マイナーの売り圧力終了で7月からBTC上昇へ!最新仮想通貨ニュース【6月30日】

仮想通貨ニュース

6/29の仮想通貨ニュースはマイニング事情は良好につきBTC価格も上昇する?インドで仮想通貨を禁止できる可能性は低い?バイナンスが大型アップデート!等々をピックアップしています。

6月30日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

6月30日仮想通貨価格の前日比

本日のビットコイン価格は、米株が米中古住宅販売が前月比44%増で上昇したため、連れ高になりました!

ここから伸びるのか、それとも落ちるのかはNYダウ平均株価次第ではないでしょうか…という印象です。

マイニング事情は良好?

ビットコイン採掘難易度調整

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 7月1日難易度調整は+0.04%予定でほぼ変化なし
  • 半減期後4回目でやっと落ち着いてきた
  • ハッシュレートは128EH/s(順調に回復している)

7月1日はビットコイン価格の指標にもなっているマイニング難易度調整が行われる予定です。

今回の難易度調整値は+0.04%で前回値とほぼ変化なし。

これはマイニングの計算力を表すハッシュレートが安定している証拠です。

半減期後は、大きく難易度が変動してきましたが、半減期後の4回目の難易度調整でマイナーの収益状況も安定したと捉えられます。

日付調整値
5月20日-6.00%
6月4日-9.29%
6月17日+14.95%
7月1日+0.04%(予定)

6月24日のBTC下落はマイナーの7000BTCの売り圧力が一つの原因とされていますが、こういったマイナス要因がなくなれば、7月からはビットコイン価格も上昇する可能性は高くなりますね。

Crypto Quantのデータによると、実際にマイニングプールからのビットコイン流出は少なくなってきているようですよ。

ただ個人的には、株価の推移もいまだにビットコイン価格に与えている影響は大きいと感じています。

新型コロナウイルス関係のニュースや米株の推移も注意深く追っていく必要があると思います。

半減期後やっとマイニング周りが落ち着いてきたんだね

今はビットコイン関連の際立ったニュースが少ないから特に株価に引っ張られる影響が大きいと思うよ

インドで仮想通貨を禁止できる可能性は低い

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 最高裁が仮想通貨関連の銀行口座禁止を違憲と判断
  • RBIも現在は禁止していないと明言済み
  • まだまだ曖昧な部分も多い

先日インド政府が仮想通貨を再び禁止することを検討しているというニュースが流れ業界に激震が走りました。

しかし、コインテレグラフのインタビューで答えた、インドのコインスイッチ取引所のCEOは、政府がデジタル通貨を全面禁止とする可能性は2019年に比べてかなり低下していると明かしたようです。

今のところ、財務省の禁止案が通る可能性は低いだろう。政府の中には仮想通貨を完全に禁止するのではなく、正しいステップを歩もうと考える賢い人たちがいる。 cointelegraph

政府は、ユーザー保護を強化するのが最終的な目標だと述べているようですが、それが本当なら一安心ですね。

インドの人口は中国とほぼ同じの13億人で、仮想通貨関連も世界有数の一大産業になり得るポテンシャルを持っていると言われているので、今後の進展に注目が集まります。

インドが本格的に仮想通貨解禁になれば市場も一気に盛り上がるかもしれないね

まだ曖昧なところが多いからハッキリ(解禁)してほしいところ

バイナンスが大型アップデート

世界最大の取引所バイナンスがこれまでで最大のシステムアップデートを完了したと発表しました。

バイナンスでは、コードの書き直し(必要に応じてすべてのコードをゼロから書き直し)、プログラミング言語の作り直しを行ったとのこと。

CEOのジャオ・チャンポン(CZ)氏は、バイナンスは今までより10倍早くなり、理論的には100倍のボリュームを扱えるようになったと豪語していました。

CZ氏は「次の波に備える」と述べていることから、今後仮想通貨市場にニューウェーブが来ると確信しているようですね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました