リップル(XRP)を基軸にした2つの取引所がローンチ!ミーの仮想通貨最新ニュース【10月25日】

10月25日仮想通貨最新ニュース

10/25本日の仮想通貨ニュースはリップル(XRP)を基軸にした2つの取引所がローンチ!テザー社が5億USDTを破棄!コインベースがIPOを実施?等々をピックアップしています。

10月25日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は世界株価暴落の影響(多分…)で仮想通貨市場も全面安です。。

10月25日仮想通貨前日比

またXRPを基軸にした取引所ができたんだね!
XRPだけを基軸にした(XRP United)取引所は珍しいね

リップル(XRP)を基軸にした2つの取引所がローンチ

◆ このニュースのポイント ◆

  • Artis TurbaはXRPをステーブルコインの代わりに採用
  • XRP Unitedは完全XRP基軸通貨の取引所
  • XRPの人気が高まってきている

リップル(XRP)を基軸通貨にした2つの仮想通貨取引所がローンチされました。

XRPが基軸に選ばれた新しい取引所は下記の2ヶ所。

  • Artis Turba(南アフリカ)
  • XRP United(エストニア)
  • Artis Turbaは、ステーブルコインの代わりにリップル(XRP)を基軸通貨に採用。(他のペアも有り)

    XRP Unitedに至っては完全なXRPを基軸とした取引所になっています。またXRP Unitedは、エストニア政府から正式に承認されたライセンス取得済みの取引所だそうですよ!

    単純に考えても、送金速度が速くて手数料が安いXRPを基軸に使うというのは合理的ですね。

    以前もXRPのみを基軸通貨にしたDCEX取引所がアービトラージ(裁定取引)を強みとしてローンチされたのが話題になっていましたが、今後もXRPを基軸に使う取引所は増えていくのではないでしょうか!

    XRPの証券問題さえクリアできればコインベースでも上場間違いないと思うので、リップルのさらなる飛躍に期待したいですね(´∀`)

    あわせて読みたい

    大人気のリップル(XRP)が購入できるおすすめ取引所を紹介しています。XRPを買える取引所はいくつもありますが、ここではそれぞれ投資...

    テザー社が5億USDTを破棄

    ◆ このニュースのポイント ◆

    • 5億USDTが買い戻しされ破棄された
    • 破棄の理由は不明…
    • USDT以外にも多くのステーブルコインが誕生している

    テザー社が5億USDT(約550億円相当)を買い戻し、同時に5億USDTを破棄したと発表>がありました。

    約550億円相当のUSDTを破棄した理由が明らかにされていないことから、またもや様々な憶測が飛び交っています。。

    通常はドルで裏付けされたUSDTは、ドルでUSDTを発行するという流れが普通なのですが、今回はUSDTをドルで買い戻す…

    しかもなぜ、その買い戻したUSDTを破棄する必要があるのか…??理由が公表されていないので本当に意味が分かりません。

    USDTは、ドルに裏付けされたステーブルコインなので流通しているUSDTと同額のドル(USD)が保管されていないといけません。

    しかし、『同等のドルが保管されていないのではないか…?』というかなり危ない噂が流れているので、今回の一件は非常に怪しいですよね。。

    このようなUSDTの不透明な状況のため現在は、TUSD・USDC・GUSD・PAX、、等々の信用性が高いとされている多くのステーブルコインが誕生しています。(正直ややこしい…)

    現在のステーブルコインはUSDTの一強ですが、今後はステーブルコインも分散化されそうですね。

    コインベースがIPOを実施?

    米大手取引所のコインベースがIPO(新規公開株)の発表を明日に独占公開するとCNBCのキャスターが公表しました。

    コインベースからの公式発表ではないものの、一部コインベースの財務状況も判明しました。

    • 2018年Q3(7月~9月)売上高:9000万ドル(約100億円)
    • 2017年Q4(10月~12月)売上高:4億5000万ドル(約500億円)
    • 総アカウント数:2500万
    • 月間トレーディングアカウント:60万

    コインベースはコンプライアンスを意識した仮想通貨関連の金融業務を幅広く行っている企業で、機関投資家向けのプラットフォームも提供しているので、確かに最もIPOの可能性が高い取引所ですね。

    昨日はコインベースのカストディをNY州が認可というニュースが躍っていました!

    コインベースIPOの真相はすぐに分かると思われますので、詳細が分かり次第、私のブログでも情報を更新していきます(๑ÒωÓ๑)

    バイナンスが西日本豪雨の寄付の詳細を発表

    ◆ このニュースのポイント ◆

    • 西日本豪雨の寄付金は約1億5000万円
    • 寄付金の行方を公開
    • 今後は上場手数料もチャリティーに寄付

    バイナンスが以前から公表していた西日本豪雨の寄付金の詳細を発表しました。

    バイナンスは西日本豪雨の際に1億円の寄付を行うとしていましたが、そこから5000万円分の仮想通貨の寄付金募集を行い、合計で約1億5000万円の寄付を行ったとしています。

    寄付は数回にわたり、ビットコインまたはイーサリアムにて仲介に受け渡しているプロセスを公表しています。

    ⇒ 2018西日本洪水寄付報告書

    寄付金の詳細が発表されていなかったので、寄付金がどこにいったのか…?という不安も以前は少しありましたが、これで透明性が確保されましたね!

    またバイナンスでは新規上場銘柄の上場手数料を、全てチャリティーに寄付する方針ということも以前ニュースで取りあげていました。

    怪しいことをしているのでは…と噂される海外の仮想通貨取引所は多いですが、バイナンスは極めて優良な取引所だと確信が持てますね!

    保有している仮想通貨一覧

    仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

    仮想通貨日記-ポートフォリオ-10月25日

    ※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

    仮想通貨前日比

    通貨名通貨単位現在価格前日比
    リップルXRP50.7-1.6%
    ネムXEM10.6-2.7%
    ビットコインキャッシュBCC4.9万-0.9%
    イーサリアムETH2.2万-0.7%
    バイナンストークンBNB1074-1.2%
    ステラXLM26.1-2.4%
    フオビートークンHT178-0.8%
    リスクLSK332-2.3%
    アリスALIS5.6-5.1%
    ネオNEO1832-1.2%
    モナコインMONA1340%
    仮想通貨総資産平均合計-1.8%

    世界的に株価が暴落しているので、仮想通貨市場も少なからず影響を受けていそうですね。。

    本日の日経平均は-3.72%、ダウは-2.41%・・・大丈夫か( ;∀;)

    仮想通貨がムーンする前に世界経済がヤバいと感じとります。

    今までは株価暴落時は、安定資産のゴールドのような位置付けに仮想通貨があり逆相関していましたが、昨今は株価の影響をモロに受けていますね。

    先日の史上3番目のアメリカ株の暴落時も仮想通貨市場はダメージを受けてたので…これからは株価も意識して仮想通貨トレードを行わないと痛い目に合いそうです。。

    上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
    バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

    ⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
    ⇒ Binanceで通貨を買ってみる

    トップへ戻る