みずほフィナンシャルグループが3月にデジタル通貨発行!ミーの仮想通貨最新ニュース【12月26日】

12月26日仮想通貨最新ニュース

12/26本日の仮想通貨ニュースはみずほフィナンシャルグループがデジタル通貨発行!GMOマイニング装置販売事業から撤退!ドイツ大手証券取引所が仮想通貨アプリ開始!DMMのcointapがリリース中止!等々をピックアップしています。

仮想通貨取引所キャンペーン

12月26日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!

12月26日仮想通貨前日比

今日は少し暗いニュースが多いね
ビットコインの価格が下がると採算が合わなくなる業者が多いからね…

みずほフィナンシャルグループがデジタル通貨発行

◆ このニュースのポイント ◆

  • 2019年3月に発行される
  • 日本円と連動したデジタル通貨
  • 送金手数料は無料

みずほフィナンシャルグループが2019年3月にデジタル通貨を発行することが分かりました。

このデジタル通貨は、日本円とペッグしたサービスで、買い物などの決済で送金手数料無料で利用できるようです。

参加する銀行は約60行とのこと。

ブランド名はまだ決まっていないようで、3月までには決定する予定みたいですね!

そういえば・・・みずほフィナンシャルグループといえば2017年9月に、地方銀行やゆうちょ銀行を集めて、ブロックチェーン技術を使った日本独自の仮想通貨「Jコイン」の発行を検討してることを発表していましたね!

今回発行することが決まったデジタル通貨は日本円と連動しているということで、仮想通貨のような乱高下がないので利用者も安心して使うことができるかもしれません。

これはグッドニュース!

日本もキャッシュレス社会へ近づいてきましたね(´∀`)

GMOマイニング装置販売事業から撤退

◆ このニュースのポイント ◆

  • GMOが特損355億円を計上
  • マイニングマシンの開発・販売から撤退
  • 自社マイニングは継続

GMOインターネットが355億円の特別損失を計上し、マイニングマシンの開発・製造・販売から撤退することを公式に発表しました。

特別損失355億円の内訳は下記

  • 自社マイニング事業 約115億円
  • マイニングマシンの開発・製造・販売事業 約240億円

またマイニングマシンの開発や販売からは撤退となりましたが、自社マイニングに関しては引き続き継続していくようです。

GMOがマイニングマシンの開発・製造・販売から撤退する理由としては、、

ビットコインの価格は下落しているのにも関わらず、マイニング業者の増加に伴い、全体のハッシュレート(採掘速度)が上昇し、マイニングマシン販売価格(通貨価格によって変動)の収益が合わなくなったのが原因とのことです。。

ハッシュレート自体は9月から下がってきていますが、BTC価格に伴っていない状態です。

GMOインターネットの2018年12月期 第3四半期 決算説明会資料によると、マイニング事業が6.4億円の赤字だったのでBTC価格が戻らなければ、この時点である程度の縮小や撤退は予想されていたのかもしれませんね(´;д; )

そういえば、SBIのマイニング事業の収益はどうなってるんだろう…

ドイツ大手証券取引所が仮想通貨アプリ開始

◆ このニュースのポイント ◆

  • 仮想通貨取引所アプリが来月開始
  • ゾーワ・ラブスの親会社はドイツ第2位の証券取引所

ドイツで第2位の証券取引所のベールゼ・シュトゥットガルトの子会社ゾーワ・ラブスが、仮想通貨取引所アプリ「バイソン」を2019年1月に開始することを発表しました。

「バイソン」の開発は今春に発表していましたね!

ベータテストを終えてから、ドイツでリリースされるとのこと。

取扱い通貨は下記の4つ。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

バイソンは人工知能AIの分析ツールが搭載されているということなので、非常に興味深いです。

ヨーロッパでも最大手の信頼のおける証券取引所が運営する仮想通貨取引アプリが、遂に来月に開始されるということで楽しみですね♪

取引高も多い証券取引所なので、仮想通貨市場への資金流入につながると嬉しいですね!

あわせて読みたい

仮想通貨におすすめの便利アプリを厳選して紹介しています。使いやすい各取引所の専用アプリに、仮想通貨を管理する上で必要なポートフォリオアプリ、さらに最新ニュースをゲットできるアプリを厳選しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ビットメインのIPOが却下される可能性が…

◆ このニュースのポイント ◆

  • ビットメインは香港証券取引所(HKEX)に上場申請を行っている
  • 相場の悪化に伴いマイニングの採算が合わなくなっている
  • ビットメインの上場が却下される可能性も…

最大手のマイニング事業者でもあるビットメイン社の株式上場が香港証券取引所から却下される可能性が出てきた日本経済新聞が報じました。

ビットコインとビットコインキャッシュの価格急落に伴い、マイニングの採算が合わなくなっているのが理由のようです。

9月に申請されたビットメインのIPO(新規公開株)では、世界でも最大規模にあたる180億ドルにも達すると言われていました。

ビットメインは毎年、着実に収益を上げていましたが、18年9月からはBTC価格暴落に伴い、約3億ドル(約330億円)の評価損になっているというデータも出ているそうです。。

ビットコインの価格が大きく下がれば、ランニングコストが高いマイニングでは採算が合わなくなってしまうのは当然です。

上記でもGMOインターネットが、マイニング事業に関して特別損失355億円を計上し、マイニング装置販売事業から事実上の撤退を余儀なくされています。。

かなり幸先の暗いニュースとなっていますが、、、なんとか踏ん張ってほしいものですね(;´д`)

DMMのcointapがリリース中止

◆ このニュースのポイント ◆

  • 5月には開設延期を発表していた
  • 事前登録のメールアドレスはDMMグループが破棄
  • 今後はDMM Bitcoinのみ運営

DMMグループが開設予定としていた仮想通貨取引所cointap(コインタップ)がリリースを中止を発表しました。

コインタップは当初2018年の春に開設予定としていましたが、仮想通貨交換業の登録に苦戦していることもあり5月に延期の発表していました。

リリース時期はセキュリティなど万全の体制が整ってからとされていましたが、今回リリース中止という残念な結果となってしまいました。

また、コインタップでは事前登録の受け付けを行っており、登録されたメールアドレスはDMMグループが責任をもって破棄するとのこと。

リリース中止の背景には、低迷している仮想通貨価格や、金融庁の規制等が厳しくなったこともあるようですね。

最近は仮想通貨事業への参入などの良いニュースもある反面、こういった仮想通貨市場から離れていってしまう企業も見受けられます。

コインタップの開設は期待されていたこともあり非常に残念です。。(ノωヽ。)゚

今後は仮想通貨交換業者登録済みの「DMM Bitcoin」のみの運営としていくようです!

コインタップのお知らせ

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ

仮想通貨日記-ポートフォリオ-12月26日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP41.2+1.1%
ネムXEM7.5-0.9%
ビットコインキャッシュBCC1.8万+3.6%
イーサリアムETH1.4万+2.8%
バイナンストークンBNB613+2.2%
ステラXLM12.9-0.3%
アリスALIS3.8+13.9%
モナコインMONA75.8-2.5%
リスクLSK152+4.1%
ネオNEO823+3.8%
仮想通貨総資産平均合計+1.1%

昨日は日経平均株価が2万円をきる下落だったので、仮想通貨も下落していましたね。

さすがにあの下落にはこの市場も反応してしまいました。。

本日は少し落ち着いているようですがどうなるのでしょうか・・・

最近はビットコイン価格下落に伴い、少し暗いニュースも多いですねー…

しかし!目先の利益だけにとらわれずに、仮想通貨の明るい未来を信じたいと思います(๑ÒωÓ๑)

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

トップへ戻る