仮想通貨ALIS(アリス)トークンの買い方や価格!チャートからみる今後の将来性

仮想通貨ALIS(アリス)の詳細を記載しています。ALISトークンの買い方や、ICOから上場後のチャートで見る価格の推移、ALISが購入できる取引所、日本語のアリスホワイトペーパーも紹介しているのぜひ参考にしてください。

ALIS(アリス)とは

ALIS-アリス

ALIS(アリス)は日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームをつくるプロジェクトです。

ソーシャルメディアプラットフォームとは平たく言うとTwitterやFacebookやInstagramみたいなSNSベースのメディアです。

ALISはもっともっと平たく言うと、良質のブログやサイトの集まりみたいなイメージです。

ケンケン
ALISはソーシャルメディアプラットフォーム・・・?
ミー
すごく簡単に言うと「良いブログやサイトが集まったSNSベースのメディア」のことだよ

ALISの基本情報

ALIS-アリス

名称ALIS(アリス)
通貨単位ALIS
リリース日2017年9月29日
発行上限75,209,200 ALIS
取引承認システム
開発(公式)alismedia
プロダクトソーシャルメディアプラットフォーム

ALISの3つの大きな特徴

ALISのソーシャルメディアプラットフォームには3つの特徴を持たせています。

  1. 良質な情報の発掘
  2. プラットフォーム価値の還元
  3. 高信頼・低コストの両立

①良質な情報の発掘

ALIS-アリス特徴
ALISの良質な情報の発掘とは、記事を書いた人だけではなく、良質な記事を見つけて評価した人に対しても対価として、ALISが配布されます。

これって結構楽しくないですか?記事を書くには相当な気力が必要ですが、記事を読んで評価しただけでALISトークンという対価が貰えると考えると、次から次に新しい良い記事を探してしまいますよね。

②プラットフォーム価値の還元

ALIS-アリス特徴
これは「ALISってプラットフォームって楽しくない!?」とALIS自体が評価されたら、ALISトークンの価値が高まりALISで記事を書いている人にも、ALISで記事を読んでいる人にも還元されるというグッドスパイラルを生み出す仕組みです。

ALISトークンは、既に取引所に上場しているので、お金と同じ価値を持っています。当たり前ですが書き手も読み手も、たくさんのALISトークン(お金)をたくさんもらえたら嬉しいですよね。みんなでALISのプラットフォームを高めていきましょう。

③高信頼・低コストの両立

ALIS-アリス特徴
ALISは、ブロックチェーン技術を活用するので絶対的な信頼性を獲得することができます。

ブロックチェーンはご存知の通り非中央集権なので不正がほぼ不可能です。平等で尚且つ、ブロックチェーンで効率的にデータを管理できるので低コストで運営することができます。

低コストになった分はALISを使うユーザーに必然的に還元されるのでALISを使う全ての人に対してもやさしいシステムですね。

ALISの特徴まとめ

その他にもALISにはたくさんの特徴があります。ここではALISの特徴を分かりやすくまとめて箇条書きにしています。

  • ALISはソーシャルメディアプラットフォーム
  • 書き手はALISトークンという報酬を得るためにより良い情報を発信する
  • 読み手は良い情報や記事に対して評価をすることによってALISトークンの報酬が発生する
  • 報酬としてALISトークンが発生するので無用な広告がない
  • ALISの運営人は日本人が中心
  • ALISトークンは既に海外取引所に上場済み
  • 今後ALISトークンが日本の取引所にも上場する可能性がある
  • SteemとALISの差別化

ALISは検索順位やSEOを気にしなくてもいい!

ALISは良質の記事と、読み手を繋げる架け橋的な存在です。

皆さんも何か調べ物をするときには、ほとんどの方がGoogle検索を使っていると思います。iPhoneの標準ブラウザのSafariでもGoogleの検索エンジンがデフォルトで設定されています。

言い方を換えればGoogleに認められたブログやサイトだけが皆さんのお目にかかれるということです。

ALISアリス-Google

皆さんも調べ物をしてなかなかお目当ての記事にたどり着けない。または1ページ目、2ページ目にきているブログやサイトがほとんど同じことを書いている。または中身がないもので広告だけがべたべた張り付けられた目障りな記事ばかりが表示されて嫌な思いをしたことはないでしょうか?(最近は少なくなってきましたが、それでもニッチな内容を調べると、なかなかお目当ての記事にたどり着けません!)

ブログやサイトを作成している側からしても、本当は自分の好きなことを好きなように書きたいのが本音です。(多分ね)

でも現状は、書いたブログやサイトの記事をGoogleに認めてもらえないと上位表示されない(=誰にも読んでもらえない)ので、否応なしにGoogleに認められるような構成にします。それが俗に言うSEO対策というものです。

それって何か違うと思いませんか!?もちろん良質な記事がしっかりと上位に表示されている場合もありますが、、当然上位表示されているものが全てが良質な記事とは限りません。

良質な記事がGoogleに認められずに埋もれてしまっていることの方が現状は多いと思います。

ホントに必要なのは、Googleが認めた記事でもなく、SEO対策がされているきれいな記事でもなく、読み手が読みたい記事です。これは紛れもない事実だと思います。

メディアの理想としては「質の高い記事」と本当に読みたい読み手を繋げることです。ここにALISは焦点を当てています。

ケンケン
うんうん!1ページ目の上位の記事に中身がない広告だらけの記事あるよね
ミー
本当に読まれるべき良い記事がGoogleに認められず埋もれてることは多いと思うんだ
ケンケン
ALISのプロジェクトはそういった良い記事を集めたメディアプラットフォームなんだね

読み手の本当の心理!広告は見たくない!

ALISは広告の代わりに良い記事を書いた側や良質な記事を見つけた読者に報酬としてALISトークンが支払われる仕組みになっています。

記事内に無用な広告をなくすというのはとてもシンプルですが、画期的で読み手のストレスを大幅に少なくすることができます。

Twitter、Facebook、YouTube、どれも広告が入っています。特にYouTubeは、一つの動画の中で、見たくもない広告の動画が何度も流れて嫌な思いをしたことはないでしょうか?

以前に書いたALISのICOの記事でも同じことを書いていますが、読み手がどれだけ広告を嫌っているということが如実に現れているのが、スマホのアプリランキングです。

ALISアリス

上記はiPhoneなどのios端末からダウンロードできるAPP有料アプリのランキングベスト3です。常に上位のランクに君臨するのが「広告ブロック」のアプリです。

これはユーザーがお金を支払ってでも広告を取っ払いたいと思っている心理がランキングに出ている証拠でもありますね。

私も、YouTubeの広告を有料で取れるならお金を支払ってでも取りたいと思っています。ユーザーからするとそれぐらい広告はストレスになっているということです。

ここに登場するのがやはりALISです。

長々と説明しましたが、ALISは広告が入っていません!!シンプル且つノンストレスです!!

記事の書き手側も良質な記事をかいて情報を発信することによってALISトークンという報酬が発生するので、本当に書きたい良質な記事を書くことだけに注力できます。

ケンケン
広告ブロックのアプリはランキング2位なんだね!
ミー
広告が邪魔だから消したいと思っている人が、それだけ多いってことだよね

SteemとALISの差別化

Steemit-ALIS

アリスは、ブロックチェーン技術を使用した既存のプラットフォームである「Steem it」から感銘を受けて誕生しています。

Steem itは「仮想通貨Steem」による海外メディアですが、日本からも投稿が可能です。考え方はALISと同じです。Steem it内で記事を投稿して、読書からよいコンテンツと認められれば、トークンを報酬として受け取ることが可能です。

Steemは既に評価されており、数多くのユーザーがSteemを使用しています。しかしSteemでは報酬として貰えるトークンが3種類存在し、システムが少しややこしいところがあるようです。※Steemの詳細説明は割愛させて頂きます。(というか分かりません。ゴメンナサイ)

というように、Steemは海外のメディアで、日本人からは少しとっつきにくいように感じます。また報酬の仮想通貨も3種類に分けられてるのも正直よく分かりません。

そこで日本発のALISが対抗馬として登場しました。当然ALISはSteemから感銘を受けているのでスチームのいいとこどりをして、さらに分かりやすく改良を加えたものがアリスです。アリスでは報酬はALISトークンに一本化されているので、ただ単純にALISの価値が高まれば、みんなALISで記事を書いたり読みたくなりますよね!
ALISアリス
ケンケン
ALISってSteemの仕組みに似てるよね?
ミー
ALISはSteemに感銘を受けたんだって!
ケンケン
じゃあ、SteemのいいとこどりをしてALISはもっと良いものになりそうだね

ALISのICO

ALISアリス-ICO

ALISは2017年9月1日〜9月29日までICOを実施していました。

ICOでは13,000ETHを調達して、世界中から注目を集めました。※当時のイーサリアムのレート1ETH 3.3万円で換算すると日本円で約4.29憶円になります。

ICOに参加した人は4375人でそのうち日本からの参加者は65%になります。日本発のプロジェクトということで、日本人からの応援が特に多いように感じます。

またALISのビジョンや透明性の高さから日本経済新聞や週刊東洋経済、NHKなどにも取り上げられています。

ALISのICOについては当時ガッツリと記事にしていますので、下記を参考にしてください。

ここでは9月1日からICOが始まるALIS(アリス)トークンについて記載しています。ALISはどうやって購入するのか?ICOとは何か?ALIS(アリス)とはどんなプロジェクトでアリストークンとは投資や投機の対象になるのかも記載しているのでALISについて興味のある方はぜひ参考にしてください。

ALISのチャートや買い方

※ALIS(アリス)のリアルタイムチャートはまだ取得できませんでした。ALISのリアルタイムチャートが取得でき次第ページを更新してチャートを記載させて頂きます。

ALISアリス-チャート

上記はCryptopiaという取引所のALISのチャートです。ローンチ(リリース)からまだ間もないので、チャートが浅いですが最高値は1ALISが80円近くになりました。

17年12月上旬の現在では1ALISが日本円で40円前後ですが、今後はプロジェクトの進行次第で数倍または数十倍になる可能性は十分にあると考えています。※私個人の意見ですのでアリスに投資する際は客観的に見て判断することをおすすめします。(ALIS以外の全ての仮想通貨投資にも同じことがいえますが、。)

ALISの時価総額ランキング

下記はALISのリアルタイムの時価総額ランキングと現在の価格です。

※2017年12月現在ではアリスは仮想通貨時価総額の100位圏外です。これはまだまだアリスには伸びしろがたっぷり残っているということになりますね。

ALISの買い方

ここまで説明してきた通り、ALISはプロジェクトの内容や進行が明確であったり将来のビジョンがしっかりしているので、とても期待ができますね。

最近では「ALISを購入したい!」という声をよく聞くと同時に「買い方が分からない」という声もよく聞きます。ここではALISの買い方について説明していきます。

ALISは海外の取引所でのみ購入できる

ALISは海外取引所でのみ売買することができます。現状では国内の取引所ではALISを取扱っていないので日本円でALISは購入することはできません。

まずは日本の取引所でビットコインを購入してから、海外取引所にBTCを送金し、そのBTC(もしくはETH)でALISを購入するという流れになります。

ALIS(アリス)を取扱っている仮想通貨取引所一覧

  • Cryptopia
  • CoinExchange
  • YoBit
  • EtherDelta
ALIS購入の流れ

  • 国内の取引所のコインチェックザイフなどで、ビットコインを購入する。
  • ビットコインをALISを取扱っている取引所に送金する
  • ビットコインを使ってALISを購入する
  • ALISを購入後はウォレットに移動させておく※任意

※ALISをウォレットに移動させるのは任意ですが、取引所に置きっぱなしにしておくと様々なリスクがあります。なるべくウォレットなどに移動して管理することをおすすめします。

今後アリスは国内の仮想通貨取引所でも取扱がスタートする可能性が十分にあります。国内でALISが取り扱うとなると大量の資金流出が考えられるので、ALISの価格が高騰する可能性も秘めています。

仮想通貨取引所については下記の記事でまとめています。

仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。海外の取引所も厳選しているのでぜひ取引所比較の参考にしてください。

ALISのウォレット

ALISトークンはイーサリアムなどのウォレットでもある「MyEtherWallet」で管理することが可能です。

ALISトークンを所有する場合は取引所に置いておくのではなく、なるべく専用のウォレットに移して自己管理のもとセキュリティ対策をしっかりととっておきましょう。

ALISアリス-ウォレット

⇒ MyEtherWallet

ALISの最新ニュース

ここではALISの最新ニュースを随時更新していきます。

ALISのモックアップ一部を公開!

11月21日にアリスのスマホ版のモックアップが一部公開されました。この動画からも順調にプロジェクトが進んでいるのが確認できますね。

ALISのミートアップ予定

ALISでは、ミートアップを予定しています。どんなプロジェクトなのか等をALISメンバーから直接聞けるチャンスなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。(当然、私も参加予定です!!)

日付場所詳細
2017年12月23日(木)東京
2018年1月6日(土)名古屋
2018年1月7日(日)大阪
2018年1月20日(土)福岡

※全て予定です。変更される場合もありますので、アリス公式の案内をご確認ください。

ICOで売れ残ったALISトークンはburn済み

ALISではICOで売れ残ったALISトークンを既にburnしています。

burn(バーン)とは簡単に言うと削除です。市場に出回るALISトークンを少なくすることによって、希少価値が高まるデフレ効果が期待されます。

トークンセールで売れ残ったトークンについてですが、全てバーン(トークンを削除)することを決定しました。売れ残った分をチームの保有トークンにした場合と比べて、それらをバーンすることで投資家の皆様が持つ1トークンあたりの価値が実質的に向上することになります。
また、クラウドセール売れ残った分だけではなく、チームの保有トークンについてもwhitepaperに記載された比率になるようにバーンします。なぜなら、チームの保有率が高くなりすぎることはALISメディアの経済圏にとってマイナスに働く部分があると考えるからです。チーム分のトークンのバーンにより更に皆様のトークンの価値は上昇することになるでしょう。
※たとえば1億2500万トークンが売れ残った場合、計2.5億トークンをburnすることにより、論理的に投資家の皆様のトークンの価値は2倍になります!

ICOで売れ残ったALISをバーンした詳細は下記にて記事にしています。

ALIS(アリス)は、ICOで売れ残ったトークンは全てバーン(削除)すると発表しました。またALISチームの保有しているアリストークンについてもバーンするとのことです。その他、NHKでALISが取り上げられたりホーム画面のプロトタイプをリリースしたりとALISの最新情報をお届けします。

ALISのまとめ今後や将来性について

アリスは、より良質な情報と、それを求めるユーザーをつなぐソーシャルメディアプラットフォームです。

本当に必要な情報を、Googleのような一部の中央集権が決めるのではなく、読み手がその情報に価値を付けるシンプルで合理的なシステムです。

今までの無駄な広告も必要なく、SEOや検索エンジンを気にしなくてもよい自由で無限の可能性を秘めていると感じました。

もちろんALISのプロジェクトがどう進むかによって、今後のアリスの将来性は変わっていきますが、現状ではしっかりとプロジェクトも進んでいるのが見て取れますし、クリアで透明感のある運営体制からもとても明るい未来が広がっているように思います。

順調に海外の仮想通貨取引所でもALISの取扱いが開始されていることからも、今後国内の取引所でもアリスが取扱われるようになれば大きく発展すると考えています。

ケンケン
プロジェクトがしっかりと進んでいるのは今後も期待できるよね
ミー
ミーは応援しまくってるよ!!

ALISが優秀(魅力的)だと思う理由

ALISの運営は(超有能な)日本人が中心で構成されています。

ALISメンバー

ALISのプロジェクトの進行具合などもALIS公式Twitterで活動実績を日々報告しているのでとても好感がもてます。

ALISメンバーがあまりにも活動的過ぎて、ALISホルダーやALISを応援するユーザーからはアリススタッフが過労で体を壊さないか心配している声が続出しています。

私も老婆心からALISメンバーが働きすぎなんじゃないかと少し心配しています。。これからもより良いプロジェクトになるように応援していますので、適度に頑張ってください。

最後のアリスまとめ

私もブログを書く書き手として、さらに読み手としてもALISには期待しています。

広告がない、キレイなブログやサイトは立派で私もそうなりたいと思いますが、やはりそれは理想論でしかありません。私のブログでもなるべく、広告が邪魔にならないようにはしていますが、ゼロにしてしまったらモチベーションが続きません。←正直な意見。

でも読み手のことを考えると広告なんて目障りと思っている方がほとんどなのは理解しているので、ホントは取っ払いたい。。しかも、SEO対策なんて、面倒だしそもそも意味が分からない。←正直な意見。

そして、読む側にたったりYouTubeなどを見る側にたっても広告がうざいと思います。お金を払ってでも取っ払いたい。←正直な意見。

私は常に書き手と読み手の葛藤と戦っていますが、その書き手側からも読み手側からもWin-Winの関係がALISなら実現できると思っています。そういった意味でもアリスには個人的に非常に期待大大大です。

当然、私はALISのICOの初期に(微量ながら)参加していますし、ALISトークンを超長期保有で考えてます。1年や2年ぐらいでは手放すつもりは今の所はありません。

色々考えると夢が膨らみますね!私はALISのメンバーではありませんが、一緒にALISと成長できればと心から応援しています。

※注意※この記事は私個人の意見が超絶に入った超ポジショントークのALIS記事です。アリスに投資する場合は客観的、多角的な角度からしっかりとALISを調べて投資することをおすすめします。※ただし嘘は書いていませんよ!

ALIS(アリス)日本語公式ページ

ALIS(アリス)日本語ホワイトペーパー

ALIS(アリス)公式Twitter

スポンサーリンク

コメント

  1. ミー ミー より:

    尾上千秋様

    コメントありがとうございます。
    サイト運営所のミーです。

    大変申し訳ございませんが、私はアリストークンを取引所からではなくICOから購入したので、取引所でのアリストークンの買い方については調査中です。

    現在「アリストークンの買い方」というお問い合わせが非常に多いので、追々アリストークンの買い方(取引所での買い方)の詳細記事を書こうと思っております。情報が整い次第しっかりと記事にしたいと思います。

    またアリストークンを購入した場合は、取引所に預けておくとリスクが非常に高くなります。(取引所が破綻もしくは停止、ハッキングされた場合は自身の資産が返ってこないという状態です)
    My ether walletの作成は任意になりますが、取引所に預けておくリスクは回避できます。少し手間だとは思いますが、My ether walletにトークンを移すことを強くおすすめします。

    またご不明点等ございましたら分かる範囲であれば答えさせて頂きますので、お気軽にコメント頂ければ幸いです。

    それでは今後ともよろしくお願い致します。

  2. 尾上千秋 より:

    アリストークンの買い方がイマイチわかりません
    是非教えて欲しいです
    My ether wallet 入らないとダメなんでしょうか

トップへ戻る