BTC下落原因はコインマーケットキャップで韓国市場データ除外!?ミーの仮想通貨最新ニュース【1月9日】

1月9日仮想通貨最新ニュース

1/9はビットコイン価格が下落してすぐに反発して価格を戻しました。本日の仮想通貨ニュースはBTC下落の原因はコインマーケットキャップ!?テレグラムが仮想通貨史上最大のICO実施!?BCHのハードフォークでBitcoin Candy誕生!?等々をピックアップしています。私の仮想通貨資産は前日比から-2.0%です。

スポンサーリンク

1月9日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!昨日は全てのアルトコインを巻き込んだBTCの下落で一時は真っ赤(前日比全マイナス)になっていましたが、今は通常運転に戻ってきているようです!

仮想通貨価格-前日比-1月9日

ケンケン
昨日の夜のBTC価格の下落はびっくりしたね
ミー
うん!でもビットコインに悪材料があったわけじゃなかったからすぐに価格は戻ったよ
ケンケン
なにがあったの?
ミー
下記のニュースで紹介していくね
★1月9日仮想通貨最新ニュース概要★

  • ビットコインが一時暴落!すぐに反発!
  • BTC下落の原因はコインマーケットキャップ!?
  • テレグラムが仮想通貨史上最大のICO実施!?
  • BCHのハードフォークでBitcoin Candy誕生!?
  • 中国でマイニング規制!?
  • 押収したBTCをアメリカ政府が売却!?
  • マカフィー砲は既に過去の産物

ビットコインが一時暴落!すぐに反発!

BTCビットコインチャート

昨夜、ビットコインの価格が突如として下落する一面がありました。

ビットコイン価格下落とともにその他のアルトコインも同じように10%~20%の価格を崩していました。

しかし、その後は物の数十分で価格はVの字回復をするかのように元に戻りました!ビットコイン価格がが突如下落した理由は、コインマーケットキャップといわれてます。

BTC下落の原因はコインマーケットキャップ!?

仮想通貨価格情報サイトでは世界一有名と言っても過言ではない「Coin Market cap(コインマーケットキャプ)」の指標に韓国の価格市場のデータを除外したのが、昨夜のBTC価格下落の原因とされています。

韓国では仮想通貨ブームにより、他国よりも大幅に仮想通貨の価格が高い傾向にあるために正常な平均値を取れないと判断したために、韓国市場のデータを除外したようです。

これにより、通貨の平均値がさがり、投資家の不安を煽る結果となりました。慌てた投資家の狼狽売りが殺到したために一時的に価格が下落したものと考えられます。

下落の原因がビットコインや仮想通貨の悪材料ではないと分かると、価格はすぐにVの字回復を見せました。

どの通貨のチャートを確認しても綺麗なV字をしています。私も何が起こったのが理解できないまま、あっという間に価格は元に戻っていました!

テレグラムが仮想通貨史上最大のICO実施!?

世界で2億人以上が利用するチャットアプリ「テレグラム」が仮想通貨史上最大のICOを行うということで話題を呼んでいます。

現時点でトークン全体の評価額は3000~5500億円になり、ICOの規模も有史以来最大になっています。

世界中で使用されている有名チャットアプリのICOになるので、一流の投資機関や大手のIT企業も興味を持っているとのことです。

ホワイトペーパーはまだ未公開で、ICOはイーサリアムベースで予定されてるとのことです。一般向けのICOは3月頃の予定なので、時期が近づいてくるとより詳しい詳細も判明すると思われるので、このテレグラムのICOには私も注視しておこうと思います!

BCHのハードフォークでBitcoin Candy誕生!?

ビットコインキャッシュからハードフォークした新しい通貨が誕生するようです。フォークの予定は1月13日「Bitcoin Candy」(ビットコインキャンディ)というものらしいですが…非常に怪しいです。

Bitcoin Candy公式サイトでは、OKEXやBinance取引所のバナーが貼られていましたが、取引所が対応するかは不明です。リプレイアタックなどの対応も不明。。

今の所はあまり相手にしない方が良さそうです。また公式サイトでは、1/9時点ではサイトにSSL認証(サイトの保護)もされてないので確認しに行く必要すらないかもしれません。。

⇒ Bitcoin Candy公式サイト

中国でマイニング規制!?

先日から何度か取り上げてきた中国のマイニング規制の話の続報です。

これといって、あれから目新しい情報は入ってきていませんが、中国政府は、やはりマイニングの電力量の消費規制を行う計画を立てているとのこと。

マイニング大国の中国で、この電力規制が入ったことでの仮想通貨への影響は今はまだ未知数です。本当に中国政府がマイニングを規制するのであれば、今でも送金詰まりや送金遅延が問題視されているビットコインにさらなる追い打ちになるのでは…と、少しばかり不安を覚えます。

押収したBTCをアメリカ政府が売却!?

アメリカのダークマーケットで使用されたBTCが押収され、そのBTCが売却されることが承認されました。

押収されたBTC並びBCHは、日本円に換算すると約11億円相当になります。これを数週間以内に売却されるということですが、現在の時価総額から考えても市場に影響することはなさそうです。

今回ニュースとして取り上げたのはそういった金額の問題ではなく、今後もダークマーケットなどに仮想通貨が悪用される恐れがあるということです。

国や政府が仮想通貨、特に匿名性の高い通貨に関してはこういった問題点をどう乗り切るかが今後の課題になりそうです。

マカフィー砲は既に過去の産物

昨夜、何かとお騒がせのマカフィー砲が放たれました。セキュリティソフトの創業者で投資家のジョン・マカフィーが1週間に一度、自身がおすすめする通貨を紹介するというものです。

ジョンマカフィーに紹介された通貨は、価格が暴騰する傾向にありましたが、先日自身のTwitterを何者かに乗っ取られたと発表してからマカフィー砲の威力はほぼ皆無となっています。

本日のマカフィー砲は「Dogecoin 」(DOGE)でした。。どうやら不発弾に終わっているので、今後はもうあんまり話題にはならないかな。

保有している仮想通貨一覧

ポートフォリオは変化無し。XRPの価格がジリジリと下がってきているのが気になりますが、長期で考えるとまだまだ大丈夫でしょう!!ここから半分になってもまだ150円です。ゆっくりと上がっていくことに期待しています(*ノω・*)

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-1月9日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP300-6.9%
ビットコインキャッシュBCC30.4万-1.3%
アリスALIS154.8+14.7%
イーサリアムETH15.4万+4.11%
リスクLSK3921-1.4%
ネオ/ニオNEO1.5万+20.5%
モナコインMONA1193+22.0%
仮想通貨総資産平均合計-2.0%

現在私が所有している通貨では、イーサリアムとNEOが強いですね。ALISも着実に伸びてきています。

現在所有していないNEMは、昨日の下落時にZaifで買いの注文ボタンを連打していましたが、一向に買いが入らず、注文が入った時にはすでに価格が戻っていました。。またXEMを買えなかった…(泣)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ1月9日

Binance(バイナンス)の新規アカウント口座開設が毎日限定的ですが、行えるようになっています。ただし、新規アカウント口座開設には毎日店員数が決まっているようです(・ω・`)

私は現在アカウント凍結中の為、バイナンス銘柄は強制ガチホになっております。。

昨日と今日は、バイナンスのアカウントロック解除にほとんどの時間を費やしてしまっています。かなり多くの方が同じ悩みをもっているようで、私のところにもDMが殺到しております(゚◇゚///)

しかし、復旧に向けて前には進んでいるような気がします!本日は、昨日無事にアカウントロック解除ができた100億円PLAYERさんに直接サポート頂きました。

現在、試行錯誤している方法も随時、記事を更新していきます!

⇒ Binance(バイナンス)でアカウントロックされた理由!解除方法は!?

日本語対応している海外取引所バイナンスのアカウント登録方法や使い方を解説しています。Binanceの取扱い通貨一覧・手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しています。バイナンスは中国の仮想通貨取引所なので、気になる閉鎖や規制のBinance最新ニュースも記載しています。
私が使用しているポートフォリオ管理アプリである「Cryptofolio」の使い方は下記の記事で紹介しています。もちろん無料で使えます(◍•ᴗ•◍)

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

それではまた明日☆

トップへ戻る