Zaif(ザイフ)のサーバーダウン(鯖落ち)について問い合わせてみた

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のサーバーがよく落ちる件について直接問い合わせをしてみました。ザイフのサーバーダウンは度々問題視されていますが、Zaifの返答や今回の経緯についての詳細は本文をご確認ください。

Zaif(ザイフ)のサーバーについて

zaif-サーバー
私は現在、仮想通貨取引所は国内外問わず様々なところを使っています。各取引所では一長一短で、良い所と悪いところがあります。

国内の取引所コインチェックでは、たくさんの通貨を取り扱っており、スマホアプリが大変使いやすい反面、アルトコインのスプレッド(手数料のようなもの)が高く設定されています。

ビットフライヤーでは、安心のセキュリティと厚い板注文さらにBTCFXが使いやすい反面、取り扱い通貨が少なく、コインチェックと同じで手数料が高めです。

そして、Zaif(ザイフ)取引所です。Zaifには売買手数料が安いなどたくさんメリットもありますが、皆さんが思われていることを代弁すると「サーバーどうなってんねん!?」という気持ちでいっぱいだと思います。Twitter上でもよく「またザイフ鯖落ち」と比喩されています。

鯖落ちとは
鯖落ちとは「鯖(さば)が落ちる=サーバーが落ちる」という日本語のスラング(隠語)です。

Zaifのメリット・デメリット

zaif-サーバ
取引所Zaif(ザイフ)では、全ての通貨で指値注文ができて売買手数料が安いというメリットがあります。私自身、PCのチャートも見やすいZaif(ザイフ)取引所をよく使っています。

しかしZaifには難点もあり、サーバーがよく落ちたり、アクセスが集まると注文が入りにくい状態によくなります。これって正直致命的ですよね…( ;∀;)

最も稼げる時に注文が入れられないというのは凄まじい機会損失になります。もしくは大きな損失そのものを生み出す可能性があります。

ザイフに関しては、かねがねサーバー強化をうたってはいるものの、やはり急激なアクセスが集まると落ちやすい傾向にあります。

現に先日の11月1日、2日のCMEでビットコイン先物上場の発表があり、ビットコインが急上昇した時もサーバーが落ちていた・注文が通りにくい状態が続いていました。

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でビットコインの先物を2017年中に上場すると発表がありました。これによりビットコイン価格が全世界で高騰!日本でも60万円だったBTC価格が一気に70万円に突入しました。ここではCEMや先物とはというテーマで初心者でも分かるように解説しています。

実際にZaifに問合せしてみる

Zaif取引所は私も実際によく使っているので、ザイフを運営しているテックビューロ社にサーバーについて直接メールで確認しようと思います。ちょっと頭悪い内容ですが、自分の資産を守る上で重要なことなので、ストレートに聞いてみました。

テックビューロ社に直接電話して聞いてみようかなとも思いましたが、たちの悪いユーチューバーの企画みたいになってしまいそうだったので、それはやめました。あくまで、サーバーの改善案や具体的対処法を知りたいだけで、テックビューロ社にクレームや文句を言いたいわけではないので、。

メールを送信した日時は11月2日(木)の18時以降だったので営業時間外になってしましました。3連休なので、返信はおそらく11月6日(月)~になると思います。

▼実際に送信したメール▼

テックビューロ株式会社 Zaif 担当者様

いつもお世話になっております。
御社の運営されているZaif取引所のサーバーに関しての問い合わせです。

Zaif取引所では、アクセスが集まるとページにアクセスできない、または注文が通りにくい状態がよくあります。

御社でもこういった状況を把握されてると思われますが、この件に関しまして御社はどうお考えでしょうか。またサーバー強化等の対策もしていると存じておりますが、『具体的な対策方法』として専門的な用語をなしにしてご返答頂ければ幸いです。

私は国内外問わず様々な取引所を使用していますが、御社のZaif取引所が使いやすく優先的に使わせて頂いております。しかしながら注文したいときに売買ができないのが非常に残念に思います。

大変お忙しいとは思いますがご対応の程よろしくお願い致します。

切なる思いをメールに載せて送信しました。「専門的な用語をなし」というのは私も技術者ではないので、専門的な用語を並べ立てられてうやむやにされたくないという思いからです。また、返信されてきた内容をこのブログに記載するつもりですので、読者の方にも分かりやすいようにしてもらえればありがたいという思いも込めています。

ちょっと意地悪な感じで、めんどくさそうなな奴と思われそうですが、本当に心から適切に対応して頂いて、より良い取引所にして頂きたいという願いもこもっています。←本当ですよw

また、返ってきた内容や返信スピードなども取引所の采配するポイントとなればと思っています。

それでは、また改めまして、実際に、Zaif(ザイフ)から返信メールが返ってきたら追記させて頂きます。

Zaif取引所のサーバー対応について【返答内容】

追記情報

11月7日(火)になりましたが、ザイフさんテックビューロ社からはなんの音沙汰もありません。「Zaifにログインしましたよ」「COMSAで109億円集めたよ」という自動メールは来るのですが、私のメールへの返答は今の所はありません。よっぽどお忙しいのでしょう。。長い目ることにします。

または、メールが届いていない可能性もあるのでよっぽど返答がないようであればもう一度コンタクトを取ってみます。

Zaif取引所から回答が来ました!

追記情報

11月8日(水)の16:53にZaif Exchange サポートセンターからサーバーの件について回答の返信がきました。

以下にZaifからの返信内容をそのままペーストします。

▼実際に返信されて来たメール▼

Zaifサポートセンター (zaif)
11月8日 16:53 JST
いつもご利用いただき有り難うございます。
Zaif Exchange サポートセンターです。

お問い合わせいただいた件につきまして

注文が混雑している際、一時的に下記の【取引は一時的に利用できません】というメッセージを表示するようにいたしました。
メッセージが表示された場合、その注文は通らなかったことになりますが、あくまで一時的なもので、時間をおいて頂ければ再注文が可能です。
今回の改修により、注文が混雑し即座に注文が通らなくなっている場合には、【取引は一時的に利用できません】というメッセージを表示し、一旦入力された注文は受け付けず、キャンセル扱いといたします。

上記のメッセージが表示されている場合、恐れ入りますが少々時間を空けてから、再度お取引いただきますようお願いいたします。

また、これにより注文混雑時に、お客様の認識と乖離した、想定外の金額で約定してしまう可能性が低下するものと考えております。

当事象においては今後も引き続き注視し、快適な取引環境を提供できるよう努めてまいります。

今後ともZaif Exchange をよろしくお願いいたします。

言われて見れば、最近確かに注文が通らなかった時は【取引は一時的に利用できません】というメッセージが表示されていた気がします。

Zaifさんから返信された内容は、直接サーバーの内容には触れてはいませんが、Zaif取引所の指値注文でのトラブルをなるべくなくそうに努めているのが分かりました。

回答いただいた内容は少し模範的な内容でしたが、誠実さは十分に伝わり、嫌な思いはしませんでした(^-^)

返信スピードについて
こちらからメールを送信して、回答が返ってきたのが営業日換算で三日後です。なか二日です。

一瞬、もう無視されてスルーされるのかを思いましたが、おそらく多大な問い合わせメールの中から一件づつ、返信していると考えると、企業の規模からして決して遅くはないと私は思いました。なか二日の3日後の返信は遅いと思われる方も当然おられると思いますが、それは個人差だと思います。

また今回の件に関しては、決して緊急性を要しているわけではないので、問題ないかな…。

結果
Zaif取引所のサーバーの件をメールで問い合わせた結果、営業日換算で3日後に返答があり、誠実さも感じられました。返信内容はちょっとテンプレートかなと思わせるといころもありましたが、「専門的な用語をなし」にしてほしいという要望通りの誰でも分かる内容でした。

Zaif取引所のサーバーに対しては、批判的な意見が非常に多いのが現状です。ただ、私個人は今回直接問い合わせをした結果、嫌な思いもしませんでしたし、しっかり企業として改善をするように努めていると感じました。

私は、今後もZaif取引所を積極的に使おうと思ったので、より良い取引ができるように、さらなる改善を願うばかりです。

追記情報
上記内容で、この記事は終了し、一度は記事をアップしましたが、さらに追記しなくてはいけない情報が出てきました。

上記のようにきれいに〆たと思っていましたが、返信がきた内容をどこかで見た気がすると、Zaifの公式ページを確認すると全く同じ文章が記載されていました。

⇒ 注文混雑時における処理について:Zaifリリースノート(2017/11/06)

完全にテンプレートでした・・・・。これをどう思うかはアナタ次第です。
私は、・・・・( °∀ °c彡)と思いました。。。

トップへ戻る