NY証券取引所の親会社が仮想通貨の会社を設立!ミーの仮想通貨最新ニュース【8月4日】

8月4日仮想通貨最新ニュース

8/4本日の仮想通貨ニュースはNY証券取引所の親会社が仮想通貨事業!アメリカのブロックチェーン投資額が大幅アップ!コインベースのカストディは34通貨の追加も検討中!?マウントゴックス、債権者の口座にBTC振込!?等々をピックアップしています。

8月4日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は少し回復していますね!

仮想通貨価格-前日比-8月4日

NY証券取引所の親会社が仮想通貨の会社を作ったの?
スターバックスとも提携するみたいだよ!

NY証券取引所の親会社が仮想通貨事業!

ニューヨーク証券取引所の親会社の米インターコンチネンタル取引所は仮想通貨に関連する新会社「バックト(Bakkt)」を立ち上げることを発表しました。

Bakktは、マイクロソフトのクラウドシステムでサポートされており、ビットコインやドルなどの法定通貨の取引サービスから開始するとのこと。

またBakktは、コーヒーチェーンのスターバックスとも提携し、決済を可能とするプラットフォームを提供するようですね!

大手コーヒーチェーンで導入されれば、仮想通貨を支払い手段として一般的に普及していくことも期待できるかもとの声も♪

そしてさらに、米インターコンチネンタル取引所は11月にビットコイン先物を上場させる計画もあるとのこと!

ただし、CFTC(米商品先物取引委員会)の承認が通れば…ということのようです。

このニュース、低迷している仮想通貨市場にとってかなりの追い風となりそうなビッグニュースですよね。

そこで、このニュースの内容をざっくりと、さばキャ(@utah_)さんがとても分かりやすく下記のように例えてらっしゃいました。

日本で言えば東証がクリプトの取引所作って、ドトールとソニー巻き込んで店頭決済システム構築して、年金のBTC運用もやって、新日本会計監査法人がアドバイスしてるようなもの

うんうん。めちゃくちゃ分かりやすい!笑

こういった日本人の馴染みのある企業や状況で考えると、ものすごく大きなグッドニュースということが分かりますね(*ノωノ)

これは今後の進展も注視しておきたいです!

あなたはスタバでビットコイン決済する?

仮想通貨界では知らない人はいない有名人ニシノカズさんがツイッター上で面白いアンケートをされていました。

「もしスターバックスでビットコインが利用できるようになったら、あなたはビットコイン決済する?」

投票結果は下記。

いかがでしょうか。

投票の残り時間はまだありますが、1位は「ビットコイン決済は利用しない」で50%以上を占めていますね。

結果をみる限りでは、やはり仮想通貨決済が導入されるだけでは一般層へ普及する…と単純に考えるのは難しいのかもしれませんね。

このアンケートは、おそらく仮想通貨に関りのある方の回答がほとんど占めているでしょうし、仮想通貨に興味のない方からすると利用しない方がもっと増えるのかな。。

決済手段としてビットコインを保有している人よりも投機目的で保有している人が多いのいかもしれませんが、、、んー…もっと決済として利用しやすい仕組みにならないと、決済手段としての普及は厳しいか・・・(´ー`A;)

上記のニュースを受けてのアンケート実施だとは思いますが、的確なアンケートすぎてさすがニシカズさんです。

アメリカのブロックチェーン投資額が大幅アップ!

アメリカにおけるブロックチェーン事業に対する投資額が大幅にアップしているというレポートが発表されました。

レポートによると、2018年上半期の投資額が既に2017年度総額を上回っているとのことです( ゚Д゚)

多額の投資がR3社とサークル社に行われているそうです。

R3社はリップル社と双方が訴訟して揉めてたイメージですが、SBIと合併会社の設立を提案したりしていましたね。

サークル社はポロニエックスを買収したり、ドルとペッグしたUSDCを発行したりしている企業です。

さらにレポートにはICOがこれからも投資家の関心を引いていくとされていますが、ICOに関してはSEC(米証券取引委員会)が全て証券にあたる可能性があると示唆しているので、SECの判断次第ですね。

長い目で見た投資と考えると、仮想通貨単体ではなくブロックチェーン事業に投資するのも一つの手ですよね!

私も保有していた株式のほとんどを、ブロックチェーン事業に関連している銘柄にしましたよ(o´罒`o)ニヒヒ
(一部や二部のかたいところばかりですが…)

コインベースのカストディは34通貨の追加も検討中!?

以前に7/3のニュースで取り上げていましたが、コインベースでは機関投資家の資産を運用する「コインベース・カストディー」の立ち上げていますが、今回40種類の通貨の取扱い追加を検討していることが分かりました。

現在はBTC、BCH、ETH、LTCを取り扱っているようですが、XRP、XMR、NEO、EOS、XEMなどの40通貨の取扱い追加を検討中とのこと。

これらの通貨は「コインベース・カストディー」にのみ追加される予定とのことで、取引所のコインベースで追加されるわけではないことは協調しているようです。

コインベースでの取扱い通貨の追加といえば、カルダノ(ADA)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、ステラルーメンズ(XLM)、ジーキャッシュ(ZEC)、ゼロエックス(ZRX)の5通貨の追加を検討していると先月に発表がありましたね。

今回のコインベース・カストディーの通貨の追加も、コインベースでの取扱い通貨の追加の話もどちらも検討中とういことで、まだ正式に決まったわけではありませんが、決定すれば仮想通貨界の成長の後押しになってくれること間違いなしですね(´∪`*)

今後のコインベースに注目していきたいです!

⇒ コインベース公式ブログ

マウントゴックス、債権者の口座にBTC振込!?

マウントゴックスが民事再生計画を変更し、債権者の口座にBTCおよびBCHを振り込む方針になりました。

第一回の支払いは2019年5月または6月に、16万BTCおよび16万BCHとその他のデリバティブが支払われる予定のようです。

マウントゴックスのハッキングでビットコインを失った債権者からすると朗報?なのではないでしょうか。

マウントゴックスとは?
マウントゴックスは2014年に473億円相当のハッキングに合い破綻した当時では世界最大規模の国内仮想通貨取引所

また来年の債権者への支払い予定日には、数千億円規模の大きな売り圧力の懸念も残ってしまいます…

ただし、まだ一年近くあるので今のBTC価格や状況も大きく変化していると思います。

その時の状況に合わせた対応をしていただけることを願いたいですね!

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-8月4日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP49.0-0.1%
ビットコインキャッシュBCC8.0万+0.3%
イーサリアムETH4.6万+1.3%
フオビートークンHT305-1.1%
ネムXEM16.6+1.5%
アリスALIS7.5-4.2%
ネオNEO3138+2.6%
リスクLSK466-0.2%
モナコインMONA217-0.1%
仮想通貨総資産平均合計+0.3%

今日は少し回復してきましたね(´∀`)

機関投資家がセリクラを作ろうとしていたとの噂もちらほらありましたが、なんとか免れそう…!?

一応、私も下落していたNEMをまたまた仕込んでおきました!

こちらは短期ですぐ売却する予定なので、ポートフォリオにはいれていません。

最近はXEMトレーダー化していきています 笑

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binanceの登録方法
⇒ Binance(バイナンス)で通貨を買ってみる

それではまた明日☆彡

トップへ戻る