Money Tapがリリース開始|SWELL終了でXRPの価格は…ミーの仮想通貨最新ニュース【10月4日】

10月4日仮想通貨最新ニュース

10/4本日の仮想通貨ニュースはMoney Tapがリリース開始!リップルSWELL終了…XRP価格はどうなった?米ジェミニがカストディ仮想通貨に保険を適用!取引所セキュリティランキング!等々をピックアップしています。

10月4日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日はBitfinexでメンテナンスがあったので、それに合わせて相場も動いているようです!

10月4日仮想通貨前日比

Money Tapがリリースされたんだね
うん!もうiosもandroidもダウンロード可能だよ!

Money Tapがリリース開始!

Money Tap

◆ このニュースのポイント ◆

  • 送金アプリMoney Tapが本日からリリース
  • 365日24時間送金が可能
  • 送金システムはxCurrentを使用している

SBI Ripple Asiaが提供する送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を本日4日からリリースが開始しました。

Android版では既にダウンロード可能で、ios版は順次ダウンロード可能となっています。

-追記-
先ほどiPhoneでもダウンロードできるようになっていました!

Money Tapとは
Money Tap(マネータップ)は、利用者による個人間の送金を、安全・リアルタイムかつ快適に行うアプリであり、銀行口座から銀行口座へ※1、24時間365日いつでも直接送金することが可能となります。
引用:SBIホールディングスHPより

このMoney Tapはリップル社の「xCurrent」という技術が使用されていることがミソですね!

Money Tapの凄いところは、大きく分けると下記の3つ。

  1. 365日24時間送金が可能
  2. 1回3万円、1日10万円までの送金が無料*1
  3. 携帯電話番号やQRコードでの送金も可能
※1 『1回3万円1日10 万円までの送金が無料』は住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行の間。その他の他行の手数料は各銀行が個別に設定。

その他にもアプリの利用料は無料、今秋には邦銀61行にアプリを提供予定となっているので、個人送金の超便利アプリとなります!

チャージ式のウォレットアプリとは異なり、接続銀行に即時決済が可能というのも非常に便利ですね。

今秋には三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行にもアプリが提供されるので、(メガバンクでも手数料が無料とかなると)Money Tapで送金の革命が起こるかもしれませんね(´∀`)

少し話はそれますが、、、Money Tapでも提携されている住信SBIネット銀行は、国内取引所への入金は365日24時間可能で入金手数料が無料なので、口座登録がまだの方は、この機会に口座を作成しておくことをおすすめします♪

Money Tap-マネータップ

Money Tap-マネータップ

SBI Ripple Asia Co., Ltd.posted withアプリーチ

リップルSWELL終了…XRP価格はどうなった?

リップルXRPチャート

◆ このニュースのポイント ◆

  • SWELL2018終了でXRPの価格は落ち着いた?
  • 乱高下はあったものの開催中の特段に大きな動きは無し
  • 送金システムはxCurrentを使用している

リップルの大型カンファレンスのSWELL2018が終了しました。

1日目の発表内容の目玉は、xRapidの商用化の発表とクリントン元大統領が規制について発言したことでしたね!

⇒ SWELL1日目を振り返る

SWELL2日目では、世界各国の規制やXRPの有価証券問題などが議論されましたが、XRPの価格に直接関係する大きなニュースの発表などはありませんでした。

XRPの価格はというと、、、SWELL2日目(日本時間3日)には材料が出尽くした「売り」で、60円を割るほど価格を下げていましたが、本日になり相場全体の上昇とともに価格を60円台に戻しています!

ざっくりと総括すると、下記のような感じでしょうかね。

SWELL開始前に期待感からXRP価格上昇
     ↓
SWELL開催で事実売りで下落(しかし予想されていたほど下がっていない)
     ↓
SWELL終了で材料出尽くし「売り」でもう一段階下がる
     ↓
全体の相場に乗って元の価格に戻る

あまり予想外の動きはなかったので、しっかりと利益を出されていた方も多かったようですね(´∀`)

ちなみに私は一切XRPを動かしていません!!(自慢できることじゃない 笑)

それっぽいラインを引くと↓こんな感じ。

リップルXRPチャート

現在は三角保ち合いですが、下に抜けそう…

価格のことはさておき、、、XRPは最近毎日のように良いニュースがあり将来が楽しみな仮想通貨の一つです(*ノωノ)

これからの発展にも期待していきたいですね♪

あわせて読みたい

大人気のリップル(XRP)が購入できるおすすめ取引所を紹介しています。XRPを買える取引所はいくつもありますが、ここではそれぞれ投資...

米ジェミニがカストディ仮想通貨に保険を適用!

◆ このニュースのポイント ◆

  • ジェミニがカストディにAonの保険を適用
  • Aonは世界最大の保険会社
  • 仮想通貨に保険が適用されると信頼につながる

ウィンクルボス兄弟が運営するGemini(ジェミニ)取引所が、アメリカ大手の保険会社Aon(エーオン)の保険を適用することが分かりました。

Aonは世界120か国に展開しており世界最大の保険ブローカーです。

ジェミニが運用管理する(カストディ)仮想通貨に対して、Aonを通じた複数の保険会社が保障してくれるということですね。

取引所も顧客保護につながり、ユーザーも保険が適用されることで信頼が高まりますね!

仮想通貨に対してあまり良い印象ではない(取引所ハッキングなどなど…)方も多いようなので、こういった保険が仮想通貨にも適用されるというのは仮想通貨業界にとってグッドニュースですね( *´艸`)

ジェミニでは、独自で発行しているステーブルコイン「ジェミニ・ドル(GUSD)」もニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が認可した通貨であったりと、ジェミニは常に業界の最先端を道をしっかり固めて走っているイメージです。

安全に広い分野を攻めていることからコインベースにも似ている気がします。

今後も業界を引っ張っていってくれることに期待したいですね。

ジェミニ公式の発表はこちら

取引所セキュリティランキング

取引所セキュリティランキング

◆ このニュースのポイント ◆

  • セキュリティが最も高い取引所はコインベース
  • 国内ではビットバンクが最高位
  • バイナンスは17位

ICOrating.comが仮想通貨取引所の調査結果(セキュリティランキング)を公表しました。

取引所の調査は1日の取引高が100万ドルを超える仮想通貨取引所100ヶ所で、下記の4つの点から総合的な点数をはじき出したものとなっています。

  • コンソールエラー
  • ユーザー(口座)のセキュリティ
  • レジストラとドメインのセキュリティ
  • ウェブプロトコルのセキュリティ

その結果、最も総合的にセキュリティが高い取引所は米Coinbase(コインベース)となっています!つづいて、Kraken(クラーケン)、100倍レバレッジのBitMEX(ビットメックス)という結果になっています。

コインベースが1位なのは納得できますが、日本から撤退してNY司法長官とバチバチしているクラーケンが2位だったのが驚きでした。

ビットメックスはセキュリティが高いことで有名ですね!

その他に、有名な国内外取引所を挙げると、、、

Bittrex:13位 (66点)
Binance:17位 (63点)
Bitbank:22位 (59点)
CoinEx:29位 (53点)
bitFlyer:37位 (49点)
OKEx:42位 (47点)
Poloniex:44位 (47点)
Huobi:47位 (46点)
Cryptopia:52位 (45点)
Bitfinex:54位 (43点)
Gemini:55位 (43点)
Upbit:74位 (36点)
Fcoin:75位 (35点)
Bithumb:78位 (34点)
Zaif:89位 (29点)

うーん・・・なかなか意外ですね!

韓国の大手、UpbitとBithumbのランキングが低いことが気になります。Geminiももっと高いと思ってましたが、これまた意外な結果です(゚Д゚ノ)

あとは気になる日本の国内取引所は、最高位がBitbank(ビットバンク)の22位、次はbitFlyer(ビットフライヤー)の37位、最下位は先日のハッキングでお騒がせしているZaifの89位でした。国内は予想範囲内の点数ですね。

ビットバンクが国内最高位というのは、メインの取引所として使っている私からしても嬉しい結果です!

そろそろ耳にタコができていると思いますが、取引所は通貨を取引するところで資産を預けるところではありません。

常にハッカーが狙っていると考えて、通貨はできるだけ専用のウォレットに移すように心がけておきましょうね(o´・ω・`)

仮想通貨を安全に保管したい方必見!
ビットコインを安全に守りたいならレジャーナノS、もしくはトレザーがおすすめです!

LedgerNanoSではビットコインの他リップル(XRP)も同時も保管できます。TREZORではネム(XEM)やモナコイン(MONA)など多くの通貨を保管できますよ。

あわせて読みたい

日本国内の金融庁の認可済み仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。

ポロニエックスが米居住者向けサービス一部停止に

◆ このニュースのポイント ◆

  • ポロニエックスが信用取引と貸仮想通貨サービス廃止
  • アメリカ在住のトレーダーのみ対象
  • サービス廃止は年内の予定
  • 10月10日をもって3通貨が取扱い中止

米大手取引所ポロニエックス(POLONIEX)がアメリカに居住しているトレーダーに対して、信用取引と貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)を廃止することを発表しました。

廃止の理由については、ポロニエックスが各管轄区域の規制要件を確実に満たすためとのこと。

詳細や日程については今後発表があるようですが、サービスの廃止は年内の予定のようです。

また10月10日の12:00pm(ET時間)で、Synereo (AMP)、Expanse (EXP)、Gnosis (GNO)3種類の仮想通貨の取扱いが中止となります。

顧客への負担を少しでも軽減するために、ポロニエックスでは取扱い中止の7日前に事前の通知を行うことと、取扱い中止から30日間資産を引き出す猶予があるようですよ。

30日を過ぎると引き出せなくなるので、ポロニエックスに上記3通貨を保有されている方はご注意ください!

ポロニエックスは2月にCircle社(サークル)に約430億円で買収されましたが、先日はそのサークル社が発行した米ドルと連動したステーブルコイン「USDコイン(USDC)」の取引が開始したことでも話題になっていましたね(/・ω・)/

サークル社公式の発表はこちら

あわせて読みたい

海外仮想通貨取引所のランキングを掲載しています。それぞれ取引所の特徴や取引手数料に取扱い通貨の多さなども記載しているので海外取引所を開設する際はぜひ参考にしてくだいさね。

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-10月4日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP60.5+0.3%
ネムXEM12.2+4.4%
ビットコインキャッシュBCC5.9万+0.7%
イーサリアムETH2.5万+1.8%
バイナンストークンBNB1165+0.8%
ステラXLM27.8+0.5%
フオビートークンHT201+1.2%
リスクLSK379+0.5%
アリスALIS6.0-0.6%
ネオNEO2067+1.4%
モナコインMONA144-3.7%
仮想通貨総資産平均合計+1.6%

上記のニュースの欄にBitfinexのメンテナンスを書きたかったのですが、この記事をアップするころにはまた状況も変わっていると思うので、ビットフィネックスのメンテで大きく相場が動いたのであれば明日のニュースとして取り挙げたいと思います!

今のところは…本日4日の17:30からのメンテ開始で、BTCがガツンと約54ドル(約6200円)ほど上げて、そこからじりじり下げて19:30のメンテ明けで約43ドル(約5000円)ほど大きく下げています。

確実にメンテナンスに合わせて仕掛けられてますね。。こ、怖い((((;゚Д゚))))

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る