リップル(XRP)が高騰した4つの理由|ミーの仮想通貨最新ニュース【11月6日】

11月6日仮想通貨最新ニュース

11/6本日の仮想通貨ニュースはリップルが高騰した理由とは?テザー社ドル裏付け証明の文書に信ぴょう性!等々をピックアップしています。

11月6日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日はBCHに変わりXRPが高騰しています!

11月6日仮想通貨前日比

昨日までのBCHに変わってXRPが高騰しているね
XRP高騰の理由はたくさんあるから下記で説明していくね!

リップルが高騰した理由とは

11月6日XRPチャート

リップル(XRP)の価格が昨夜23時頃から上昇し始め、60円台まで高騰し前日比から約20%近く上昇しています。

10月に入りずっと50円前後でレンジ相場だったリップルですが、いったい何があったのでしょうか。

国内で取扱いのないようなマイナーコインでは前日比が20%ほど前後することはよくある話ですが、時価総額3位のXRPの前日比20%の動きってとんでもなくすごいことですよね!

それではXRPが60円台まで高騰した理由(最近のニュース)について解説してきます(๑ÒωÓ๑)

  1. 有価証券問題のルール化
  2. 各機関のXRPの見直し
  3. XRPを使用したSBI-R3アジアの計画
  4. リップル社の売上高が前期の2倍以上に

①有価証券問題のルール化

米SEC企業金融部長のWilliam Hinman氏は,発行される仮想通貨が有価証券か否かを判断するガイダンス(手引き)を作成し、公開する計画があることを明らかにしました。

リップル(XRP)は仮想通貨ではなく「有価証券」に該当する可能性があるということで、以前から問題を抱えていますね。今年5月には集団訴訟されたこともありました。(その後8月に訴訟は取り下げられた)

今回、このガイダンスが作成されることによりリップルの有価証券問題も解決への一歩前進となるのではないでしょうか。

また、難しい言葉を使ったガイダンスではなく、ICO発行者に向けた理解しやすい簡潔な英語のガイダンスを計画しているようですよ!

ちなみに公開日はまだ明らかにはなっていません。

この有価証券を判断するガイダンス作成のニュースは、リップル社にとっても非常に良いニュースとなり、XRP価格上昇につながったといえるのではないでしょうか。

②各機関のXRPの見直し

格付け機関のWeissRatingsが最新の格付け表にてXRPを単独の首位にランクアップさせました。

また中国の仮想通貨格付けランキングでもXRPの順位が15位から7位と大きくランキングを上げています。

様々な機関でXRPの見直しが行われ、揃ってXRPの評価が良くなっていることは投資家にもプラスの心理的影響を与えていると考えられます!

③XRPを使用したSBI-R3アジアの計画

これはXRPの価格に直接つながったニュースではないかもしれませんが、SBIの北尾社長が「SBI-R3アジア」の創設の話し合いを開始していると述べました。

R3社はブロックチェーンの大企業ですが、契約上の問題でリップルと揉めていました。

しかし現在はR3社とリップル社は和解し、北尾社長考案でR3社がXRPを使用する「SBI-R3アジア」なるものを計画しているとのこと。

まだ計画段階ではあるものの、ポジティブなニュースになったことは間違いないですね!

④リップル社の売上高が前期の2倍以上に

リップル社のQ3(第3四半期)のXRP売上高が前期の2倍以上にあたる1億6300万ドル(約183億5,000万円)にも及ぶことが発表されました。

相場の低迷が続く中で、これだけの売上高を上げることが出来たのはリップ社とXRPが確実に企業から必要とされていることが分かりますね!

あわせて読みたい

仮想通貨Rippleリップル(XRP)について記載しています。リップルの特徴やリップルの将来性について、さらにXRPの価格が分かるリアルタイムチャートやリップルが買える取引所の紹介、リップルに関する最新情報も記載しています。
リップルの最新ニュースや高騰したXRP価格について記事にしています。リップルの過去のニュースから最新ニュースまでまとめているのでリップル(XRP)の情報収集の参考にしてください。

テザー社ドル裏付け証明の文書に信ぴょう性

◆ このニュースのポイント ◆

  • テザーと提携したDeltecは70年以上の歴史を持つ銀行
  • 11/2にドルの裏付けを証明する文書を公開
  • Deltecの解消が証明書は本物と述べた

USDTを発行するテザー社がDeltecと提携し、テザー社が保有しているドルを証明する文書が公開されたニュースを11月2日に取り上げていました。

⇒ テザー社裏付けドルの証明文書が公開

公開された文書によって、市場に流通されているUSDTよりも多い額がテザー社で保有されていることがわかり、テザー社の疑惑が晴れるはずだったのですが、文書内に銀行責任者などの名前や押印がないことなど問題視されている部分も多く、疑いは拭いきれていませんでした。。

しかし!本日11月6日になりCoindeskの記事で、Deltecの会長Jean Chalopin氏が文書が「本物」であると述べたことが分かりました。

Deltecの会長の保証付きということが判明し、テザー社への疑惑も少しは晴れたのではないでしょうか。

Deltecによる調査は今後も定期的に行われるそうなので、注視していきたいと思います(`*ω*´)

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-11月6日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP60.7+16.2%
ネムXEM10.71.1%
ビットコインキャッシュBCC6.3万-0.6%
イーサリアムETH2.4万+2.5%
バイナンストークンBNB1095+0.7%
ステラXLM28.2+3.6%
フオビートークンHT177+4.0%
リスクLSK322+3.8%
アリスALIS5.5+2.5%
ネオNEO1876+1.2%
モナコインMONA135+4.0%
仮想通貨総資産平均合計+5.9%

本日はリップルが「逆おはギャー」でしたね!←(なんだその新語は。。)

上記ではXRPが高騰した4つの理由と書いていますが、それ以外にテクニカルでもレジスタンスラインを明確に抜けたことが確認できています(*ノωノ)

高値で64円代までいっていたみたいですが、記事を書いている20時過ぎには大きな調整が来ていますね。(60円を切りそう…)

ここが踏ん張り所なので、なんとか60円代をキープしてほしいところです!!

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

トップへ戻る