ライトコイン(LTC)のチャートから今後の価格や将来性を考察

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)について記載しています。ライトコインの最新ニュースから今後や将来性も考察しています。ライトコインのsegwitやマイニング、半減期などについても詳しく記載していますので参考にしてください。

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン
ライトコイン(Litecoin)はビットコインと同じ属性の仮想通貨(暗号通貨)の一つです。

2011年10月にリリースされて通貨単位はLTC、総発行枚数が8400万枚と決められています。ライトコインはチャーリー・リー氏(Charlie Lee)という元Googleのエンジニアが中心となってオープンな形で開発が進められています。

ライトコインはイーサリアムなどの記録などに使用するプラットフォームではなく、ビットコインと同じように決済用に作られたデジタル通貨です。ビットコインを金で例えるとライトコインは銀を目指すという目的で作られました。

ライトコインはビットコインと基本的な仕組みは同じですが、実用性に優れた第二のビットコインとも呼ばれビットコインとは違う独自の特徴を持っています。

ライトコインとビットコインと比べた時に以下の5つの大きな特徴が挙げられます。

  1. 承認時間が速い/約2分30秒
  2. 発行量が多い/8400万枚
  3. script方式を採用している
  4. segwitが実装済み
  5. マイニングの電力を抑えられる

ケンケン
ライトコインはビットコインのように決済用に作られたデジタル通貨なんだね!
ミー
ビットコインと似ているようだけど、ライトコインは独自の特徴を持っているんだよ

ライトコインの説明動画

ライトコインの字幕付きの説明動画です。

ライトコインとビットコイン

ライトコインとビットコインは基本的には仕組みが同じと記載しましたが、ビットコインと比べた時にどうなっているかを表にしました。

ライトコイン ビットコイン
リリース日2011年10月2009年1月
ブロック作成方法PoWPoW
ブロック作成時間約2.5分約10分
総発行量枚数8,400万LTC2,100万BTC
半減期840,000ブロック毎210,000ブロック毎
開発者Charlie Lee不在
ケンケン
比較してみるとビットコインとの違いがよく分かるね!

承認時間が速い

ライトコインの一番の特徴は認証時間(決済スピード)が速いということです。具体的には、ビットコインでは認証時間が一つのブロックを生成するのに10分かかるのに対してライトコインはその1/4の2.5分で認証されます。

ビットコインよりもトランザクション(取引スピード)が長けている点から、ライトコインはビットコインよりも、実用性の高い暗号通貨といわれています。

※ビットコインの承認時間が10分になっている理由はセキュリティの観点から10分が丁度いい長さだと推奨されたためです。決済スピードが10分と長くなる分、データ改ざんや不正を防ごうというものです。その10分を1/4の2.5分にしているライトコインはセキュリティに少し問題があるのではないかという声も出てきています。現段階ではどちらが良いという結論は出ていませんが、セキュリティを取るのか、認証時間を取るのかは日々活発な議論が行われています。

ブロックチェーンについては下記の記事で分かりやすくまとめています。

ビットコインの一番の特徴でもあるブロックチェーンについて記載しています。ブロックチェーンとはどんなシステムなのかを図解入りでわかりやすく解説しています。ブロックチェーンの仕組みを知るとビットコインのことがより深く理解できます。
ケンケン
承認時間が速いのはライトコインの最大のポイントだね!
ミー
承認スピードの速さは実用性が高いといえるね

ライトコインの発行量が8400万枚と決まっている

ライトコインの総発行量は8400万枚と予め決められています。総発行量が決まっていることにより、過度なインフラを防ぐことが可能になります。

ビットコインの発行枚数上限は2100万枚なので、単純にその4倍の総発行量となっています。

ビットコインが金でライトコインは銀と言われているようにライトコインの方が、一般的に浸透しやすく最終的には高騰しにくくするという意図があります。

しかし、ライトコインの相場は現在はまだまだ上昇している段階なので相場が落ち着くのにはもう少し時間がかかると考えられます。

ケンケン
ビットコインの4倍の総発行量なんだね!覚えやすい!

Script(スクリプト)方式を採用している

ライトコインは、アルゴリズム(暗号化方式)にScript(スクリプト)方式を採用しています。

技術的な話になりますが、ビットコインは暗号化方式は「SHA-256」というものを採用しているので、暗号化方式はライトコインとビットコインの異なる違いでもあります。

スクリプトとは、ハッシュの計算方法のことで、ビットコインを含むほとんどの暗号通貨が「SHA-256」を採用しています。

平たく言ってしまえばスクリプト方式を採用していることによって、取引スピードを速くして、マイニングを効率よくできるということになります。

ケンケン
Script(スクリプト)方式…??
ミー
ここでは「取引スピードを速くして、マイニングを効率よくできる」ってことを覚えておけばOKだよ

SegWitが実装済み

ライトコインでは、ビットコインが現在抱えている大きな問題点の一つでもあるスケーラビリティ問題をSegWit(セグウィット)を実装することで解決しています。

SegWitとは、簡単に説明するとブロックチェーンの一つのブロックに入る取引量を圧縮してしまおうというアップデートです。

ビットコインでは取引量の増加に伴い、現行のブロックチェーンでは対応できないというスケーラビリティ問題が生じています。

ライトコインはビットコインのプログラムコードを元にしているため、ライトコインもこのスケーラビリティ問題を抱えていました。

しかしライトコインはこの問題点を一早くSegWitを実装することで解決をしています。

このSegWitを実装しているという点でもビットコインよりもライトコインの方が秀でているといえます。

ケンケン
ブロックに入る取引量を圧縮するアップデートがSegWitなんだね
ミー
ライトコインはそのSegWitを一早く実装したんだよ

マイニングの電力を抑えられる

ライトコインはビットコインをマイニングするよりも電力を抑えることが可能となっています。

ここでも「ビットコインを金とするならライトコインは銀」という例えから考えられるように金を採掘するよりも銀を採掘する方が、簡単でたくさんの量を採掘することができます。

この例えからも分かるようにビットコインをマイニングするよりもライトコインは簡単でたくさんの量を採掘することができます。

マイニングには大量の電力を消費するという問題があるので、この電力を抑えられるというのは大きなプラス材料です。

またライトコインがマイニングコストが低く、ビットコインと比べて簡単にマイニングが行えるということは様々な人がマイニングに参加しやすいということなので、一部に富が集中しにくいような仕組みになっているとも言えます。

ケンケン
ビットコインよりもマイニングが簡単で、たくさんの量を採掘することができるってこと?
ミー
そう!それによって電力が抑えられて低コストでのマイニングが可能なんだよ

ライトコインの半減期

半減期は、マイニングの報酬が半分になる時期のことです。

一般的には、この半減期の時期は価格の大幅な上昇が起こっています。※正確には半減期を迎える数か月前に上昇する傾向があるということ。確実に価格が上がるわけではないということを悪しからず。

ライトコインに投資するにあたっては、この半減期をいつなのかを把握しておくことは重要なポイントです。

ビットコインの半減期は、210,000ブロック毎に対し、ライトコインは840,000ブロック毎の半減期となります。

ライトコインではビットコインと同じ4年に一度、半減期を迎えます。前回の半減期は2015年の8月26日でした。次回のライトコインの半減期は、2019年8月14日頃予定となっています。2019年の6月、7月はライトコインの価格は要チェックです!

ライトコイン

正確な半減期については、下記のサイトで紹介されています。
Litecoin Block Reward Halving Countdown

半減期半減期の時期マイニング報酬
1回目2015年8月25LTC
2回目2019年8月頃12.5LTC
3回目2023年8月頃6.25LTC
4回目2027年8月頃3.125LTC






なぜ半減期に価格があがるのかと質問を多くいただきました。私なりに簡潔に説明すると、半減期でマイニングによる報酬(供給量)が減るから、希少性が増え価格が上がると考えて問題ないと思います。※デフレ演出のため

また半減期については個別に記事にしたいと思います。

ライトコインのリアルタイムチャート

下記がライトコインのリアルタイムチャート(ビットレックス)LTC/BTCです。デフォルトでは日足になっていますが、プルダウンメニューから週足や4時間、1時間足と時間軸は変更可能です。



過去のチャートからライトコインを分析

ライトコインは、2017年の4月頃から大きく値を上げています。しかし、この時期はどの暗号通貨も値を大きく上げた時期です。

もっと長い目で見た時のライトコインの値動きはどうでしょうか。下記はLTC対ドルで見た時のライトコインの値動きです。

2013年の末に大きく値を上げていますが、ここはキプロス危機と中国の人民元がビットコインやライトコインに流入したためとされています。

その後、しらばく停滞していましたが、1回目のライトコインの半減期で価格が上昇し、その後2017年4月頃から急騰しています。

2017年9月には最高値を更新して日本円で大台の1万円台をタッチしました。

2017年4月では日本円でLTCは約400円でしたので、約25倍以上になっている計算です。その後現在は中国問題などで大きな調整が入っています。

ライトコインの最新ニュース

ライトコイン-ニュース
ここではライトコインの最新ニュースを記載していきます。随時ライトコインの最新ニュースや高騰のニュースが入り次第追記していきます。

12月12日に高騰!

2017年12月12日追記
ライトコインチャート

12月9日にライトコインが一時、前日比70%以上も価格を上げました。この高騰はSteamの支払い手段としてサードパーティツールを通してLiteCoinでも使えるようになったことが価格上昇の要因といわれています。

その後、価格は少し戻し17,000円前後でしたが、12月12日になり再高騰しました。悠々と20,000円を超え30,000円にもタッチしそうな勢いです。

12月12日の高騰の要因は、ライトコイン創業者のチャーリー・リー氏が海外ニュースメディア「CBNC」デビューするというアナウンスがでたことだとされています。

ライトコインの認知度が向上するのではないかという期待感から高騰したものだと思われます。

SegWitのアクティベート

ライトコインの最も大きなニュースはやはりSegWitの実装です。

ライトコインにSegWitが実装されたのは、2017年の5月です。ライトコインが大きく値を上げたのもこのSegWitの背景が関係しています。

SegWitは上記でも説明している通り、トランザクションのスケーラビリティ問題を解決するアップデートのことです。

あくまでも分かりやすく噛み砕いた例えですが、一つののブロック(取引情報の固まり)には今までビー玉(取引)が10個入れていっぱいだったものを、ビー玉からビービー弾にして、一つのブロックにたくさんの取引を入れられるようにしようというものです。これは例えですが、ニュアンスとして捉えて頂ければと思います。

LTC開発にチャーリー・リー氏がフルタイムにシフト

ライトコインの開発者のチャーリー・リー氏は17年6月までcoinbaseで働いていましたが、現在は、フルタイムでライトコイン開発に取り組むことを発表しました。

Twitterでもライトコインの開発に専念すると決意表明しています。

ビットコインコア開発者もライトコインに

なんとビットコインのコア開発者もライトコインの開発に参加し始めているようです。

ライトコインがアトミックスワップに成功

アトミックスワップとは、簡単に説明するとブロックチェーン上での暗号通貨のやり取りのことです。

例えば、ライトコインとビットコインを取引所等を介さずに直接交換することが可能になったということです。これをライトコインの開発者でもあるチャーリー・リー氏が9月19日に成功したと発表がありました。

現段階ではライトコインとビットコインさらに、日本では取り扱いがない暗号通貨ですが、ディクレッド、ヴァートコインという通貨間でのやり取りが成功したとのことです。

このアトミックスワップはライトコインで開発したスマートコントラクト「SCRIPT」というプログラムで互換性がある仮想通貨同士であればアトミックスワップが可能になっているようです。

中国で取引所が禁止になる中、暗号通貨同士で価値の交換が可能となるのは仮想通貨界の大きな革命ともいえますね。

トロントで最初のライトコインATMが登場

カナダのトロントでは世界で最初のライトコインATMが設置されたことで話題を呼びました。

このATMでは元々ビットコインの取引ができていましたが、次に取引をしたい暗号通貨を投票にかけたところイーサリアムを抜きライトコインが投票1位を獲得しています。(※ただし投票数が9票と非常に少ないのが気になるところ)このトロントのATMでは、ライトコインを取引所を介さずに直接カナダドルで購入できるようです。

Amazonでライトコインとビットコインが採用はデマ

2017年6月にAmazonで、「ビットコインとライトコインの受け入れをなるべく早く実装する」という噂が流れましたが、残念ながらフェイクニュースでした。

Amazonほどの世界規模の大企業がこれだけボラティリティ(相場の動き)のある決済方法を、今の段階で取り入れるのは確かに考えにくいです。

私個人としては、今後アマゾンや楽天といったECサイトも決済方法の一つに暗号通貨が使われる日がそんな遠くないと考えています。ただし、そこに行きつくまではいくつかのクリアしないといけない課題があると思います。

また2017年9月にも同様にAmazonでビットコイン決済が取り入れられるのでは?という噂が流れましたが、こちらもデマのようです。

Amazon(アマゾン)が決済方法にビットコインを採用するというニュースが飛び込んできました。正式発表は10月26日とのことです。これが本当だと仮想通貨界の大きな革命となります。

仮想通貨の世界ではこういったデマやフェイクニュースが当たり前のように流れているのが現状です。噂やフェイクニュースに踊らされることなく、正確なで新鮮な情報をキャッチするのが重要です。

ライトコインの今後の将来性について

ライトコインの将来性
何回も記載していますが、ビットコインが金であれば、ライトコインは銀です。

希少性は金よりも低いですが、使いやすく実用性に優れているといえます。アクセサリーでも金やプラチナは非常に高価で簡単に買ったりたくさん付けたりはできませんが、銀(シルバー)は最も多くのアクセサリーで使われています。採掘量も金よりも多く簡単に採掘できます。

そんなイメージを目的として作られたライトコインなので、仮想通貨が本当に普及して一般的に使われるとなるとビットコインよりもライトコインのほうが、日常に浸透するかもしれません。

送金などでは問題ありませんが、仮想通貨が日常の決済に使われるとなると、決済に10分は待てません。なにかとビットコインと比べられるライトコインですが、決済スピードやその他の性能もビットコインより数段上です。

いつかはビットコインを抜いて、日常決済のスタンダードとしてライトコインが使われる日が来るかもしれませんね。

ただし、決済スピードを得る代わりにセキュリティを犠牲にしている部分は問題視されているのも事実です。

このライトコインの持つセキュリティ問題に関しても完全に解決できれば、ライトコインの今後の将来性はかなり明るくなるといえます。

ライトコインを扱っている取引所

現在、ライトコインを取り扱っている日本の取引所は、主にcoincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)bitbank.cc(ビットバンクCC)が挙げられます。

この中で、コインチェックとビットフライヤーはライトコインを板注文(指値注文)はできないので、売買手数料が高くつきます。国内の取引所であれば、「ビットバンクCC」でライトコインを購入するのが一番売買手数料を抑えて購入できます。

ビットバンクCCのアカウント作成方法や登録方法は下記記事で詳しく記載しています。

仮想通貨取引所のビットバンクCC(bitbank.cc)のアカウント登録方法を記載しています。ビットバンクCCの評判や特徴に取り扱っている仮想通貨一覧と各種手数料も一覧にしているので参考にしてください。イーサリアムとリップルを取引するならビットバンクCCが断然おすすめです。
スポンサーリンク
トップへ戻る