Bakkt(バックト)のビットコイン先物の開始が延期!ミーの仮想通貨最新ニュース【11月21日】

11月21日仮想通貨最新ニュース

11/21本日の仮想通貨ニュースはバックトの先物開始日が1/24に延期!米司法省がテザー(USDT)の価格操作疑惑にメス!Trezor(トレザー)の偽物に注意!等々をピックアップしています。

仮想通貨取引所キャンペーン

11月21日の仮想通貨ニュース

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日のビットコイン価格は50万円台でなんとかキープしている状態ですね。

11月21日仮想通貨前日比

ビットコインはやっと50万円台で落ち着いてくれたみたいだね
弱気相場は長期的に続くとみているアナリストが多いようだから油断はできないね

バックトの先物開始日が1/24に延期

◆ このニュースのポイント ◆

  • Bakktのビットコイン先物は12/12に取引開始予定だった
  • 下落相場の中でのバッドニュースとなった
  • 延期の理由はしっかりと準備を整えるため

米国の仮想通貨取引所Bakkt(バックト)のビットコイン先物が2019年1月24日に延期されることがわかりました。

バックトのビットコイン先物は「現物受け渡しビットコイン先物」というもので、CMEやCBOEが始めているビットコイン先物とは異なり、受渡日に現金ではなくビットコインで受け取る先物となります。

ビットコインで受け取るというインパクト大の先物は非常に注目され、期待もされていましたね!

当初の発表では、来月12月12日に取引を開始する予定でした。

今回の延期の理由に関してはバックトのビットコイン先物が注目されているため、しっかりと準備を整えたうえで開始することが望ましいと判断したようです。

米商品先物取引委員会(CFTC)とも連携しながら規制の認可を進めているとのこと!

また、バックトは今回の発表の中で、バックトの保管サービス「バックト・ウェアハウス」に関する新機能の追加について、数週間で公表できることも明かしました。

仮想通貨市場が下落している雰囲気の中で、期待されていたバックトの先物の延期は悪いニュースとして少しざわついてしまいましたが、しっかりと準備を整えるという悪い理由ではないので、今後の発表や先物の開始を心待ちにしたいですね(*ノωノ)

米司法省がテザー(USDT)の価格操作疑惑にメス

◆ このニュースのポイント ◆

  • 米司法省がテザーによる年末BTC高騰価格操作疑惑を捜査
  • USDTの発行とBTC価格の高騰は関係がある?
  • テザー社とビットフィネックスは同じ運営

テザー社のUSDTによる不当なBTCの価格操作がなかったか、米司法省が捜査しているとブルームバークが報じました。

捜査では去年年末のビットコイン高騰に焦点をあてるようですね。

テザー社に関しては、大量のUSDTを発行しビットフィネックスに送金した後にビットコイン価格が高騰している…というレポートもあれば、USDTの発行にはビットコイン価格は反映されていないという真逆のレポートも出ていますね。

またUSDTはドルにペッグされたスーテーブルコインなので、USDTを発行した同額のドルの裏付けが必要になりますが、テザー社にはドルの裏付けがないのにUSDTを発行しているという疑惑もありました。

これに関しては最近、テザー社がDeltec(銀行)と提携しテザー社が保有しているドルを証明する文書が公開されました。

(後付けでドルを用意したのではないかという疑惑も出ていますが…それは置いといて…)

常に黒い噂が飛び交っているテザー社なので、司法省の捜査で白黒をはっきりと付けてほしいですね。

私もUSDTは使用しているので、何もないこと祈りますが…(*vд人)

Trezor(トレザー)の偽物に注意!

◆ このニュースのポイント ◆

  • Trezor Oneの偽物が発見された
  • 長期にわたって販売されていた
  • Trezorを購入する時は必ず正規代理店で!

ハードウェアウォレットのTREZOR(トレザー)の公式が「Trezor One」の偽物が出回っているという注意喚起しています。

実態は解明されていないようですが、Trezor Oneのデバイスそのものを製造し販売しているようです。

以前は、一度開封して中身のデータを盗んだものを再販して、後から秘密鍵を盗む…という手口でしたが、今回は本体そのものが偽物(コピー品)になっているとのこと。

しかも長年に渡って販売されてきたようですので非常に怖いです。。

Amazonなどでは正規品と偽って販売している業者も数多く見当たりますが、「正規品」というのはTREZORの正規代理店契約を結んでいる業者だけが使える文言です!

たとえ、正規品をTREZOR公式(SatoshiLabs)から大量に仕入れて、中間業者を挟まず販売していても代理店契約を結んでいなければ「並行品」になります。

『インターネットで第三者からTREZORを買う場合は十分に注意するように』と公式でも促しているので、Amazonなどでハードウェアウォレットを買う場合は必ずTREZORの正規代理店であるかを確認しましょう!

ちなみに、ちなみに、私のブログではトレザー日本正規代理店と協賛しています。

このブログを通してTREZOR日本正規代理店で、Trezor One(又はTrezor model T)を購入する場合は、クーポンを使用して3000円OFFになるので、ぜひ活用してくださいね୧꒰*´꒳`*꒱૭

クーポンの利用方法は下記の記事▼でご確認ください。

TREZOR ONE(トレザー)公式での購入方法を解説しています。当ブログ経由ではトレザー日本正規代理店協賛でトレザーが3000円引き!またAmazonや正規代理店以外でのTREZOR購入の注意事項や、新型TREZOR model TやLedgerNanoSとの違いについても記載しています。
新型のTREZOR model T(トレザーモデルT)公式での購入方法を解説しています。TREZORは海外公式以外にも日本に正規代理店があります。当ブログ経由で3000円引きになります。またAmazonや正規代理店以外でのTREZORの購入には注意しなくてはいけない理由も記載しています。
あわせて読みたい

仮想通貨、特にビットコインのリスクとデメリットをまとめています。仮想通貨をトレードしたり売買するときのリスクとデメリットをしっかりと抑えておきましょう。仮想通貨を購入する前に、リスクを理解しておくと予めリスクを回避することもできます。

保有している仮想通貨一覧

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-11月21日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。

仮想通貨前日比

通貨名通貨単位現在価格前日比
リップルXRP49.7-1.9%
ネムXEM9.0+2.0%
ビットコインキャッシュBCC3.5万+18.7%
イーサリアムETH1.5万+0.1%
バイナンストークンBNB667+3.2%
ステラXLM22.7+2.8%
フオビートークンHT138+4.1%
リスクLSK191+3.8%
アリスALIS4.0+6.4%
ネオNEO1013+1.5%
モナコインMONA108+1.2%
仮想通貨総資産平均合計+2.4%

昨日の大暴落は驚きましたね。。

トレーダーの皆さんはショート(売り)で大きな利益を出された方が多かったように思えます。

私もさすがに昨日の暴落中は、とある取引所で信用売りを出していましたが、まったく注文が通らない(;’∀’)

まだあの取引所(Z)を使っている方は、同じ経験をされていた方が多かったのではないでしょうか。

そろそろ海外取引所でのレバレッジ取引のやり方も覚えます(泣)

上記ポートフォリオ以外の海外のアルトコインはBinanceを利用しています。
バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資して楽しんでいますよ(*´罒`*)

⇒ Binance(バイナンス)の登録方法
⇒ Binanceで通貨を買ってみる

トップへ戻る