ビットコイン(BTC)の仕組み|初心者でもわかりやすく解説

仮想通貨ビットコイン(BTC)の仕組みについて詳しく記載しています。ビットコインとは何かというテーマで仮想通貨やビットコインを初心者にもわかりやすく解説しています。そもそもビットコインは投資なのか?儲かるのか?ビットコインのチャートや購入できる取引所も紹介しています。

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは

ビットコイン-BTC

ビットコインのことを仮想通貨って言うの?
ビットコインも仮想通貨だけど他にもあるんだよ!ここではビットコインについて順を追って説明していくね!

それでは、ますはビットコインとはなにかという前に「仮想通貨」という用語から説明していきます。

「仮想通貨=ビットコイン」という認識は正解です。

ただし、「仮想通貨」はビットコインだけを指した言葉ではなくてイーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム等々といったアルトコインと呼ばれるビットコインとは性質が異なる様々な通貨の総称です。

また仮想通貨と呼ぶのは日本だけで、世界ではクリプトカレンシー(暗号通貨)と呼ばれています。

「仮想通貨=暗号通貨=クリプトカレンシー」どの呼び方も正解なので同じものと思って頂いてもOKですよ。

あわせて読みたい

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。

ビットコインの通貨単位BTC

仮想通貨にはそれぞれ通貨単位(ティッカー)というものが存在ます。

ビットコインではその通貨単位をBTC(ビーティーシー)としています。※XBTと記載している所も有り。

また単位は1BTCからではなく、もっと細かく分けることができ、0.00001BTCなど小数点を付けて、かなり細かく分けることも可能です。

ビットコインの単位につていは下記の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい

ここではビットコインで使われている通貨単位BTCや「サトシ」(Satoshi)について詳しく解説しています。そもそもサトシってなに?1Satoshiは日本円でいくらなのという疑問にもお答えしていきます。

ビットコインはお金なの?

ビットコインとは簡単に言うとインターネット上で使えるデジタル通貨です。

法律上では、円といった法定通貨と同じお金として認められているわけではありませんが、実際にビットコインは価値を持ち実店舗での決済などにも利用できます。

ビットコインはお金という概念とは違う形態をしていますが、事実上はお金と同じような価値を持つものになっています。

ビットコインは言わば電子決済システムということだね!
実際の紙幣やコインのような実物が存在するわけではないよ!

ビットコインの解説動画

ビットコインの解説動画です。ビットコインの概要が分かるので「ビットコインってなに?」と疑問を持っている方はまずは動画の視聴をおすすめします。

ビットコインの仕組み

ビットコインの歴史は浅く2009年に運用を開始しました。現在ではビットコインはインターネットに続く世の中の仕組みを変える「革命」とも言われいます。

その理由としては、2つのビットコインの仕組みが大きく関わっています。

1つがビットコインを管理する管理者がいないということ、もう一つがブロックチェーンと呼ばれるシステムにあります。

ビットコインの仕組み

  • ビットコインは管理者がいない
  • ブロックチェーンのシステム

この2つの仕組みがビットコインが注目されている理由です。

この2つのことを要約してまとめるとビットコインは、「デジタル通貨という価値をブロックチェーンによって、管理者なしに安全に移行することを可能とした」といえます。

ビットコインは管理者が存在しない

ビットコイン仕組み

ビットコインは通貨と呼ばれていますが、そのビットコインを管理する管理者が存在しません。

ビットコインの管理にはどの国や政府、銀行や中央銀行、金融機関や団体も関与していません。

この特定の管理者がいないことを非中央集権と呼び、管理者がいる中央集権とは全く異なったものとして注目を集めるようになりました。

ビットコインでは決められたシステムに従い動き続けているだけで、特定の機関やサーバーを必要としていません。逆にその構造が、強固なネットワークを構築することを可能とさせました。

管理者が不在でもビットコインはインターネット上から安全にビットコインを移転するとこが可能になっています。これを可能とさせたのが「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムです。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはビットコインや仮想通貨を支える根幹となっている技術です。

ブロックチェーンとはデータをチェーンのように繋げて誰もが公開・閲覧できる仕組みを取り、お互いに監視しあうネット上のシステムです。

通常はインターネット上での取引やデータの管理というものは、中央にサーバーを置いてそこで一元化した管理を行っています。

対してビットコインはP2Pネットワークというものを用いて管理者を(分散台帳で)分散化させてブロックチェーンで管理を行っています。

P2Pネットワークとは?
P2Pとはパソコンとパソコンの間にサーバーを挟まずに、パソコンとパソコンを直接つなぐネットワーク方式。※LINEやスカイプもP2Pネットワーク

ブロックチェーンについては詳しくは下記の記事で解説しています。

あわせて読みたい

ビットコインの一番の特徴でもあるブロックチェーンについて記載しています。ブロックチェーンとはどんなシステムなのかを図解入りでわかりやすく解説しています。ブロックチェーンの仕組みを知るとビットコインのことがより深く理解できます。

ビットコインのマイニングとは

ビットコインに管理者がいないのは分かったけど、誰がビットコインを発行しているの?
ビットコインはマイニングによって新しく発行されているんだよ!

ビットコインや仮想通貨ではマイニング(採掘)という言葉を度々耳にすると思います。このマイニングとは何かという前に、ビットコインが新規発行される仕組みについて少しお話させていただきます。

ビットコインが新規発行される仕組み

ビットコインの発行は、マイナー(採掘者)と呼ばれる人たちの報酬のために新規発行が行われています。

ビットコインの発行枚数はあらかじめ2100万BTCと上限が決められており、新しく発行されるビットコインは全てマイナー(採掘者)に与えられる仕組みになっています。

Point!

  • ビットコインの発行枚数は2100万BTCの上限がある
  • 新規発行のBTCはマイナーに与えられる

マイニングとマイナーとは?

このマイナーはブロックチェーンの維持に参加している人たちのことで、誰でもこのネットワークに参加することが可能となっています。

マイナーはビットコインの取引が適正なものかを判断し認証する作業を行っています。認証に成功するとビットコインが報酬として受け取れる仕組みになっています。

このマイナーが行っている一連の作業を「マイニング(採掘)」と呼びます。

ビットコインって儲かるの?

皆さんが気になっているのは「ビットコインって投資なの?儲かるの?」ということだと思います。

ビットコインには、株価のように相場があり値段が変動します。

例えば、1BTCの価格が日本円で10万円とします。次の日には1BTCが12万円になっていたり、翌月には倍の1BTCが20万円になっていたりと大きく変動するのが特徴です。

そういった価格変動の相場がある限り「ビットコインは投資なの?」って聞かれれば完全に投資対象になります。

また「儲かるの?」と聞かれれば、もちろん儲けることはできます。

ただし投資なので損失が出る場合もあるということを注意してくださいね。

ビットコインのチャート

下記は、ビットフライヤーの円建て日足のビットコインリアルタイムチャートです。



ビットコインのチャートはリリース当初から見ると右肩上がりです。

2017年1月には1BTCが10万円台だったものが、2017年12月には1BTCが230万円台まで高騰しました。

そこから大きく価格は下降し、現在も上げたり下げたりを繰り返しています。

長い目で見るとその過程でも着実に価格を上げてはいますが、各国の規制やニュース、はたまた発言力のある著名人のTwitterの一言などでも価格が大きく変動して(操作されて)しまうまだまだ小さな市場です。

そういったボラティリティ(価格の変動)が激しい相場だと大きく儲けることもできますが、逆に大きな損失を出す場合もあります。

既存の金融機関などはビットコインの激しいボラティリティが弱点でもあり欠点としていますが、そういった発展途上の仮想通貨市場だからかこそ、冷静な判断と正確な情報があれば、投資での利益を上げれる(儲けられる)確率も高いのではないのでしょうか。

まだまだビットコインは歴史が浅いんだね
これからも無限に伸びる可能性を秘めている一方で価値が大きく落ちる可能性もゼロではないよ
あわせて読みたい

ビットコインの円建てとドル建てのリアルタイムチャートを記載しています。また過去5年以上の長期のビットコイン相場を見てビットコインの歴史を簡単に振り返っています。1ビットコインはいくらなのか?ということもすぐに確認できるのでぜひ参考にしてください。

ビットコインの購入方法

仮想通貨初心者-ビットコインの購入方法

ビットコインは「仮想通貨取引所」というところで購入することができます。

もちろん日本の取引所であれば、誰でも1000円ほどからビットコインを購入することができるので始めは国内の取引所でアカウントを作成することをおすすめします。

ビットコインを購入したら後述で説明しているビットコインの管理方法の説明も読んでおいてくださいね。

おすすめ取引所3選

仮想通貨初心者-取引所

取引所のアカウント登録はとても簡単で最短で3分もあれば完了します。

ビットポイント(BITPoint)

BITPointは取引手数料だけではなく入出金手数料も無料なお得な取引所です。入金と出金が多くなりがちな仮想通貨取引だからこそ嬉しいポイントです。また電話サポートがついている国内唯一の取引所なので初心者の方でも安心して取引が可能です。

おすすめ度
運営元体制
BITPoint(ビットポイント)

ビットポイントのアカウントの口座登録方法は下記の記事で詳しく解説しています。

BITPoint(ビットポイント)の特徴や詳細を記載しています。BITPointでの口座開設方法からMT4の評判やビットポイントの手数料も一覧にしています。ビットコインやリップルを購入するのであれば取引手数料無料、送金手数料無料のビットポイント取引所が断然おすすめです。

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクはサイトがシンプルで非常に使いやすいのがポイントです。取引手数料も無料なので頻繁に取引をする方にもおすすめ。ビットコインだけではなくリップル(XRP)の取引量が世界一にもなった優秀な取引所です。

おすすめ度
運営元体制
bitbank(ビットバンク)

ビットバンクのアカウントの口座登録方法は下記の記事で詳しく解説しています。

仮想通貨取引所のビットバンクCC(bitbank.cc)のアカウント登録方法を記載しています。ビットバンクCCの評判や特徴に取り扱っている仮想通貨一覧と各種手数料も一覧にしているので参考にしてください。リップル(XRP)を取引するならビットバンクCCが断然おすすめです。

ザイフ(Zaif)

Zaifではビットコインが取引手数料無料で取引できる他、リスクを抑えた積立て投資ができる唯一の国内取引所です。トレードが分からないという初心者の方でも積立て投資なら毎月自分で設定した決まった金額を自動で買い付けてくれるからとても便利です。

おすすめ度
運営元体制
Zaif(ザイフ)

Zaifのアカウントの口座登録方法は下記の記事で詳しく解説しています。

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。またzaifの特徴や各種手数料の比較や免許証などでの本人確認の詳細や、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。zaifの一番の特徴はネムXEMとモナコインMONAが買える取引所ということです。

取引所について注意点

取引所で最も重要な点はセキュリティです。

コインチェックのNEM不正流出事件が記憶に新しいですよね。

とはいっても外部から取引所のセキュリティを確認することはできません。

ポイントとしては、金融庁に登録済みの取引上なのか、運営元がしっかりとしているかを見ることで取引所の安全性はある程度は分かります。

次に仮想通貨の取引高も取引所を決める上では重要です。取引が少ない取引所だと、買いたいときに買えない、または売りたいときに売れないというケースも考えられます。

Point!取引所選びは金融庁に正式に登録されている運営元がしっかいりとしている取引所を選びましょう!

下記記事ではビットコインや仮想通貨を購入できる取引所を詳しく解説しているので合わせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

ビットコインを購入する際にどの取引所を使うと一番お得なのかを徹底比較しました。取引所や販売所の違いや各種手数料なども掲載しているのでビットコインを買う際の参考にしてください。
日本国内の金融庁の認可済み仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。

ビットコインを安全に保管管理する

取引所は主にビットコインや仮想通貨の取引を行う場所です。

日本円や購入したビットコイン、仮想通貨を保管しておくところではありません。

購入したビットコインは自己管理するのが鉄則です。

仮想通貨においては保証や保険などが一切ないので、取引所がハッキングにあってしまい自分の通貨も盗まれても基本的には保証はありません。

外部ネットワークと遮断されたハードウェアウォレットという仮想通貨専用のウォレットに移すのが最も安全とされています。

ビットコインを購入したらハードウェアウォレット、もしくはその他の安全なウォレットにビットコインを移しましょう。

ビットコインを安全に保管したい方必見!
ビットコインを安全に守りたいならレジャーナノS、もしくはトレザーがおすすめです!

LedgerNanoSではビットコインの他リップル(XRP)も同時も保管できます。TREZORではネム(XEM)やモナコインなど多くの通貨を保管できますよ。

ビットコインについてまとめ

ビットコインの仕組みについて少しは理解できたでしょうか。

ここで記載しているビットコインの仕組みをまとめると下記。

  • ビットコインには管理者がいない
  • ブロックチェーンというシステムで動いている
  • ビットコインの発行上限は2100万枚
  • マイニングによって新規BTCが発行される
  • 新規BTCはマイナーの報酬になる
  • ビットコインは価格変動が激しい
  • ビットコインは取引所で購入できる
  • ビットコイン購入後は自己管理が鉄則

ビットコインに投資して儲けたいと考えている方は、価格変動が激しいということは十分に注意してくださいね。

ただし、ビットコインや仮想通貨の市場は長い目でみたらまだまだ発展途上の黎明期だといえます。

これからもまだまだ伸びる可能性があるので今のうちからビットコインを購入しておき、情報収集やトレードの勉強をするのもいいですね。

あわせて読みたい

仮想通貨初心者の方が仮想通貨の始め方や買い方が分かるようにポイントを抑え簡単にまとめています。仮想通貨投資を始めたばかりの初心者の当時はどの順番で何をしたらいいのか全く分からなかったので、仮想通貨のやり方を実体験を交えて解説しています。
トップへ戻る