【2018年最新】日本国内の仮想通貨取引所おすすめ8選!メリットデメリットを理解し使い分けよう!

日本国内仮想通貨取引所

日本国内でも仮想通貨取引所は多く存在し、取引所によってメリットやデメリット、相性のいい通貨がそれぞれあるので、ここでは取引所毎のおすすめ購入通貨など取引所の使い分けについて解説していきます。

日本国内の仮想通貨取引所おすすめ8選

国内でも取引所はたくさんあり、取引所によってメリットもあればデメリットもあります。

はっきりと順位はつけ難いので、今回はランキングではなく「おすすめ取引所8選」で、取引所によっての使い分けについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

完璧な取引所は存在しないので、一つの取引所で通貨を売買をするのではなく、購入する通貨によって相性の良い取引所を使い分けるのがおすすめです。

取引所のランキングは下記の記事から確認できます。

日本国内の金融庁の認可済み仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-DMMビットコイン

ミーはDMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引をするためにアカウントを作ったよ!

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内取引所です。

下落相場の中でも利益を出すことができるレバレッジ取引がXRPやNEMなどのアルトコインでできるのは良いですね。

日本でも大手のDMM.comグループが運営する取引所なので、セキュリティやサーバー、サポート体制の質の高さにも注目です。

メリット

  • 安心の大手企業の運営
  • 注文が集中してもサーバーが落ちない
  • 取引手数料・出金手数料が全て無料
  • 下落相場でもレバレッジ取引で対応できる
デメリット

  • 現物取引がBTCとETHのみ
  • スプレッドが広い時がある
DMM.comのPoint!

  • アルトコインでレバレッジ取引が可能!
  • 下落局面でも利益を出すことが可能!
  • LINEサポートもあり!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint-ビットポイント

ミーはBITPointでイーサリアムを買ったよ!

BITPoint(ビットポイント)は、取引手数料だけではなく通貨の送金手数料も無料なお得な取引所です。私も一番初めに開設して使用した取引所がBITPointでした。

初心者の方には嬉しい電話でのサポートセンターを配置している唯一の取引所でもあります。

メリット

  • 取引手数料・入出金手数料が無料
  • 全てJPY(日本円)で購入できる
  • 電話でのフリーダイヤルでのサポートも有り
  • FX中級者~上級者に好まれているMT4ツールあり
デメリット

  • 取扱い通貨が少ない
  • 板注文が薄い時がある
ビットポイントのPoint!

  • 送金手数料が全て無料!
  • ユーザーの資産も分別管理でしっかり守らてる!
  • FXではお馴染みのMT4のツールあり

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクCC(bitbank.cc)

ミーはリップルの売買にbitbankを利用してるよ!

bitbank(ビットバンク)は運営の対応が良く、運営側の取引所に対する知識や透明性などもあり信頼度の高い取引所です。

また、取引手数料が無料(キャンペーン中)で、安く仮想通貨を買う事ができるということもポイントですね。

メリット

  • 全ての通貨が指値注文できる
  • 手数料無料キャンペーン中
  • 運営の対応が良い
  • セキュリティがしっかりしている
デメリット

  • 板が薄い(時もある)
  • 取扱い通貨が少ない
  • 日本円で買えない通貨がある(LTC)
bitbankのPoint!

  • リップル(XRP)を買うならbitbankに決まり
  • ライトコイン(LTC)が手数料無料で買える
  • 安心の運営体制とセキュリティ

Zaif(ザイフ)

Zaif

ミーはNEMの売買や積立投資にZaifはを利用してるよ!

Zaif(ザイフ)は私が最も利用している取引所です。通貨の売買にも利用していますが、Zaifでは積立投資も活用しています。

乱高下の激しい仮想通貨相場で、リスクを最小限に抑えることができる積立投資は初心者には特におすすめです。

メリット

  • リスクが少ない積立投資ができる唯一の取引所
  • maker手数料が無料
  • 全通貨取引所取引で指値注文が可能
  • 全てJPY(日本円)で購入できる
デメリット

  • 注文が集まるとサーバーが重くなる
  • 運営体制が少し心配
ZaifのPoint!

  • 国内でネム(NEM/XEM)を買うならZaifで決まり!
  • 日本で人気のモナコイン(MONA)も買える!
  • リスクの少ない積立投資がおすすめ! ⇒積立投資の詳細ページへ

GMOコイン

GMOコイン

ミーはGMOコインはスプレットが低い時にFXで使ってるよ!

GMOコインを運営する親会社は、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ」が運営しているので、セキュリティや管理体制の安心感がありますね。

GMOコイン専用のスマホアプリも非常に使いやすい作りになっているのも好評です。

メリット

  • 安心の大手企業の運営
  • 注文が集中してもサーバーが落ちない
  • スマホのアプリが使いやすい
  • アルトコインのレバレッジ取引も開始
デメリット

  • レバレッジ取引のスプレッドが高くなることがある
  • 販売所形式で手数料が高い
GMOコインのPoint!

  • 親会社が東証一部上場企業で安心の経営体制
  • FXでも使いやすい専用アプリが◎

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

ミーはQUOINEXはQASHを買うために口座を開設したよ!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は2016年にシンガポールから2016年に日本に本社を移し、金融庁の仮想通貨交換業者にも登録済みの国内取引所です。

注目の通貨QASH(キャッシュ)が買える唯一の国内取引所です。

メリット

  • 全てJPY(日本円)で購入できる
  • 人気のQASHが買えるのはQUOINEXのみ!
  • クイック入金で24時間365日の入金が可能
デメリット

  • 取扱い通貨が少ない
  • 板注文が薄い時がある
QUOINEXのPoint!

  • 人気のQASHが買えるのはQUOINEXのみ!
  • 今後も取扱い通貨が増えていく予定

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ミーはbitFlyerではBTCの購入やFXを利用してるよ!

bitFlyer(ビットフライヤー)は大手企業から出資を得ている最大手の取引所。セキュリティの高さも世界一に選ばれました。

取引所にとってセキュリティは最も重要なポイントなので、安心して使用できる取引所といえますね。

メリット

  • セキュリティの高さが随一
  • 大手企業が出資している安心の資本体制
  • 全てJPY(日本円)で購入できる
  • FXの取引量も世界一
デメリット

  • アルトコインが販売所形式で手数料が高い
  • 取扱い通貨が少ない
ビットフライヤーのPoint!

  • 人気のリスク(LISK)を日本円で購入可能!
  • ビットコインFXで世界一の取引量を誇るbitFlyer!

coincheck(コインチェック)

coincheck-コインチェック

※現在、コインチェックは新規口座登録とアルトコインの取引を停止しています。

coincheck(コインチェック)は取扱いの通貨が多く、国内ではコインチェックでしか買えない通貨もあります。

またアプリが抜群に使いやすく、各通貨のチャートの確認や、スマホのウィジェットに設定しておくとワンタップで価格や前日比を確認でき便利です。

取引所のアカウントを作成しなくてもアプリは使えるので、ダウンロードしておくだけでもOK。

メリット

  • 国内で最も取扱い通貨が多い
  • 国内ではコインチェックでしか買えない通貨がたくさんある
  • アプリが抜群に使いやすい
デメリット

  • アルトコインが販売所形式で手数料が高い
  • 仮想通貨交換業者ではなく、みなし業者
コインチェックのPoint!

  • アプリが断然使いやすい
  • PC管理画面も見やすく分かりやすい
  • 取扱い通貨が多い
  • コインチェックでしか買えない通貨がある(国内)

取引所まとめ

ケンケン
取引所よって相性の良い通貨があるんだね!
ミー
一つの取引所を利用するんじゃなくて、使い分けることがとっても大事だよ!

各取引所の特徴やメリット、デメリットを理解することで、取引のスタイルの合わせて上手に使い分けて利用できると思います。

分かりやすくポイントをまとめると、積立投資をしたいのか、アルトコインのレバレッジ取引をしたいのか、また現物取引なら手数料の安さを選ぶか、日本円で購入できるところを優先するかで取引所を選ぶ…等々それぞれスタイルがあると思うので、ご自身に合った取引所で仮想通貨の売買をしてみましょう!

購入した通貨は専用ウォレットに

前々から何度もお伝えしていますが、取引所は仮想通貨の売買をするところであって通貨を預けておくところではありません。

専用のハードウェアウォレットに預けておくなど、ご自身でセキュリティ対策をすることが大事です。

機械系が苦手な方はハードウェアウォレットにもちょっと手を出しにくいですが(私も苦手です…)一度やってみると意外と簡単にできました!

ほとんどの方がハードウェアウォレットに通貨を移動するなんて初めての経験かと思いますが大切なことです。

まだ取引所に通貨を預けっぱなしという方は、一度ハードウェアウォレットでの保管を検討してみてはいかがでしょうか(*´﹀`*)

設定方法などは下記の記事で解説しているので参考にしてくださいね。

トップへ戻る