Satoshiの単位について!ビットコインの通貨単位「サトシ」1Satoshiって日本円でいくら?

ここではビットコインで使われている通貨単位BTCや「サトシ」(Satoshi)について詳しく解説しています。そもそもサトシってなに?1Satoshiは日本円でいくらなのという疑問にもお答えしていきます。

ビットコインの通貨単位BTCとSatoshi


ビットコインには通貨単位といって、円やドルのように単位の呼び方があります。それが、BTC(ビーディーシー)です。1BTCと記載して「1ビーティーシー」とか、あるいは「1ビットコイン」とも呼びます。

またビットコインは「BTC」以外にも「XBT」や以下の呼び方もあります。※全て後述で説明します!

  • mBTC (ミリビットコイン)
  • μBTC (マイクロビットコイン)
  • Satoshi (サトシ)

ビットコインについての詳細は下記記事でまとめています。

仮想通貨の基軸通貨と呼ばれているビットコイン(Bitcoin)の詳細について記載しています。ビットコインとはなにかというテーマで仮想通貨やビットコインの初心者でも分かるように解説しています。そもそもビットコインは投資なのか?儲かるのか?ビットコインの仕組みと共に一つずつ説明しています。

XBTとは

BTCはビットコイン(BITCOIN)の頭文字を取った呼び名というのはお分かりになると思います。このBTCが一般的ですが、実はブルームバーグなどの一部の金融情報メディアなどはビットコインの単位を「XBT」とするところもあります。

XBTの「BT」は当然ビットコインの頭文字ですが、「X」はどこにも属していない記号という意味があります。

通常通貨の単位は頭文字の2文字が国を表しています。
例えば、日本円のJPYの「JP」はJapanの頭文字のJPです。「Y」は円のyenのYです。
ドルはUSDと記載しますが、「US」はUSAの頭文字で「D」はdollarのDです。

このように通貨単位の頭文字はその国を表しています。しかしビットコインは特定の国などが管理していない非中央集権の通貨なので「X」がついています。

※金の単位はXAU「AU」は金の元素記号。銀はXAG「AG」は銀の元素記号。

mBTC(ミリビットコイン)とは

mBTC(ミリビットコイン)とは1BTCの1/1000の単位です。

mBTC(ミリビットコイン)1BTC=1,000mBTC

現在のレートでは1BTCが日本円で何十万円もします。決済や送金などで、1BTCからしか使えないのでは使いどころが決まってしまうので、1BTCを小数点で割った数字、0.001BTCや1mBTCという単位が出てきました。

1BTCが日本円のレートで50万円であれば、1mBTCは約500円になります。

μBTC(マイクロビットコイン)とは

μBTC(マイクロビットコイン)とはmBTCよりさらに細かくBTCを割った数字です。1BTCの1/1,000,000の単位です。

μBTC(マイクロビットコイン)1BTC=1,000,000μBTC
1μBTC=0.000001BTC

1BTCが日本円のレートで50万円であれば、1μBTCは約0.5円になります。あまり使われない単位ですがマイクロBTCというかなり小さな単位があるとだけ覚えておいてもいいと思います。

Satoshi(サトシ)とは

Satoshi(サトシ)とはビットコインで最も小さな単位で、ビットコインの生みの親でもある「ナカモト サトシ」が由来になっています。
このサトシという単位は日本ではほぼ使わないと思いますが、1BTCの1/100,000,000の単位です。(1億分の1)ゼロが多すぎて分からない…w

Satoshi(サトシ)1BTC=1,000,000,000Satoshi
1Satoshi=0.00000001BTC

例えば1BTCの価格が日本円で100万円であれば1satoshiは0.01円になります。

とにかくSatoshi(サトシ)というのはビットコインの最小単位と覚えておけばOKです。

ビットコインの生みの親でもある「ナカモトサトシ」は未だにどこの誰なのかが判明していません。ビットコイン史上最大の謎と言われています。

1Satoshiは日本円でいくら?

上記で説明している通り、1Satoshi(サトシ)は0.00000001BTCです。日本円に換算するとビットコインは常に相場が変動しているので、その時その時で変わりますが、例えば1BTCが日本円のレートで50万円であれば、1Satoshiは約0.005円になります。1BTCが100万円になったとしても1Satoshiは約0.01円なので、1円以上のものしか流通しない日本では今後もサトシという単位はビットコインの価格が今から何十倍、何百倍にならないと使う機会が少ないかもしれません。

しかし他のアルトコインをBTC建てで見た時に、今現在「あの通貨の価格は●●●satoshiだ」というような使われ方は日常に行われています。

今後のSatoshiの使われ方

ビットコインは海外送金にも特化してるため、募金なども適していると言われています。ビットコインの寄付プラットフォームの「KIZUNA」などでは、mBTCという単位も実際に使われているので、世界的に見るとSatoshi(サトシ)という単位も今後使われてくるのかもしれません。

KIZUNAについて

KIZUNAは、Bitcoinで支援先に寄付ができるプラットフォームです。寄付された方のお金(人が人を想う気持ち)を1円でも多く届けたい。その想いから生まれました。
Bitcoinは中央銀行や国境が存在しません。 そのような環境でも直接個と個が繋がって直接決済ができる、少ない手数料で送金ができるという特徴を持っています。これを利用して、世界中の支援が必要な団体に直接送金をする。そういうプラットフォームを作りました。
Bitcoinが示すこの直接つながる世界観は、世界が直接あなたと繋がっていて、あなたを救ってくれた人が地球の裏側にいるかもしれない。そこと直接繋がって手を取り合って共に新たな絆を持って今日から世界を共に作っていく仲間なんだよという事を教えていく手段にもなっていくと思います。
このプロジェクトは、仮想通貨業界が盛り上がりを見せる以前の2016年の始めに行ったクラウドファンディングで171万円を達成しました。111名の協力者、創設メンバー、スポンサーを始め、多くの方が支援を表明してくれています。
今、この世界を変えたいと思う人たちはこうやって動いています。 そして、私はこの自分の人生をかけて、子供達の笑顔を守っていきたいと本気で思っています。今この世界を世界を変えるのか、何もしないのか、そのバトンが渡されたと思っています。私はこの受け継いだバトンを落とすことはしたくありません。

KIZUNAの公式HPへ

スポンサーリンク
トップへ戻る