OKExの登録方法と使い方!二段階認証から本人確認(KYC)まで

海外仮想通貨取引所OKExの口座開設方法を画像付きで詳しく記載しています。OKExの取引手数料や二段階認証の設定方法、本人確認書類の提出まで解説しているのでOKExに登録する際は参考にしてください。

OKEx(オーケーイーエックス)とは

OKEX(オーケーイーエックス)

OKEx(オーケーイーエックス)は元々は中国系の取引所ですが現在は香港に拠点を置く世界最大規模の仮想通貨取引所です。

OKExの基本情報

取引所名称OKEx(オーケーイーエックス)
運営会社 Okex Fintech LLC.
取扱い通貨数170種類以上
先物取引有り
取引手数料0.2%(変動有)
日本語対応無し
公式サイトhttps://www.okex.com/

OKExの特徴

OKEx(オーケーイーエックス)はBinanceとHuobiと並ぶ世界三大取引所です。

2018年5月現在では取引高がバイナンスを抜いて世界一の取引所になっています。

取扱い通貨も、170種類以上と数多くの仮想通貨を取り扱っています。

アルトコインでのレバレッジ取引もできるので、中級者から上級者の方も多く使用している取引所ですね。

OKExが取り扱う通貨の中でも、取引所独自通貨のOKBに注目が集まり約1ヵ月という短期間の間で最大6倍以上も価格が高騰しました。

日本語には対応していませんが、本人確認登録(KYC)や身分証の提出がなくても取引が可能なので誰でも簡単に通貨の売買が可能なのも大きなポイントですね。(※出金制限あり)

また、OKExの通貨はコールドウォレット対応で、二段階認証の他に出金時にファンドパスワードを設定できるので強固なセキュリティで管理されてるので安心して取引ができます。

OKExの口座登録方法

まずは、OKExトップページから右上の「Sign Up」をクリックします。

OKEx登録方法


続いてメールアドレスとパスワードを設定します。

OKEx登録方法

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力
  3. パスワードを再入力
  4. Get codeをクリック
  5. 送られてきたコードを入力
  6. Sign Upをクリック

メールアドレスとパスワードを設定したら、④の「Get code」をクリックします。

登録したメールアドレス宛にEメールコードが送られてくるので、このコードを⑤に入力します。

OKEx登録方法

また「Get code」をクリックすると60秒間の時間制限があるので60秒以内に入力するようにしましょう。

最後に利用規約の同意にチェックを入れて「Sign Up」をクリックすると、OKExでのアカウント登録は完了です。

OKExの二段階認証の設定方法

OKExで口座登録が完了したら、まず初めにセキュリティ強化のために二段階認証を設定しておきましょう。

2段階認証に必要なアプリ「Google Authenticator」は下記からダウンロード可能です。

Google Authenticator

Google Authenticator
ダウンロードは下記バナーから

OKEx二段階認証

二段階認証はOKExのホーム画面の右上のAccountのボタンから「Security」ボタンをクリックします。


OKEx二段階認証

Securityの画面から「Google Authenticator」の右端にあるSettingをクリックします。


OKEx二段階認証

  1. Get codeをクリックしてメールを確認する
  2. Eメールコードを入力する
  3. 二段階認証のコードを入力する
  4. Confirmボタンをクリックする

アプリのGoogle AuthenticatorでQRコードを読み込みます。QRコードの横に記載されているシークレット(バックアップ)キーを保存しておきます。

①のGet codeをクリックすると、登録しているメールアドレス当てにEメールコードが送信されるので、このコードを②に入力します。(※60秒の制限時間付き)

続いて、Google Authenticatorで表示されているコードを③に入力すると④のボタンが押せるようになるので、このボタンを押すと2段階認証の設定が完了です。

※注意
資産保護のために、Google Authenticatorを設定してから24時間は引き出しできないようになっています。

2段階認証やGoogle Authenticatorについては下記の記事でまとめていますので合わせて参考にしてくださいね。

仮想通貨の取引所が導入している2段階認証について掲載しています。2段階認証で使用されている「Google Authenticator」の設定方法も解説しています。そもそも2段階認証は必要なのかという疑問やセキュリティの重要性についても記載しています。

OKExのFund Password(ファンドパスワー)設定方法

OKExでは出金や取引の際に二段階認証とは別に、Fund Password(ファンドパスワード)というパスワードを設定できます。

通貨出金の際に必要になるものなので設定しておきましょう。

※必ずログインパスワードとは別の強力なものにしておくのを推奨します。

二段階認証の設定と同じようにOKExのホーム画面の右上のAccountのボタンから「Security」ボタンをクリックします。

OKExファンドパスワード

Securityの画面から「Fund Password」の右端にあるSettingをクリックします。


OKExファンドパスワード

  1. Fund Passwordを入力
  2. Fund Passwordを再入力
  3. 二段階認証のコードを入力
  4. Confirmボタンをクリックする

以上でFund Password(ファンドパスワード)の設定は完了です。

※注意
資産保護のために、Fund Passwordを設定してから24時間は引き出しできないようになっています。

出金時にFund Password(ファンドパスワード)が必要になるので忘れないように保存しておきましょう。

OKExの本人確認登録(KYC)

OKExでは本人確認登録(KYC)を行わなくても通貨の取引が可能です。

しかし、アカウントレベルを上げないと出金制限がかかるので、アカウントレベルを2まで上げておきましょう。

レベル1で2BTCまで、レベル2で100BTCまで出金が可能になります。

アカウントレベルはレベル0~レベル3までありますが、レベル2の本人確認書類の提出までは難なく上げることが可能なので、ここではアカウントレベルを2まで上げる方法を記載しています。

アカウントレベル1に上げる方法

OKEx本人確認KYC

本人確認(KYC)の設定はOKExのホーム画面の右上のAccountのボタンから「Settings」ボタンをクリックします。

左メニューのAccountの中から「Verification」をクリックします。


OKEx本人確認KYC-レベル1

  1. Japanを選択
  2. 苗字をローマ字で入力
  3. 名前をローマ字で入力
  4. パスポートナンバーを入力
  5. Submitをクリック

アカウントレベル1にするには以上の入力のみでOKです。

アカウントレベル2に上げる方法

続いてアカウントレベル2に上げるには、本人情報の入力と本人確認書類の提出が必要です。

OKEx本人確認KYC-アカウントレベル2

  1. 苗字(自動入力済み)
  2. 名前(自動入力済み)
  3. 旧姓(なければ空白)
  4. 生年月日(カレンダーから選択)
  5. 国(自動入力済み)
  6. 漢字での名前(例:山田太郎)
  7. パスポートナンバー(自動入力済み)
  8. 居住国
  9. 郵便番号
  10. 住所

住所はローマ字で入力する必要がありますが、下記の住所変換サイトJuDressを使うと自身の住所をローマ字変換してくれます。

JuDress


OKEx本人確認KYC-アカウントレベル2

  1. パスポートの表面
  2. パスポートと自撮り
  3. 住所確認書類(運転免許証など)

最後に本人確認書類としてパスポートと住所確認書類をアップロードする必要があります。

②のパスポートとの自撮りは、「両方の腕が写っていること」「文字が明確に写っているもの」と注意書きがあるので写真を撮るときは注意しましょう。

③の住所確認書類は、運転免許証の他に、パスポートの住所記載欄、3ヶ月以内に発行された公共料金の明細書などが使用できます。

審査には1日~3日かかるようです。また私はパスポートを持っていませんので、運転免許証で代わりになるか現在OKExに問い合わせ中です。

OKExへの通貨の入出金方法や、取引方法は別途記事にまとめていますので、完成次第記事をアップします。

OKExの手数料

OKExの現物取引手数料は、下記の表のように0.2%~0.02%となっています。

BTCの取引量によって手数料が変化する仕組みですが、600BTC以上の取引量が必要なので、一般投資家からするとクリアできる条件ではないですね。

レベル30日の取引量(BTC)Maker手数料Taker手数料
Lv1600以下0.15%0.2%
Lv2600以上0.14%0.19%
Lv31,200以上0.13%0.18%
Lv42,400以上0.12%0.17%
Lv512,000以上0.11%0.15%
Lv624,000以上0.08%0.11%
Lv760,000以上0.05%0.08%
Lv8120,000以上0.02%0.05%

先物取引

先物取引では、最高で-0.01%手数料になるので売買をすると手数料が貰える仕組みになっていますが、こちらも300,000BTC以上の取引が条件になるので大口投資家や機関投資家専用になりますね。

レベル30日の取引量(BTC)Maker手数料Taker手数料
Lv110,000以下0.03%0.05%
Lv210,000以上0.025%0.045%
Lv320,000以上0.02%0.04%
Lv430,000以上0.015%0.035%
Lv56,0000以上0.01%0.03%
Lv6100,000以上0.005%0.025%
Lv7200,000以上0%0.02%
Lv8300,000以上-0.01%0.02%

OKExまとめ

OKExは5月現在ではバイナンスを抜いて世界一の取引所になっています。

日本語に対応していないのは残念ですが、このブログを参考にしていただければ問題なく口座開設から二段階認証、本人確認まで問題なく進めると思います。

また特に前述でも記載ている独自通貨のOKBが注目を集めているので、今後もまだまだ期待できる取引所です。

取引所独自通貨のOKBとは

OKB
OKBは、2018年3月末にOKExで上場した新しい取引所独自の通貨です。

特徴としては、OKB建てでは仮想通貨取引手数料が無料、さらにOKExが得た手数料収入の50%をOKBホルダーに還元するシステムがあります。

OKBには仮想通貨投資にはない配当(インカムゲイン)があるので、期待値から価格が大きく上昇しています。

配当は毎週金曜日に分売され、保有量や保有期間によって変動しますが、年間の利回りは約15%~20%とかなりの高配当になっています。

取引所が発行する独自通貨では、Binancの独自通貨のBNBは短期間で数百倍に価格が高騰しています。

Huobiの独自通貨THも短い期間で大きく価格を上げていることから取引高が上位の取引所独自通貨にはかなりの将来性があると感じています。

OKBにはBNBやHTにはない配当があるのが大きな強みですね。

ランキングも要チェック!

海外取引所おすすめランキング!手数料も比較してみよう!

海外仮想通貨取引所のランキングを掲載しています。それぞれ取引所の特徴や取引手数料に取扱い通貨の多さなども記載しているので海外取引所を開設する際はぜひ参考にしてくだいさね。
トップへ戻る