17年以来の仮想通貨の盗難被害額は1312億円!?ミーの仮想通貨最新ニュース【5月26日】

5月26日仮想通貨最新ニュース2

5/26本日の仮想通貨ニュースは17年以来の仮想通貨の盗難被害額は1312億円!?ETCの51%攻撃は60億の費用で1000億の利益!?南アフリカ中銀が仮想通貨をサイバートークンと命名!QRYPTOSで「プラスコイン」の取引開始が決定!等々をピックアップしています。

仮想通貨取引所キャンペーン

5月26日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日も大きな変動はなくヨコヨコですね。この動きのない状態から上下どちらに抜けるんでしょうか…

仮想通貨価格-前日比-5月26日

仮想通貨の盗難被害額は1312億円なの!?
17年以降だから約1年半の期間のことだね!

17年以来の仮想通貨の盗難被害額は1312億円!?

アメリカのアンチフィッシング・ワーキング・グループ(APWG)の研究結果で、17年以降の仮想通貨が盗難された被害額が約1312億円ということが分かりました。

1312億円というのは通報と未通報の被害を合わせたもので、回収されたのは約20%以下とのこと。

このうちの半分近くがコインチェックのNEMの被害(580億円)ということでしょうか。。

1年半の期間でそれほどまでの被害があるんですね。

取引所に仮想通貨を預けておくといつ自分が被害に遭うかも分かりません。

セキュリティ体制がしっかりしている取引所を選ぶのももちろんですが、ハードウェアウォレットに通貨を移すなど自身でできるセキュリティ対策も重要ですね(つд;`)

取引所は危険!?

仮想通貨は取引所に預けっぱなしは危険!?ハードウォレットに保管しよう!

仮想通貨のハードウェアウォレットLedgerNanoS(レジャーナノS)の購入方法と注意点について記載しています。日本のECショップ、Amazonでも正規品と記載されて販売されていますが並行品でウィルスなどを入れられているリスクがあります。

ETCの51%攻撃は60億の費用で1000億の利益!?

イーサリアム取引所

最近は、モナコイン、バージ、ビットコインゴールドとブロックチェーンPoWへの攻撃のニュースが多いですが、研究者によるとメジャー通貨のイーサリアムクラシック(ETC)でも60億円の費用で51%攻撃が可能で、約1,000の被害が出ると発表しました。

51%攻撃とは?
51%以上のノード(ハッシュパワー)を支配して、長いチェーンを作り続ければそれが正しいデータとしてブロックチェーンに記録されます。これを悪用して偽のデータを正しいデータと見せかける攻撃のこと。

既存の考えでは、51%攻撃を行えば通貨の価値がなくなり攻撃の意味がなくなる。または、それほどのハッシュパワーを獲得できるのであればマイニングをする方が利益があるため51%攻撃は行うものがいないとされていました。

しかし、わずか60億円で1000億円が手に入ると考えると、やり逃げする悪いマイナーもでてきそう( ;∀;)

でもイーサリアムクラシックもメジャー通貨といっても、時価総額が17位でビットコインとは2桁も時価総額が違うので、やっぱりそう思うとBTCで51%攻撃を行うのはちょっと現実的に無理なのかなぁ。。

いずれにせよこれはPoWの大きな課題の一つですね。

⇒ ソース:The Next Web

あわせて読みたい

イーサリアムクラシック(ETC)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨EthereumClassic(イーサリアムクラシック)ETCの今後やチャートからみる将来性について記載しています。イーサリアムクラシックの高騰理由や2018年最新ニュース、半減期やお得に購入できる国内外の取引所についても記載しています。

南アフリカ中銀が仮想通貨をサイバートークンと命名!

南アフリカの中央銀行の南アフリカ準備銀行は、仮想通貨のことを「サイバートークン」と呼ぶと決定したようです。

何やら、マネーの必要要件を満たさないのに「通貨」と呼ぶことがおかしいという事のようですね。

交換の安定的手段、評価単位、価値の安定的単位という経済的な意味でのマネーの必要要件を満たさないからだ。

上記の内容とは異なりますが、形がないのに通貨と呼ぶので初めは「仮想通貨」のイメージが理解しにくいとも言われますよね。

通貨と呼ぶのに通貨じゃないってことが年配の方などは特に理解しづらいようですね。

さらに「仮想」という言葉で怪しさもも増しまし状態です。。さらにさらに不正関係のニュースも取り上げられたりすると…(・ω・`)

たくさんある仮想通貨それぞれにある本来の素晴らしい技術などを、もっともっとテレビやニュースなどで取り上げてもらいたいですね!

国内通貨をチェック!
国内取扱い通貨はどんなものがある?アルトコイン一覧ページで確認してみよう!

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。
海外通貨をチェック!
海外の通貨も魅力がいっぱい!アルトコイン一覧ページで確認してみよう!

日本では取り扱いがない人気のある海外銘柄の仮想通貨「アルトコイン」を紹介しています。アルトコインにもたくさんの種類が存在し、買い方や購入できる取引所/販売所は異なります。

QRYPTOSで「プラスコイン」の取引開始が決定!

QUOINE株式会社のシンガポールの子会社QUOINE Pte. Ltd.は仮想通貨取引所QRYPTOSでプラスコイン(PLC)の取引開始を決定しました。

プラスコインはQRYPTOSにおいて、株式会社メタップスの連結子会社であるMetaps Plus Inc.が発行するトークンです。

ちなみに…QRYPTOSはシンガポールの取引所なので、残念ながら日本に住んでる人は取引ができません(・ω・`;)ノ

しかし、QUOINE株式会社は日本国内の取引所Quoinex(コインエクスチェンジ)も運営していて、国内で唯一QASHが購入できる取引所で、BTCの取引手数料も無料なので注目されていますね♪

ここ最近では、QUOINEのワールドブックβ版のローンチでQASHが高騰したり、QUOINEが取引所制御ICOプラットフォーム立ち上げたりと何かとQUOINE社のニュースを取り上げています。

今後のQUOINE社の動向にも期待したいですね(´∀`)

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-5月26日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP67.8+0.3%
ビットコインキャッシュBCC11.3万-0.5%
イーサリアムETH6.6万+0.8%
フオビートークンHT423+0.1%
ネムXEM29.2-0.2%
アリスALIS18.2-1.8%
ネオNEO5905-1.5%
リスクLSK1044+1.5%
モナコインMONA376+2.2%
仮想通貨総資産平均合計-0.2%

本日はほとんどの通貨で変化なしです。

どの通貨も±1%ぐらいなので、本日の相場はお休み相場でしたね。

ビットコインも16時20分頃に急に上昇し、そこからまたレンジが続いているようです。最近はこういった急な上昇下落が多いですね。

これから数日でどちらかに大きく動くんでしょうかね…(´・ω・`)

Binanceポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ5月26日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンス銘柄も本日は大きな変動はなくヨコヨコですね。

今日はゆっくりとチャートは見れませんでしたが、またコツコツトレードしていきたいと思います!

含み損で塩付け状態になっている通貨を思い切って損切りしてしまうのもありかなと思う今日この頃(‐∀‐;;

ちなみにVEN、QTUM、LENDです。。

もともと短期の予定だったのに、買ってすぐに暴落に巻き込まれてしまいそれ以来動かせていません。

なかなか上げ相場にならないからこの3通貨は含み益まで長い道のりです。

それではまた明日☆

トップへ戻る