Liquid(リキッド)ライト版の使い方|アプリでの通貨の買い方や送金方法

スマホアプリのLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)ライト版の使い方を記載しています。通貨の買い方・送金方法・入金方法等を画像付きで徹底解説しています。Liquidライト版は初心者にも優しいとても使いやすいアプリになっているのでおすすめです。

Liquid by Quoineライト版

Liquid by Quoineライト版

QUOINE Corporation無料

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)ライト版

Liquidライト版アプリ

スマホアプリのLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)ライト版は、初めて仮想通貨の取引を行う初心者にも分かるようにシンプルで使いやすい仕様になっています。

Liquid by Quoine口座開設の登録がまだ済んでいない方も、アプリから登録することも可能ですが、公式サイトから口座開設を行うとスムーズにいきますよ。

Liquid(リキッド)のアカウント口座登録方法や使い方、入金・送金方法・各種手数料や取扱い通貨などを解説しています。話題になっているQUOINEの独自通貨QASH(キャッシュ)の詳細も記載しているので参考にしてください。

Liquidライト版アプリの特徴

Liquid(リキッド)ライト版アプリの一番の特徴はやはりシンプルで必要に使いやすい設計になっていることです。

万全なセキュリティ体制で、スプレッド(売買の価格差)も狭いことから積極的に利用したいアプリになっていますよ。

  • 万全なセキュリティ対策
  • 使いやすいシンプルデザイン
  • 狭いスプレッド
  • QASHが日本円で購入可能

万全なセキュリティ対策

Liquid(リキッド)は国内でもトップクラスのセキュリティを誇る取引所です。

ユーザーの通貨はネットから切り離されたコールドウォレットに100%保管されマルチシグにも対応しています。

使いやすいシンプルデザイン

以前は複雑な取引画面で玄人寄りだったものが、Liquid(リキッド)ライト版は初心者でも簡単に使えるシンプルデザインに生まれ変わりました。

通貨の取引も非常に簡単に行えるのでぜひメインで使いたいアプリですね。

また、レバレッジ取引はアプリでは行えないので初心者の方でも安心して取引を行うことができますよ。

狭いスプレッド

国内の多くの仮想通貨取引アプリは販売所形式ですが、Liquid(リキッド)ライト版では取引所形式なので、買値と売値の価格差がほとんどありません。

また15社以上の海外取引所に接続されているのもスプレッド(売買の価格差)が狭いLiquidの大きなメリットです。

Liquidでの取扱い通貨一覧

Liquid(リキッド)は独自通貨のQASH(キャッシュ)が日本円で購入できる唯一の国内取引所です。

その他にもビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)などの人気の通貨も購入することができますよ。

Liquidライト版アプリのダウンロード

Liquidライト版のスマホアプリは下記からダウンロード可能です。

Liquid by Quoineライト版

Liquid by Quoineライト版

QUOINE Corporation無料

Liquidライト版のログイン方法

Liquidライト版アプリ-使い方

  1. アプリを起動し左上の「三」をタップする
  2. 会員登録/ログインをタップする
  3. ログインをタップする

次の画面でLiquid by Quoineの登録時のメールアドレスとパスワードを入力します。


Liquidライト版アプリ-ログイン

続いて2段階認証のコードを入力します。

二段階認証のコードは「Google authenticator」のアプリを開いてコードをタップすることでコピーすることが可能です。


Liquidライト版アプリ-ログイン

次にパスコードの設定を行います。パスコードは4桁の数字になります。

※セキュリティのためにパスワードとは異なる自分だけが分かるコードを設定しましょう。

生体認証の設定
生体認証の設定が行える端末であれば、パスコードの代わりに生体認証でロックを解除することが可能です。

Liquidライト版アプリの使い方

通貨の購入方法

Liquid(リキッド)ライト版-買い方

ホーム画面から取引したい通貨を選択します。※ここではビットコイン(BTC)を選択

下部の「BTC取引画面を開く」をタップします。


Liquid(リキッド)ライト版-買い方

取引画面では下記の操作を行うだけで通貨を購入または売却することが可能です。

  1. 成行・指値を選択する
  2. 取引したい数量を入力
  3. 購入希望価格を入力※指値のみ
  4. BTCを買うボタンをタップ
成行・指値とは
成行は現在の金額で通貨を購入する即決の購入方法。指値は自分の好きな金額を指定して購入する購入方法。

すぐにでも通貨を購入・売却したい場合以外は、自分の希望金額で購入や売却ができる指値注文を出すことをおすすめします!

また中央のチャート画面は下にスライドすることで取引板を確認することができます。

またチャート画面はメニューの「アプリ設定」→「チャート表示設定」から『折れ線』と『ローソク』を選択することができますよ

入金・出金方法

ここでは日本円(JPY)の入金・出金方法を解説しています。

仮想通貨の入金や出金も基本的には同じ手順になります。

入金方法

Liquid(リキッド)ライト版-入金方法

まずはホーム画面の左上の「三」メニューボタンから「入金」を選択します。


Liquid(リキッド)ライト版-入金方法

入金したい通貨(JPY)を選択して、下部の「JPYの入金申請をする」をタップします。


Liquid(リキッド)ライト版-入金方法

入金方法を「銀行振込」か「クイック入金」を選択します。

銀行振込の場合は入金する銀行名を入力します。

最後に実際に入金する金額を入力し下部にある「入金申請する」ボタンをタップします。


Liquid(リキッド)ライト版-入金方法

確認画面を進んでいき「振込先を確認する」をタップして実際の振込先を表示させます。

実際に入金する際のご自身の名義の前に「入金ID」を入力します。

例:12345 フリコミタロウ

入金IDがない場合や、本人名義ではない場合は振込処理が行われないので注意してください!

出金方法

日本円(JPY)の出金方法も基本的には入金と同じ手順ですが、予め銀行口座を登録していない場合は、新規で銀行口座をLiquidに登録する必要があります。

Liquidライト版アプリ-出金方法

銀行口座登録を新規で行う場合は下記の点にご注意してくださいね。

  • 振込先口座の確認書類をアップロードする必要がある
  • 銀行取引証明書にはキャッシュカードは使えない
  • 画像は銀行名・支店名・口座名義・口座番号が確認できるものが必要

下記画像のような口座情報が記載されている通帳の見開きページなどをアップロードすればOKです。

Liquidライト版アプリ-出金方法

口座情報の登録後、審査が完了次第、日本円の出金が可能になります。

なにも問題がなければ1営業日~2営業日ほどで審査は完了します。

Liquid(リキッド)ライト版アプリまとめ

Liquid(リキッド)ライト版は直感的な操作で通貨の購入と売却が可能なとてもシンプルな作りになっています。

スプレッドも狭く損をしにくいことから、初心者の方から手軽に取引を行いたい方まで幅広く活躍が期待できるアプリになっています。

Liquidでは今後さらに取り扱通貨も増えていくので、仮想通貨の取引にはマストなアプリになりそうですね。

アプリはもちろん無料で使用することができるので、まだインストールしていない方はぜひこの機会にインストールしておきましょう!

Liquid by Quoineライト版

Liquid by Quoineライト版

QUOINE Corporation無料

あわせて読みたい

Liquid(リキッド)のアカウント口座登録方法や使い方、入金・送金方法・各種手数料や取扱い通貨などを解説しています。話題になっているQUOINEの独自通貨QASH(キャッシュ)の詳細も記載しているので参考にしてください。
仮想通貨におすすめの便利アプリを厳選して紹介しています。使いやすい各取引所の専用アプリに、仮想通貨を管理する上で必要なポートフォリオアプリ、さらに最新ニュースをゲットできるアプリを厳選しているのでぜひチェックしてみてくださいね。
トップへ戻る