レバレッジ取引が上限4倍に引き下げ!?ミーの仮想通貨最新ニュース【7月25日】

7月25日仮想通貨最新ニュース

7/25本日の仮想通貨ニュースはレバレッジ取引が上限4倍に!?ビットコインを使った初のEFP取引!?ビットワイズが仮想通貨ETFをSECに申請!米ディレクシオンのビットコインETFの承認可否が延期に!バイナンスが韓国に進出!?等々をピックアップしています。

仮想通貨取引所キャンペーン

7月25日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日午前中にはBTCは94万円まで上昇しましたが、午後からは下落傾向になっていますね。。

仮想通貨価格-前日比-7月25日

レバレッジ取引が上限4倍に引き下げられるの?
国内での仮想通貨取引のルール作りが本格始動してきたね!

レバレッジ取引が上限4倍に!?

日本仮想通貨交換業協会が証拠金取引(レバレッジ取引)を4倍以内とする自主規制ルールを定めることが分かりました。

交換業者16社の合意を得て、月内にもこの自主規制ルールを決めたい考えとのことです!

現在レバレッジ取引ができる国内の仮想通貨取引所の最大証拠金倍率はBITPoint(ビットポイント)QUOINEX(コインエクスチェンジ)の25倍です。

取引量が多いbitFlyer(ビットフライヤー)
では15倍となっています。

ユーザー離れを防ぐために取引所が倍率を独自に設定できる経過措置も講じるようですが、1年以内には上限4倍への一本化を目指すと公表されています。

これって海外取引所はどうなるんだろ…上限が4倍となるとレバレッジ取引をしているユーザーは、ほとんど海外取引所に移ってしまうような気もしますが…

おそらく海外取引所の規制にも着手していくんでしょうね。

以前に金融庁では、FXの証拠金倍率の上限を25倍から10倍に引き下げることを検討すると4月に発表していたものの、5月には証拠金倍率を現行の25倍に据え置く方針を固めていました。

当初は投資家のリスクを減らすということが狙いのようでしたが、より高い倍率で取引できる海外業者に顧客が流れるなどの問題提起がされていましたね。

とにかく!今年と来年は仮想通貨取引のルール作りの年になりそうですね!

ビットコインを使った初のEFP取引!?

米国で機関投資家がビットコインを使ったEFP取引を行ったことをCCNが報じました。

EFP取引とは?
EFPは“Exchange For Physical:Physical=現物”の略で、先物と現物の交換取引のこと。パッシブ運用においては、執行コストを削減する目的で先物を先行取得し、その後EFP取引(先物売り、現物買い)を通じて、現物を最終的に取得する事例がよく見られる。
引用元:MUFG 用語解説より

むむ。。難しいですが、EFPとは端的に説明すると先物と現物の交換取引で流動性や利便性を高める取引のことだそうです!

今まではビットコイン先物の期限が切れると現金と交換しないといけなかったものを、現物のビットコインと交換することでBTC価格にも大きな影響を与えるかもしれないというもの。

機関投資家や先物の取引ボリュームが大きいので市場に与える影響はかなり大きいようですね。

ETFもそうですが、やはり機関投資家の動きや資金流入が今後のビットコイン価格を決定するものと考えてもよさそうです(๑ÒωÓ๑)

あわせて読みたい

初心者必見!先物取引とは?ビットコイン先物CME、CBOEについて解説!

12月11日からCBOEのBTC先物取引がスタートしました。最近ではCME、CBOE、ナスダックや東京金融取引所の先物という言葉をよく耳にするようになりました。ここではビットコイン先物取引や投資信託について初心者の方に向けて分かりやすく解説しています。

ビットワイズが仮想通貨ETFをSECに申請!

デジタル資産管理のビットワイズ(Bitwise)が、米証券取引委員会(SEC)に仮想通貨上場投資信託(ETF)を申請したことが分かりました。

ETFといえば…連日話題になっていますが、ビットコインETFとは違って複数の仮想通貨をまとめたETFのようですね。

ビットワイズ のHOLD10仮想通貨インデックスETFは、ビットワイズHOLD10プライベート・インデックス・ファンドをトラックするもので、通貨10種を含む。HOLD10仮想通貨インデックスは時価総額で市場の80%を網羅している。

ふむふむ。。10通貨を一つのパッケージとして売り出すインデックスETFということですね。

以前HuobiでもHB10というインデックス商品が売り出されましたが、イメージとしては同じもの。でもSECから認可を貰った証券取引ができるETFと、HuobiのHB10のように仮想通貨取引所内だけで取引ができるETFとでは意味合いが全く違います!!

最近はシカゴオプション取引所(CBOE)や米投資会社のディレクシオンがビットコインETFの申請をSECに提出して注目が集まっていますね。

さて、ここでおさらい。

ETFとは?
ETFとは上場投資信託のことで、SEC認可のETFが承認されれば機関投資家と呼ばれる超大口投資家やヘッジファンドなどの企業からの資金流入が見込めると期待されています。

そのビットコインETFをSECが許可するだろう・・・という市場の波にのりビットワイズは今回の申請に至ったようですね(*ノωノ)

ビットコインETFの承認されれば、仮想通貨市場の盛り上がるにつながること間違いなし!!

米ディレクシオンのビットコインETFの承認可否が延期に!

米証券取引委員会(SEC)が米投資会社Direcxion(ディレクシオン)のビットコインETFの承認可否の決定を、9月21日まで延期したことが分かりました。

昨日から「ETF承認が延期」という言葉が先走りして、ごっちゃになっている方も多い印象ですが、今大注目されているCBOEのビットコインETFの承認の可否決定が延期になったわけではありません!

慣れない難しい言葉が多いので本当ややこしいですよね…(ΟΔΟ;;)

ちなみにCBOEのETFを承認するか拒否するかの判断する日は、8月10日の可能性がある(もしくは8月16日)とされており、最大でも9月24日までには判断が下されるとされています。

CBOEのETF承認の詳細については先日7/13のまとめニュースで取り上げているので参考にしてくださいね!(⇒7/13日記

SECはディレクシオンのビットコインETFの承認可否の判断には、より長い期間を設定することが適切であると判断したようです。

昨日からのビットコイン上昇の要因としても、ETFのニュースが影響していますね。今大注目のETFについては今後も注視して情報を追っていきたいと思います!!

コインチェックを装った詐欺の電話に注意!

※注意喚起

コインチェックを装った詐欺の電話があったとの情報が確認されているようです。

「不正ログインがあった」などと、嘘の内容を伝えて顧客のログインパスワードや認証コードを聞き出そうとされたとのこと。

先日のビットフライヤーの件と同じ状況ですね。。

取引所がパスワードなどの個人情報をメールや電話で聞いてくることはないようなので、絶対に教えないように注意してください!!

今後も他の取引所を装った詐欺が出てくる可能性もありますが、騙されないようにしましょう。

取引所のログインパスワードと認証コードを教えるということは、取引所に預けている資産を盗まれるという認識をもって冷静な判断をすることが大切です。

また、取引所に資産を預けっぱなしにするのは危険なのでハードウェアウォレットで管理するなど、自身でできる最低限のセキュリティ対策は行いましょう!!

私はLedgerNanoS(レジャーナノS)とTREZOR(トレザー)で、通貨によって使い分けて管理していますよ(๑ÒωÓ๑)

仮想通貨を安全に保管したい方必見!

バイナンスが韓国に進出!?

BINANCE(バイナンス)

韓国で開かれたブロックチェーン・パートナーズ・サミットでバイナンスCEOのCZ氏が韓国に市場を拡大することを語ったようです。

具体的な内容は明かされていませんが、バイナンスはWebサイトで韓国語も使用可能にしたり韓国人を雇ったりと、韓国市場に注目している様子がうかがえますね。

仮想通貨の取引量の多い韓国に、バイナンスが韓国に進出することが実現すれば仮想通貨市場にもグッドニュースとなること間違いなしですね(´∀`)

引き続き動向を追っていきたいと思いますっ!

ソース元:ビジネスコリア

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-7月25日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

※本日はクリプトフォリオがメンテナンス中の為、前日比は「―」とさせていただきます。

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP50.6―%
ビットコインキャッシュBCC9.3万―%
イーサリアムETH5.2万―%
フオビートークンHT376―%
ネムXEM19.9―%
アリスALIS9.1―%
ネオNEO3794―%
リスクLSK572―%
モナコインMONA245―%
仮想通貨総資産平均合計―%

本日のビットコイン価格は9時頃と14時頃に大きな山(ダブルトップ)を作って、18時ごろにネックライン(92万円付近)を割って下り坂になっています。

ここからの展開は…分からない…でもやっぱり直近では下目線なのかなぁ。。

アルトコインがビットコインの上げ下げに付いていけてないのが気になります(U′• × •`)

ビットコインのドミナンスも高いままですが、ある程度までいくとアルトにも資金が流れる気がするんですが…どうなるんだろ。。

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binanceの登録方法
⇒ Binance(バイナンス)で通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る