ビットコイン(Bitcoin)とは?初心者でも分かる仮想通貨/暗号通貨

仮想通貨の基軸通貨と呼ばれているビットコイン(Bitcoin)の詳細について記載しています。ビットコインとはなにかというテーマで仮想通貨やビットコインの初心者でも分かるように解説しています。そもそもビットコインは投資なのか?儲かるのか?ビットコインの仕組みと共に一つずつ説明しています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)とは

仮想通貨とは

ビットコインとはなにかという前に「仮想通貨」という用語から説明していきます。

「仮想通貨=ビットコイン」という認識は正解です。ただし仮想通貨はビットコインだけを指した言葉ではなくてイーサリアム、リップル、ネム等々といったビットコインとは性質が異なる様々な通貨の総称で「仮想通貨」と呼びます。

現在、仮想通貨の種類は1,000種類以上あるとされており、現在も増え続けています。

また仮想通貨と呼ぶのは日本だけで、世界ではクリプトカレンシー「暗号通貨」と呼ばれています。「仮想通貨=暗号通貨=クリプトカレンシー」どの呼び方も正解なので同じものと思って頂いてもOKです。

ビットコインはお金なの?

ビットコインとは簡単に言うとインターネット上で使えるデジタル通貨(お金)です。日本では仮想通貨法により通貨と認められましたが、世界では未だに通貨として認めていない国もあります。ただし急速な広がりによりビットコインや仮想通貨が今後各国でどのようにして取扱いされ認識されるのかが注目されています。

ビットコインは言わば「電子決済システム」です。実際の紙幣のような実物(コイン)が存在するわけではありません。

ビットコイン=BTC

仮想通貨にはそれぞれ、通貨単位というものが存在ます。ビットコインではその通貨単位をBTC(ビーティーシー)としています。
1BTCのことを1ビットコインとも呼んだりします。また単位は1BTCからではなく、もっと細かく分けることができ、0.00001BTCなど小数点を付けて、かなり細かく分けることも可能です。

ビットコインの単位につていは下記の記事で詳しくまとめています。

ここではビットコインで使われている通貨単位BTCや「サトシ」(Satoshi)について詳しく解説しています。そもそもサトシってなに?1Satoshiは日本円でいくらなのという疑問にもお答えしていきます。

ビットコインの解説動画

ビットコインの解説動画です。ビットコインの概要が分かるので「ビットコインってなに?」と疑問を持っている方はまずは動画の視聴をおすすめします。

ビットコインが注目される理由

ビットコインの歴史は浅く2009年に運用を開始しました。現在ではビットコインはインターネットに続く世の中の仕組みを変える「革命」と言われいます。

その理由としては、2つあり、1つが「ビットコインを管理する管理者がいない」ということ、もう一つが「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムにあります。

この2つのことを要約してまとめるとビットコインは、「デジタル通貨という価値をブロックチェーンによって、管理者なしに安全に移行することを可能とした」といえます。

ビットコインは管理者が存在しない

ビットコインは通貨と呼ばれていますが、そのビットコインを管理する管理者が存在しません。ビットコインにはどの国や政府、銀行や中央銀行、金融機関も関与していません。

ビットコインでは決められたシステムに従い動き続けているだけで、特定の機関やサーバーを必要としていません。逆にその構造が、強固なネットワークを構築することを可能とさせました。

管理者が不在でもビットコインはインターネット上から安全にビットコインを移転するとこが可能になっています。これを可能とさせたのが「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムです。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインを支える根幹となっている技術です。簡潔に説明するとブロックチェーンとは、データをチェーンのように繋げて誰もが公開・閲覧できる仕組みを取り、お互いに監視しあうシステムです。

通常はインターネット上での取引やデータの管理というものは、中央にサーバーを置いてそこで一元して管理する中央集権という管理方法を行っています。対してビットコインはP2Pネットワークというものを用いて管理する「分散台帳」(ブロックチェーン)を採用しています。

ブロックチェーンについては詳しくは下記の記事で解説しています。

ビットコインの一番の特徴でもあるブロックチェーンについて記載しています。ブロックチェーンとはどんなシステムなのかを図解入りでわかりやすく解説しています。ブロックチェーンの仕組みを知るとビットコインのことがより深く理解できます。
P2Pネットワークとは
ここでもざっくばらんに説明するとP2Pとは「パソコン→サーバー→パソコン」と繋げるのではなくて、パソコンとパソコンをサーバーを経由せずに直接繋いでしまおうというものです。ちなみにSkypeなんかもP2Pネットワークです。

ビットコインのマイニング(採掘)とは


ビットコインではマイニング/採掘という言葉を度々耳にすると思います。このマイニング(採掘)とは何かという前に、ビットコインが新規発行される仕組みについて少しお話させていただきます。

ビットコインが新規発行される仕組み

ビットコインの発行は、マイナー(採掘者)と呼ばれる人たちの報酬のために新規発行が行われています。ビットコインの新規発行枚数はあらかじめ2100万BTCと上限が決められています。新しく発行されるビットコインは全てマイナー(採掘者)に与えられる仕組みになっています。

マイナーとは

このマイナーはブロックチェーンの維持に参加している人たちのことで、誰でも参加することが可能となっています。マイナーはビットコインの取引が適正なものかを判断しネットワークに認証する作業を行っています。このマイナーが行っている一連の作業を「マイニング(採掘)」と呼びます。

マイニング(採掘)やマイナーについては下記記事で詳しく記載していますので、参考にしてください。

⇒ マイニングについて ※現在記事作成中

ビットコインって投資なの?儲かるの?


皆さんが気になっているのは「ビットコインって投資なの?儲かるの?」ということだと思います。
ビットコインには、株価のように相場があり値段が変動します。例えば、1BTCの価格が日本円で10万円とします。次の日には1BTCが12万円になっていたり、翌月には倍の1BTCが20万円になっていたりと普通にします。※もちろん同じように価格が下がっている場合もあるので十分ご注意くださいませ。

そういった価格変動の相場がある限り「ビットコインは投資なの?」って聞かれれば完全に投資対象になります。

また「儲かるの?」と聞かれれば、もちろん儲けることはできます。ただし、投資なので損失が出る場合もあります。当たり前ですが…

ビットコインのチャート

下記は、ビットフライヤーの円建て日足のビットコインリアルタイムチャートです。



ビットコインのチャートはリリース当初から大きな目で見ると右肩上がりです。しかし、当然ながら上げては下げて、また上げては下げての繰り返しです。その過程で、どんどん価格を上げていますが、各国の規制やニュース、はたまた発言力のある著名人のTwitterの一言などで価格が大きく変動してしまうまだまだ小さい市場です。(※株式市場と比べれば小さいという意味です)

そういったボラティリティ(価格の変動)が激しい市場だと大きく儲かることもできますが、大きく損をする場合もあります。

ビットコインはそういった、発展途上の市場だということを理解したうえでトレードもしくは、ビットコインの購入をおすすめします。ただし私個人の考えですが、そういった発展途上の仮想通貨市場だからかこそ、冷静な判断と正確な情報があれば、利益を上げれる(儲けられる)確率も高いのではないのでしょうか。。と付け加えておきます!

下記記事ではビットコインのリアルタイムチャートと過去のチャートからビットコインの歴史について記載しています。

ビットコインの円建てとドル建てのリアルタイムチャートを記載しています。また過去5年以上の長期のビットコイン相場を見てビットコインの歴史を簡単に振り返っています。1ビットコインはいくらなのか?ということもすぐに確認できるのでぜひ参考にしてください。

ビットコインの購入方法

ビットコインは仮想通貨の「取引所」というところで購入することができます。もちろん日本の取引所であれば、日本円で購入することができるので始めは日本の取引所でアカウントを作成することをおすすめします。

取引所おすすめ

取引所で最も重要な点はセキュリティです。次に仮想通貨の取引高も取引所を決める上では重要です。取引が少ない取引所だと、買いたいときに買えない、または売りたいときに売れないという最悪なケースが考えられます。セキュリティはそれよりも大切で、セキュリティが甘い取引所でビットコインなどの仮想通貨の売買を行っていて取引所がハッキングに合うと全ての仮想通貨が盗まれる…ということも考えられます。

下記記事ではビットコインを購入できる取引所を詳しく解説していますので合わせて参考にしてください。

ビットコインを購入する際にどの取引所を使うと一番お得なのかをランキング形式にして比較しました。取引所の手数料などは変更される場合がありますが、最新版を掲載しています。国内でビットコインを購入するならこの取引所がおすすめです。

おすすめ取引所3選

コインチェック(coincheck)

日本国内でビットコインを購入するのであれば、取引高日本一のコインチェックがおすすめです。取引できる仮想通貨の種類も多くスマホアプリがあるので使いやすいです。※ただし、ビットコイン以外の仮想通貨を取引する場合は手数料が高めなので注意が必要です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックのアカウントの登録方法などは↓下記記事↓で詳しく解説しています。

仮想通貨取引所コインチェックの口座登録方法を画像入りで解説しています。またcoincheckの特徴や各種手数料、二段階認証の設定方法等を分かりやすく記載しています。コインチェックは専用スマホアプリもあり初心者でも大変使いやすい取引所になっています。ビットコインを取引する上では手数料も安いのでおすすめです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

次いで、テレビCMなどでもお馴染みのビットフライヤーも取引高が多くセキュリティにも気を配っているので安心です。特にレバレッジをかけたビットコインFXを使う方におすすめです。日本発のモナコインの取り扱いも開始して盛り上がりを見せています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーのアカウントの登録方法などは↓下記記事↓で詳しく解説しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法を手数料と共に解説しています。テレビCMなどでもお馴染みのビットコイン等の仮想通貨国内取引所ビットフライヤーでは豊富なサービスが使えるのでぜひアカウント作成しておきましょう。

ザイフ(Zaif)

日本で現在話題沸騰中のICO「COMSA」を扱うテックビューロ社が運営するザイフという取引所もおすすめです。ビットコインの取引手数料がマイナスなので、売買をするだけで手数料が逆に貰えるのが最大の特徴です。Zaifではチャートのグラフ(インジケーター)が非常に使いやすく設計されているのでテクニカル分析などをするトレーダーの方には特におすすめです。

Zaifのアカウントの登録方法などは↓下記記事↓で詳しく解説しています。

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。またzaifの特徴や各種手数料の比較や免許証などでの本人確認の詳細や、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。zaifの一番の特徴はネムXEMとモナコインMONAが買える取引所ということです。

私は主に上記の3つの取引所でアカウントを作成して、仮想通貨の取引を行っています。

ビットコインを安全に保管管理する

取引所は主にビットコインや仮想通貨の取引を行う場所ですので、日本円や購入したビットコインや仮想通貨を保管しておくところではありません。
コインチェックでは、100万円までの盗難補償はありますが、購入した仮想通貨は基本的には自己管理が必要です。

仮想通貨は取引所から個人ウォレットに移すのが一般的とされていますが、個人ウォレットにも様々な形態があります。

下記記事ではどのようにして仮想通貨を保管管理するかも記載していますのでぜひ参考にしてみてください。

ビットコインなどの仮想通貨の個人口座が不正アクセスされ仮想通貨が盗まれる事件が2017年に33件あり、総被害額が7650万円になったことが判明しました。不正アクセスの被害にあった口座はほとんどが2段階認証を設定していないということも判明しています。ここでは仮想通貨を保管するにあたってのセキュリティ対策につてい再度考え直したいと思います。

ビットコインの最新ニュース

ビットコインニュース
ここではビットコインに関する直接的なニュースを随時更新していこうと思います。
ビットコインに関する新しい情報が入れば、随時アップしていく予定です。

Segwit2xハードフォーク問題

現状でビットコインが抱えている最も大きな問題「Segwit2x」のハードフォークが近づいてきました。Segwit2xが行われる予定日は日本時間の11月19日になっています。Segwit2xのハードフォークが実行されると、ビットコイン(BTC)とビットコインSegwit2x(B2X)が分岐すると言われています。

また分岐したB2Xが本家のビットコインだという主張もあるので、各取引所や大手サイトがどういう発表をするのかに注目が集まっています。

Segwit2xについては詳しくまとめているので下記の記事を参考にしてください。

11月に予定されているビットコインのハードフォーク分裂問題「segwit2x」について記載しています。segwit2xの読み方はセグウィットツーエックスと読みます。segwit2xについて初心者でも分かるように図解入りで解説しているのでぜひ参考にしてください。

ビットコインゴールド

ビットコインが10月末にハードフォークして、ビットコインから派生したビットコインゴールド(BTG)が誕生するのがほぼ確定しました。
ビットコインゴールドの入手方法は10月25日に各種対応した取引所やウォレットにビットコインを預けておくだけです。ビットコインキャッシュが誕生した時のように棚から牡丹餅状態で、BTCを持っているだけでBTGを手に入れることができるとなってビットコインの価格も上昇中!?

ビットコインゴールドについては下記記事でまとめています。

ビットコインの分裂問題で飛び出してきたビットコインゴールドの詳細やBTGがもえらえる取引所について記載しています。またビットコインゴールドとは別にビットコインのSegwit2xについても簡単にまとめているのでぜひ参考にしてください。

ビットコインについてまとめ

ビットコインについては、まだまだ新しいニュースなどが随時入ってくると思います。これからもこの記事を軸に、新しいビットコインのニュースが入ればドンドン更新していくようにします。

現在、様々な新しい仮想通貨が発行されていますが、全ての基軸の通貨になっているのはやはり「ビットコイン」です。ビットコインの情報を制する者が仮想通貨を制する、、とまでは言い切れませんが、十中八九は当たっていると思います。常にビットコインや仮想通貨の情報にアンテナを張り巡らせて新鮮で正確な情報提供に努めさせて頂きます!

スポンサーリンク
トップへ戻る