仮想通貨格付でリップル(XRP)が首位獲得!ミーの仮想通貨最新ニュース【11月2日】

11月2日仮想通貨最新ニュース

11/2本日の仮想通貨ニュースは仮想通貨格付でリップル(XRP)が首位獲得!ブラックロックのETFは合法になってから!テザー社裏付けドルの証明文書が公開!イーサリアムが次回アプデで価格も大幅上昇!等々をピックアップしています。

11月2日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は全体的に上昇しているようです!XRPの調子がいいですね♪

11月2日仮想通貨前日比

仮想通貨格付けでXRPが単独首位を獲得したんだね!
世界中でXRPの評価が高くなってきているよ!

WeissRatings格付でXRPが首位獲得

◆ このニュースのポイント ◆

  • WeissRatings初のBランクにXRPが格付け
  • 前回はB-だった
  • WeissRatings社はXRP推し

格付け機関のWeiss Ratings社の最新仮想通貨格付けが更新されていました。

今回の更新ではリップル(XRP)がランクBを獲得し、単独の首位となりました。

前回の格付けでもXRPは最高ランクのB-にランクインしていたので、XRPの評価がどんどんよくなっていますね!

Weiss Ratings社は以前からリップル推しでしたが、最近更新された中国の仮想通貨格付けランキングでもXRPの順位が15位から7位と大きくランキングを上げています。

世界各国でXRPの評価が高くなっている…リップル社との提携企業も増えてきているので、、これは・・・

あとはXRPの証券問題さえ白黒付けばムーンですね(*´∨`*)

あわせて読みたい

大人気のリップル(XRP)が購入できるおすすめ取引所を紹介しています。XRPを買える取引所はいくつもありますが、ここではそれぞれ投資...

ブラックロックのETFは合法になってから

◆ このニュースのポイント ◆

  • ブラックロックのETFは現状では無い
  • 市場ではETFの承認はまだ先と言う声が多い…
  • BitMEXのCEOは弱気相場は2020年まで続くと発言

世界最大規模を誇る資産運用会社のブラックロックのCEOが仮想通貨のETFは市場がもう少し成熟しないと発行しないと発言しました。

BlackRock(ブラックロック)は運用資産は6兆ドルとされており、以前はコインベースと共同でETFを立ち上げるのではないか…という噂もありましたね。

ただブラックロックのCEOは絶対に仮想通貨のETFを立ち上げないわけではなく、合法になり政府から支持されれば発行するともしています。

合法になる…政府から支持される…ってどの時点のことなんだろ??この辺りのニュアンスが曖昧ですがまだもう少し先になりそうですね。。

ビットコインETFも直近では難しい…

またビジネスインサイダーの記事で「ETFのゴッドファーザー」という異名を持つレジー・ブラウニー氏が「ビットコインETFの承認はすぐにはない」と語っていることから、やはりETFの承認にはまだもう少し時間がかかりそうです。

BitMEX(ビットメックス)のCEOも以前、ビットコインETFが承認されれば年末にはビットコインが5万ドルに達すると予想していましたが、「現在の弱気相場は2020年春まで継続する」という見解に変わったようです・・・

皆さんかなりの弱気予想ですね。。ここから大逆転のビットコインETF承認の確率はかなり低いと思われるので、年末は期待し過ぎるのはやめておこうかな・・・(;’∀’)

テザー社裏付けドルの証明文書が公開

◆ このニュースのポイント ◆

  • USDTより多い米ドルの保有が確認できた
  • 疑惑はまだ拭いきれていない
  • Deltecは定期的にテザー社の調査を行っていく

USDTを発行するテザー社がDeltecと提携し、テザー社が保有しているドルを証明する文書が公開されました。

Deltecはバハマに拠点を置く70年の歴史を持つ銀行

USDTはドルに裏付けされた通貨なので同等分のドルを保有している必要がありますが、ドルの裏付けがないのにUSDTを発行しているのではないか…など黒い噂がありますね。

今回のDeltecが発行した公式文書によると、現在市場に流通されているUSDTよりも5000万ドル(約56億円)以上多い額(USDTを1ドル換算で計算した場合)がテザー社で保有されていることがわかりました。

しかし、文書内に銀行責任者などの名前や押印がないことや、10月31日時点の残高しか記述がないことなど、まだまだ問題視されている部分も多いようです(;´⌒`)

先月には10億USDT以上の総供給量を減らしたというニュースがありましたが、それも現在の銀行残高に合わせるためだったのではないか…など、多くの噂があるテザー社の疑惑は今回の文書だけでは拭いきれていません。。

今後は、Deltec社が定期的にテザー社の調査を行うようなので、少しずつでも信頼が取り戻せることも期待したいですね!

ナスダックの監査技術に仮想通貨取引所が注目

◆ このニュースのポイント ◆

  • ナスダックの監査技術を利用すれば取引所の問題を削減できる
  • ナスダックは提携取引所を見極めている
  • ジェミニとSBIVCで既に利用している

NASDAQ(ナスダック)は独自の監査技術を仮想通貨取引所で利用することにより問題を改善できるとし、取引所への技術提供を検討しているようです。

ナスダックの資料によると、取引を監視する独自の技術により仮想通貨取引所の市場操作やハッキングなどの問題の削減ができるということ。

ナスダックには現在、取引所から技術提供の依頼の話が多くあるようで1~2週間に1回は依頼がくるそうですよ!

しかし、依頼された全ての取引所に提供するわけではなく、しっかりと規制に準じている取引所への技術提供を検討しているようです。

現在では、有名なところではウィンクルボス兄弟が運営するGemini(ジェミニ)取引所とSBIバーチャル・カレンシーズ。その他3つの取引所でその技術が利用されているとのこと。

やはりジェミニもSBIVCもどちらとも運営体制がしっかりと整った手堅い取引所ですね。

仮想通貨取引所では市場操作やハッキングといった不安視される問題も多くあるので、今後ナスダックの技術を使う取引所が増えれば安全面が確保され取引所の信頼度も増すのではないでしょうか!

ナスダックは2019年のはじめに仮想通貨取引所を立ち上げる計画もあるので、楽しみですね♪

イーサリアムが次回アプデで価格も大幅上昇

◆ このニュースのポイント ◆

  • セレニティでイーサの処理能力は1000倍に
  • ETHの価格上昇にもつながると示唆

ヴィタリック氏がイーサリアムの最終大型アップデートの「セレニティ」でイーサの能力が大幅にアップしETHの価格も上昇するだろうと発言しました。

セレニティではイーサリアムのマイニングアルゴリズムがPoWからPoSに移行する大型アップデート(プロジェクト)で、イーサリアムの最終進化型ともされています。

セレニティではイーサリアムの処理能力が1000倍にまで向上するとされているので、現在発行されている仮想通貨の中でも最速を誇る通貨に生まれ変わるということですね!

実装時期については明確にはされていませんが、セレニティは4段階に分けて実装されるようです。

イーサの価値は将来的にゼロになるとか、BitMEXのアーサーCEOがイーサをクソコインとののしっていましたが、そんなことはないですよ(๑ÒωÓ๑)

私はイーサリアムの将来を信じててコツコツETHを集めていきたいと思います!

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-11月2日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP51.4+1.8%
ネムXEM10.2+1.0%
ビットコインキャッシュBCC4.7万+0.2%
イーサリアムETH2.2万+0.7%
バイナンストークンBNB1066+0.6%
ステラXLM25.3+0.6%
フオビートークンHT170+0.3%
リスクLSK5.9-1.8%
アリスALIS5.9+8.9%
ネオNEO1788+3.6%
モナコインMONA130+0.2%
仮想通貨総資産平均合計+1.2%

本日はビットコインETFに関する懐疑的な記事を色々なところで目にしました。。

やはり直近でのビットコインETFの承認は少し難しいと予想されますね。

ただ、仮想通貨市場のインフラを整えるというのはごもっともな意見です!

価格ばかりを気にするのではなく、今のうちからしっかりとルールや規制を整えて安心して取引や仮想通貨を使える環境を作ることに専念してほしいとも思います(/・ω・)/

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

トップへ戻る