中国政府の仮想通貨格付けランキングが発表!ミーの仮想通貨最新ニュース【5月17日】

5月17日仮想通貨最新ニュース

5/17本日の仮想通貨ニュースは中国政府による仮想通貨28種類の格付けが発表!BITPointがマレーシアで仮想通貨取引開始!LINEがICONと提携でアンチェーンを設立!SECが偽ICOサイトを立ち上げ注意喚起!等々をピックアップしています。

仮想通貨取引所キャンペーン

5月17日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日のビットコイン価格は最大でも2万円幅で今現在は昨日とあまり変わっていません。その他のメジャー通貨にも大きな変化はありません。

仮想通貨価格-前日比-5月17日

中国政府の仮想通貨格付けランキングが発表されたんだね!
うん!1位のイーサがダントツだったからETHの期待が高まるね!

中国政府による仮想通貨28種類の格付けが発表!

先日、中国政府が28種類の主要仮想通貨の格付け分析を近日中に発表するとしていましたが、その格付けの結果が発表されました。

ランキングの結果は下記。

1位 ETH(イーサリアム)
2位 STEEM(スチーム)
3位 LSK(リスク)
4位 NEO(ネオ)
5位 KMD(コモド)
6位 XLM(ステラ)
7位 ADA(カルダノエイダ)
8位 IOTA(アイオータ)
9位 XMR(モネロ)
10位 STRAT(ストラティス)
11位 QTUM(クアンタム)
12位 BTS(ビットシェアーズ)
13位 BTC(ビットコイン)
13位 XVG(バージ)
15位 WAVES(ウェーブス)
16位 ETC(イーサリアムクラシック)
17位 XRP(リップル)
18位 DASH(ダッシュ)
19位 SC(シアコイン)
20位 BCN(バイトコイン)
21位 LTC(ライトコイン)
22位 ARK(アーク)
23位 ZEC(ジーキャッシュ)
24位 NANO(ナノ)
25位 BCH(ビットコインキャッシュ)
26位 DCR(ディークレッド)
27位 HSR(エイチキャッシュ)
28位 XEM(ネム)

ETHが1位というのは妥当なような気がしますが、BTCが13位とは驚きですね。

この結果は中国政府の信頼を示すとされ、政府、企業、研究機関への指針として機能するということです。

中国は、仮想通貨取引所も仮想通貨売買もICOも禁止となっていますが、この格付けは中国工業情報化部のCCID(中国電子情報産業発展研究院)が分析し、毎月発表されるようですね。

この結果によってどういった動きがあるのかは分かりませんが、今後の変動する格付けも気になります…

BITPointがマレーシアで仮想通貨取引開始!

国内取引所のBITPoint(ビットポイント)を運営する株式会社ビットポイントジャパンが本日5月17日よりマレーシアで「BITPoint MALAYSIA」の商号で仮想通貨取引を開始しました。

マレーシアでは仮想通貨取引の規制が政府レベルで議論され、ガイドラインも策定されています。そこへ展開していくことが、仮想通貨取引を世界的に広めるための重要なポイントとしているということのようです。

今後BITPointは、BITPoint MALAYSIAをシステム面及び流動性の提供先として、同社を支えるとともに、BITPoint及び BITPoint MALAYSIAは、マレーシアでの仮想通貨を扱うお客様の取引環境を整えつつ、利便性の向上を図り、一層の仮想通貨業界の発展に努めて参ります。

株式会社ビットポイントジャパンは上場企業の株式会社リミックスポイントの子会社になります。

BITPointはあまり知られていないようですが、親会社が大手なので信頼できる取引所です。

さらに…実は取引も入出金も仮想通貨の送受金も全部手数料無料で出来るお得な取引所なんですよ!

私も一番最初のイーサリアムはビットポイントで購入しました( *´艸`)

⇒ リミックスポイント公式のお知らせ

LINEがICONと提携でアンチェーンを設立!

LINEの子会社のLINE Plusと仮想通貨ICONを手掛けたICON財団が提携しUNCHAIN(アンチェーン)を共同開発すると発表がありました。

アンチェーンではLINEのブロックチェーンネットワークを構成するとともの、様々なDApps(分散型アプリケーション)も開発するとのことです。

ICONは韓国発の仮想通貨で、2017年9月にローンチされた割と新しいアルトコインですが、バイナンスに上場されてからは大きく価格を伸ばしている通貨です。

決済を目的とした通貨ではなく、異なるブロックチェーン同士が仲介なしに相互に取引できるようにと作られたプラットフォームです。

ちなみにこのLINEとの提携でICONの価格は・・・あまり変わりなし。最近では大企業との提携でも通貨に直結する話じゃなかったら価格にあまり反映しなくなってきているイメージですね。

SECが偽ICOサイトを立ち上げ注意喚起!

米証券取引委員会(SEC)が偽物のICOウェブサイトを立ち上げ、注意喚起しました。

ユーザーが最終的に「今すぐコインを購入」をクリックすると、SECが作ったウェブサイトへ飛び、「詐欺に遭う可能性があった」と注意を促す仕組みになっているようです。

騙されそうになる人に対して、ICO詐欺の意識を高めることが目的とのこと。

実際にパッと見て分かるような詐欺サイトもあれば、全く分からないような詐欺サイトも存在しているのでユーザーは注意深くチェックすることが必要ですね。

世界中で行われているICOは、小さいものも合わせると8割は詐欺とも言われています。

また故意でなくてもプロジェクトが前に進まない、取引所に上場しないというものも合わせると9割が失敗しているとも言われているとてもシビアな世界です。

正直言って詐欺なのか、そうでないかの判断は非常に難しいので、ICOで一攫千金というよりも、あくまでプロジェクト応援の募金感覚で参加するのがよさそうですね。。

オーストラリアがデジタル社会促進へ

オーストラリアで2019年7月より約82万円を超える現金支払いを法律で禁止すると発表しました。

約82万円を超える支払いは小切手、クレジットカード、デビットカードで行うということで、デジタル社会への移行拍車を掛けるということのようですね。

その他EU諸国の現金支払いの上限額は下記。

現金決済の上限額を設定している国はEU諸国には多く存在していて、フランスでは1,000ユーロ(約13万円)、スペインでは2,500ユーロ(約33万円)、イタリアでは1,000ユーロ(約13万円)、ドイツでは5,000ユーロ(約65万円)までとしています。

フランスの上限は約13万円なのには驚きです。

直接的な仮想通貨のニュースではないですが、キャッシュレス社会への動きは仮想通貨にも重要なポイントですね。

日本でもキャッシュレス化の動きはありますが、まだまだ現金支払い思考なので、仮想通貨決済などのデジタル社会になる時代はまだ先かな…(・ω・`)

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-5月17日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP76.43-0.61%
ビットコインキャッシュBCC14.19万-1.27%
イーサリアムETH7.78万-0.28%
フオビートークンHT479.7+5.15%
ネムXEM35.55-3.19%
アリスALIS19.4-1.56%
ネオNEO6800-0.93%
リスクLSK1193+2.14%
モナコインMONA417-1.74%
仮想通貨総資産平均合計-0.41%

HTトークンの上昇率がすごいですね!ビットコインの価格の動きとは関係なく上がり続けています。

ちなみにセットで考えていたOKEx取引所のOKBトークンは、HTと同じぐらいの価格だったのに一つ頭が抜けて現在日本円で600円台。。

現在OKExはバイナンスの取引量を抜き世界一になっています。くぅ~。。かなり前から目を付けていたのに、仕込んでいなかった私が愚かだった。

今からでも遅くはない・・?遅い・・?(+ω+ )?

Binanceポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ5月17日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のバイナンス銘柄はほぼ変化なし、トロン(TRX)だけが、前日比約5%プラスですが、その他は±0~3%ほどの誤差です。

RLCという通貨が前日比+40%UPと大きく価格を伸ばしていますが、よく知らない通貨です。

取引ボリュームも昨日まで全くなかったのに、急に増えています。なんだろ・・・調べてみます!

引き続きお宝通貨を探しますっ(`・ω・´)

それではまた明日☆

トップへ戻る