仮想通貨ALIS(アリス)の最新情報ニュースまとめ

ALIS最新情報ニュースまとめ

ALIS(アリス)の最新ニュースまとめ

ここでは仮想通貨ALISの最新ニュースを随時更新していきます。

ALIS(アリス)とは、ALISというメディアに記事を書いた書き手と、その記事を読んで「いいね」をした読み手にも、ALISというトークンを報酬として受け取ることができるソーシャルメディアプラットフォームです。

日本発のプロジェクトで、運営が超有能な日本人が中心ということもあり、プロジェクトやプロダクトの進行が身近に感じられるのも人気の秘訣です。

ALISは注目株の仮想通貨なので、最新情報やALISのニュースをチェックしてぜひ興味を持ってくださいね。

ALISの詳細は下記の記事に記載しているので合わせて参考にしてください。

あわせて読みたい

仮想通貨ALIS(アリス)の詳細を記載しています。ALISトークンの買い方や、ICOから上場後のチャートで見る価格の推移、ALISが購入でき...

ALISがマイクロソフトと協業を発表!

2018年9月4日

ALISが「投げ銭」のAPI開発のためにマイクロソフトと協業し共同のプロジェクトを開始すると発表しました!

投げ銭はイーサリアムのPoAチェーンでのAPI開発になるとのこと。

仮想通貨の投げ銭とは?
投げ銭とは日常のチップのようなもので誰でも気軽に少量からの通貨を相手に送ることができる機能です。

さらにβ版のALISを今年12月にはオープン化予定、実店舗を巻き込みながら投げ銭機能を本格的に取り入れ、東京オリンピックに向けてALISの本格的な普及を目指していく計画も明らかになりました。

ALISと投げ銭の相性はピッタリだと思うので、マイクロソフトと協業で今後の更なる進展に期待が集まりますね。

⇒ 業界初、ALISとマイクロソフトが投げ銭API開発のための協業を開始

新たなカテゴリー「グルメ」と「御朱印」が開放!

2018年8月16日

ALISクローズドβ版で掲載できる記事のカテゴリーは仮想通貨関連のみでしたが、新たなカテゴリーとして「グルメ」と「御朱印」が開放されました。

メジャーなワードのグルメと、マイナーなワード御朱印で様々な調査をしていくとのことです。

御朱印とは?
御朱印(ごしゅいん)とは、神社や寺院において、参拝者に向けて押印される印章・印影の事

個人的には御朱印に関する記事が気になります…どんな記事が追加されるのか期待したいですね。

ALISクローズドβ版公開スタート!

2018年4月23日

4月23日にALISクローズドβ版公開されました!

公開された記事は、誰でも閲覧可能です。

β版では実際にALISトークンは発生しませんが、いいねを付けることができるので、ぜひALISのβ版を体感してみてくださいね。

私の率直な感想は良くも悪くも「シンプル」です。良記事を探すのが大変ですがこれからの進化に期待したいです。

⇒ ALISクローズドβ版

ALISトークン配布機能実装!

2018年4月30日

ALISのクローズドβ版でもトークン配布機能が実装されました。

実際にいいねを貰ったり付けたりすることで、ALISトークンが貰えるようになり、たくさんの記事が集まっています。

様々な問題点も出てきているようですが、コミュニティが非常に活発で毎日多くの議論が繰り返されています。

一つずつ改良されているのが目に見えてわかるので、本当に良いものができるのではと期待が膨らみますね。

ALISアンバサダーが追加

2018年4月10日

ALIS公認のアンバサダーが追加されました!

新たにALISアンバサダーに選ばれた方は下記の4名。

こすもすさん @cosmoscx
キヨスイさん @kiyosui_goraku
みおさん @cryptoJD1010
Mさん @M_Thai_Crypto (海外)

アンバサダーは、今後も徐々に増えていくみたいですね。今後の進展が楽しみです。

ALIS公認アンバサダーのプロフィールは下記の公式ページで紹介されています。

⇒ ALIS認定アンバサダープロフィール

ALISのクローズドβの事前登録開始!

ALIS-クローズドβ版

ALISのクローズドβ版ユーザー事前登録が開始されました!

登録は先着順で限定5千人です。

私は速攻で事前登録を済ませました!もちろんALISでも記事を書きますよ!!実際のプロダクトができたことにより、夢の世界から実現世界に大きく近づきました。

またクローズドβ版の公開は2018年4月下旬頃を予定とのことです。

詳細は使ってみないと分かりませんが、非常に楽しみですね(*´∨`*)♪

⇒ ALISクローズドβ版ユーザー事前登録を開始

クローズドβは残り100名に

2018年4月11日

ALISのクローズドβ版は先着順で5千人限定です。4月11日現在で定員が4900人になって残り100名を切りました。

またクローズドβ版のリリースは4月23日(月)に決定しました!

ALISに興味がある方は、ぜひこの機会に一度登録してみてはいかがでしょうか。

もちろん、登録は無料です!

ALISの日本人アンバサダーが決定!

2018年1月20日

2018年1月20日にALISの日本人アンバサダーの発表がありました!

日本人のALISアンバサダーに選ばれた方は下記の方々です。

seiyaさん @crypto_seiya
edindinさん @edindin_crypto
上野 直彦さん @Nao_Ueno
ワイン1年生さん @ALIS ambassador
田中陸也さん @RuuieTanaka

seiyaさんとedindinさんは、Twitterのフォロワーが3万人を超えているクリプト界で発言力もある超大物です。知らない人はいない!?と思います。

ediseiのお二人は、二人で一人といっても過言ではないくらいのナイスコンビですよね。お二人一緒にアンバサダーになられてとても嬉しいです(*´﹀`*)

上野直彦さん、ワイン1年生さん、田中陸也さんも非常に魅力的な方でALISの普及に貢献して頂けそうで楽しみすぎです♪

ALISデザインモックアップ(プロトタイプ)が公開

ALISデザインモックアップ

12月23日に行われた東京のALISミートアップで、ALISのデザインモックアップが公開されました。

洗礼されたデザインで大きな注目を集めていますが、まだまだブラッシュアップされてさらによいものになることが期待されています。

⇒ ALISのPC版

⇒ ALISのスマホ版

ALISのモックアップ一部を公開!

11月21日にアリスのスマホ版のモックアップが一部公開されました。この動画からも順調にプロジェクトが進んでいるのが確認できますね。

ALISのミートアップ予定

ALISでは、ミートアップを予定しています。どんなプロジェクトなのか等をALISメンバーから直接聞けるチャンスなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。(当然、私も参加予定です!!)

日付場所詳細
2017年12月23日(木)東京無事終了
2018年1月6日(土)名古屋無事終了
2018年1月7日(日)大阪無事終了
2018年1月20日(土)福岡無事終了

※ALISのミートアップは全て無事終了しました。私は1月7日の大阪のミートアップに参加しました!

ICOで売れ残ったALISトークンはburn済み

ALISではICOで売れ残ったALISトークンを既にburnしています。

burn(バーン)とは簡単に言うと削除です。市場に出回るALISトークンを少なくすることによって、希少価値が高まるデフレ効果が期待されます。

トークンセールで売れ残ったトークンについてですが、全てバーン(トークンを削除)することを決定しました。売れ残った分をチームの保有トークンにした場合と比べて、それらをバーンすることで投資家の皆様が持つ1トークンあたりの価値が実質的に向上することになります。
また、クラウドセール売れ残った分だけではなく、チームの保有トークンについてもwhitepaperに記載された比率になるようにバーンします。なぜなら、チームの保有率が高くなりすぎることはALISメディアの経済圏にとってマイナスに働く部分があると考えるからです。チーム分のトークンのバーンにより更に皆様のトークンの価値は上昇することになるでしょう。
※たとえば1億2500万トークンが売れ残った場合、計2.5億トークンをburnすることにより、論理的に投資家の皆様のトークンの価値は2倍になります!

ICOで売れ残ったALISをバーンした詳細は下記にて記事にしています。

ALIS(アリス)は、ICOで売れ残ったトークンは全てバーン(削除)すると発表しました。またALISチームの保有しているアリストークンについてもバーンするとのことです。その他、NHKでALISが取り上げられたりホーム画面のプロトタイプをリリースしたりとALISの最新情報をお届けします。

まとめ

以上がALISのニュースまとめです。

ALISは、私もブログを運営しているので、書き手としても読み手としても期待しています。

今後の最新情報等をこちらに追記していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

注目度の高いALISは海外取引所で購入できます。なかでもクリプトピアがおすすめですよ。

あわせて読みたい

海外取引所Cryptopia(クリプトピア)の登録方法と使い方を解説しています。クリプトピアへの入金方法や仮想通貨の買い方や手数料なども記載しています。また海外取引所を使う際の注意点についても書いているので参考にしてください。
トップへ戻る