ビットコイン8,000ドルが買いの理由!仮想通貨最新ニュース【4月27日】

4月27日仮想通貨・暗号資産ニュース仮想通貨ニュース

4/27の仮想通貨ニュースはゴールデンクロス形成の8000ドルは強い買いのサイン!三井住友とSBIがスマホ金融サービスで提携!Zoomの支払い手段に仮想通貨決済が追加!等々をピックアップしています。

4月27日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

ビットコインの半減期まで、あと0日

通貨価格前日比
ビットコイン ビットコイン(BTC)¥827,897+1.52%
イーサリアム イーサリアム(ETH)¥21,098+0.33%
リップル リップル(XRP)¥21.17+1.17%
イーサリアムクラシック イーサリアムクラシック(ETC)¥652+3.68%
ライトコイン ライトコイン(LTC)¥4,793-0.37%
ビットコインキャッシュ ビットコインキャッシュ(BCC)¥26,086+0.79%
ネム ネム(XEM)¥4.28+2.50%
リスク リスク(LSK)¥116+3.36%
モナコイン モナコイン(MONA)¥130+0.47%

本日の前日比はコインチェックのウィジェットではなく、手作業の表を作りました!

土日に動きがなかったビットコインも良い感じに上がってきましたね。

すこしだけ新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いてきたからかな?

各国で段階的にロックダウンを解除するという朗報が上昇要因のひとつかも!

有効な買いサインは8000ドル付近

ビットコイン8000ドルでゴールデンクロス

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 8000ドル付近でゴールデンクロス
  • パーフェクトオーダーになるとさらに強い買いのサイン
  • 2019年はゴールデンクロス後に約3倍に

ビットコイン価格が順調に回復してきていますが、次の目標でもある8,000ドル(約857,000円)付近を突破できればゴールデンクロスを形成していよいよ本格的な上昇トレンドになります。

ゴールデンクロスとは短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けるポイントで、上昇トレンドへの転換点となり、有効な買いのサインになります。

過去のチャートを見てみても、2019年4月にはゴールデンクロスを形式した後、ビットコインは4,700ドル(50万円)から約2か月半で13,700ドル(146万円)まで高騰しました。

この時は、短期・中期・長期の移動平均線が全て上を向いてる「パーフェクトオーダー」と呼ばれる非常に強いトレンドになっていました。

さらに、2020年1月にもゴールデンクロスを形成し、上昇トレンドに向かおうとした矢先に新型コロナウイルスの影響で大暴落となってしまいました。

8,000ドルを突破してゴールデンクロスを形成し、さらにパーフェクトオーダーになれば、2019年4月のような非常に強い買いのサインになるので、ここは要チェックですね。

仮想通貨バブルの2017年と2018年初頭もパーフェクトオーダーを形成してたんだね

その代わり、ゴールデンクロスの反対のデッドクロスになると売りのサインだから気を付けてね

三井住友とSBIがスマホ金融サービスで提携

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 三井住友はSBIがデジタル分野で提携
  • 個人向けサービスのデジタル化が急務

三井住友フィナンシャルグループ(FG)とSBIホールディングス(HD)がスマートフォン金融などデジタル分野で提携することが分かりました。

三井住友はSBI傘下のスマホ専業証券に出資し、さらにSBIが設ける1000億円規模の新ファンドにも出資するようです。

新ファンドではブロックチェーンや5Gなどにも投資するとのこと。

これまで三井住友とSBIの両行は、マネータップやブロックチェーン事業にも既に協業を発表しています。

現在は、新型コロナウイルスの影響でスマホでの取引は非常に注目されている分野なので、益々の発展が期待できるのではないでしょうか。

今後は銀行がリリースするマネータップのようなアプリがたくさん出てきそう!

コロナの影響で本当の意味での分岐点がきてるのかもしれないね

Zoomの支払い手段に仮想通貨決済が追加

◆ このニュースのPOINT ◆

  • ZoomでETH決済が可能になった
  • オンラインビジネスの妨げは決済手段だった
  • アプリ内からイーサを買うことも可能

動画通信サービスZoom(ズーム)が拡張アプリにブロックチェーンベースのアプリ「SmartSession(スマートセッション)」を統合し、仮想通貨での決済が可能となりました。

決済可能な通貨はイーサリアムのみですが、今後はビットコインなど他の通貨も追加される予定とのこと。

現在、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが拡大しているなか、WEB会議をする企業や遠隔授業でレッスンを行う事業主などのZoom(ズーム)利用が普及しています。

様々な事業主がオンラインビジネスへ切り替えていますが、決済手段が妨げになっていたようなので、今回の仮想通貨決済はZoomにとっては救世主になるかもしれませんね。

Zoomはオンライン会議とかでも圧倒的な人気らしいね

最近ではスカイプからZoomに乗り換えている人も多いらしいよ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました