Zaif(ザイフ)の登録方法や取扱い通貨・手数料一覧

Zaif国内取引所

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。zaifの特徴や各種手数料の比較、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は国内の仮想通貨取引所でビットコインやネム・モナコインといった人気の通貨も取り扱っています。

zaifの特徴は手数料が安く独自トークンを多く取り扱っているところです。

取引方法は、「販売所取引」「取引所取引」「レバレッジ取引」などユーザーに合った複数の取引方法を提供しています。

また高級腕時計ブランドとコラボして仮想通貨デザインの腕時計をリリースするなどユニークな取り組みも行っています。

運営会社の概要

Zaifは「株式会社Zaif」が運営しており、親会社は上場企業の株式会社CAICAになります。

Zaifは2018年に67億円相当の仮想通貨不正流出がありました。当時の運営会社だったテックビューロはフィスコ仮想通貨取引所に事業を譲渡し、Zaif取引所とフィスコ取引所が統合し現「株式会社Zaif」になりました。

会社名株式会社Zaif
設立平成28年4月12日
資本金200,000,000円(令和3年3月16日時点)
所在地〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9
役員代表取締役社長八木 隆二
Zaifの特徴
  • 手数料が安い
  • zaifでしか取り扱っていない独自トークンがある
  • 積み立てができる
  • 販売所・取引所・信用取引・AirFX取引が可能
  • 日本発のICOである「COMSA」の母体

Zaif(ザイフ)アカウント作成方法

登録画面のUIは変更されている場合がありますので、実際の画面と説明に従ってください。

Zaif(ザイフ)の登録方法はとっても簡単です。もちろん登録や維持費は無料でできます。先に要約したものを下記にまとめておきます。

  1. メールアドレスを入力してユーザー仮登録
  2. 基本情報を登録
  3. 本人確認登録及び本人確認書類を提出
  4. 郵送による本人確認

以上の4ステップでアカウントを作成することができます。後は、2段階認証などの設定を行ってセキュリティ強化をしておきましょう。

口座開設の手順

  • STEP1
    メールアドレスを入力してユーザー仮登録
    初めにユーザー登録仮設定を行います。zaifのトップページから「無料登録はコチラ」からメールアドレスを入力します。
    ⇒ zaifのトップページへ登録したメールアドレスにzaifから自動返信メールが届きます。自動返信メールに記載されているURLをクリックしてパスワードを登録することでアカウントを作成することができます。
    ⇒ zaifのトップページへ
  • STEP2
    基本情報を登録
    zaifの仮登録が完了し、zaifの管理画面にログインすると、「本人確認が完了していません。」というメッセージが出てくるのでそのメッセージをクリックして、続いて「基本情報」「口座情報」を登録していきます。※「口座情報」は後回しでも問題ありません。
    入力する情報は、個人か法人かを選択して、「名前・生年月日・国名・住所・電話番号・使用言語・職業・使用目的」などの基本情報を入力します。
  • STEP3
    タイトル3
    続いて本人確認登録と、本人確認書類を提出します。上記の基本情報の入力から続いて入力できますが、zaifの「アカウント→本人確認→電話番号認証」からでも本人確認ページに移行できます。
    まずここでは、お使いの携帯電話の番号を入力し送信ボタンを押します。
    続いて、登録した携帯にSMSが送られてきますので、送られてきた、電話番号認証コードをzaifのページに入力し「次へ」を押します。

    次に、本人確認書類をアップロードする画面になるので運転免許証やパスポートなどの身分証明証をzaifにアップロードします。
    本人確認書類は以下のいずれかの書類1点が必要になります。

    ・ 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
    ・ 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
    ・マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
    ・日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

  • STEP4
    郵送による本人確認
    最後にZaifの本人確認依頼フォームより「本人確認コードの郵送依頼を申請」をかけます。2、3日でZaifから登録住所へ転送不要の簡易書留が到着します。
    郵送物には本人確認コードが記載されていますので、それをZaifの本人確認コードの欄に入力すると全ての登録が完了となります。

2段階認証を設定しよう

上記でZaifにアカウント作成ができましたが、仮想通貨の売買や日本円を入金する前に2段階認証を必ず設定しておきましょう。

2段階認証は「アカウント → アカウントとセキュリティ → 2段階認証設定」のページから設定できます。

2段階認証の重要性と2段階認証の設定方法は下記記事でもまとめています。

Zaif取扱い仮想通貨一覧

Zaifで取扱っている主要通貨は5通貨。以下ではZaifが2021年4月現在で取り扱っている仮想通貨一覧になります。

Zaif取扱通貨
  • ビットコイン ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム ネム(XEM)
  • モナコイン モナコイン(MONA)
  • その他トークン

Zaifでは特徴的なものに以下の独自トークンの取扱いもあります。COMSAは日本発のICOとして当時はかなり大きな話題になりました。

独自トークンの取扱い

その他トークン
  • ザイフトークン(ZAIF)
  • カウンターパーティートークン(XCP)
  • フィスココイン(FSCC)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • COMSA(CMSETH/CMSXEM)
  • JPYZ

Zaifの各種手数料

ここではZaifの特徴でもある取引手数料を解説しています。手数料といっても売買手数料や、入出金手数料、仮想通貨の送金出金手数料があります。

それぞれ大切な項目ですが取引所では特に仮想通貨の売買手数料を注視してくださいね。販売所を利用すると、スプレッドという隠れた手数料が3%~5%ほどかかります。

これは売り買いの往復をしただけで10%もの手数料が取られるということです。100万円の取引の10%は10万円、1千万円の取引では100万円もの手数料が取られる計算になりますね。

取引に慣れてくれば、販売所ではなく取引所形式の「Orderbook trading」の利用がおすすめです。

売買手数料一覧

通貨ペアmaker*taker*信用取引AirFX取引先物取引
BTC/JPY0%0.1%0%0%0%
XEM/JPY0%0.1%
XEM/BTC0%0.1%
MONA/JPY0%0.1%0%
MONA/BTC0%0.1%
BCH/JPY0%0.3%
BCH/BTC0%0.3%
トークン/JPY0%0.1%
トークン/BTC0%0.1%
※2021年4月現在

※maker/takerは取引所形式の「Orderbook trading」での手数料になります。

販売所取引の手数料は無料ですがスプレッド(売買差額)が出るので注意してください。

maker手数料は板に注文を並べる際の手数料、taker手数料は並んだ注文を消費する際の手数料を指します。

入出金に関する手数料

日本円入金
銀行振込振込手数料自己負担
コンビニ入金30,000円未満495円
30,000円以上605円
ペイジー入金30,000円未満495円
30,000円以上605円
出金
日本円の銀行振込30,000円未満385円
30,000円以上770円
BTC送金手数料/出金0.0001 〜 0.01 BTC
XEM送金手数料/出金2 〜 20 XEM
MONA送金手数料/出金0.001 〜 0.1 BTC
BCH送金手数料/出金0.001 〜 0.01 BCH
ETH送金手数料/出金0.01 〜 0.05 ETH

積み立てができる

現在「Zaifコイン積立」サービスは停止しています。再開は未定となっています。

Zaif(ザイフ)ではドル・コスト平均法の積み立てができます。

積み立てを一度設定すれば自分でトレードをしなくても、1日毎に指定の仮想通貨を買付け、積み立てを行ってくれます。積み立てする金額は、毎月1,000円~設定可能で、指定の銀行口座から自動で引き落としされるので手間もかかりません。

今後その仮想通貨の相場が平均的に伸びていれば、安定的に高い金利を得ることが可能です。

ドルコスト平均法とは

ドル・コスト平均法とは、相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続けることによって、ローリスクで長期的に利益を上げる方法です。

価格が上がった時には高値掴みを避けて、価格が下がったときは、安く多くの量を買うことができるということになります。

仮想通貨は短期的に見ると乱高下が激しい相場です。しかし長期で見るとほぼ全ての仮想通貨の価格は右肩上がりに上がっています。自分の感情に流されることなくローリスクで安定的に投資を行いたい方におすすめな投資方法です。

レバレッジ取引ができる

現在レバレッジサービスは停止しています。

Zaifではレバレッジ(信用)取引が可能となっています。レバレッジとは手元にある元金を元に何倍もの金額の売買ができる取引です。

レバレッジは最大で4倍まで設定できるので、元手が25万円あれば100万円までの取引が可能になります。

また下落相場の時には売りから入って買い戻す(高く売って安く買い戻した差額で利益を出す)こともできるので、どんな相場でも効率よく利益を出すことも可能です。

ローリスクな「ドルコスト平均法の積み立て」とは、逆にハイリスクハイリターンを狙える取引方法ですね。

Zaifでのレバレッジ取引の詳細はコチラから

Zaif取引所まとめ

長くなりましたが、Zaif取引所ではZaifでしか得られない様々な特典や特徴があります。しかしメリットがあるところにはデメリットも必ずあります。

各取引所のメリットとデメリットを理解し、自身の用途によって使い分けができれば一番ですね。私はネム(NEM/XEM)を購入するためにZaifの口座を開設しました。チャートも使いやすくとても満足していますが、大きな好材料や悪材料が出たアクセスが集中した時にサーバーが不安定になるのが少しネックです。

また「ドルコスト平均法の積み立て」は、仮想通貨の価格変動からくる感情に左右されることなく、安定的に利益を出すことができます。この積み立ては、Zaif取引所独自のメリットと言えますね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました