コインチェックで580億円分のNEM(ネム)がハッキング?ミーの仮想通貨最新ニュース【1月26日】

1月26日仮想通貨最新ニュース

1/26はビットコイン価格暴落。本日の仮想通貨ニュースはコインチェックで多額のNEMハッキング疑惑が!?19社がデジタル通貨の取引所やサービスで連携!bitFlyerとヤマダ電機が提携!QUOINEXにXRP(リップル)が上場!韓国情勢未だに不透明続く…等々をピックアップしています。

1月26日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!少し安定してきたかと思うとまた真っ赤です。真っ赤です…今回はビットコイン下落が原因ではなくコインチェックのNEM問題が大きいようです。

仮想通貨価格-前日比-1月26日

ケンケン
コインチェックのNEM問題が気になるね!何があったの?
ミー
まだよく分からないんだけど、580億円分のXEMがハッキングされたかもという憶測が広がっているみたい…
ケンケン
それでこんなに全体的に下がってるんだ
ミー
でもあくまで憶測だよ!真相はまだ不明。公式発表を待とうね
ミー
本日1月26日のニュースはこちら!
1月26日仮想通貨News概要
  • コインチェックでNEMのハッキング疑惑が!?
  • コインチェック騒動の原因は!?
  • 19社がデジタル通貨の取引所やサービスで連携!
  • bitFlyerとヤマダ電機が提携!
  • オーストラリアの空港が仮想通貨決済に対応!
  • QUOINEXにXRP(リップル)が上場!
  • 韓国情勢未だに不透明続く…

コインチェックでNEMのハッキング疑惑が!?

コインチェックが突然NEMの入金、出金、売買を停止しました。公式からの発表では「原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。」と発表があり、その後の原因等の公式発表はなく混乱を招く事態となっています。(20時現在)

コインチェック騒動によりコインチェック銘柄含むすべての通貨の価格が下落し、NEMの価格も大きく下げ、一時は日本円でNEMは80円台前半になりました。

コインチェック騒動の原因は!?

コインチェック公式からの発表がない為、憶測が飛び交っていますが、上記のような送金履歴が発見されたようです。

上記の内容では、約580億円がハッキングにあったのではないかと憶測されています。単純にNEMが売りきれたのではないかという情報もありましたが、NEMの売り切れなのであれば、公式からの初めのお知らせで、その内容で案内ができているはずなので、何か外的要因によっての事態が起きている可能性の方が高いと考えられますね。

ただし、SNSなどの情報は全て憶測なので公式からの発表を待つのが健全でしょう。

コインチェックでは金融庁の登録問題も抱えているので、この騒動はかなりのダメージになるのではないでしょうか。。

コインチェック前にはメディアが続々と集まってきているようです。

19社がデジタル通貨の取引所やサービスで連携!

通信会社のインターネットイニシアティブが新会社「株式会社ディーカレット」を設立し、デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業に取り組むことを発表しました。

新会社のディーカレットには、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行野村証券ビックカメラなどの有力企業など19社がデジタル通貨の事業に出資するようです。

さらに、デジタル通貨と日本円との交換を仲介する取引所を、2018年10月から運営するとこのことです。具体的には、仮想通貨や法定通貨などのデジタル通貨をリアルタイムに交換できる取引所機能、通貨の資産保管、暗号通貨の鍵管理、送金受け取り、本人確認・認証、履歴管理などの口座機能を提供するとのことです。

ここで言うデジタル通貨とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨や銀行が発行を検討している独自の通貨のこと。

最近の仮想通貨は規制問題などで、マイナスなニュースが多い中これはかなりのポジティブニュースではないでしょうか。大手企業の仮想通貨参入はかなり喜ばしいニュースですね!

bitFlyerとヤマダ電機が提携!

国内大手取引所bitFlyer(ビットフライヤー)とヤマダ電機が提携しビットコインによる決済サービスの提供が開始されます。

明日1/27(土)より、東京都内の2店舗でビットコインによる決済サービスが試験的に導入され、その後全国の展開を目指すとのことです。

家電量販店では先んじて、ビックカメラがビットコイン決済を導入していることで有名ですね。家電量販店では、今後もビットコインや仮想通貨決済がスタンダードになる流れだと思います。

これは日本人向けというか、実は海外(特に大量のビットコインを保有している中国の方)向けに狙ったサービスなのではないかと私的には考えています。

今のビットコインのボラティリティ(相場の変動)の大きさや、手数料高騰の状態では決済手段として使い物にならないという声もあるので、せめて手数料高騰問題だけでも早く解決してくれることを願います。。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法を手数料と共に解説しています。テレビCMなどでもお馴染みのビットコイン等の仮想通貨取引所ビットフライヤーでは豊富なサービスが使えるのでぜひアカウント作成しておきましょう。

オーストラリアの空港が仮想通貨決済に対応!

オーストラリア東部にあるブリスベン空港が、仮想通貨決済に対応したようです。

決済対応する通貨は、BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)DASH(ダッシュ)の3種類で、空港での仮想通貨決済は世界初となりターミナル内の店舗の小売店や飲食店と組み、空港全体で仮想通貨決済に対応するとのことです。

なかなか悪いニュースばかりが取り上げられていますが、仮想通貨に対して良いニュースもガンガン報じられているのをお忘れなく(*ゝ∀・*)ノ

QUOINEXにXRP(リップル)が上場!

QUOINEXにXRP(リップル)が上場しました!
QASH(キャッシュ)建で買える

昨日1/25に国内取引所QUOINEXXRP(リップル)が上場しました。

QUOINEXでは、1月中にXRPNEMLTCが上場予定とされていました。今回のコインチェックの件があるのでネムやライトコインに関してはもしかして少し先になる可能性もありますね。

ちなみに何度も書いていますが、QUOINEXは「コインエクスチェンジ」と読みます。また海外取引所のcoinexchange(コインエクスチェンジ)とは名前は同じですが、全く別の取引所です。ややこしいですね( ゚Д゚)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のアカウント口座登録方法や使い方、入金・送金方法・各種手数料や取扱い通貨などを解説しています。話題になっているQUOINEの独自通貨QASH(キャッシュ)の詳細も記載しているので参考にしてください。

韓国情勢未だに不透明続く…

韓国では先日の発表では1月30日から取引所の新規開設か再開する予定でしたが、政府が「銀行が自律的に判断する問題」としたために、30日から予定されていた韓国取引所の新規加入の再開が保留される見通しとなりました。

なお韓国の取引所では2017年12月28日から新規開設を停止しています。

簡単に説明すると、政府が仮想通貨関連に問題があったら「銀行や取引所が全て責任を負いなさいよ」と突然発表したので、銀行等は人で不足などを理由にして対応に困っているという感じです。

う~ん。。韓国情勢もあまりよく分からない状態ですね。ただこのまま新規開設をいつまでも停止しているわけにはいかないとも思っていいるのですが…最新情報を追っていきます!

保有している仮想通貨一覧

NEMを推している私からすると、本日のコインチェックのNEMの事件はかなり痛手です。しかしいつも言っていますがピンチはチャンスです!

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-1月26日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP125.3-15.24%
ビットコインキャッシュBCC16.18万-11.12%
アリスALIS71.98-20.24%
イーサリアムETH10.8万-9.33%
ネオNEO1.4万-10.87%
リスクLSK2106-13.3%
ネムXEM88.3-16.3%
モナコインMONA586-15.04%
仮想通貨総資産平均合計-13.72%

NEM/XEMの価格が大きく下がっていますね。なにやらマウントゴックス破綻の時と同じような雰囲気と言われていますが、こればっかりはコインチェックの公式発表を待つしかないでしょう。

ただ仮に最悪の状態でGOXしたとしてもNEMに問題があったわけでもなく、ビットコインに問題があったわけでもありません。マウントゴックスの破綻の際も大きく仮想通貨全体の価格は下がりましたが、時間をかけて確実に戻していました。

もし最悪の事態を迎えるような事があるとすれば、底値で拾うしかないでしょう。。と、私は思っています。しかし最悪の事態は避けたいですが…(・ω・;)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ1月26日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

Binanceポートフォリオは新しく今話題の中華系の通貨VEN(VeChain)を仲間に入れました!2月にリブランディングもあるようなので期待を込めて買ってみました!

しかし、実は昨日の時点の下がったところで購入していたので、現在のコインチェック騒動で早速のマイナスになってしまっています。。

VENは以前にも少しお話していた、本物か偽物かを判断してくれる通貨です。中国ならでは(`ω´)

どうやら私はNEO、TRX、VENと中華系の通貨にハマっているようです。また中華系の通貨特集もできたらしたいと思います(Ü)♪

それでは引き続き、新しい有望な通貨を探していきます!

Binance(バイナンス)のアカウント登録方法(口座開設方法)や使い方を画像付きで解説しています。Binanceの手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しているので参考にしてください。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)私が使用しているポートフォリオ管理アプリである「Cryptofolio」の使い方は下記の記事で紹介しています。もちろん無料で使えます(◍•ᴗ•◍)

仮想通貨の管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)日本版のアプリといってもいいCryptofolio(クリプトフォリオ)がios端末appから登場。ここではこの便利な仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)の使い方を分かりやすく図解入りで解説してまとめています。※android(アンドロイド)端末もリリース開始

おまけ

本日1/26(金)のミヤネ屋でビットコイン特集が放送されました。

タイムリーで放送を見ている人も多かったようで、twitterでは様々な意見が飛び交い話題になっていましたね!

まずは、ビットコインを買ってない人がビットコインの説明をしている点。よくあるパターンですが。

実際買っていない方でも、真実を解説してくれるといいですが、相変わらず「決済スピードが早い」「手数料がほぼゼロ」という説明でした。

これについては、状況によっては、送金が遅延する話や、手数料も高くなる話もしてほしいと常々思うのでした。(宮根さんをディスってるわけではないので悪しからず)

明日1/27(土)18時56分からは「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」の放送があり、池上彰さんが仮想通貨について徹底解説されます。

現状の仮想通貨について、分かりやすく解説していただけることを期待したいですね(・ω・)

それではまた明日☆

トップへ戻る