仮想通貨を買うなら評判の良い住信SBIネット銀行がおすすめな理由!

国内のほぼ全ての仮想通貨取引所と提携している住信SBIネット銀行についてのメリットを記載しています。仮想通貨(ビットコイン)を買うなら入金手数料が無料で即時反映さらに24時間365日対応している住信SBIネット銀行は口座開設がおすすめです。

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行-仮想通貨

住信SBIネット銀行は「ネット」という言葉があるように、ネットで入金や出金ができるネットの銀行です。インターネットバンキングと呼ばれるものです。

都市銀行でも地方銀行でもネットバンキングのシステムはありますが、住信SBIネット銀行はちょっと違います。

国内の仮想通貨取引所は、住信SBIネット銀行と相性が抜群に良いのです!

なぜ、仮想通貨取引所と相性が良いというと、ほぼ全ての国内取引所と提携している。そして、銀行からの入金手数料が無料になっています。さらに24時間、土日祝365日対応という良いこと尽くめになっているからです。

デメリットは…正直ないです。

普段はどんな記事を書く時も公平に書こうと心がけているので、メリットとデメリットを書いているのですが、デメリットが全く思い浮かびません。

強いて挙げるなら、住信SBIネット銀行の口座開設がめんどくさいというぐらいです。

ただ、どこの銀行口座を作るのも一緒ですし、ネット銀行なので、窓口にいかなくてもネットで口座開設が可能となっています。(通常の銀行口座開設よりもはるかに簡単に開設できます)

銀行の形態も三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資しているので、破綻するということもまず考えにくいです。

おそらく三井住友信託銀行とSBIホールディングスが破綻するときは日本が終わる時です。

住信SBIネット銀行と提携している国内取引所

住信SBIネット銀行と連携している国内の仮想通貨取引所は以下です。

ハイ。そうです。挙げるまでありませんが、コインチェック、ザイフ、ビットフライヤーなどの大手はもちろん、注目の仮想通貨取引所SBIVCとも連携しているので、ほぼ全ての国内取引所と連携しています。

住信SBIネット銀行を使うメリット

住信SBIネット銀行-仮想通貨メリット
上記でも記載しましたが、住信SBIネット銀行を使うデメリットはなくてもメリットは多くあります。

  1. ほぼ全ての仮想通貨取引所と提携している
  2. 取引所への入金手数料が無料
  3. 他行への入金手数料が無料(回数制限付き)
  4. 24時間365日休まず対応
  5. 反映スピードが非常に速い
  6. コンビニATMで引出が可能(手数料無料)
  7. スマホアプリ対応

非常にメリットが多いですね。特に仮想通貨取引所と相性が良いとされる入金手数料が無料と、反映スピードが早いということを下記で説明します。

取引所への入金手数料が無料

仮想通貨やビットコインを買うにはまず仮想通貨取引所に日本円を入金しないといけません。

ほとんどの方が、銀行振り込みで取引所に日本円を入金すると思いますが、ネットバンキングでも振込手数料に324円(※銀行や金額によって異なる)が必要になります。窓口だと最大で864円も振込手数料がかかる場合がります。
仮に振込手数料が324円だとしても10回取引所に日本円を入金すれば3,240円が手数料として消えていきます。かなりもったいないですよね。

これが住信SBIネット銀行を使うと、取引所への入金手数料が無料となっています。

しかもネット銀行なので、スマホからでも入金が可能になっています。

24時間365日対応

さらに通常の銀行なら、ネットバンキングを使っても営業日営業時間を過ぎてからの入金だと反映されるのが、翌営業日になっていまいます。

例:通常の銀行だと金曜日の15時01分に入金すると反映されるのが、翌週の平日月曜日になってしまいます。

もちろん通常の銀行だと年末年始や祝日も通常の銀行だと対応していないので、入金が反映されません。

これだと、乱高下の激しい仮想通貨の相場についていくのが難しいです。買いたくても買えないという場面が多々出てきます。

しかし住信SBIネット銀行は24時間土日祝も年末年始も365日対応しているので、祝日の夜中に緊急な買いの場面が来ても取引所への入金対応が可能です!
※住信SBIネット銀行は年末年始も対応していますが、取引所によっては年末年始は入金対応していない所もあるので、各取引所でご確認ください。

これはホントにありがたいですね。

反映スピードが非常に速い

また住信SBIネット銀行は取引所への反映スピードも非常に早いのが特徴です。

住信SBIネット銀行から取引所へ入金が反映されるのは約2分~5分ほどで確認が取れます。
※これは取引所や混雑状況で変わってきますが、混雑していても約10分ほどで反映されるのを確認しています。

ちなみに通常の銀行からの入金だと、早くても15分~数時間、過去の混雑時には24時間以上かかることもあったようです。

仮想通貨は買うタイミングが数分違うだけで利益の幅が大きく変動します。入金反映スピードが早いのは非常に助かりますね。

住信SBIネット銀行メリットまとめ

住信SBIネット銀行-仮想通貨メリット

他行への振込手数料も無料

住信SBIネット銀行は、仮想通貨取引所以外にも他行への振込手数料も手数料が無料(回数制限付き)となっています。

仮想通貨取引所以外にも、普段から振り込みなどをよく行う方であれば、これは有効利用する以外ないですよね。無駄な出費を大幅に削減できます。

回数制限はランクによって変更するので詳しくは住信SBIネット銀行のページでご確認ください。

コンビニATMで引出が可能

住信SBIネット銀行は、コンビニATMで引き出しが可能となっています。

対応しているコンビニATMは下記。

コンビニATM

  • セブンATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょATM
  • イオンATM
  • イーネットATM
  • ビューアルッテATM

セブンATMやローソン、ゆうちょ等のATMでも引き出しが可能というのは嬉しいポイントです。

しかも引出手数料は全て無料です。

入金手数料や振込手数料が無料でも、引き出し手数料が高く設定されていたら本末転倒です。住信SBIネット銀行はどこまでもユーザーに優しくしてくれますね。

スマホアプリ対応

住信SBIネット銀行はスマホアプリにも対応しています。

iPhoneなどのios端末(App Store)とAndroid端末(GooglePlay)どちらのアプリもあるので、スマホから取引所に簡単に入金することも可能です。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行 
ダウンロードは下記のバナーから

ビットコインを買うなら住信SBIネット銀行で決まり!

ご説明してきた通り、仮想通貨やビットコインを購入するのであれば住信SBIネット銀行の口座開設はもはや必須ともいえると思います。

仮想通貨は一度買って、そのまま長期ホールドしておくだけなら、わざわざ住信SBIネット銀行の口座開設は必要ありませんが、国内の仮想通貨取引所から入出金を何度か繰り返すなら、間違いなく住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行のデメリットはないと前述で記載していますが、住信SBIネット銀行の口座開設には5日から1週間ほどの時間がかかります。

もちろん口座開設に費用はかかりませんが、これから仮想通貨を購入しようと考えているのであれば同時進行で住信SBIネット銀行の口座開設を進めても全く損はないと思います。

私も今までは通常の銀行から取引所に数回にわたって入出金を行っていましたが、時間と手数料の無駄でした。

もっと早く住信SBIネット銀行の存在を知っていれば、無駄な費用を抑えることができたのに…と悔やんでいます。

住信SBIネット銀行は仮想通貨取引所以外にも、様々な場所で有効活用できるので、今後は取引所以外の活用方法なども記事にできたらと考えています。

コメント

  1. ミー ミー より:

    美智子シェラー様

    コメントありがとうございます。
    サイト運営者のミーです。

    >その後売ったお金はどれくらいの時間で住信SBI銀行に入金されますか?

    というのはどれぐらで反映されるか?ということでしょうか。それとも私が入金するタイミングのことでしょうか。

    理解力がなく申し訳ないですm(__)m

    銀行への入金の反映スピードは取引所にもよりますが、取引所が混んでいなければすぐに反映されます。
    また私は取引所には日本円は基本的に預けておりません。通貨を売却したJPYはリスクヘッジのためにすぐに住信SBIネット銀行に移します。

    見当違いの回答になっていたら申し訳ございません。

  2. 美智子シェラー より:

    初心者なので教えて下さい。住信SBI銀行講座を開設、日本円を入金、半分でビットコインを購入Zaifに売ります。その後売ったお金はどれくらいの時間で住信SBI銀行に入金されますか?

  3. ミー ミー より:

    ババコイナー様

    コメントありがとうございます。
    サイト運営者のミーです。

    情報が後手後手で申し訳ございません。
    なるべく早く情報をアップできるように努めさせて頂きます。

  4. ババコイナー より:

    これ昨日まったく同じネタで仮想通貨で1000万の人が記事にしてたわw
    ってか情報が後手後手なんだよねここのブログ…

トップへ戻る