モナコイン(MONA)の特徴やチャート価格と将来予想

価格高騰で話題になっている国産仮想通貨モナコイン(MONA)の特徴や価格の詳細を記載しています。モナコインのチャートやモナコインのマイニング・半減期、最新ニュースについても詳しくまとめています。

モナコイン(MONA)とは

モナーコイン

モナコインとは日本発そして日本初の仮想通貨で「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。

モナコインのモチーフは「2ちゃんねる」のアスキーアート「モナー」が由来になっています。

モナコインはビットコインやライトコインのように決済通貨として開発されました。

モナコイン(MONA)は価格が高騰するたびに話題になりますが、特に日本国内を中心とした少額決済や特定のコミュニティでの投げ銭として利用される目的で作られました。

日本でできた最初の仮想通貨ってこと?モナコインすごいね
意外と知られてないけど実はモナコインは日本発&日本初の仮想通貨だよ!

モナコイン(MONA)の概要

名称Monacoin(モナコイン/モナーコイン)
通貨単位MONA
リリース日2014年1月1日
発行上限105,120,000 MONA
取引承認システムPoW
公式サイトmonacoin.org

モナコインの誕生は2013年12月、正式には2014年1月1日にリリースしました。発行上限は1億512万枚。

当初はライトコイン(LTC)と同じ属性を持っていましたが、独自の発展を遂げて今に至ります。またモナコインの通貨単位(ティッカー)はMONAになります。

MONAが買えるおすすめ取引所

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

モナコイン(MONA)高騰で話題沸騰

2017年10月から国内大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)で上場して話題になり史上最高値を更新しました。

12月に入るとZaif(ザイフ)取引所で100円未満だったモナコインの価格が高騰して、2017年12月5日には1000円台を超え翌日にはさらに2倍の2000円台まで高騰して話題を呼びました。

2018年に入り、市場全体が冷え込むとモナコイン(MONA)価格も大幅に下落しましたが、2019年6月にcoincheck(コインチェック)の上場発表でまたもや前日比100%を超える急騰を見せています。

国内取引所の上場ニュースでMONAの価格は大きく上がってるんだね
海外取引所のBittrexやUpbitでの上場も話題になって価格が上昇したよ

Monacoinの正しい呼び方はモナーコイン?モナコイン?

モナーコイン

モナコインの呼び方ですが、「モナーコイン」「モナコイン」どちらが正しいのか調べましたが、特にどちらが正しいということもなくどちらでもOKのようです。

名前の由来になっているのは、2ちゃんねるの発祥のアスキーアート「モナー」なのでリリース当初はモナーコインという呼び方の方が多く見受けられました。

アスキーアートってなに?
コンピューター上の文字や記号を使って表現された絵のことだよ。略してAAとも言うよ
このアスキーアートで作られた猫の絵の名前が「モナー」って言うんだね

一般的な呼び方はモナーコインのようですが、取引所などではモナコインとなっており、最近ではモナコインと呼ばれている方が多いようですね。

モナコイン(MONA)の特徴

モナーコイン

モナコインの特徴
  • 取引スピードの早さ:ブロック生成間隔が90秒毎
  • 総発行枚数:1億512万枚
  • SegWitが実装されている

取引処理のスピードが早い

モナコインは、ビットコインやライトコインのように「決済用通貨」として作られた仮想通貨です。

属性はビットコインやライトコインに似ていますが、最大の特徴は、取引処理のスピードです。

ビットコインでは10分毎、ライトコインでは2.5分毎にかかるブロック生成がモナコインは90秒(1.5分)毎にブロックが生成されます。

実用性に特化していると言われているライトコインよりも、さらに60秒も早い取引スピードを誇っているので、実用性の部分を見るとビットコインそしてライトコインをも上回っているといえます。

ただし、ビットコインのブロック生成間隔が10分毎なのは、セキュリティの観点から10分が一番安全とされているためです。

このブロック生成時間を短縮することによるセキュリティの向き合い方は今後モナーコインが普及すると同時に課題となる可能性もあります。

取引スピードが早いということは、決済に向いているってことだね
うん!モナコインは少額決済用に作られた通貨なんだよ

総発行枚数

モナコイン(MONA)の総発行枚数は1億512万枚になります。

ビットコインが2,100万BTCなのでビットコインの約5倍になり、またライトコインが8,400万LTCなのでライトコインの約1.25倍です。

単純にモナコインはブロック生成速度が他の通貨よりも速いため、総発行総数も増える計算です。

またモナコインの新規発行通貨はマイニング(採掘)により発行されます。

1億512万枚!?普通の通貨よりも多いね
処理スピードが速い分、発行枚数が多くなるんだよ

SegWitが実装されている

モナコインはSegWitが既に実装されています。SegWitは2017年4月27日に無事にアクティベートされており、モナコインはSegWitが実装された世界初のコインでもあります。

SegWit(セグウィット)とは、取引処理向上のアップデートのことで、ブロックチェーンにおける一つのブロックに入るトランザクション(取引)を圧縮することを指します。

現在ではライトコイン、ビットコインともにSegWitはアクティベートしていますが、いち早くSegWitに対応したモナコインは優秀といえますね。

SegWitが実装された世界初のコインなの!?何かと記録保持コインだね
世界初はすごいよね。取引処理向上のアップデートにいち早く対応したモナコインは優秀だね
MONAが買えるおすすめ取引所

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

モナコイン(MONA)のマイニングと半減期

モナコインのマイニング(採掘)はビットコインと同じPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。ハッシュアルゴリズムは「Lyra2REv2」を使っています。

マイニングは基本的には、ビットコインと同じで計算能力の高いPCが勝つPoWなので、ソロマイニングなどで自力でモナコイン(MONA)をマイニングするのは少し難しいと思われます。

マイニングプールに属するかクラウドマイニングでマイニングするのが現実的ですね。

モナコイン(MONA)の半減期

モナコイン(MONA)の半減期は1,051,200ブロック毎に設定されています。

これは約3年に1度のサイクルに調整されています。

モナコインの一回目の半減期は、2017年7月16日に終了しています。

半減期の直前はビットコインやライトコインといった他の仮想通貨と同様に価格を大きく上昇させている傾向があります。

半減期とは
半減期とは、マイニングによる報酬が減る時期です。半減期はインフレ防止のデフレ演出とされています。市場に出回る枚数が少なくなるので、半減期前は価格が上昇しやすい傾向にあります。

モナコイン(MONA)の半減期は約3年に一度とされているので、次の半減期は2020年の7月頃と予測されます。※ブロック生成スピードで時期はズレる可能性があります。

半減期の直前は価格が大きく上昇するの??半減期の前には保有しとかなきゃだね!!
でも、傾向にあるというだけで絶対ではないから気をつけてね

モナコイン(MONA)の半減期予定日

半減期半減期の時期マイニング報酬
1回目2017年7月16日25 MONA
2回目2020年7月頃12.5 MONA
3回目2023年7月頃6.25 MONA
4回目2026年7月頃3.125 MONA



※上記はあくまでも半減期の予定日です。

1回目のモナコイン(MONA)の半減期は既に終了していますが、半減期の前のマイニング報酬は50MONAでした。

モナコイン(MONA)の価格チャート

下記はモナコイン(MONA)のリアルタイムチャート(ビットレックス)です。MONA/BTC建てで、デフォルトでは日足になっていますが、変更可能です。



モナコインの時価総額

下記はモナコインのリアルタイムの仮想通貨内の時価総額ランク(一番左のRANKと記載されている数字)と、現在のモナコインのJPY価格です。

MONAが買えるおすすめ取引所

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

モナコイン(MONA)の過去の高騰相場

モナコイン(MONA)過去相場

MONAの高騰理由
  • 2014年8月:テレビ番組WBSの放送
  • 2017年4月:SegWitアクティベート
  • 2017年7月:1回目の半減期
  • 2017年10月:bitFlyer上場
  • 2017年末:仮想通貨バブル
  • 2019年6月:coincheck上場

一回目にモナコイン(MONA)が高騰したのが、2014年8月1日です。モナコインがテレビ番組のWBSワールドビジネスサテライトで取り上げられたため、価格が一気に高騰しました。

2回目の波はモナコインのSegWitのアクティベートです。この2017年4月末から7月には半減期を迎え徐々に価格が上がり始めます。

そして、ビットフライヤーで上場しビットレックスのトップページでもモナコインが表示されたことにより、認知が一気に広がって過去最高値の日本円で100円を突破しました。

2017年末から2018年1月のビットコインバブルではモナコイン(MONA)の価格も急上昇し、最高で2,200円を突破しました。

バブルの急反落で2018年から2019年は価格を大きく落としましたが、2019年6月のコインチェック上場で価格を大きく伸ばしています。

MONAが買えるおすすめ取引所

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

モナコイン(MONA)の最新ニュース

ここではモナコイン(MONA)に関する最新ニュースを随時更新していきます。

2019年6月コインチェックでMONA上場

国内取引所で最も人気のあるCoincheck(コインチェック)でモナコインの取扱いが発表されました。

これを受けて、モナコイン(MONA)の価格が上昇し、一時前日比で120%を超える急騰をみせました。

モナコイン(MONA)を取扱う、ビットフライヤーではMONAが売れすぎて在庫切れになるぐらい取引高も増えています。

コインチェックは使いやすい操作性で初心者にも大口投資家からも絶大な人気を誇る取引所なので、今後のMONAの流動性UPに期待が集まります。

2018年9月Monappyハッキング

モナコインを利用した人気サイトの「Monappy」がハッキングによりホットウォレット内にある、ほぼ全てのモナコイン(MONA)約1500万円相当が盗まれてしまいました。

その後、犯人は19年3月に警視庁に書類送検されましたが、検挙された犯人は18歳の少年だったとして大きく話題になりました。

今回はモナコインへの攻撃ではなく、モナコイン(MONA)を取扱うサイトへの攻撃でしたがセキュリティの見直しは最重要課題となりました。

2018年5月モナコインへの攻撃

2018年5月にモナコイン(MONA)がセルフィッシュマイニング攻撃と呼ばれる悪意のあるマイナーからの攻撃を受けました。

犯人のマイナーは偽物のブロックチェーンで掘ったMONAを他の通貨に換え取引所で売却したもようです。

今回の犯行では、海外取引所にて約1000万円の被害が出たとされています。

取引所は一時的にモナコインの入金を停止させたり、入金に必要な承認数を上げて対策に追われました。

⇒ モナコインに対して大規模な攻撃が発覚

2017年12月6日モナコイン高騰

モナコインチャート

順調に価格を伸ばしていたモナコインですが、2017年12月5日に1000円台になり、さらに翌日の6日には2倍の2000円台に高騰しました。

10月まではモナコインの価格は30円~50円ぐらいだったので、そこから計算すると40倍もの高騰を見せています。

また2017年3月頃はまだ3円台だったので、そこからだとおよそ66566%UP、666倍もの大暴騰ですね。

2017年10月ビットフライヤーで上場

モナコイン(MONA)が2017年10月2日からbitFlyer(ビットフライヤー)で上場しました。

また時期を同じくして海外取引所のビットレックスでもトップページにモナコインが表示されたことから、海外マネーがモナコインに入り価格が高騰しました。

10月11日の時点で、最高値の日本円で100円超えを記録しました。翌日の12日にはさらに最高値を更新し、一時300円台まで高騰しました。

取引所に上場すると必ずと言っていいほどどの仮想通貨も価格が高騰するよね
そうだね。その上場前のタイミングで保有できるとベストだね!

モナコイン(MONA)が買える取引所

MONAが買えるおすすめ取引所

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

下記のリンク先では取引所のアカウント作成方法を解説いています。

国内の取引所ではモナコイン(MONA)は、ビットバンク、コインチェック、フィスコの他にもZaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)で購入することが可能ですが、ZaifとbitFlyerは2019年6月現在では新規口座開設を停止しています。

海外の取引所であればBittrex(ビットレックス)で購入できますよ。モナコインは国産の仮想通貨なので、取引所も国内を使いたいのが本音ですね。

国内の取引所なら売買手数料が安いのbitbank(ビットバンク)取引所がおすすめですよ。

下記では、投資スタイルに合わせておすすめ取引所の特徴とメリットデメリット等を記載し、比較して紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

 MONA購入の取引所選びのpoint

モナコイン(MONA)の購入はどこがおすすめ!?徹底比較で使い分けよう!

モナコイン(MONA)は日本発で日本初の仮想通貨で、「2ちゃんねる」から生まれた特殊な通貨です。コミュニティも熱くファンも多く人気です。ここではモナコインを買える取引所を投資スタイルに合わせて紹介しています。ご自身に合った取引所でお得にMONAを購入しましょう。

モナコイン(MONA)の買い方

ここではbitFlyer(ビットフライヤー)を使った際のモナコインの買い方を解説しています。

ビットフライヤーでは管理画面に入って、4ステップでモナコインを購入することができます。

モナーコイン-買い方

  1. 左側のメニューから「アルトコイン販売所」を選択する
  2. 上のタブの「モナコイン」をクリック
  3. 購入したい数量を入力する。※右側の青枠部分に日本円が出るので金額を確認する
  4. 「コインを買う」をクリック

以上でモナコインを購入することができます。

コインチェックやビットフライヤーではモナコイン(MONA)が販売所で簡単に買えますが、売買時の金額の差「スプレッド」に気を付けてくださいね。

bitbank.cc(ビットバンク)なら自分の希望の金額で注文を入れられる「指値注文」が可能なのでおすすめです。

モナコイン(MONA)が使えるところ

モナコイン(MONA)は「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」から生まれた仮想通貨なので特定のコミュニティと独自の決済利用が可能になっています。

ここではモナコイン(MONA)が決済方法として利用できる一部のサイトを紹介しています。

今後、モナコイン(MONA)の普及と伴い決済方法として使えるサイトも増えてくると予想されます。

Ask Mona

モナーコイン-Ask Mona

Ask Monaは「2ちゃんねる」の要素が入った掲示板です。Ask Mona上で自分の投稿をあげればチップとしてモナコインを貰ったりすることができます。また同時にモナコインを送ることもできます。簡単な質問に答えたりしてもモナコインを貰えるかも!?

⇒ Ask Mona

ark(アーク)

モナーコイン-ark

arkは秋葉原のパソコンショップです。arkではモナコイン以外にもビットコイン決済も対応しています。もちろんリアル店舗もあり、かなりマニアックなPC周辺機器も揃えることが可能です。

⇒ ark公式HP

Bitcoinmall

モナーコイン-bitcoinmall

Bitcoinmallは仮想通貨専用のECサイトで現在はビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)でのみ決済可能です。家電製品からキッチン用品、生活家電、スポーツ用品やおもちゃまで扱っています。

⇒ Bitcoinmall

Monappy

モナーコイン-monappy

Monappyは2018年9月の不正アクセスで、約1500万円のモナコイン(MONA)が盗まれて、サービスが現在も停止中になっています。

Monappyはモナコインの総合コミュニティで、ウォレットサービスは送金手数料無料で利用できます。

モナコインのポータルサイトとして情報収集も可能な上、上記のようなモナコイングッズも販売しています。もちろん決済方法はモナコインです。

⇒ Monappy

モナコイン(MONA)の今後の将来性

モナコイン(MONA)は、日本発の仮想通貨だけに同じ日本人として応援したくなる通貨です。

モナコインの特徴でもある、取引スピードの早さとSegWitが既にアクティベート済みというのも好印象でしたね。

またTwitter上でモナコイン(MONA)の送金や残高確認ができるのもとても魅力的な部分です。

モナコインが決済方法として使えるサイトやコミュニティも増えてきているので、将来的にも非常に楽しみな仮想通貨の一つです。

特に日本に特化している面では、もしかするとライトコインやビットコインを追い越して国内の実生活にはモナコイン(MONA)が食い込んでくるかもしれません。

今まではほとんどが日本人しか取引していませんでしたが、海外取引所などの取引所の取り扱いも増えてくると、海外マネーの流入も十分に考えられます。

これからも米国や韓国などの取引所でモナコイン(MONA)の上場が決定すると一気に高騰することも考えられるので今から仕込んでおくのもいいかもしれませんね!

実際に決済方法として使えるサイトも増えてるのは最も重要なポイントだね!
海外でもモナコインの知名度が上がると将来的にも期待できそう

モナコイン公式サイト

トップへ戻る