ビットコインゴールドの貰い方!BTGが付与される取引所一覧

ビットコインゴールド(BTG)に対応する取引所をまとめています。BTGがもえらえる国内取引所はbitFlyerとcoincheckでその他のザイフやビットバンクはBTGを基本は付与しない方針を発表しています。ここではビットコインゴールドを取り扱う企業を一覧にしていきます。またその他BTGの注意点なども記載しています。

ビットコインゴールド(BTG)対応取引所一覧


ここでは各取引所のビットコインゴールド(BTG)への対応方法を記載しています。国内の取引所では先駆けて、coincheck(コインチェック)がBTGを条件付きで付与すると発表しました。また続いて、bitFlyer(ビットフライヤー)も条件付きで付与し、さらに問題がなければ申請を出して上場も検討するという発表がありました。

さらにZaif(ザイフ)では現段階ではビットコインゴールドの付与や対応はしないと、各取引所で意見が分かれています。

海外の取引所でもビットレックスが条件付きで付与はするが、上場予定なし。ポロニエックスでは現段階でも未定。HitBTCは付与しさらに売買と入出金も予定。BitfinexとYobitはBTGを付与しさらに既に売買もできる状態になっています。

コインチェックとビットフライヤーがBTGの対応を発表!?

10月24日にビットコインがハードフォークが行われてビットコインゴールドが誕生しました。ビットコインゴールドは10月24日時点でビットコインを所有している段階で自動で付与されますが、BTGに対応している取引所やウォレットにビットコインを入れておかないと貰えません。

※重要※ -追記情報-
ビットコインのハードフォークは当初10月25日でしたが24日の日本時間で10時50分頃に変更になりました!ビットコインのハードフォークは正確には BTCの491407ブロック生成到達時です。正確にはビットコインゴールドの公式ページを参照してください。

どこの取引所がビットコインゴールドに対応するのかが気になると思いますので、こちらでBTGに対応する取引所や企業を一覧化していきます。

日本では先陣を切って最大手取引所のcoincheck(コインチェック)がビットコインゴールドに条件付きで対応すると発表があり話題になりました。さらにコインチェックに続きbitFlyer(ビットフライヤー)も条件付きで付与するという発表がありました。ビットフライヤーでは問題がなければ申請を出して上場も検討するとのことです。

またその他の国内取引所でもBitcoin Goldにどのように対応するかを続々と発表しているので、こちらで各取引所の対応方法を追記していきたいと思います。

ケンケン
10月24日に遂にビットコインゴールドが誕生したね!
ミー
でも全ての取引所が付与を発表しているわけじゃないんだよ。BTGの対応方法は各取引所によって違うから気を付けてね!
ケンケン
え~そうなの!?僕はBTGを貰えないのかな?
ミー
まずは第一条件の「BTCを預けている取引所がBTGに対応しているか」を確認してみてね
ケンケン
国内の取引所ではどこが対応しているの?
ミー
国内の取引所ではビットフライヤーとコインチェックが条件付きで付与すると発表があったよ

ビットコインゴールド(BTG)とは

ビットコインゴールド(BTG)とはビットコインキャッシュと同じくビットコインからハードフォークで分岐して新しく作られる仮想通貨です。ビットコインゴールドの提案者は、香港にあるLigthtningASICのJack Liao氏の提案になります。

ケンケン
誕生するビットコインゴールドについてはちゃんと知っておかなきゃだね!
ミー
そうだね。BTGについては様々な憶測があるけど、自身でしっかりと調べて理解することが大事だからね
ケンケン
うん!僕も勉強したお話だね!これを読めばきっとBTGの事がちゃんと理解できるよね

ビットコインゴールド(BTG)の詳細については下記の記事でまとめています。

ビットコインの分裂問題で飛び出してきたビットコインゴールドの詳細やBTGがもえらえる取引所について記載しています。またビットコインゴールドとは別にビットコインのSegwit2xについても簡単にまとめているのでぜひ参考にしてください。

ビットコインゴールド(BTG)を対応する企業一覧

※BTG対応の発表があり次第追加していきます。

-追記情報-

  1. 10月19日にコインチェックに続き、ビットバックもBTGの対応を公式ページで発表しました。ビットバンクでは基本的には付与をしない。ただし条件付きでBTGに対応する可能性があるという見解です。
  2. 10月20日にZaif(ザイフ)でBTGの対応が公式ページで発表されました。ザイフでは、「現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わない」という見解です。
  3. 10月21日にbitFlyer(ビットフライヤー)でBTGの対応が公式ページで発表されました。基本スタンスはBTGを付与するとのことですが、他の取引所と一緒で条件付きとのことです。条件については公式ページを参照してください。
  4. 10月22日に海外大手取引所のBittrex‏(ビットレックス)がBTGへの対応をTwitter上で発表しました。Bittrex‏ではBTGの付与はするが、Bittrex‏上でBTGの上場は現段階では予定していないとのことです。詳しい記載内容に関しては公式ページを参照してください。
  5. 10月24日にBTGが誕生しました。BitfinexとYobitでは既にBTGが配布され、売買が可能になっているようです。
※重要※
読者様からコメント頂き一部補足させていただきます。紛らわしいので、国内の取引所で付与しない(条件付き)と付与する(条件付き)を分けました。コインチェックとビットフライヤーは条件付きで付与する。ザイフとビットバンクは付与しない。ただし条件が整えば付与することを検討する可能性があるというものです。正確には、各公式サイトでご確認ください。dave様、適切なコメントありがとうございます。

「コインチェック」ビットコインゴールドへの対応

コインチェック(coincheck)では、ビットコインゴールド(BTG)を下記のように条件付きで付与すると発表がありました。

「Bitcoin Gold」の分岐に係る対応方針について 対応方針

このたびのBitcoin Goldに係る分岐に際し、CoincheckではBitcoin Goldの付与を行う予定です。しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合等

⇒ coincheck(コインチェック)の公式発表

「ビットフライヤー」ビットコインゴールドへの対応

ビットフライヤー(bitFlyer)では、コインチェックと同じくビットコインゴールド(BTG)を条件付きで付与すると発表がありました。またビットコインゴールド(BTG)の申請を行い上場を未定ではあるものの11月1日以降に予定しているとのことです。※あくまで予定ですので変更になる可能性も考えられます。正しくは公式ページでご確認ください。

Bitcoin Gold によるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応
2017年10月25日にBitcoin Gold(以下、「BTG」)によるビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG 分岐」)が予定されています。当社として下記の対応*1を予定しておりますのでお知らせします。

  • 当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。
  • BTG の付与に伴い、BTGの売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始する予定です。
  • BTG 分岐前後においてサービスの停止は予定しておりません。全てのサービスが通常通りご利用いただけます。
日時(日本時間) 対応(予定)
10月25日21:00頃(予定)【数量決定】
この時点でお客様が bitFlyer アカウントで保有しているビットコイン現物の数量*3に応じて付与される BTG の数量が決まります。
未定(11 月 1 日以降)【BTG の付与、売買サービスの提供開始】
11 月 1 日(予定)の BTG ブロックチェーン稼動後、BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買サービスの提供を開始します。
未定(分岐後のBTGチェーンの動向をみて判断)【BTG のお預入・ご送付サービスの提供開始】
BTG 分岐後の BTG ブロックチェーンの動向をみて、BTGのお預入・ご送付サービスの提供を開始します。

「ザイフ」ビットコインゴールドへの対応

ザイフ(Zaif)では基本的にはビットコインゴールド(BTG)の付与は行わない方針です。ただし10月25日時点でのBTC残高のスナップショットを保持し懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に運営の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定とのことです。

Bitcoin Goldの対応についてのお知らせ

下記の可能性があるため、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。

  • リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
  • マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
  • 何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。BTGの付与をしないと判断した場合であっても、Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

今後のBTGにおける対応について

弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

⇒ Zaif(ザイフ)公式発表

「ビットバンク」ビットコインゴールドへの対応

bitbank(ビットバンク)ではビットコインゴールドに対して全て問題がないと判断した場合にのみ、市場環境を考慮の上、改めて当該仮想通貨の付与を検討するとのことです。
ビットコインゴールドに対応について

ビットバングゴールド対応について

  1. 当社は、BTGの発生時点におけるお客様資産のスナップショットを取得します
  2. スナップショットの取得は、当社における付与と売買の提供を前提としておりません
  3. 当社は、BTGに限定されず当社の裁量に基づき当該仮想通貨の取り扱い可否を決定するものとし、次に掲げる事項などに該当する場合、付与を行わないことがあります
  4. ・リプレイ攻撃保護が困難であり、お客様資産の保全ができない場合
    ・プロトコルに脆弱性があり、不正にトランザクションを送信できるなどのバックドアが含まれる場合
    ・反社会的勢力との関わりがあるか、反社会的行為に携わっている場合
    ・その他、当社の裁量により、取り扱いが困難であると判断した場合

  5. 当社は、上記についてすべて問題がないと判断した場合にのみ、市場環境を考慮の上、改めて当該仮想通貨の付与の検討を行います。尚、取り扱いを開始する際には、分岐時点に取得したスナップショットに基づき、当該仮想通貨の付与を併せて行います

⇒ bitbank(ビットバンク)公式発表

「BTCBOX」ビットコインゴールドへの対応

BTCBOXはメールにてビットコインゴールドの対応をお知らせしています。BTCBOXでは条件付きでビットコインゴールドの付与を予定しているとのことです。正確には実際に届いたメール内容をご確認ください。

ビットコインゴールドに係る弊社の対応について

10月25日に発生が予想されているビットコインゴールドに関して弊社の対応を発表させていただきます。
弊社の判断によりビットコインゴールドに問題がないと確認出来た場合にはお客様の所持しているビットコインに対して同量のビットコインゴールドを付与させていただきます。
取引、入出金に関しては現時点で決定した事実はございません。
決定次第、速やかに告知させていただきます。

「QUOINEX」ビットコインゴールドへの対応

QUOINEXもメールにてビットコインゴールドの対応をお知らせしています。QUOINEXでは基本的にはビットコインゴールドを付与しない方針のようです。また10月25日にビットコインの預け入れ及びご送付サービスを一時停止するとのことなので注意が必要です。正確には実際に届いたメール内容をご確認ください。

ビットコインのハードフォークに伴う当社の対応について

平素はQUOINEXをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2017年10月25日に発生可能性が高い、ビットコインのハードフォーク(ビットコインゴールド)に関しまして、当社の対応方針をお知らせいたします。

当社ではハードフォークの影響を鑑み、2017年10月25日にビットコインの預け入れ及びご送付サービスを一時停止させていただきます。

弊社はこのたびの分岐で発生するビットコインゴールドについて、分岐後すぐにはサポートせず、お客様への付与も行わない予定です。
本コインはリプレイアタックに対する対策が不十分と考えられることから、登録事業者としてお客様の資産を大切に保全することを第一に考え上記の判断となりました。
ただし、今後の展開には注視して、サポートする場合には遅滞なくお知らせ致します。

当社ではお客様の資産を安全に保全することを第一に、健全な取引所の運営を行ってまいります。
引き続き、QUOINEXをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

※当社は、本対応内容の瑕疵、変更等により、お客様ならびに第三者が損害を被った場合でも一切補償しません。

「Bittrex‏」ビットコインゴールドへの対応

Bittrex‏では、ビットコインの保有数に対して1:1の比率でビットコインゴールド(BTG)を付与すると発表がありました。しかし、Bittrex‏上ではBTGの上場予定はないとのことです。

Bitcoin Goldに関する声明
※英文の為、翻訳内容になります。

BitTrexのBitcoin(BTC)残高がBTGスナップショットブロック491,407の間に約10月24日午前3時(UTC午前10時)に発生した場合、Bitcoin Gold(BTG)と1対1で加算されます。オン交換スナップショット中に保持されているBittrexの1 BTCは1 BTGを取得します。注文時に保有されているBTCも貸方記入されます。あなたのアカウントに保持されているBTCのみがBTGの対象となります。以下の詳細。

現時点では、Bitcoin Goldチームが提示した情報とコードベースは機能していないため、BitTrexはBitcoin Gold取引市場を開設することはありません。

Bitcoin Goldは、Bitcoinブロック491,407でウォレットバランススナップショットを実行しようとしていますが、実際のBitcoin Goldネットワークは、後で不確定な日時に公開されます(唯一の指針は「11月1日の開始後」)。

⇒ BitTrex(ビットレックス)の公式発表

「GMOコイン」ビットコインゴールドへの対応

販売所でビットコインFXが活発なGMOコインでは条件付きでビットコインゴールドを付与するとメールでの通達がありました。またGMOコインでは「ビットコインの受入及び引出の受付を一時停止する」と発表しているので、詳細は届いたメールをご確認ください。

1.ビットコインゴールドは、原則として、お客様に付与いたします。付与時期については未定です。なお、ビットコインゴールドの売買等のサービスを提供する予定はございません。
※現時点の決定です。詳細は、下記の「対応内容1について」をご確認ください。
2.ビットコインの受入及び引出の受付を一時停止いたします。

対応内容1について:
当該分岐によって「ビットコインゴールド」という新しい仮想通貨が発生することが予想されます。
分岐時に当社がお客様からお預かりしているビットコインから分岐したビットコインゴールドにつきましては、現時点においては、お客様に付与する予定です。ただし、分岐後、ビットコインゴールドの安全性並びに信認性の見地から、お客様に付与することが相当でないと、当社がその裁量により判断した場合には、分岐から合理的期間内に、決定を変更し、付与しない旨を公表いたします(※1)。したがって、分岐時にお客様が当社にビットコインをお預けになっていた場合であっても、必ずしも、お客様にビットコインゴールドが付与されるわけではございませんので、何卒ご了承ください。ビットコインから分岐するビットコインゴールドを確実に取得したいお客様は、分岐前に当社口座からご自身のウォレット等にビットコインを引き出すことを推奨いたします(※2)。
※1 当社は、上記の決定の変更を行わない限り、分岐時点におけるスナップショットを保持することにより、分岐時点において、お客様が当社にお預けになっていたビットコインと同数のビットコインゴールドを付与いたします。
※2 分岐数時間前よりビットコインの受入及び引出の受付を停止いたします。お引出を希望されるお客様は、余裕を持ったスケジュールでお手続きください。

海外BTG対応企業

ビットコインゴールド取引所一覧
ビットコインゴールド公式サイトより引用

正直、海外ではHitBTC以外は聞いたこともない取引所や企業です。私が知らないだけかもしれませんが、知らない所をおすすめできないので、コインチェックとビットバンク、HitBTC以外はスルーしていいと思います。

HitBTCはイギリスのBeta Business Solutions Incが運営する2013年に開始した仮想通貨取引所です。日本語には未対応ですが、デモ取引ができるのが特徴です。

ビットコインゴールドの付与だけを狙うなら、今の所はビットブライヤーコインチェックにビットコインを10月24日時点で預けておくのが一番ベターのようです。※BTG付与には条件がありますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

ケンケン
わぁ~海外では対応しているところがたくさんあるんだね。でも僕あんまり知らないところばっかりだ
ミー
知らない取引所は避けて、メジャーなところに預けておくのがおすすめだよ。取引所でのトラブルというリスクもしっかりと考えておこうね

ビットコインゴールド(BTG)の注意点

ビットコインゴールド(BTG)に対応する取引所や企業が発表されていますが、ビットコインゴールド自体に価値があるかという問題は別です。

ビットコインゴールドは開発が進んでいなくてスカスカな状態であるという情報があるのと、マイニングをするマイナーが全然集まらないのではないかとも言われています。ただし、この情報も定かではありません。ビットコインゴールドはマイニングがしやすいようにと作られる通貨なので、実際にリリースされないとどうなるかは分かりません。

ビットコインキャッシュもリリース前は価値がないと言わていましたが、現在は時価総額が4位のアルトコインになっています。BTGに価値が付くかどうかは本当に分からないのでその点を十分に注意してください。

ケンケン
実際に誕生してみないとどれくらいの価値が付くか分からないんだね
ミー
そうだよ。通貨の価値は需要と供給で決まるからね。
ケンケン
でもさ、2017年8月にハードフォークで誕生したビットコインキャッシュは価値がついたよね。今回も同じじゃないの?
ミー
BCHは価値が付いたけど、今回も同じようになるかというと今の時点では本当に分からないんだよ

ビットコインにはSegWit2xも控えている

またビットコインには11月にSegWit2xというハードフォークを控えています。SegWit2xも現状はどうなるかは分かりませんが、ビットコインのハードフォークになるので、ビットコインゴールドともう一つの通貨「B2X」が誕生するかもしれないと言われています。またそのB2Xがビットコインよりハッシュパワーが高くなるとオリジナルのビットコインがB2Xになるかもしれないという憶測も飛び交っています。

そうなるとビットコインは暴落する可能性がとても高くなるので、10月下旬から11月にかけてはビットコインの価格は非常にデリケートなものになると考えられます。

ケンケン
これって問題がいっぱいの怖~いハードフォークのやつだ・・・
ミー
そうだね。このSegWit2xのハードフォークはBTGの誕生よりももっと複雑で問題がたくさんあるんだよ
ケンケン
これも僕がこの前に勉強したお話だね!これを読んでみんなも僕みたいにちゃんと勉強してね
ミー
SegWit2xのお話はビットコインの将来にも大きな影響があるかもしれない大事なお話だから、しっかりと読んで考えることをおすすめするよ

SegWit2xについては下記の記事でまとめています。

11月に予定されているビットコインのハードフォーク分裂問題「segwit2x」について記載しています。segwit2xの読み方はセグウィットツーエックスと読みます。segwit2xについて初心者でも分かるように図解入りで解説しているのでぜひ参考にしてください。
トップへ戻る