仮想通貨QASH(キャッシュ)がお得に買える取引所を紹介!買い方からチャートと特徴

仮想通貨QASH(キャッシュ)が買える取引所を紹介しています。QASHの価格・チャートや時価総額も記載しています。またQASHが使用されるLIQUID(リキッド)プラットフォームの特徴についても詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

QASH(キャッシュ)とは

QASH(キャッシュ)

QASH(キャッシュ)は、国内取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE社が発行する仮想通貨です。

QASHは、LIQUID(リキッド)というプラットフォームで基軸通貨として使用されるために発行された仮想通貨です。

LIQUIDとは
LIQUIDはワールドブックというシステムで世界中の仮想通貨取引の注文を一つにまとめて、価格差や為替・各国の法定通貨の壁を越えて取引を行おうという壮大なプロジェクト

LIQUIDプロジェクトが成功すると必然的に、QASHの価値も上がるので今のうちから仮想通貨QASHをチェックしておきましょう。

QASHを購入するには国内取引所でQASHの発行元でもあるQUOINEX(コインエクスチェンジ)が手数料無料でおすすめです。QUOINEXでは日本円での購入も可能です。

QASH(キャッシュ)の概要

名称QASH
通貨単位QASH(キャッシュ)
リリース日2017年11月6日
発行上限1,000,000,000 QASH
運営/開発QUOINE

QASH(キャッシュ)は、2017年11月に行われたLIQUIDのICOで発行された仮想通貨です。

このICOは、わずか3日間で124億円を調達した世界でも最大規模のICOになり、一気にQASHに注目が集まりました。

ICO終了後は、提携先の海外大手取引所Bitfinexと、発行先のQUOINEXで上場し、現在では世界2位の取引所Huobiでも上場している仮想通貨です。また世界1位のバイナンスとも提携しているので、バイナンスでの上場も期待されています。

QASHは何に使えるの?

QASH(キャッシュ)はLIQUIDというプラットフォームで支払いや送金などで使用する仮想通貨(トークン)です。

LIQUIDのプロダクトが完成して、スタンダードになるとQASHは、今のビットコインのような基軸通貨として使用される可能性も秘めています。

既にいくつかの仮想通貨取引所に上場し価値(価格)が付いているので、QASHの売買で利益を出すことも可能です。

QUOINEが支援する他社のICOでも使える!?

QASHの他の使い道として、QUOINE社が支援する他社のICOトークンセールへの参加などにもQASHが使えるようになる予定です。

今後は、イーサリアムやNEOのようにICOで使用される仮想通貨になる可能性も十分にありますね。

今現在は、QUOINE社が支援する他社のICO案件などは決定していないようです。

QASHはBinanceでも上場予定!?

QASHを発行しているQUOINE社は、世界最大級の取引所Binance(バイナンス)とも2017年11月2日にパートナーシップを締結しています。

パートナーシップの締結は、QASHをバイナンスで上場させる布石と考えられます。

バイナンスは世界1位の取引高を誇る取引所なので、バイナンスで、QASHが上場すれば高い流動性を確保することができますね。

バイナンスについては下記の記事で詳しく解説しています。

Binance(バイナンス)のアカウント登録方法(口座開設方法)や使い方を画像付きで解説しています。Binanceの手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しているので参考にしてください。

QASH(キャッシュ)が購入できる取引所

QASHは、国内取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)で売買することが可能です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、取引手数料が無料なので、アカウント登録がまだの方は済ませておきましょう!

Liquid(リキッド)のアカウント口座登録方法や使い方、入金・送金方法・各種手数料や取扱い通貨などを解説しています。話題になっているQUOINEの独自通貨QASH(キャッシュ)の詳細も記載しているので参考にしてください。

海外取引所はHuobiがおすすめ

海外取引所であれば、世界2位のHuobi(フオビー)やBitfinex(ビットフィネックス)でQASHの取扱いがあります。

海外取引所であれば、出来高も高いHuobi(フオビー)がおすすめです。

QASHを購入できる引所一覧

世界最大手の仮想通貨取引所Huobi(フォビー)の口座登録方法を記載します。Huobiへの登録(口座開設)から二段階認証の設定、本人確認まで画像付きで詳しく解説しています。

QASHの価格やチャート

下記がQASHのリアルタイムチャートです。取引所はBITFINEX(ビットフィネックス)でペアはQASH/USDです。デフォルトでは日足になっていますが、時間軸は変更可能です。

QASHの時価総額

下記がQASHのリアルタイム時価総額ランキングと、1QASHあたりの価格(JPY)になります。

LIQUID(リキッド)の概要

LIQUID-リキッド

QASHはLIQUID(リキッド)というプラットフォームで使用される仮想通貨として誕生しました。ここではLIQUIDについて詳しく解説していきますね。

LIQUID(リキッド)は仮想通貨市場の流動性(取引や決済)を集約した単一の取引プラットフォームです。

LIQUIDでは、世界中にある取引所の仮想通貨の注文を「ワールドブック」で単一にして取引ができるようにしようというものです。

LIQUID(リキッド)のプラットフォームでは「ワールドブック」「クロス通貨換算エンジン」「スマート・オーダー・ルーティング」と呼ばれる3つの機能を使って、世界中の取引所に散らばる注文を単一にまとめることが可能とされています。

  1. World Book(ワールドブック)
  2. クロス通貨換算エンジン
  3. スマート・オーダー・ルーティング

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

QUOINE LIQUID ICO公式ページから引用

①ワールドブックとは

QASH-ワールドブック
ワールドブックは世界中の取引をまとめた注文書のようなものです。

仮想通貨の取引所は世界中に存在します。海外ではバイナンスやフオビー、ビットフィネックス、日本でもQUOINEXの他にもビットフライヤーやビットバンクなどのたくさんの取引所がありますよね。

しかし各仮想通貨の価格は各取引所内で別々に売買されるので価格差が生まれているのが現状です。特に小さい取引所や出来高が少ない仮想通貨などは流動性が少なく孤立してしまうことがあります。

そんな取引所の注文内容を全て単一・均一にして、まとめたものが「ワールドブック」です!

②クロス通貨換算エンジンとは

QASH-クロス通貨換算エンジンとは
クロス通貨換算エンジンとは瞬時に為替換算してくれるプログラムです。

取引所は世界中にあるので、使われている法定通貨は円やドル、ウォンやユーロなどで異なりますよね。

日本では日本円(JPY)を使っていますが、アメリカではドル(USD)を使用しています。当然、世界中の注文を一つにまとめようとすると為替の問題が生じてきます。その為替問題をクロス通貨換算エンジンによって解決できるとされています。

クロス通貨換算エンジンによって、世界各国の通貨を自国の通貨に変換してワールドブックに反映させるというイメージです。

③スマート・オーダー・ルーティングとは

QASH-スマート・オーダー・ルーティング
スマート・オーダー・ルーティングとは世界中の注文をマッチングさせるシステムです。

取引高が低く、小さな規模の取引所で売買注文を出してもなかなか約定に至りません。

しかし、世界中の注文をワールドブックで集めているので、世界中に出ている大量の注文と小さな取引所で出されている注文を「スマート・オーダー・ルーティング」でマッチングさせることができます。

スマート・オーダー・ルーティングによって、世界中に散らばる仮想通貨の売買注文をマッチングさせて、最終的にワールドブックに表示させるというイメージです。

LIQUIDとQASHの今後【ロードマップ】

LIQUIDのプラットフォームは2018年Q2(第2四半期)7月~9月頃に本格始動予定となっています。

LIQUIDの中ではQASHが基軸通貨として使用されるので、LIQUIDが成功するとQASHの価値も価格も大きく飛躍すると考えられます。

LIQUIDロードマップ
⇒ LIQUID(リキッド)ホワイトペーパー

QASHについてまとめ

QASHは、LIQUIDプラットフォームで使用される仮想通貨(トークン)です。

いわば、QASHの価値はLIQUIDの成功にかかっているともいえます。

LIQUIDについて振返りまとめLIQUIDは、世界中に散らばる仮想通貨の注文をワールドブックによって一つに集約するという壮大なプロジェクトです。

LIQUID(QASH)のICOでは、3日間で120億円もの資金を調達したことから世界規模での期待度と注目度が分かりますね。

かなり壮大なプロジェクトになるので、実現するのにも大変かもしれませんが、もし仮に世界中の仮想通貨取引がLIQUIDのプラットフォームに集約されて、QASHトークンが基軸通貨となれば、今の価値の数百倍~数千倍になる可能性も十分にあります。

そうなる前に今のうちからQASHに少額でも投資するのも夢がありますね。実際にQUOINEXに上場しているので、ダメだと判断したらすぐに売却することも可能です。

もちろんLIQUIDが本当に成功するかは誰にも分かりません。運営のQUOINE社次第ですが、イチユーザーとしてLIQUIDの成功とQASHの価値が上がることを願っています。

トップへ戻る