仮想通貨先物取引量が300%も増加した背景には何が?仮想通貨最新ニュース【4月25日】

4月25日仮想通貨・暗号資産ニュース仮想通貨ニュース

4/25の仮想通貨ニュースは仮想通貨先物取引が急激に増えた背景には何がある?ビットコインアドレスが急増中の意味するものとは!バイナンスがマイニングで初のブロック生成!等々をピックアップしています。

4月25日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

ビットコインの半減期まで、あと0日

4月25日仮想通貨価格の前日比

本日のビットコインは80万円台をキープ!このまま7500ドルがサポートラインとして機能してくれればいいのですが…

土日はやっぱり価格が動きにくいね

株式がお休みなのが大きいけど、関連ニュースや金融ニュースで大きく動くときもあるよ

仮想通貨先物が300%UPの背景

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 2020年第1四半期の先物取引は2.1兆ドル(約225兆円)
  • BitMEXが減少しバイナンスが急増している
  • 先物価格は独立しているというデータも…

トークンインサイトの調査では、2020年第1四半期(1月~3月)の仮想通貨先物取引は2.1兆ドル(約225兆円)と、2019年第4四半期と比べて取引高が314%も増加したことが分かりました。

2019年第1四半期と比べると先物取引は8倍にもなっているそうですよ。

先物取引とは、ある商品を、将来の決められた日に、取引の時点で決められた価格で売買することを約束する取引のこと
例:0.1BTCを10万円で7日後に(価格が上がっても下がっても)買うまたは売ることを約束する取引

ここ最近で先物取引が急激に増えたのは、やはりバイナンスフューチャー(バイナンス先物)が本格的にスタートしたことが大きいのではないでしょうか。(2019年9月から開始)

バイナンスは仮想通貨取引所のユーザー数が世界一、、さらにバイナンス先物ではBitMEXの100倍を超える125倍のレバレッジ取引が可能です。

現物しか触ってなかった人も「バイナンスで先物取引ができるならちょっと触ってみるか…」という人も多いのでは。

また一般的には機関投資家や大口が多い先物が主導で現物が動くこともあることから、現物取引も先物価格を参考にする方も多いですね。

ただし、今回の調査では先物と現物の相関関係は低くなってきているそうですよ。

BitMEXを利用している人は生粋のトレーダーのイメージは確かに強い

先物商品の充実も取引増加につながったんだと思うよ

ビットコインアドレスが急増中の意味するもの

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 前年比でビットコインアドレスは +24.2%
  • 0.1 BTC以上の保有アドレス数も初の300万を突破

仮想通貨分析企業グラスノードのデータによると0.1BTC以上のアドレスの数が初の300万を突破したようです。

2019年と比べると0.1 BTC以上のアドレスは14.6%の増加になり、全体のビットコインアドレスも25%増加しているとのこと。

ちなみに現在、0.1 BTC以上を保有しているウォレットの正式な数は3,006,868件で全体の13%ほどになります。

ビットコインの半減期まで残り17日を切った今、価格上昇を期待している人の多さの表れでもありますね。

0.1BTCは今の価格だと約8万円ぐらいだね

ビットコインアドレス増加は市場の盛り上がりを示す指標にもなるよ

バイナンスがマイニングで初のブロック生成

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 初の生成ブロックは627,434

先日バイナンスはマイニングプールを2020年第2四半期にローンチすると発表してましたが、25日に初のブロック生成に成功したことが分かりました。

現在はまだ試運転のようですが、バイナンスのマイニングプールが本稼働するのも目前のようです。

バイナンスのマイニングプールを構築する部署には、マイニング大手のビットメインの従業員もいるとのことでしたね。

マイニングにおいてもバイナンスがどれぐらいの立ち位置を確立していくのかが注目されます。

バイナンスがマイニングでも大きなシェアを取ってしまったら業界がバイナンス帝国になりそう

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました