【最新】ドージコイン(DOGE)とは|高騰している理由

ドージコイン(Dogecoin)海外銘柄

ドージコイン(DOGE)の特徴や価格が高騰した過去の出来事やチャートを記載してます。イーロン・マスクの発言で200倍にもなったドージコインですが今後や将来性についても考察しています。

ドージコイン(DOGE)とは

ドージコイン(Dogecoin)

テスラCEOで世界一の富豪としても知られるイーロン・マスク氏のツイートで度々高騰しているドージコインですが、もともとはネットミームであるDOGEの柴犬をモチーフにした仮想通貨です。

ミームとはいわゆる「ネタ」のことで、考案者のビリー・マーカス氏も軽いジョークのつもりで数時間で書いたコードからドージコイン(当初の名称はベル)を完成させました。

ドージコインの価格はリリース日から日本円で1円以下を推移していましたが、2021年に入りゲームストップ株騒動の飛び火からイーロン・マスク氏の支持もあり1年間で約20,400%(205倍)も高騰したことになります。

時価総額のランキングでは一時はリップル(XRP)を抜いて全仮想通貨中の4位にランクインするなど怒涛の勢いを見せているドージコインですが、注意したい点などもあるので詳しく解説していきます。

概要と基本情報

通貨名称Dogecoin(ドージコイン)
シンボルDOGE
リリース2013年12月6日
総発行枚数発行上限なし
アルゴリズムProof of Work(PoW)
考案者Billy Markus / Jackson Palmer
取扱い取引所Binance ※国内取引所はなし
公式サイトhttps://dogecoin.com/

ビットコインが盛り上がり始めた2013年にIBMソフトウェアエンジニアのビリー・マーカス氏とAdobeエンジニアのジャクソン・パーマー氏によってジョークとしてドージコインが作られました。

ドージコインのベースはLuckycoin(ラッキーコイン)で、LuckycoinはLitecoin(ライトコイン)をベースとして作られています。

ライトコインはビットコインをベースとして作られていますが、決済に特化した通貨として作られているので、同じ血統のドージコインも決済に向いている通貨といえますね。

現在は、人気が急上昇していることから様々なところでドージコインの受け入れが行われていますが、主だった開発やアップデートはなく、今後もドージコインの開発が進むということは今のところはなさそうです。

ドージコイン(DOGE)の特徴

ドージコインにはビットコインとは全く異なる以下のような特徴があります。

① ブロック生成時間が1分

ドージコインの特徴はブロック生成時間が1分と短いことです。ビットコインが約10分になるので、単純な計算で考えるとビットコインよりも10倍速く決済ができることになります。

そのことからもドージコインはマイクロペイメント(少額決済)に向いている実用性の高い仮想通貨と言われています。チップや寄付金集めで活躍していたのも納得ですね。

ビットコインのブロック生成時間が10分になっている理由はセキュリティの観点から10分が丁度いい長さだと推奨されたため。

② 発行上限なし

ビットコインは2100万BTCの発行上限がありますが、ドージコインには発行上限がありません。

ビットコインには発行上限が決められているため、1枚あたりの希少性が増し価格が上がりやすい性質を持っています。発行上限が無限のドージコインはインフレの懸念はありますが、価格が安定しやすいといった特徴を持っています。

③ 独自のコミュニティが強い

ドージコインには世界中でファンが多く独自のコミュニティを形成しています。特に米掲示板のReddit(レディット)やツイッターでの投稿が多いのも特徴です。

2021年1月にはRedditの株取引コミュニティのトレーダーがツイッターでドージコインのことを話題にしたことで数時間で10倍以上も価格が跳ね上がりました。

④ 大部分を占めているウォレット

ドージコインの保有率
上位98個のウォレットDOGE占有率
占有率65%
上位5個のウォレットDOGE占有率
占有率40%
上位1個のウォレットDOGE占有率
占有率28%

ドージコインは少数のウォレットが大部分のDOGEを保有しているという注意しなければいけない特徴も持っています。

仮想通貨リスク管理プラットフォームTRM Labsによれば、65%以上のドージコインは98個のウォレットに保管されており、その中でも最も大きなウォレットでは1つのウォレットで全体の28%のドージコインを保有しているとのこと。

また5つのウォレットで全体の40%のドージコインを保有していることに警鐘を鳴らしています。これだけ一部のウォレットに集中していることから、大量の売りからの大暴落も注視しなければいけないポイントでもありますね。

ドージコイン(DOGE)のチャートと歴史

ドージコイン過去のチャート

ドージコイン過去のチャートと歴史
coinmarketcap 2014年~2021年4月
  1. 2018年1月:1.9円
    ビットコイン高騰 仮想通貨バブル
  2. 2018年9月:0.7円
    イーサリアムの接続テスト
  3. 2021年~:40円超え
    ・ゲームストップ株騒動の飛び火
    ・イーロンマスクのツイート

2021年に入ってからの価格上昇が激しすぎて、それ以前は誤差に感じるかもしれませんがドージコイン過去のチャートを見るとDOGEの価格が大きく動いたのは上記の三つ。

2018年1月:1.9円

ドージコインは1円以下を推移していましたが、2018年1月のビットコインが200万円を初めて超えた仮想通貨ブーム時に初めて1円を超えて最高で1.9円まで高騰しました。

2018年9月:0.7円

2018年1月以降はドージコインも0.2円台まで価格を落としましたが、2018年9月のイーサリアムとの接続テストの際に0.7円まで価格を伸ばしました。

2019年~2020年

2019年から2020年はドージコインの価格は大きくは動いていませんが、コインベースのウォレットに追加されたことや、バイナンスに上場、TikTok動画でバズる等々でDOGEの価格も上がりました。

2021年Q1:40円超え

2021年1月にはゲームストップ株騒動がドージコインに飛び火して価格が急騰しました。世界一の富豪としても知られるテスラ創業者のイーロン・マスク氏もドージコインを支持するツイートを繰り返し、その度にドージコインの価格は高騰を繰り返しています。

リアルタイムチャートと時価総額

Binanceにおけるドージコイン(DOGE)/テザー(USDT)のリアルタイムチャートです。

以下がドージコインの現在の時価総額(RANK部分)と現在の実際の価格です

ドージコイン(DOGE)が買える取引所

国内取引所ではドージコイン(DOGE)の取扱いはありません。ドージコインを購入するには海外取引所を利用するしかありません。

DOGE取扱い取引所
  • Binance(バイナンス)
  • Bittrex(ビットトレックス)
  • DogeDEX(ドージデックス)

ここまで注目されているドージコインですが、実はどこの取引所でも取り扱っている通貨ではなく、一部の取引所でしか取扱いがありません。2021年3月にはドージコインに特化した分散型取引所DogeDEXが誕生して話題になっていますが、新しい取引所なので様子を見たいですね。

名実ともに世界一の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)では管理画面が日本語にも対応しているのでおすすめです。スマホアプリでも簡単に通貨の売買や入出金ができますよ。

ドージコイン購入方法手順

DOGE購入方法
  • Step1
    コインチェックでBTCを購入
  • Step2
    BTCをBinanceに送金
  • Step3
    BinanceでBTC建てでドージコインを購入

ドージコイン(DOGE)は日本円では購入することができないので、まずはコインチェック等国内取引所でビットコイン(BTC)を購入してBinanceなどの海外取引所に送金する必要があります。

Binance等の海外取引所ではビットコインでドージコインやその他の通貨を購入することができますよ。

ワンポイント

もちろん送金する通貨はビットコイン(BTC)以外のアルトコインでも問題ありません。リップル(XRP)は出金手数料も安くて、すぐに到着するのでおすすめです。

XRPを購入する際はコインチェックでは販売所形式になりスプレッド(隠れた手数料)がかかるので、ビットバンクビットポイントの取引所形式での購入の方がお得ですよ。

  • BTC購入ならコインチェック
  • XRP購入ならビットバンク
BTC取引所XRP取引所ETH取引所
コインチェック××
ビットバンク
ビットポイント

【まとめ】ドージコイン(DOGE)の将来性

個人的にはイーロン・マスクも半分ジョークでドージコインをあおっているように思えます。一部のコミュニティによって簡単に価格操作されることや、数個のウォレットの占有率が高いことを考えればかなり危険な仮想通貨とも考えられます。

とは言え、投機目的と割り切ってしまえば短期で利益を上げられる可能性も非常に高い通貨とも捉えることができますね。

実際に仮想通貨は有志で動いている部分もあり、コミュニティの力が非常に重要です。そういった面からもコミュニティが強いドージコインのポテンシャルは高いです。

現段階ではドージコインの開発は行われていないようですが、その時代に合ったアップデートやウォレットの分散化が行われれば、より輝きを増した魅力的な仮想通貨になるのではないでしょうか。

まずはコインチェック

coincheckは分かりやすく使いやすさを追求した取引所。

スマホで簡単に仮想通貨を売買することも可能なので初めて投資をする方にもおすすめ!

すぐに取引が出来る取引所

東証一部上場企業グループの運営で安心できるGMOコイン。

GMOコインなら現物取引・レバレッジ取引・積立投資などなど目的にあった取引がきっと見つかる!

海外銘柄通貨
ミーをフォローする
主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました