コインベースが証券ディーラー買収承認を否定!?ミーの仮想通貨最新ニュース【7月19日】

7月19日仮想通貨最新ニュース

7/19本日の仮想通貨ニュースはコインベースが証券ディーラー買収承認を否定!?ビットコインと金のETF承認後のチャートが類似?ステラ(XLM)がシャリーア適合認証を取得!Zaifでチャート上のバグ発生!?IBMが米ドル連動の仮想通貨を開発!?等々をピックアップしています。

7月19日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!昨日まで絶好調でしたが、本日は少し下げてしまいましたね。ビットコインよりアルトコインの下落率が目立ちますね。

仮想通貨価格-前日比-7月19日

ZaifでBTCが20万円になるバグがあったの??
表示上の不具合だったようだね…!

コインベースが証券ディーラー買収承認を否定!?

7月17日に取りあげたニュースで、米大手取引所のコインベースが証券ディーラー3社を買収し、SEC(米国証券取引委員会)とFINRA(金融業規制機構)にも認定済みということがブルームバークの報道で分かったとお伝えしていました。

ところが、コインベースはSECが買収を承認したというのは「正しくない」と発言していることがブルームバーグの報道で分かりました。

えぇ…(゚Д゚ノ)ノ

コインベースの証券ディーラー買収を承認されたことにより、証券とみなされているトークンの取引が可能になるという流れでしたよね。

これは市場でもかなりのグッドニュースとなり、ここ数日のビットコインの上昇の理由の一つとしてもブログに記載していました。

しかも承認も否定もどちらもブルームバーグの報道ですね…んー・・・なんか振り回されている。。

裏で何かが動いているとも考えられるのでしょうか。

コインベース公式からのはっきりとした発表がないので現時点では真相は不明です。

このニュースは仮想通貨市場にとても良いムードを運んできてくれていたので残念ですね。。

あわせて読みたい

ビットコイン(BTC)価格が高騰した5つの理由!7月18日

7月18日にビットコイン価格が大きく上昇しました。BTC高騰にはG20の金融安定理事会の発言やマスターカードの特許申請など大きく分けて5つの理由があると分析しています。BTC価格上昇に関わったと思われる原因のニュースをまとめているので参考にしてください。

ビットコインと金のETF承認後のチャートが類似?

ビットコインと金のETF承認後のチャートが類似していると話題になっていました。

2003年に金のETFが初めて上場されてから、上昇下落を繰り返しながらも2012年頃までは上昇しているようですね。(2013年頃からは下落しているようですが…)

この類似したチャートだけを見ると、ビットコインETFが承認されると金のETFが承認された時のように上昇するのではないかと期待もできますね(´∀`)

ビットコインETFの承認の可否判断は遅くとも9月24日までには出されるので、大注目です!!

ナスダックのチャートも類似??

以前からナスダックのチャートもBTCのチャートに非常に類似していると話題になっていますよね!

ナスダックはバブルが崩壊後、高値の更新に15年もの歳月がかかりましたが、ビットコイン相場はナスダックの15倍のスピードで成長しているという仮説もあります。

やはり1年ぐらいのスパン(12月から1月にかけて)高値を更新できるのか…と淡い期待をしています。。

興味のある方はナスダックの2000年頃のチャートをチェックしてみてくださいね(*ノωノ)

ステラ(XLM)がシャリーア適合認証を取得!

こちらは昨日のニュースですが、ステラ(XLM)の運営のステラ・デベロップメント・ファンデーションは、決済や資産のトークン化として初のシャリーア適合認証を取得したと発表がありました。

シャリーアとはイスラム世界独自の法律のことですね。

シャリーア・レビュー局がステラを調査し、技術の属性と応用を評価することで、ステラがシャリーアに適合するものだと承認されたようです。

このイスラムの法律の適合認証を取得したことによって、イスラム地域でステラ(XLM)の技術が導入されることが可能となったということです!

今後は東南アジアや中東のイスラム金融機関と連携することが可能となり、ステラのネットワークが拡大しますね(´∀`)

そして、このニュースを受けたステラ(XLM)の価格は、仮想通貨市場全体の価格上昇も重なり、一時は約30%を超える上昇をみせました!

先日は、Coinbase(コインベース)で、ステラの取扱いを検討していると発表もありましたね。

時価総額も高い通貨なので、ますます注目されること間違いなし!!今後の展開も期待していきたいですね♪

あわせて読みたい

海外取引所おすすめランキング!手数料も比較してみよう!

海外仮想通貨取引所のランキングを掲載しています。それぞれ取引所の特徴や取引手数料に取扱い通貨の多さなども記載しているので海外取引所を開設する際はぜひ参考にしてくだいさね。

Zaifでチャート上のバグ発生!?

2018-07-19ザイフチャート

本日7月19日14時頃にZaifでビットコイン価格が20万円を付けるバグが発生したようです。

Zaifだけビットコインの価格が急落したので、一時は騒然となっていましたが、その後Zaif公式よりお知らせがあり表示上の不都合であったとツイートで報告がありました。

実際に取引は行われていなかったようですね。

ユーザーの取引には影響がなかったものの、Zaifでは度々こういったチャートのバグが起こる印象です。。

やはり取引所にこのようなバグやシステム障害があるのは利用するのも不安になってしまいますよね。

Zaifを運営するテックビューロは現在、金融庁から業務改善命令を受けています。

管理システムの強化など改善すべき点をしっかりと改善することに力を入れていただき、より良い取引所になっていただきたいと願います!

仮想通貨を安全に保管したい方必見!

IBMが米ドル連動の仮想通貨を開発!?

アメリカのコンピュータ関連企業のIBMが、米ドルと連動した仮想通貨を発行することを発表しました。

米フィンテック企業のStronghold(ストロングホールド)と提携し、「Stronghold USD(ストロングホールドUSD)」という仮想通貨を発行するとのこと。

数ヶ月以内には利用可能になるようですね。

また、IBMとパートナーシップを結んでいるステラのブロックチェーン上で「Stronghold USD」のテスト発行が実施されています。

実証実験などを行い、銀行などの金融機関や企業にどのように役に立つのかを見極めていくようです!

最近は法定通貨と連動のステーブルコインの発行のニュースも多いですね(*ノωノ)

仮想通貨の管轄はSEC?それともCFTC?

米議会で開かれた公聴会で仮想通貨は証券にあたるのか、また管轄は米証券委員会(SEC)になるのか米商品先物取引委員会(CFTC)になるのかの議論が行われていたようです。

結局、結論は出なかったようですが、SECの管轄だから、CFTCの管轄だからどうなるというのもよく分かりません。。

仮想通貨が証券にあたるとされた場合は、現状の取引所では取り扱いが不可になり流動性が低くなる恐れがある反面、証券会社を通して大口や機関投資家が参入しやすくなると考えられます。

私は仮想通貨はどのカテゴライズにも当てはまらない新しいジャンルだと思います!

既存の規制や枠組みに無理やりはめ込む必要はないと考えているので、柔軟に対応していただきたいと思っとります(`・ω・´)b

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-7月19日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP54.9-4.8%
ビットコインキャッシュBCC9.3万-4.2%
イーサリアムETH5.4万-2.9%
フオビートークンHT399-1.6%
ネムXEM21.3-2.5%
アリスALIS10.1-3.5%
ネオNEO4213-4.2%
リスクLSK627-6.1%
モナコインMONA264-1.4%
仮想通貨総資産平均合計-4.2%

本日は全体的に下げ目線ですね。

やはりBTCよりもアルトコインのほうが上げる時も下げる時も比率が高いように感じます。

かなり短いスパンで上がり下がりを繰り返しているので、しっかりと利確と損切りを行うことができればこの短期間でもアルトトレードで十分に利益は取れると確信しました(๑ÒωÓ๑)

相場では損小利大(損を小さく利益を大きく)といわれていますが、私は損小利小で利益を取っています。

トレードスタイルは人それぞれ違います。

自分に合ったスタイルや、その時の相場に合った臨機応変なトレード方法を見つけることが大事だと感じます!

それではまた明日☆

トップへ戻る