ビットフライヤーとザイフもBTG対応を発表!ミーの仮想通貨最新ニュース【10月21日】

取引所のビットフライヤーとザイフがビットコインゴールドの対応方法を発表しました。取引所によりBTGをどう取り扱うかは千差万別のようです。

仮想通貨取引所キャンペーン

10月21日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

本日はビットコインが大変なことになっています。一時は70万円台をタッチしたようですね!ビットコインゴールドの力恐るべしです。しかし他のアルトコインは全部ビットコインに力を吸収されて下げ下げです。。私としてはもうちょっと分散してほしいな・・・

仮想通貨日記-10-21

10月21日仮想通貨最新ニュース概要

★10月21日仮想通貨最新ニュース概要★

  • ビットフライヤーがビットコインゴールドへの対応方法を発表
  • ザイフがビットコインゴールドへの対応方法を発表
  • テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表
  • 「ビットコインは暴落する」は必ず的中する!?

bitFlyer(ビットフライヤー)がビットコインゴールドへの対応を発表

取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がビットコインゴールドへの対応を発表しました。ビットフライヤーでは基本的には条件付きでビットコインゴールドを付与するとなっています。またBTGの上場に向けて申請も出すとのことです。この発表で、ビットコインの価格は一時70万円台をタッチし、史上最高値を更新しました。

Bitcoin Gold によるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応
2017年10月25日にBitcoin Gold(以下、「BTG」)によるビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG 分岐」)が予定されています。当社として下記の対応*1を予定しておりますのでお知らせします。

  • 当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。
  • BTG の付与に伴い、BTGの売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始する予定です。
  • BTG 分岐前後においてサービスの停止は予定しておりません。全てのサービスが通常通りご利用いただけます。

詳細は全て下記のページでまとめています。

ビットコインゴールド(BTG)に対応する取引所をまとめています。BTGがもえらえる国内取引所はbitFlyerとcoincheckでその他のザイフやビットバンクはBTGを基本は付与しない方針を発表しています。ここではビットコインゴールドを取り扱う企業を一覧にしていきます。またその他BTGの注意点なども記載しています。

Zaif(ザイフ)がビットコインゴールドへの対応を発表

取引所のZaif(ザイフ)がビットコインゴールドの対応を発表しました。ザイフでは基本的には「現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わない」とした上で、今後、もしビットコインゴールドのセキュリティ等に問題がなければビットコインゴールドの付与を行うとともに、取り扱いも検討するということです。

要は、ビットコインゴールドのセキュリティや安全が確保されBTGに価値が付くものと判断されれば、ユーザーにはきちんとBTGを付与するということです。詳細は下記のザイフの公式ページを参照してください。

⇒ Zaif(ザイフ)のビットコインゴールドの対応について

私の認識がとても甘かったところがあり、Twitterや記事内でもご指摘を頂きましたが、どの取引所もビットコインゴールドを付与するとは発表していない所に注意してください!ビットフライヤーもコインチェックもBTGの対応を発表してますが、条件付きでBTGに対応する可能性があるというものです。詳細は各取引所が発表している公式ページでご確認ください。
ビットコインゴールド(BTG)に対応する取引所をまとめています。BTGがもえらえる国内取引所はbitFlyerとcoincheckでその他のザイフやビットバンクはBTGを基本は付与しない方針を発表しています。ここではビットコインゴールドを取り扱う企業を一覧にしていきます。またその他BTGの注意点なども記載しています。

テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

最近ではあまり話題に挙がってこなくなったCOMSAですが、テックビューロ社からCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画があるとアクションがありました。この発表により一時、ZAIFトークンは一時大きく値を上げる局面を見せました。

ロックアップとは
ロックアップとは、発行済みのトークンの総数のうち、未配布トークンの一部を売却や譲渡できないように何らかの方法で発行者から隔離し、凍結する手法をロックアップもしくはロックインと呼びます。

テックビューロからは以下のような発表がありました。これは簡単かつ簡潔に言うと投資家の保護にあたるものになります。多分・・・ちょっと勉強不足なので今から大急ぎで情報収集(勉強)します!「CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画」については、下記のCOMSAの公式ページを参照してください。

発行済みのZAIFトークン総数の25%と、COMSAのトークンセール終了後に発行予定のCMSトークン総数の33%について、エスクロー契約を用いたロックアップ(隔離)の計画を発表します。また、今後のCOMSA ICO案件においても、同様のロックアップを提案する予定です。

2017年10月20日 テックビューログループ テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表 発行トークンの一部をエスクロー契約を用いて一定の期間隔離へ。 報道関係者各位 テックビューログルー&

日本初のICOプラットフォーム「COMSA」の詳細は下記の記事で解説しています。

ここでは日本のICO案件であるCOMSA(コムサ)トークンについて記載しています。COMSAの登録方法やコムサトークンの買い方、将来性も分析し、COMSAトークンを発行するテックビューロとザイフトークンについても説明してます。

「ビットコインは暴落する」は必ず的中する!?

『「ビットコインは暴落する」は必ず的中する』というタイトルでドキッとしましたが、下記の「みんなの仮想通貨」さんに投稿された記事を読むとなるほどと納得しました。

兼ねてからの疑問として、ビットコインを否定する人は数多くいるのですが、恐らく彼らの誰もがビットコインを空売りしていないことです。

これは間違いなく真理をついています。私も当初は暗号通貨の投資銘柄を選定する際に、「現在は億り人で数ヶ月で資産を何千倍にしました」という人のおすすめ銘柄をよくよく調べもせずに買っていました。全ての銘柄で損を出してしまいました・・・でもその人はまったく悪くはありません。悪いのはその情報を鵜呑みにした私です。

現在は、どんな通貨でも買う前は自分自身で調べて納得した上で買うようにしています。これ当たり前ですけど、ホントに大事です。初心者の方は、特に他の人のポジトークを信じやすいですが、まずは自分自身でしっかりと調べてから通貨を買うようにしましょう。

『「ビットコインは暴落する」は必ず的中する』そして逆を返せば『「ビットコインは暴騰する」も必ず的中する』

保有している仮想通貨一覧

ミーの総資産

ミーのポートフォリオ-3

コイン前日比
ETH-0.85%
FCT-4.14%
ALIS-24.83%
ADA+6.74%
XRP-4.07%
XEM-4.63%

主要なアルトコインはイーサリアムを含めてビットコインの養分になってしまっています。。別にビットコインの価格が上がってくれるのは良いことだけど、これからのハードフォークを終えた後のビットコインが不安だよ~。

私が使用しているポートフォリオ管理アプリである「Cryptofolio」の使い方は下記の記事で紹介しています。もちろん無料で使えます!

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

今日のパンチライン

「三度のメシより好き陰口 SNSじゃ饒舌歌が売り 出来ねぇのは何かのせいにし 捨てきれねぇつまらねぇプライドと恥 棚に上げるの?テメーじゃ何も残せん負け犬にアディオス」by AK-69 / #BOSSLIFE

本日はAK-69さんの「#BOSSLIFE」からリリックをお借りしました。私の好きなニシノカズ@nishinokazuさんについてSNSで、文句を言っている人を思い浮かべてこのリリックが飛び込んできました。

もちろん好き嫌いは誰でもありますが、ニシノカズさんは顔出しでオリジナルのキャラを作ってとても楽しい表現方法で貴重な情報を発信しておられます!そんなニシノカズさんを棚に上げて自分では顔出しもできず陰口を叩くだけの心が狭いヘイターにささげたいです!ニシノカズさんを好きな方は皆さん分かっていると思いますが、「能ある鷹は爪を隠す」ですw

それではまた明日!

トップへ戻る