SBIVCトレード口座開設でもれなく50XRPプレゼント

今最も重要で転換点となる難易度調整とは?仮想通貨最新ニュース【5月19日】

5月19日仮想通貨・暗号資産ニュース仮想通貨ニュース

5/19の仮想通貨ニュースは【重要】ビットコイン難易度調整!モナコインが半減期前に急騰中!CMEの先物取引高が過去最高…プロ増加!等々をピックアップしています。

5月19日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

現在はモナコイン(MONA)が急騰中です( ´∀`)

5月19日仮想通貨価格の前日比

ビットコインは10500ドル(約1,130,000円)さえ上抜けできれば爆上げ間違いなし…のようですが、かなり上値が重い状態が続いています。

明日20日9時ごろに予定されている難易度調整で状況が良くなればいいんですが…

【重要】ビットコイン難易度調整

◆ このニュースのPOINT ◆

  • ハッシュレート低下が上値を重くしている
  • 難易度調整で必ずしもネットワークが安定するとは限らない
  • 難易度調整は2週間毎で半減期前のデータも参考にしている

ビットコイン半減期後にじりじりとハッシュレートが低下してきています。

ハッシュレートとはマイニングを行う際の計算力のこと。ハッシュレートが低下するとビットコイン全体を支えるネットワークが弱くなっているサインと捉えられて価格にもつながります。

現在上昇トレンドとされているビットコインですが、レジスタンスラインの10500ドル(約1,130,000円)を超えられないのも、このハッシュレート低下が関係していると考えられます。

半減期後、ビットコインマイニングの報酬が半分になり、マイニングネットワークの30%以上が停止しているとされています。

マイニングネットワーク参加者が少なくなっているので、取引が処理しきれずに送金が遅延し、手数料高騰が起きています。

重要な転換点
5月20日9時頃にはビットコインマイニングの難易度調整(ディフィカルティ)が行われて、現在のネットワークに合ったマイニングの難しさに調整されます。

この難易度調整で、ハッシュレートとネットワークが安定すればビットコイン価格上昇にもつながるかもしれないというものです。

ただし、難易度調整予定値は現段階で-4.98%予定で、今のネットワーク状況からは調整幅が小さいのではないかという声も多いようです。

今のBTC上値を重くしているのはハッシュレートなんだね

明日20日の難易度調整でネットワークが安定してくれればいいんだけど不確定要素が多いから分からない・・・

モナコインが半減期前に急騰中

モナコイン急騰チャート

◆ このニュースのPOINT ◆

  • モナコイン9月の半減期3ヶ月前に急騰
  • MONAのマーケットはほとんどが日本
  • モナコインは日本発祥の通貨

モナコイン(MONA)が+14%で180円を超える急騰をみせています。

モナコインは9月に半減期を迎える銘柄です。モナコインの半減期は1,051,200ブロック毎で約3年に1度の周期になります。

今回のビットコインとビットコインキャッシュの半減期は例外的な値動きをしましたが、過去の事例では半減期の2、3ヶ月前が最も価格上昇が起きやすい時期です。

この半減期前の価格上昇をきれいに反映したものと考えられます。

前回のモナコインの半減期(2017年7月)前後のチャートを確認すると、3ヵ月前の4月に高値を更新。この時は世界初のSegwitアクティベートに成功したことも重なっていましたね。

その後、5月に2倍になり、6月7月と倍々に価格が高騰し、7月の半減期には3ヶ月前の10倍にもなっていました。

モナコイン第一回目の半減期のチャート

モナコイン(MONA)半減期過去のチャート

ただし2017年は仮想通貨バブルの特別な時期だったので、今から一気に10倍になる可能性は低いです。

またモナコインは日本産の仮想通貨なだけあって、MONAマーケットの98%が日本というところも気にしておきたいポイント。

モナコインは日本人が価格を動かしているんだね

その中でも92%がビットバンクでの取引だよ

ビットバンク公式サイトへ

CMEの先物取引高が過去最高…プロ増加

◆ このニュースのPOINT ◆

  • CMEの先物・オプションが過去最高の取引高
  • 機関投資家の増加でBTC相場も複雑に

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物・オプション取引高が過去最高の取引高を記録したことがわかりました。

5月11日のビットコイン半減期後にオプション取引高は増え続け、14日には3600万ドルとなり、1週間前と比べると2000%超の上昇となります。

先物とオプション取引の増加は機関投資家の参入増加に直接つながっているとされていますね。

結局なにを意味しているの?
過去の半減期後のBTCの動きとは別物になるということです。
半減期後のBTC価格動向を気にされている方は非常に多いと思いますが、過去3回の半減期では先物・オプションなど機関投資家と呼ばれるプロが投資する土台がありませんでした。
プロの参入によって、今までの個人投資家だけのマーケット相場とは別物になり、価格動向もかなり複雑になることは間違いないでしょう。

これからビットコインは複雑な相場になるんだ・・・

でも機関投資家の参入はビットコインがプロから金融資産として認められてきている証拠だよ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました