コインチェック一部サービス再開|財務省が税金逃れの対策強化!ミーの仮想通貨最新ニュース【10月30日】

10月30日仮想通貨最新ニュース

10/30本日の仮想通貨ニュースはコインチェックがサービス再開!財務省が税金逃れの対策強化!BNBが世界最大投資プラットフォームに上場!等々をピックアップしています。

10月30日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日はコインチェック再開のニュースで一時リバはあったものの全体的に価格を落としている状態です。

10月30日仮想通貨前日比

コインチェックの一部のサービスが復活したんだね
コインチェックでのアルトコインの入金用アドレスが変わっているから注意してね!

コインチェックがサービス再開

◆ このニュースのポイント ◆

  • コインチェックで新規口座開設が再開
  • 一部アルトコインの入金と購入も再開
  • アルトコインのアドレスは新しくなっている

コインチェックが新規口座開設などの一部サービスを再開しました!

アルトコインの入金と購入は、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3通貨です。※その他のアルトコインは準備中。

またアルトコインのアドレスは新しくなっています。古いアドレスに送金してしまうとセルフGOXしてしまうので注意してくださいね!

現在利用できるサービスと準備中のサービスは下記。

利用できるサービス・機能

  • 新規口座開設
  • 仮想通貨の入金、購入(BTC、ETC、LTC、BCH)
  • 仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)
  • 日本円の入金、出金
  • レバレッジ取引における決済、証拠金の入金
  • Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)

再開準備中のサービス・機能

  • 仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)
  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などのメイン通貨の購入も再開されれば、冷え込み気味の市場への呼び水になるのではないでしょうか(*^-^*)

以前マネックスの松本社長はコインチェックの再開は「サービスの再開と認可はセットと考えている」とも言っていたので、金融庁の正式認可も目星が付いているのかもしれませんね!

さらに「Coincheckでんき」も再開予定なんですね!

2017年12月~2018年2月までの未付与になっていたコインチェックでんきのBTCが付与されるらしいですよ。

コインチェックでんきの申し込みをしていた方は、コインチェックの公式サイトをチェックしてくださいね!

⇒ 【Coincheckでんき】2017年12月~2018年2月までの電気料金に対するBTC付与について

財務省が税金逃れの対策強化

◆ このニュースのポイント ◆

  • 財務省が税金逃れ対策を強化
  • 情報照会制度の他、2つの案を提案

財務省が仮想通貨の取引における税金逃れに関する対策を強化する日経新聞が報道しました。

税金逃れ、いわゆる脱税を防ぐために仮想通貨取引所に「情報照会制度」を設けるようです。

これは取引所での情報を請求できる仕組みのようですが、国内の仮想通貨取引所ではKYC(顧客確認)が徹底されているので、今後取引所での個人情報や取引情報は全て税務署にいく…というぐらいの感覚でいたほうが良いと思います。

また取引で得た所得にかかる税を仮想通貨交換業者などが源泉徴収する案などもあるようですよ!

取引所が源泉徴収してくれるのは、非常にありがたいですね。

ただ、一定額が決められた分離課税なら分かりますが、所得により課税率が変わる累進課税でどうやって取り入れるのかは謎。。

さらに一定額の資産の保有や送金には書類提出を義務付ける「法定調書」という案もあるようです!

ご存知の方も多いかもしれませんが、国内では100万円を超える海外送金は自動で税務署に書類が提出される仕組みが取られています。

それを加味すると、数億円分の仮想通貨を何の許可もなく海外に一瞬で送金できる仮想通貨はすごいです。。

これは法定通貨のように管理者がいない仮想通貨の良いところではあるのですが、、政府からすると抜け穴になるので、埋めてくるのは至極当然なのかもしれません。。

これは私が税理士の先生に聞いた話なんですが、去年は税務署も仮想通貨の納税に対しては手探り状態だったようですが、今年は仮想通貨専門の部隊が作られており脱税を徹底的に潰しにかかってくるとのことです(´Д`ι)

とにかく、、、!仮想通貨で得た利益の納税は必ず行うこと。分からない場合は専門の知識を持った税理士にお願いすることを推奨します!

BNBが世界最大投資プラットフォームに上場

◆ このニュースのポイント ◆

  • eToroは世界最大級の投資プラットフォーム
  • 初めてBNBが法定通貨で買うことができる

世界140ヶ国で利用されているオンライン専用の投資プラットフォームである「eToro(イートロ)」でバイナンスの独自通貨BNBの取扱いが開始されました。

eToroはSNSトレードとしては世界最大級で、利用者も2億人を超えるとされています。

また、BNBの他にも、BTC、ETH、BCH、XRP、LTCなどなど…12種類の仮想通貨も以前より対応していることでも知られていますね。

今回、この世界最大級のプラットフォームでBNBで取扱いが開始され、一番の注目ポイントは法定通貨でBNBが買えるようになったということです!

eToroでの取扱いを機にBNBの需要がますます高まることも期待できますね(´∪`*)

先月にはバイナンスが新たな法定通貨建てのテストを実施していることも明らかになりました。

バイナンスの法定通貨導入はかなり注目されているポイントなので今後も要チェックです!

あわせて読みたい

大注目されている仮想通貨取引所が発行する独自トークン(独自通貨)についてまとめています。取引所トークンは配当型や買い戻し型などそれぞれ特徴に違いがあり所有するメリットもそれぞれ大きく異なります。ここではそんな価格上昇が見込める取引所トークンBNB、HT、OKB、QASH、BIX、FT、BKK、KCS、CET、TOPB、COSSを通貨別に紹介しています。

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-10月30日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP49.8-2.1%
ネムXEM10.5-2.0%
ビットコインキャッシュBCC4.6万-3.9%
イーサリアムETH2.2万-2.9%
バイナンストークンBNB1047-1.9%
ステラXLM24.8-2.7%
フオビートークンHT168-2.7%
リスクLSK312-3.4%
アリスALIS5.5-1.5%
ネオNEO1702-4.6%
モナコインMONA131-0.3%
仮想通貨総資産平均合計-2.60%

本日はコインチェック再開のニュースで一時はリバったものの、全体の流れには勝てず全面安になりましたね(ノωヽ。)゚。(やはり株価からのリスクオフの影響かな…)

もうすぐ11月ですね!時が過ぎるのが本当に早い…

年末に向けてそろそろ税金の計算で頭を抱える方も多いのではないでしょうか…(笑)

仮想通貨の税金の計算は本当にややこしいので、より簡略化した制度を整えていただきたい次第でございます!

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

トップへ戻る