COMSAのCMSトークンの受け取り方!買い方や最新チャート

ICOプラットフォームのCOMSA(コムサ)のCMSトークンの受け取りの受付が開始されました。ここではCMSの買い方や受け取り方(MosaicとERC20)、上場後の購入方法、最新チャートなど詳しく解説しています。

スポンサーリンク

COMSA(コムサ)とは

CMSトークン購入方法買い方チャート

COMSAはICOを提供するソリューションプラットフォームのことで、そのCOMSAで発行される仮想通貨(トークン)をCMSトークンといいます。

COMSA上で行われているICOに参加する場合にCMSトークンが必要となります。CMSトークンはICOと投資家を安全に繋げてくれる架け橋のような存在です。

COMSAは国内の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)の運営母体でもあるテックビューロ株式会社が運営します。テックビューロ社は、独自のブロックチェーン「mijin」などにも注力しておりその技術の高さから世界中から注目を集めています。

ケンケン
CMSトークンって何に使うの?
ミー
COMSA上で行われているICOに参加する時にCMSトークンが必要なんだよ

⇒ COMSAのICOトークンセール時の詳細はコチラ

COMSAトークン(CMS)の買い方

COMSAのCMSトークンはプレセールやICOトークンセールで購入することができました。購入したCOMSAトークン(CMS)の配布は2017年11月30日に行われます。

ICOトークンセールは既に終了しているので、これからCMSトークンを購入したい方は、CMSトークンがZaif(ザイフ)取引所に上場してから、取引所で購入する(取引所での売買)ということになります。

ケンケン
いまからCMSトークンは買えないの?
ミー
Zaif取引所に上場してから購入できるよ

COMSAトークン(CMS)の受け取り方

COMSAのCMSトークンの配布開始が11月30日に予定されています。CMSトークンの受け取り方法には数種類の方法があるのでご自身にあった受け取り方を選択してください。

 CMSトークンの受け取り方

  • 仮想通貨取引所のZaifで受け取る
  • MyEtherWallet(ERC20対応イーサリアムウォレット)で受け取る
  • Nano Wallet(NEMウォレット)で受け取る

仮想通貨取引所のZaifで受け取る場合

仮想通貨取引所のZaifではCMSトークンの受け取り用アドレスの登録が11月27日より開始しました。ZaifでCMSを受け取るにはまずは受け取り用アドレスの登録が必要となります。

受け取り用アドレスの登録には、もちろんZaifで口座を開設しアカウントを登録しておく必要があります。CMSトークンが上場後、売買をするにもアカウントは必須なので、まだZaifにアカウントを登録していない方は上場前に登録しておきましょう。口座開設は4ステップで簡単にできます。

Zaif(ザイフ)公式サイトへ

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。またzaifの特徴や各種手数料の比較や免許証などでの本人確認の詳細や、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。zaifの一番の特徴はネムXEMとモナコインMONAが買える取引所ということです。

CMSトークンは2種類から選べる

CMSトークン購入方法買い方チャート
ZaifでCMSトークンを受け取る場合、イーサリアムベースもしくはネムベースの2種類のトークンのどちらかを選択する必要があります。

  • ERC20Token (CMS:ETH)
  • イーサリアムの強力なスマートコントラクトを活用

  • Mosaic(CMS:XEM)
  • ネムの強固なプロトコルを活用

これはどちらの方が良いと一概には言えません。長期保有や海外進出を視野にいれるとイーサリアムがいいのではないか、コムサがmijinで動いているのでネムが相性がいいのではないか、などと意見は様々です。ご自身の判断で選択してくださいね。

また、指定されたトークンの区分は、購入したCMSトークン全てに反映されます。

※ERC20TokenとMosaic半分ずつなど振り分けることはできません。

ケンケン
ん~どっちがいいんだろう?
ミー
どっちを選ぶかは個人の判断だね。詳しくは公式ページを参照してみてね

①ERC20Token (CMS:ETH)の受け取りアドレスを登録する

CMSトークン受け取り方-01
CMSトークン受け取り方
  1. zaifのホーム画面の上部タブの「アカウント」を選択
  2. 入金と履歴から「ERC20」を選択
  3. 「ERC20」と左下の「入金」を選択していることを確認
  4. 緑のボタンを押すと「ERC20」専用の受け取りアドレスが表示されます

②Mosaic(CMS:XEM)の受け取りアドレスを登録する

CMSトークン受け取り方
CMSトークン受け取り方
  1. zaifのホーム画面の上部タブの「アカウント」を選択
  2. 入金と履歴から「MOSAIC」を選択
  3. 「MOSAIC」と左下の「入金」を選択していることを確認
  4. 管理画面の下部に入金用の受け取りアドレスが表示されます

公式サイトからの引用
「お客様固有のMOSAIC入金用メッセージは下記になります。」が表示されますので、こちらが、受取用メッセージです。
「ユーザー共通のMOSAIC入金先アドレスは下記になります。」では受け取れませんので、十分ご注意ください。

公式サイトでは、「ユーザー共通のMOSAIC入金先アドレスは下記になります。」という表示があるとされていましたが、私の実際の画面ではこのような表示を確認できませんでした。仕様変更の場合があるかもしれませんので、十分にご注意ください。

CMSトークンの受取

アドレスの登録が完了すれば、CMSトークンの受取を受け取る事ができます。

CMSトークン受取り方

CMSトークン受取り方-

  1. COMSAダッシュボードからログイン後、サイドバーメニューから「トークンを受取」を選択
  2. 受取用アドレスから、「zaif取引所で受取」タブを選択
  3. 「MOSAIC」または「ERC20」を指定
  4. 予め取得した、該当トークンの入金アドレスを入力
  5. 設定ボタンを押す
  6. 設定内容を確認し「受け取る」ボタンを押す

以上でzaifアカウントにCMSトークンが送信されます。

※「受け取る」ボタンは、11月30日予定のCMSトークン配布後に押せるようになります。

その他ウォレットでの受け取りを希望される場合

CMSトークンを仮想通貨取引所のZaifで受け取る場合以外には、ウォレットで受け取ることも可能です。MyEtherWallet(ERC20対応イーサリアムウォレット)、またはNano Wallet(NEMウォレット)など秘密鍵が付いたウォレットを用意する必要があります。

ウォレットでの受取り詳細はCOMSA公式サイト等をご確認ください。

ケンケン
ん~・・・取引所Zaifか、ウォレットどっちで受け取る方がいいの?
ミー
Zaif(ザイフ)では12月4日に「Mosaic」と「ERC20」の2種類が上場されることになるから、すぐにでも売買するならZaifだよね!
ケンケン
そっか!上場したら価格は高騰するかな?
ミー
上場後の価格は需要によって変動するから何とも言えないね・・・。でも何かあった時にすぐに動けるように取引所での受け取りにしておくのは良いと思うよ
ケンケン
何かあった時ってなに?
ミー
例えば、価格が大暴騰してすぐに売りたい!とかね!
ケンケン
じゃあ、ウォレットでの受け取りは、すぐに売買する予定がなくて長期保管を考えている人におすすめだね!ミーはどっちにしたの?
ミー
ミーはZaif(ザイフ)での受け取りにしたよ!

COMSAトークン(CMS)の価格はどうなる!?

COMSAトークン(CMSトークン)の価格は、ICOトークンセール時は、1CMS=1USD相当でした。

1USDは1ドルなので、日本円にすると、約110円になります。

CMSトークンは性質上ICOに参加する通貨です。基本的にはボラティリティを抑えられるように作られているように感じさせられますが、価値が固定されているわけではないので、需要と供給次第で、価格が変動します。

COMSAのICOでは魅力的な企業が続々と参加を発表しているので、上場後にCMSトークンの価格が大きく上がる可能性は十分にあると思われます。

ただし、CMSトークンの発行数は、ICOトークンセール終了時にトークンセール参加者分と同数のトークンを足した数を以て、総発行数はそこでロックされています。その点を踏まえると上場後にCMSトークンの金額が数十倍になることは少し考えにくいかもしれません。

いずれにしても、CMSトークン上場後にCMSの価格やチャートも随時更新させて頂きます。

CMSのチャート

現在はまだ上場前の為、チャートはありません。Zaif公式より12月4日から取引が開始予定と発表されています。

※CMS上場後にCMSトークンのチャートを掲載予定です。

COMSAのCMSトークンの今後と将来性

上記でも記載していますが、CMSトークンはCOMSA上のICOに参加するための通貨になります。

基本的にはCMSは投資対象ではなく、あくまでもICOに参加するための通貨なのであまり値上がりは期待できないかもしれません。

しかし、COMSAに魅力的なICOが続々と参加すれば、必然的にCMSの需要が高まり価格が上がることも考えられます。

またCMSトークンは価格は大きく上がりにくい反面、投資対象としてみていなければ大きく価格が下がることもないとも捉えられます。

とにかく今後のCOMSAのICO次第で、CMSトークンの価値が決まるのは間違いないので、魅力的で未来が明るいICOをドンドン成功させてくれることに期待したいですね。

いつも応援クリックありがとう♪
仮想通貨ブログランキングバナー

おすすめの国内取引所

1位:コインチェック2位:ビットフライヤー3位:ザイフ4位:ビットバンクcc
coincheck(コインチェック)
ビットコインの取引所は取引高日本一で出川のTVCMでお馴染み「コインチェック」が断然おすすめです。スマホアプリも使いやすく取引できる仮想通貨の種類も最も多い取引所です。ビットコインは0.001BTCから購入可能です!初心者も上級者も全員使っています!

⇒ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
⇒ コインチェックのアカウント作成方法

bitFlyer(ビットフライヤー)
テレビCMでもお馴染みの「ビットフライヤー」は大手企業が賛同しているので安心してビットコインの取引ができます。bitFlyerは取引量、ユーザー数、資本金が国内第一位です。セキュリティ対策もばっちりでスマホアプリも連動しています!FXにも強いので玄人にもおすすめです。

⇒ bitFlyer(ビットフライヤー)公式ページへ
⇒ ビットフライヤーのアカウント作成方法

Zaif(ザイフ)
Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトでも世界中から注目を集めています。また取引手数料もビットコインは-0.01%となっているので、ビットコインを売買すると逆に手数料が貰えるというお得な仕組みが特徴。少額の仮想通貨積立てが出きるのも嬉しいポイントです。

⇒ Zaif(ザイフ)公式ページへ
⇒ ザイフのアカウント作成方法

ビットバンクcc
bitbank.cc(ビットバンクcc)は売買手数料が安く、リップル(XRP)の指値注文ができる唯一の国内取引所です。コンプライアンスやセキュリティもしっかりとしていて、初心者からプロのトレーダー、さらに暗号通貨を愛する玄人からも好評な取引所です。

⇒ bitbank.cc(ビットバンクcc)公式ページへ
⇒ ビットバンクccのアカウント作成方法

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ミー ミー より:

    オダヤスオ様

    コメントありがとうございます。
    サイト運営者のミーです。

    MyEtherWalletからZaifに送金する方法ですが、私はZaifで直接で受け取ったので詳細が分かりかねます。

    しかし、MyEtherWalletの「トークンの送出」からZaifの『宛先アドレス』と実際に送りたい『送出数量』を入力して『トランザクションを生成』でZaifに送金できるものと思われます。

    上記方法は、私自身が実践したわけではないので、あくまで自己責任でお願い致します。Zaif取引所に直接問い合わせてみるのが一番確実かと思います。

    お役に立てず申し訳ございませんがご了承いただければ幸いです。

    それではよろしくお願い致します。

  2. オダヤスオ より:

     マイイーサー ウオレットにコムサトークンがありますけど、これをzaif
    に送金して売買したいのですが、送金の流れがわかりません。すみませんが、
    ご教授お願い致します。

トップへ戻る