ビットコインの下落は米国株が原因?ミーの仮想通貨最新ニュース【10月11日】

10月11日仮想通貨最新ニュース

10/11本日の仮想通貨ニュースは仮想通貨市場が大幅下落…米国株の影響か?Yobitが仕手行為を告知!コインベース2019年度中にライセンス取得予定!等々をピックアップしています。

10月11日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は米国株の影響からか仮想通貨市場も全面安状態ですね。。

10月11日仮想通貨前日比

かなり価格が下がってしまったね
米国株の影響が大きいみたいだね。ダウ平均は史上3番目の下げ幅だったみたいだよ

仮想通貨市場が大幅下落…米国株の影響か?

ビットコイン下落

◆ このニュースのポイント ◆

  • BTCとアルトの大幅下落は米国株が原因?
  • ダウ平均は史上3番目の下落幅
  • ビットコインもリスクオフとみなされている?

本日はビットコインが4%以上もマイナス、主要アルトコインに関しては10%以上もマイナスになっています。

上位100位のアルトコインもほぼ全滅の全面安になっていますね。。

この下落要因には、米国株の暴落が関係しているのでは…ともいわれています。

本日のダウ平均は-3.15%と史上3番目の下落幅を見せていました。当然ですが日経平均も-3.89%と大幅な値下がりを見せています。

(仮想通貨の価格ばかりを毎日追っていると-3%って小さく感じますが、ダウや日経が-3%というのは異常事態です!)

特にマイクロソフト、アップル、アマゾンといったIT株やナスダックに上場しているハイテク株の下落率が高かったようですね。

今回の株価暴落とともに、仮想通貨もリスクオフ(リスク回避商品)とみなされていると考えられます。

また株と仮想通貨の関連性はよく議論されていますが、この下げ幅を見る限りでは「全くない」とは言えないですね( ;∀;)

株価が暴落したら安全資産とされる円を買う(円高の)動きが強まりますが、いつの日かその円に代わってビットコインが台頭する時は来るのでしょうか…

もともとビットコインが注目されるようになったのは、中国の法定通貨の人民元に信用がなくなり、金(ゴールド)と同じような価値を持つとされているビットコインに白羽の矢が立ったのがきっかけです。

(想像もつかないですが)10年後ぐらいには、ビットコインのインフラがかなり整っていると思うので、そ、その頃には・・・

Yobitが仕手行為を告知

◆ このニュースのポイント ◆

  • YoBitが仕手計画を公表し非難が殺到
  • 10種類の仮想通貨に10BTC分の仕手
  • 日本時間で本日11日23時頃に実行予定

ロシアに拠点を置く仮想通貨取引所YoBit(ヨービット)が仕手行為の計画をツイッターで公表し話題になっています。

1つの仮想通貨に1BTC分、合計10種類の仮想通貨に10BTC分の仕手行為を1、2分毎に行うとのこと。

10種類の仮想通貨は明らかになっておらず、無作為に選択されるようです。

仕手の告知を行った背景には、仕手を組むことによって客足を誘う…とかなんとか。

日本時間で本日11日23時頃から開始されるとのことで、なんとYobitの公式サイトでは仕手開始までのカウントダウンページまで用意されています。。

カウントダウンはこちら

ツイッター上では「仕手行為の告知行う」という取引所の異常な行動に非難が殺到しています。

最近注目されているビットコインETFでも、以前ビットコインETFを非承認とした理由の一つとしてSECは「詐欺や価格操作などを防ぐ上でSECが求める水準に達していない」という点をあげていましたが、今回の件がまさにそれに当てはまりますよね(ㅎ-ㅎ;)

非難殺到のなか、果たして仕手は実行されるのでしょうか…23時頃には注視しておきたいですね。

コインベース2019年度中にライセンス取得予定

◆ このニュースのポイント ◆

  • コインベース2019年には日本進出
  • 金融庁とも順調に話が進んでいる
  • コインベースはセキュリティ世界一

米国の大手取引所コインベースのマイク・レンプレス氏が2019年度中には間違いなく日本の交換業者のライセンスを取得できる日経アジアレビューのインタビューで答えました。

また現在は、金融庁とも話し合いが進んでいることも明かしました。

やはり日本でライセンスを取得するにあたっての最重要ポイントは「セキュリティ」だそうです!

世界の歴史史上の中でも最も高額なハッキングとなったマウントゴックス、コインチェック、ザイフのハッキングは全て日本で起こしてしまっているので、これ以上はどうしても防ぎたいのは当然ですね。。

ICOrating.comが公表している世界の仮想通貨取引所セキュリティランキングでは、堂々の1位をコインベースが獲得しています。

セキュリティ世界一を誇るコインベースが日本上陸するのは、時間の問題のようですね!

またコインベースでは通貨の99%がネットに接続されてないコールドウォレットなどのオフラインで保管しており、残りの1%には全て保険が掛けられている盤石の保管体制も取っているとのことですよ。

コインベースの日本進出は楽しみですね(*´∨`*)

仮想通貨(ビットコイン)のクジラとは?

仮想通貨のクジラについて記事を書きました!

クジラについての説明や、大口やクジラと呼ばれるアドレスを実際に検証してみました。

久しぶりにコラム的なのを書いたのでぜひ遊びに行ってくださいね( *´艸`)

ここではビットコインや仮想通貨市場におけるクジラの意味を説明しています。クジラと呼ばれるビットコイン大口のBTC保有率なども詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-9月●日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP45.6-14.2%
ネムXEM10.4-12.5%
ビットコインキャッシュBCC5.0万-12.6%
イーサリアムETH2.2万-11.6%
バイナンストークンBNB1067-7.6%
ステラXLM23.9-12.3%
フオビートークンHT177-10.2%
リスクLSK349-8.6%
アリスALIS5.8-6.8%
ネオNEO1796-11.2%
モナコインMONA134+2.2%
仮想通貨総資産平均合計-12.2%

以前まではビットコインは金(ゴールド)の位置付けで、資産の逃避先として選ばれるかもという傾向がありましたが、今回は完全にリスクオフ側に回ってしまいましたね。。

まぁそれはそれで、他の伝統あるアセットと同じ扱いを受けているという考えも、できなくはないですが…(超ポジティブシンキング)

でもやはり理想は、株などの従来の資産とは別物として捉えてほしいですよね。。

うん。でもまだまだこの市場は黎明期と考えるとあと5年後、10年後はまったく違う景色が見えていると思いますよ(*ノωノ)!

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る