訴したことが経済界でも話題になってたね

ミー
ミー

アップルの「App Store」やグーグルの「Google play」は完全に管理者がいる中央集権だもんね

10年設定のロードマップ

TRXロードマップ

トロンでは大きく6つの段階に分けて、約10年を費やして最終的にはオンラインゲームのプラットフォームを確立する計画になっています。

  1. Exudos(エクソダス)
    ■2017年8月~2018年12月
    プラットフォームの仕組み作り
  2. Odyssey(オデッセイ)
    ■2019年1月~2020年6月
    著作権の管理やクリエーターへの報酬システム構築
  3. Great Voyage(グレートヴォヤージュ)
    ■2020年7月~2021年7月
    トロンシステムを使った問題の解決
  4. Apollo(アポロ)
    ■2021年8月~2023年3月
    システムを使って独自トークンを発行できる仕組み作り
  5. Star Trek(スタートレック)
    ■2023年4月~2025年9月
    独自のブロックチェーンゲーム実用化
  6. Eternity(エタニティ)
    ■2025年9月~2027年9月
    開発側の資金調達やゲーム開発が自由にできるようにする

特に流れが激流のように早い仮想通貨業界なので、トロンもその流れに沿ってDeFiやNFTを取り入れるなど、随時ロードマップは更新・改善・変更は行われています。

DAppsの開発やトークンの発行も可能

TRON(トロン)のブロックチェーンを利用すれば、DApps(自律分散型アプリケーション)を開発したり利用することができます。要は中央管理者がいないゲームやサービスの開発や提供を行うことができるということですね。

また独自のトークンの発行も可能なため、個人でICOを行い資金調達ができるのも魅力の一つとされています。

TRON(TRX)トロンのチャート

下記はTRX/USDTのバイナンスでのリアルタイムチャートです。デフォルトで日足になっていますが設定で変更できます。

トロン(TRX)は2020年3月には1円以下と価格を大きく落としましたが、2021年に入ってからは大きくV字回復しており、2021年3月現在では7円台まで高騰しています。

これはビットコインやその他の仮想通貨に大きな資金流入があったためと考えられます。

今後も仮想通貨全体の流れを汲んだような動きになると予想されますが、ビットポイント以外の国内取引所での上場ニュースなどがあれば価格を上げる可能性もありますね。

TRXの時価総額ランキング

下記はTRX(トロン)のリアルタイムの時価総額ランキングです。

2021年3月ではトロン(TRX)の時価総額は20位台なので流動性のあるアルトコインになります。

現在トロン(TRX)の主戦場はBinance(バイナンス)です。バイナンスは世界一の取引ボリュームを誇っており、このバイナンスでたくさんの取引が行われると時価総額を上げることも可能です。

国内ではBITPOINT(ビットポイント)のみがトロン(TRX)を取扱っていますが、今後コインチェック等の大手仮想通貨取引所がTRXの取扱いを開始すれば価格と共に時価総額も上がる可能性も十分にあります。

TRON(トロン)の最新ニュース

TRX(トロン)がBITPOINTに上場!

トロンTRONがビットポイントに上場

2021年3月17日からビットポイントがトロン(TRX)を上場しました。国内の仮想通貨取引所がトロンを取扱うのは初めてで今後も国内取引所がトロン上場を後追いするかが注目されています。

ビットポイント上場直後の価格変化もあまりなかったため、国内でのトロン流動性はまだまだ低いものと考えられます。

今後、取引所形式の取引やコインチェック等の大手取引所のトロン取扱いに期待したいですね。

ウォーレン・バフェットとの5億円の会食

トロン(TRX)創業者のジャスティン・サン氏は世界一の投資家と知られるウォーレン・バフェット氏と会食を行う権利を約5億円で落札したことでも有名になりました。一度は延期された会食ですが、20年1月23日にバフェットとの会食は実現しました。

ウォーレン・バフェットはビットコイン懐疑派で非常に有名ですが、5億円の会食後でもビットコインへの考え方は変わっていないようです…

ジャスティン・サンの疑惑

トロン創業者のジャスティン・サン氏はマーケティングが非常に上手な人物です。自身やトロン(TRX)の宣伝をSNS等で拡散するたびに常に大きな話題を呼んでいます。

またジャスティン・サン氏が注目されると同時に数々の疑惑が浮上していました。

ジャスティン・サンの悪い噂
  • 中国当局から出国禁止命令疑惑
  • マネーロンダリング疑惑
  • ホワイトペーパー英語版でコピー疑惑
  • Twitterのフォロワー購入疑惑

もちろん本人は全ての疑惑を完全否定していますが真相は闇の中です。

中国国内ではジャスティン・サン氏の派手なパフォーマンスから嫌悪している投資家も多いことから、FUD(アンチマーケティング)の標的にもなっているようですね。

TRON(トロン)高騰の理由は提携企業?

現在トロン(TRX)は多くの大手企業との提携が発表されています。

トロンが度々高騰している理由としては、トロンの提携企業の期待感も多く含まれています。

トロンの提携先(一部)
  • Peiwo
    中国の音楽ストリーミングサービスで会員は1000万人以上
  • oBike
    自転車のシェアリングサービスを提供するシンガポールの企業
  • Baofeng
    中国動画配信サービスで2億人を超えるユーザー
  • Samsung
    GalaxyにTRXがサポートされた

Galaxyを発売するサムスン以外は日本では馴染みがあまりありませんが、今後も大きな企業との提携が噂されているので、提携先との期待感からの価格上昇は十分に考えられます。

TRX(トロン)が購入できる取引所

日本国内の取引所ではBITPOINT(ビットポイント)でトロンを購入することができます。

海外取引所ではBinance(バイナンス)で購入することが可能。

簡単に安心して取引がしたい場合は国内取引所のビットポイント、手数料を抑えたい場合はバイナンスを使うといいでしょう。

TRX(トロン)を購入できる取引所

BITPOINT(ビットポイント)は各種手数料が無料で使いやすい取引所です。

取引所・販売所・レバレッジ取引と様々な投資方法に対応しているのも魅力です。※TRXは21年3月現在では販売所のみ対応

海外取引所のBinance(バイナンス)では手数料が0.1%以下の取引所形式でトロンの売買が可能です。

アカウント作成方法は下記の記事で詳しく解説しています。

TRON(TRX)の今後や将来性についてまとめ

トロン(TRON/TRX)には、明るい将来を期待する声と、悪い噂でTRXを批判する両極端の二つの意見がある通貨になっています。賛否双方の意見がある通貨の方が健全だという声もあります。

TRXがリリースした当時は、マカフィー氏の発言、大企業との提携や国内取引所の上場の噂で大きく価格も上げましたが、後にホワイトペーパーのコピーや中身がスカスカ説が浮上して、価格を大きく落としています。

その後は独自のチェーンネット移行や数々の企業との提携などで時間をかけて価格や評価を持ち直しています。

現在は、独自のNFT規格を発表したり、NFT投資ファンドを立ち上げたり新しい分野にも積極的に取り組んでいます。

トロンが掲げている分散型デジタルコンテンツはブロックチェーンと非常に親和性が高く大きく伸びる分野なのは間違いありません。

また世界でも上場するのが最も難しいとされている日本でも取扱いが開始したことで今後トロン(TRX)を取り巻く流れも大きく変わるかもしれませんね。

将来的にはコインチェックやその他の大手国内取引所での取扱いの可能性も高く、価格や価値を大きく伸ばす可能性も十分に考えられると思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました