ビットコインETFが承認されると約46兆円が流入!?ミーの仮想通貨最新ニュース【7月26日】

7月26日仮想通貨最新ニュース

7/26本日の仮想通貨ニュースはビットコインETFが承認されるとBTCの価格はどうなる!?手数料無料の仮想通貨取引サービス!?HuobiとBiboxで相互の取引所トークンを上場!コインベースで仮想通貨でギフトカード購入が可能に!?仮想通貨から暗殺市場が出現!?等々をピックアップしています。

7月26日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は大きな動きはなく、ビットコインもアルトコインも前日比はヨコヨコですね!

仮想通貨価格-前日比-7月26日

仮想通貨から暗殺市場が出現ってなんだか怖いね…
Augarのプラットフォームを使ったものらしいね。

ビットコインETFが承認されるとBTCの価格はどうなる!?

ビットコインETFが承認された場合に、仮想通貨市場に約46兆円の資金が流入することになるとCCNが報じました。

ETFが承認された場合に投資家の退職金のポートフォリオにビットコインが組み込まれると考えられます。

その世界の年金市場が約4,600兆円なので、その1%をビットコインへ投資するとなると約46兆円の資金が流入する…ということのようです。

46兆円もの資金がビットコインに流れてくるとなると、今のビットコインの時価総額が約15兆円なので3倍になりますね!

こ、これは実現するととんでもないことになる・・・(゚Д゚ノ)ノ

連日ビットコインETFの話題で持ち切りで、毎日のようにニュースがでてくるので当ブログのまとめニュースでも毎日取り上げていますが、ビットコインETF認可の可能性が高くなってきているので期待も高まってきているようですね。

しかしSECの歴史を踏まえると、ビットコインETFは2018年中に承認される可能性は比較的低いとの意見もあるようです。。

8月、遅くとも9月には何かしらの動きがありそうなので、目が離せませんね!

手数料無料の仮想通貨取引サービス!?

Uber共同創設者のスタートアップ企業ボイジャー(Voyager)が手数料無料の仮想通貨取引プラットフォームを発表しました。

このプラットフォームでは、ビットコインやイーサリアムなどの15種類以上の仮想通貨を手数料無料で取引できるようですよ!

複数の仮想通貨取引所から価格情報を集める機能があるようで、その価格の中から選んで取引することができるとのこと。

顧客から手数料をとらないことが特徴のようですが、、、手数料をとらないってどこで収益が発生するんだ?と思いますよね。

それについてVoyager社は取引手数料の代わりに取引を実行する時点でのコインの平均価格を上回ることで、収益の差を補うと述べているようです。

現在はベータ版で、今年第4四半期に米カリフォルニア州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、モンタナ州の顧客に対し公開される予定とのこと。

今後の展開が非常に気になる仮想通貨取引プラットフォームですね(*ノωノ)

あわせて読みたい

海外取引所おすすめランキングも要チェック!

海外仮想通貨取引所のランキングを掲載しています。それぞれ取引所の特徴や取引手数料に取扱い通貨の多さなども記載しているので海外取引所を開設する際はぜひ参考にしてくだいさね。
あわせて読みたい

【7月最新版】国内の取引所おすすめランキングも確認してみよう!

日本国内の金融庁の認可済み仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。

HuobiとBiboxで相互の取引所トークンを上場!

HuobiとBiboxで取引所トークン(HTとBIX)がお互いの取引所で上場されました。

私も実際に確認しましたが、Huobiの取引所トークンでもあるHTがBiboxで上場し、Biboxの取引所トークンBIXがHuobiで上場していました!

以前にFcoin取引所でバイナンスの取引所トークンでもあるBNBが上場した時は話題になっていましたが、今回は別の取引所が相互にお互いの独自通貨を上場するという特殊な試みですね。

今までは取引所トークン(独自通貨)はその取引所しか使えないものと思い込んでいましたが、、これは市場全体にとってもとても良いニュースと捉えられるのではないでしょうか。

国内取引所では独自通貨を発行して特典を付けたら、話題にもなり取引所の繁栄にもつながると思うんですが…やっぱりホワイトリスト入りが難しいのかな。。

あわせて読みたい

取引所トークン(独自通貨)の特徴や価格など一覧表総まとめ!

大注目されている仮想通貨取引所が発行する独自トークン(独自通貨)についてまとめています。取引所トークンは配当型や買い戻し型などそれぞれ特徴に違いがあり所有するメリットもそれぞれ大きく異なります。ここではそんな価格上昇が見込める取引所トークンBNB、HT、OKB、QASH、BIX、FT、BKK、KCS、CET、TOPB、COSSを通貨別に紹介しています。

コインベースで仮想通貨でギフトカード購入が可能に!?

アメリカの大手仮想通貨取引所のコインベースが仮想通貨でギフトカードを購入できるサービスを発表しました。

コインベースのウォレットから、BTC、BCH、LTC、ETHでWeGiftのギフトカード(小売店などで利用可)を購入できるとのこと。

このサービスはイギリスのWeGiftとのパートナーシップを締結したことにより実施され、現在は、ヨーロッパ諸国5ヵ国とオーストラリアのユーザーが利用可能のようです。

ギフトカードとなると身近なものなので、仮想通貨に興味を持たなかった人たちにも関心を寄せてもらえるかもしれませんね(*´∇`)ノ

コインベースは最終的には他の国への展開も計画しているようなので、今後のサービス拡大にも期待したいですね!

仮想通貨から暗殺市場が出現!?

賭け事や予測を行うプラットフォームを提供しているAugar(オーガー/REP)に暗殺市場が出現して話題になっていました。

Augarのプラットフォームを使って有名人がいつ死ぬのか賭けるというものらしいです…怖い(;’∀’)

Augarはコインチェックでの取り扱いがあった国内通貨でしたが、ジーキャッシュ、モネロ、ダッシュの匿名三兄弟とともに国内上場が廃止された通貨です。

海外では開発も進んでおり未だに人気の通貨のようですが、さすがに有名人がいつ亡くなるかを賭けるというのは道徳や人道から外れている気がします。。

暗殺市場では既にトランプ大統領や、世界一の投資家ウォーレンバフェット氏がいつ殺されるかの賭けが行われているそうです。

本当に暗殺につながるのではないかという懸念の声も出ているようですね。これで本当に暗殺されたら仮想通貨に負のイメージがものすごく付くと思うんですが。

誰が得するの?他にももっと使い道あるだろ!このAugarの暗殺市場は個人的には反対です٩(๑`н´๑)۶

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-7月26日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP51.3+0.2%
ビットコインキャッシュBCC9.4万-1.9%
イーサリアムETH5.3万-0.1%
フオビートークンHT383+0.8%
ネムXEM20.4+1.6%
アリスALIS8.3-10.8%
ネオNEO3861+2.1%
リスクLSK583-1.5%
モナコインMONA247-1.1%
仮想通貨総資産平均合計-0.6%

本日はビットコインもアルトコインもあまり動きがないですね!

昨日は大きく価格を落としたビットコインですが、なんとか90万円台を持ち直しました。

私の勝手な予想ですが、ここからETFの見送りか否認で大きな調整に入ると予想します。。

その時はアルトのダメージは相当なものになると思うので、BCHは一旦利確してもいいかもしれません。

もちろんビットコインETFが認可となれば予想大外れの爆上げ間違いなしになるので、結果を確認してすぐ動けるようにだけしておくのもいいかもしれませんね…(๑ÒωÓ๑)

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binanceの登録方法
⇒ Binance(バイナンス)で通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る