SBIVCトレード口座開設でもれなく50XRPプレゼント

ビットコインが急上昇で爆発寸前!3つの重要ポイントでFOMO発動?最新仮想通貨ニュース【6月2日】

6月2日仮想通貨・暗号資産ニュース仮想通貨ニュース

6/2の仮想通貨ニュースはビットコイン1万ドル復活!重要ポイント3つに分けて簡単に解説!証拠金倍率2倍や税制について麻生大臣と音喜多議員がバトル!等々をピックアップしています。

6月2日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

6月2日仮想通貨価格の前日比

ようやく長い道のりを経て、ビットコインが1万ドルに回帰しました。アルトコインも連れ高でほとんどの銘柄が上昇しています。

ビットコイン1万ドル復活

ビットコイン前日比

◆ このニュースのPOINT ◆
  1. 2017年最高値からの重要ライン間近
  2. ハッシュレートの回復 ※3日後に難易度調整
  3. 米国の抗議デモ、米中貿易関係、香港市場などの経済不安

1万ドル(約108万円)に回復したビットコインですが、実はこの後とても重要なラインにさしかかろうとしています。

価格を大きく動かしそうな事柄を3つに分けて簡単に解説していきます。

① 重要ライン間近

ビットコイン重要ライン

それが、2017年末から2019年6月25日の高値を結んだ下落ラインです。

このラインはどの投資家もトレーダーも意識しているので、このラインを上抜けすることができれば、さらに大きく飛躍することができるかもしれません。

またこのラインは、今年最高値とほぼ同じ位置なのでさらに重要性が増します。

② ハッシュレートの回復

ハッシュレート回復

6月5日には半減期後、2度目となる難易度調整が行われます。

難易度調整とはマイニングの難しさを調整する仕組みのこと。

半減期後、マイナーの撤退が相次ぎマイニングの計算力を示すハッシュレートが半減期前よりも低下している状態です。(※直近で若干回復してきている)

ハッシュレートはビットコインネットワークの強さそのものといっても過言ではないので、ハッシュレートが低下するとビットコインの価格や価値も落ちやすくなります。

2度目の難易度調整で今のマイニングの状態を加味した数値に難易度が調整されれば、ハッシュレートの上昇=ビットコイン価格にも良い影響が出る可能性が非常に高いです。

③ 経済不安

ビットコイン上昇の要点

また連日ニュースで取りあげられているように、アメリカでは白人警察官が黒人男性を死亡させてしまったことによる抗議デモが激化、暴徒化した市民が略奪や放火をするなどして経済への不安も広がっています。

さらに米中貿易関係の悪化に加え、香港の金融業界でストライキの動きなど世界情勢は混乱していく一方です。

そんな中で、安全資産とされる金(ゴールド)は買い注文が先行し続伸する展開…金に続くようにビットコインも続伸していますが、、

前述した重要ライン上抜けと難易度調整でハッシュレート高が重なれば、ビットコインにもFOMOが発動するかもしれませんね。

FOMOとは
「fear of missing out」の略語で『取り残されることへの恐怖や恐れ』のこと。ビットコイン価格が急上昇することで自分だけが取り残される感覚になり買いが買いを呼ぶ状況のこと

金額で言ったらその重要ラインはいくらなの?

やっぱり10500ドル(113万円)付近じゃないかな

証拠金や税制について麻生大臣と音喜多議員がバトル

◆ このニュースのPOINT ◆

  • 音喜多議員は証拠金2倍は業界を縮小すると懸念
  • 税制面でも投資家の海外流出を問題視
  • 以前麻生大臣は調査が進まないと答弁していた

日本維新の会の音喜多駿議員が財政金融委員会で仮想通貨のレバレッジや税制について麻生大臣との激論が話題になっています。

以前から仮想通貨のレバレッジ規制や税制(総合課税から分離課税にならないものか)についての議論はされていますが、今回の質疑で一番印象深いのは麻生大臣のこの言葉。。

麻生財務相
麻生大臣
なんとなく『暗号』といわれると名前が怪しげな感じがなきにしもあらずなんで、もうちょっと別の名前を。
ステーブルコインって言ってんだからそういった日本語使ったらどう?ステーブルコインていう名前の方がよほどステーブルに聞こえない?

この発言後には失笑のような声も…完全に麻生大臣の主観的な意見ですね。

仮想通貨という「仮想」のイメージがよくないということで、先月5月1日付けで改正法が執行され「暗号資産」に名称が変更されたばかり…

確かにステーブルコインって響きはスマートですが、英語感が半端ないので、個人的にはもう『デジタル通貨』で良いじゃないかとも思います。

最後に仮想通貨の税制については、「暗号資産の税制を改めるということは一般家庭に暗号資産を勧めるということにつながるから現時点では難しい」と、分離課税にすることについては否定的な考えを示したようですね。

レバレッジを縮小して税金も最大55%据え置きは益々ユーザーが海外に行きそう・・・

レバレッジは2倍にするけど分離課税にするよっていう施策なら納得できるのにね

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました