昨夜のビットコイン大暴落の振り返り!反省点と改善点!ミーの仮想通貨最新ニュース【12月23日】

12月23日仮想通貨最新ニュース

12/23は昨日のビットコイン大暴落について振り返っています。本日の仮想通貨ニュースは送金はBTCではなくXRPにすべし!チャットアプリ上で仮想通貨を送ることができる!仮想通貨利益の原資回収でも課税対象?Zaif×かまいたちCMの新作配信!等々をピックアップしています。私の仮想通貨資産は前日比から+1.64%です。

12月23日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!昨日の大暴落から一夜明けて市場は冷静を取り戻したようです。と、とにかく昨夜はすごい大暴落でした。

仮想通貨価格-前日比-12月23日

ケンケン
昨日はビットコインが一時130万円台まで下がったんだね
ミー
そこからビットコインの回復もまたすごいね
ケンケン
今日の仮想通貨ニュースは昨日の大暴落の振り返りがメインだね!
★12月23日仮想通貨最新ニュース概要★

  • 昨夜のビットコイン大暴落について
  • 送金はBTCではなくXRPにすべし!!
  • チャットアプリ上で仮想通貨を送ることができる!?
  • ベラシールは仮想通貨が非課税!?
  • 仮想通貨利益の原資回収でも課税対象!?
  • 「Zaif×かまいたち」CMの新作配信
  • OKExでネム(NEM/XEM)が取り扱い決定!

昨夜のビットコイン大暴落について

昨日は↓地獄の釜の蓋が開いたかと思いました(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

OKExでネム(NEM/XEM)が取り扱い決定!

昨日は9月の中国ショック以来の大暴落がきましたね。目ん玉が飛び出して、未だに目ん玉を探していますw

仮想通貨では、今年に入って大きな大暴落が2回起こっています。(今回で3回目)

1回目は5月のハードフォーク問題、2回目は9月の中国ショック、そして今回の3回目がliqui取引所でのビットコインハッキング事件がトリガーになったといわれています。

liqui取引所のハッキングは昨日の記事で記載しているので ⇒ 「12月22日仮想通貨日記」 でご確認ください。

大暴落時はチャンスである!

昨日、ビットコインが安値で130万円台まで下がりましたが、一夜開けて現在は170万円台から180万円台に回復しています。半値戻しといわれるやつですね。

パニックになって狼狽売りせずに、底値で拾えた方は1日で40%近い利益を出しています。私はチャートを読むのが下手くそですが、9月の中国ショックを経験していたので、必ず戻ってくるという謎の根拠がありました。

私の謎の根拠はコチラ
5月や9月の大暴落時には、ビットコインがもしかすると無価値なものになるかもしれないという明確な理由がありました。
しかし今回は、そういった大きな問題ではなくもっと外側の外的要因からの下げだったこと。さらに、そこで追い打ちをかけるように機関投資家やヘッジファンドの大きな力(売り崩し等)が働いている予感がしました。現時点でビットコインが無価値なものになるわけではないので、必ず前の大暴落時よりも早い段階で価格が戻ると思いました。

とまぁ、、後からだとなんとでも偉そうなことは言えますw

しかし昨日の大暴落を利用して、BCHの枚数を微量ながら増やすことに成功しました!本日になりVerge(XVG)が大暴騰しているので、全てのXVGを昨日の時点で売却したのはミスでしたが、それも「たられば」なので、また下がったときに買い戻すつもりです。この経験を次に活かします!

皆さんはどう立ち回りましたか!?出川さんのテレビCMで今月になって、仮想通貨を初めて買ったという方は大きな衝撃だったと思います。しかし、どんな経験も次に活かせると思います。

次はどう動くのか、前はこう動いたから今回はこのように動くんじゃないか?前の動きとは違うから今回は違う動きをするんじゃないか?という風にご自身で考えて実際に動くことが大事ですね!
  

暴落時に買い増し用のJPYを残しておく

もう一つ、大暴落時に感じたことを記載すると、JPYの余剰資金を少しばかり残しておくというのも大事だと改めて思いました。

今回のようなチャンスとも言える大暴落が来ても、仮想通貨を買う資金を別途残しておかないと、底値と分かっていても買うことができません。

チャンスをみすみす逃すことになるので、少なくてもいいのでJPYの余剰資金をポートフォリオに入れておくことの必要性を感じました!

私は千載一遇のチャンスだと思って、以前から欲しかった、モナコイン(MONA)と、買い戻したかったネム(NEM/XEM)に指値注文を入れました。

残念ながら取引所のサーバーがダウンしていて底値では買えませんでしたが、モナコインを少しばかり購入することができました。ネムは指さりませんでした。

結果は、微量のモナコインを底から少し戻った金額で購入できただけでしたが、それでも利益を出すことができました。

以上のことからも、やはり余剰資金のJPYの大切さを知りました。

国内3大取引所がすべて「鯖落ち」!バイナンス強し!

上記でも記載しましたが、昨日の大暴落で取引所はアクセスが増えすぎて、国内3大取引所全てのサーバーが一時ダウンしていました。

そんな状況の中でもbitbank.cc(ビットバンクCC)は、売買注文ができたようです。(絶対数のアクセスが違うということも考えられますが…)

こういった時にはやはり海外取引所が強いです。(※ただし日本円への利確はできません)

世界ナンバー1の海外取引所Binance(バイナンス)では通常に取引ができたので、バイナンスの口座開設だけでもしておくことをおすすめします!

Binance(バイナンス)のアカウント登録方法(口座開設方法)や使い方を画像付きで解説しています。Binanceの手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しているので参考にしてください。

送金はBTCではなくXRPにすべし!!

ビットコイン送金詰まり

昨日の記事でも全く同じことを記載しているので重複する部分がありますが、現在ビットコインは凄まじい送金詰まりを起こしています。

送金詰まりとは送金遅延です。BTCを送金してから着金するまで70時間以上もかかっているという方が多いようです。

正直、小回りを利かすためには1時間も送金に時間がかかると利益を出すどころか大きな損失を出しかねません。

私は、海外取引所から国内取引所に送金をする場合はビットコインを送るのではなく、ビットコインからリップル(XRP)に変えてXRPを日本の取引所に送金します。

かかる時間は数秒~数分です。

ビットコイン(BTC)送金時間 → 1時間~3日以上
リップル(XRP)送金時間 → 数秒~数分

完全にどちらが効率的か明白ですね。手数料諸々を差し引いても一度BTCをXRPにしてから送金するほうがいいですね。

仮想通貨Rippleリップル(XRP)について記載しています。リップルの特徴やリップルの将来性について、さらにXRPの価格が分かるリアルタイムチャートやリップルが買える取引所の紹介、リップルに関する最新情報も記載しています。

バイナンスとビットバンクの相性が◎

上記ではBTCをXRPにして国内取引所に送金すると記載しました。国内取引所で一番に思い浮かぶのはコインチェックだと思いますが、コインチェックは、アルトコインが販売所形式になるので売買手数料が高いです。

その他の取引所でも手数料が高いか、XRPを取扱っていません。bitbank.cc(ビットバンクCC)では、XRPを板上の指値注文ができるのと売買手数料が実質0%です。

このことからもBinance(バイナンス)でアルトコインを売買して利確したい場合はBTCからXRPにして、XRPをビットバンクに送るという流れが一番早くて効率的です。

仮想通貨取引所のビットバンクCC(bitbank.cc)のアカウント登録方法を記載しています。ビットバンクCCの評判や特徴に取り扱っている仮想通貨一覧と各種手数料も一覧にしているので参考にしてください。リップル(XRP)を取引するならビットバンクCCが断然おすすめです。

チャットアプリ上で仮想通貨を送ることができる!?

2億人が使用しているといわれているチャットアプリ「テレグラム」が独自ブロックチェーンとプラットフォームを2018年にリリースするようです。

このプラットフォームでは、チャットアプリ上で仮想通貨を送金することが可能になるようで、これが実現すれば仮想通貨送金システムの新たなスタンダードになるかもしれません!

ベラシールは仮想通貨が非課税!?

ヨーロッパにあるベラルーシという国では仮想通貨の取引やマイニング、ICOなど全てが非課税のようです。

こ、これは…。。。

規制、規制、規制、と各国が仮想通貨を規制する中でなんとも寛大な処置でしょうか( ゚Д゚)日本でも仮想通貨で得た利益は雑所得で最も高い税率が課せららます。

ただし、日本も仮想通貨を完全拒否しているわけではないので緊急処置ということで、雑所得になったようです。

今後は税制面なども緩和をしていただけることを願うばかりです。

ビットコインなど仮想通貨の取引に税金の課税について2017年9月6日に国税庁のタックスアンサーから利益分は「雑所得」と発表がありました。私自身、詳しく知っておく必要があると感じいろいろと調べてみたり税務署へ問い合わせをしてみました。

仮想通貨の原資回収でも課税対象!?

私も超勘違いしていました。原子回収は無課税だと思っていました( ゚Д゚)マジか…

端的に要約すると、100万円の原資が仮想通貨で10倍になって1000万円になって、そこから1/10の原資である100万円を抜いても、100万が10倍になっているので、100-10の90万円が利益になり確定申告が必要になると・・・

まぁよく分からないので、詳しいことは税理士さんにちゃんと報酬をお支払いして教えてもらいましょう。

今は、税務署や国税庁が仮想通貨億万長者を狙っているとよく聞くので、たくさん利益を出されている方はしっかりと納税するしかないですね。うん(;^ω^)

税金面に関しては、専門家や税理士ではないと詳しく指南してはいけないと決まっているので、ご質問はお答えかねますm(__)m

「Zaif×かまいたち」CMの新作配信

「Zaif×かまいたち」の新作CMが配信されいました。

Zaifにやらされてるww

「ワイフ」、いや違う、「ザイフ」は、私もメインで使っている取引所です。ビットコイン取引手数がマイナス手数料、さらに小額から始められるコイン積立が魅力的です。

ビットコイン以外でも国内で人気のNEMやMONAを買うなら、絶対にザイフがおすすめです。

※ただしZaifの注意点もあり!
現在は、新規口座開設者が殺到しているため本人確認に時間がかかっているようです。
アクセスが集中した時はサーバーが落ちやすい。昨日も落ちてました。(普段からよく利用している私はもう慣れっこですw)
仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)のアカウント作成方法(登録方法)の詳細を記載しています。またzaifの特徴や各種手数料の比較や免許証などでの本人確認の詳細や、zaifで取扱いしている仮想通貨の一覧も掲載しています。zaifの一番の特徴はネムXEMとモナコインMONAが買える取引所ということです。

OKExでネム(NEM/XEM)が取り扱い決定!

中国の三大取引所のOKExで12月25日からネム(NEM/XEM)が上場するようです。

でもこの↑人、前にも見たことあるなぁ~…。確かネムが中国チャットアプリのWechatと連携するって広めた人だったような…違ったかな。。人違いだったらゴメンナサイ。(ちょっと私も曖昧です。ホントはよく知りません。)

ネムの上場は、OKExの公式からも声明が出てるから間違いないとは思いますが、皆さんもしっかり一次ソースを確認するようにしましょう!

⇒ OKEx公式ページへ

仮想通貨ネム(NEM/NEM)の将来性や最新のニュースを記載しています。ゼム(XEM)を購入できる取引所やネムのチャート、ネムとCOMSA(コムサ)の関係にカタパルトの詳細まで分かりやすく記載しています。

保有している仮想通貨一覧

ポートフォリオ整理できました。昨晩、新しくモナコインが少量ですが仲間入りしました!XVGからXRPにしてJPYに利確しようと思ったんですが、XRPが下がってきてたので、そのままJPYに利確せずにXRPを保有枚数を増やしました。また調整していきます!

仮想通貨ポートフォリオ

仮想通貨日記-ポートフォリオ-12月23日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
ビットコインキャッシュBCC33.72万+5.97%
リップルXRP124.719-1.8%
イーサリアムETH8.45万-0.62%
アリスALIS67.026-5.7%
ネオ/ニオNEO7455+4.83%
モナコインMONA1310-9.63%
仮想通貨総資産平均合計+1.64%

昨晩の暴落時に一旦半分のビットコインキャッシュを売却して、下がったところで買い戻すことができたので、少しばかりBCHの枚数が増えました☆

また、モナコインを微量ながら購入することができたのがとても嬉しいです。やっぱりコミュニティが活発な通貨は強いですね。バージはまた価格が下がったら買い戻したいなぁ。。

私が使用しているポートフォリオ管理アプリである「Cryptofolio」の使い方は下記の記事で紹介しています。もちろん無料で使えます(◍•ᴗ•◍)

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

それではまた明日☆

トップへ戻る